ムラサキツユクサの育て方

ムラサキツユクサの育て方

ムラサキツユクサは、TradescantiaOhiensisと呼ばれる花になります。アメリカの東部から中西部が原産地になるのですが、主に自生する宿根草になります。最初に日本に入ってきたときには、アメリカの南部に自生する、オオムラサキツユクサと間違われてしまったと言ったような経緯もあります。

育てる環境について

ムラサキツユクサは、暑さにも強く、寒さにも強い宿根草になります。ですので、特に花を育てる際に気をつけ無くてはいけない事もありませんので、比較的誰にでも育てる事ができる花になります。では、一体どのような環境で育ててあげれば良いのでしょうか。まず、日当たりに関してですが、日当たりが良いところか、明るい日陰を選んで種を植えるようにしましょう。

あまりにも日陰過ぎますと、花が咲かない可能性がありますので、注意が必要です。また、日照不足になる事で、茎がやせ細ってしまう可能性があります。そう致しますと、ひょろひょろと成長してしまいますので、せっかく成長をしたとしても、倒れやすくなります。花付きも悪くなってしまいますので、できる限り太陽が当たるところで育てる事が望ましいと言えるでしょう。

そして、冬は、寒さには強いので、特に防寒対策をしてあげる必要はありませんが、茎葉が枯れて、根っこの状態で冬を越します。ですので、枯れた茎は丁寧に取り除いてあげて、次に花をつけるために、きちんと綺麗にしておいてあげましょう。そうする事で、冬を越した後で、スムーズに綺麗に花をつけてくれますよ。

また、花が咲いているときに、雨がふってしまいますと、茎の部分に水がたまってしまう可能性があります。そう致しますと、雨水の重みで、花が倒れてしまう可能性がありますので、注意が必要です。ですので、横に広がってしまうのを防ぐためにも、わっか状の支柱などで囲ってあげると良いでしょう。

種付けや水やり、肥料について

ムラサキツユクサを育てる際に、気をつけ無くてはいけない事とは、一体何なのでしょうか。ムラサキツユクサは、暑さにも寒さにも強い花になりますので、特に気を使う必要もなく、どこでも育てる事ができるというメリットがあります。ですので、園芸初心者の人でも、気軽に育てる事ができる花という事で、大変人気があります。

水やりに関しましても、一度きちんと根付いてしまえば、必要ありませんので、非常に簡単です。また、肥料に関しましても、与えてしまう事で、かえって株を大きくしてしまいます。ですので、何も与え無くても、十分に育てる事ができるでしょう。ですが、八重咲き種に関しましては、肥料不足になってしまいますと、一重になってしまう可能性があります。

ですので、必要に応じて、液体肥料を適量与えてあげるようにしましょう。加減などは、花の成長具合を見ながら、調整してあげて下さい。そして、植え付けの時期に関しましては、春か秋が適しているのですが、植えっぱなしにしてしまったとしても、十分によく育ちます。ですので、特に神経質になる必要もないでしょう。

ですが、種が育ち過ぎてしまい、茎がたくさん周辺に咲いてしまった場合には、適度に間引いてあげるようにしましょう。そうする事で、きちんと育てる事が可能です。日当たりに関しましても、極端に日陰ではなければ、十分に育ちます。ですので、マンションのベランダなどでも、条件をきちんと揃えてあげれば、育てる事が可能ですよ。

増やし方や害虫について

ムラサキツユクサを増やしたいと思った時には、一体どうすれば良いのでしょうか。もしも、増やしたいと思っているのであれば、春をおすすめ致します。春に株分けをする事ができますので、大きな株を見つけて、上手に株分けをしてあげて下さい。その時に気をつけなくてはいけない事は、増やしたいからといって、何でもかんでも株分けをしないという事です。

何故かと申しますと、あまりにも小さな株ですと、せっかく株分けをしても、弱ってしまう可能性があるからです。ですので、大きな株だけを上手に見つけて、株分けをしてあげましょう。そして、株分けが終わりましたら、株分け直後は直射日光を避けて半日陰の場所で管理してあげるようにしましょう。

ムラサキツユクサは、特につきやすい害虫や病気もありませんので、初心者の人でも比較的簡単に育てる事ができる花になります。園芸デビューにはもってこいの花になりますので、ぜひ挑戦してみる事をおすすめ致します。ムラサキツユクサは、林のふちなどが生息地になります。日当たりの良い場所であれば、比較的誰でも見たことがある花だと言えるでしょう。

花の色も、一般的には紫色ではありますが、白色やピンク色、また、赤紫色など様々な園芸品種もありますので、自分の好みに合わせて種を購入することをおすすめ致します。そうする事で、庭を明るくすることが出来ますよ。園芸初心者で、何か育ててみたいと思っている人は、簡単な花から挑戦してみることをおすすめ致します。

ムラサキツユクサの歴史

ムラサキツユクサは、TradescantiaOhiensisと呼ばれる花になります。アメリカの東部から中西部が原産地になるのですが、主に自生する宿根草になります。最初に日本に入ってきたときには、アメリカの南部に自生する、オオムラサキツユクサと間違われてしまったと言ったような経緯もあります。ですが、最近主に栽培されている種類は、

このオオムラサキツユクサムラサキツユクサを交配して新しく作られた品種が多いというのをご存知でしたか。ですので、園芸品種としては、紫色だけでは無く、薄紅色や白い花など、様々な品種がありますので、是非、育ててみたいと思っている人は、色々な種類の色を揃えてみては如何でしょうか。ムラサキツユクサは、耐寒性もあり、

耐暑性も持っておりますので、育てやすい宿根草として、大変人気があります。ですので、園芸経験がない人でも、比較的育てやすいといったメリットがあります。何か園芸を始めてみたいと思っている人は、このように育てやすい花から始める事で、自分に自信をつける事ができますので、大変おすすめです。

また、園芸品種になりますと、大きく育ったと致しましても40センチ前後の成長ですので、比較的場所も考えずに、どこでも育てる事が可能です。庭先に可愛らしい花を咲かせたいと思っている人は、是非、育てやすいムラサキツユクサから始めてみても良いでしょう。正しい育て方をきちんと勉強すれば、失敗する事もないでしょう。

ムラサキツユクサの特徴

ムラサキツユクサの特徴は、なんと言いましても、先ほども述べました通り、耐寒性と耐暑性を両方持っている宿根草だという事です。ですので、比較的誰にでも簡単に育てる事ができます。また、園芸品種になりますと、紫色から薄紅色、白色といった様々な色の花を育てる事ができますので、お庭のアクセントに大変向いております。

花は、大きくても5センチ程度の大きさではありますが、たくさん育てる事で綺麗な色を見せる事ができるでしょう。また、茎が密に茂り過ぎてしまったら、所々を間引いてあげる事で、長く花を楽しむ事ができます。沢山つき過ぎてしまう事で、逆にからせてしまう可能性がありますので、気をつけましょう。

初夏に花が一通り咲き終わりましたら、そのまま枯れてしまいますが、そのままにしておきますと、次の花が咲か無くなってしまいます。ですので、一度花が咲き終わりましたら、花を刈り込むなどをして、地面の整理をしてあげましょう。そうする事で、わき芽が伸びてきて、秋にまた花を楽しむことができます。

ムラサキツユクサは、一般的にきちんと管理してあげれば、比較的誰にでも育てることができる花になります。多少のことであれば、枯れる心配はありませんので、花が咲き過ぎてしまうことと、花が一度枯れた後の処理をしっかりと行うようにしてあげましょう。そうすれば、花を何時までも楽しむことができますので、園芸の初心者の人でも、安心して育てることが出来ますよ。

pixta_turifunesou

ツリフネソウの育て方

ツリフネソウは一年草であり、草の丈は40センチから80センチ程度に成長します。花の開花時期は夏から秋にかけてですが、山地...

pixta_kakao

カカオの育て方

そんなカカオの特徴はどのようなものなのでしょうか。前途のように、チョコレートの原料として使われるので樹そのものよりも、果...

pixta_kareplant

カレープランツの育て方

カレープランツは地中海沿岸に原生しており、乾燥した岩場また砂地が生息地です。キク科で常緑低木であり、葉や茎からはカレーに...

pixta_nasu_01

ナスの育て方

インドが原産の植物といわれ、中国でも古くから伝わる植物でもあります。栽培の歴史は数千年を超え、農業に関する世界最大の古典...

pixta_santrina

サントリナの育て方

種類はキク科になります。除虫菊と同じ仲間なので、そのことからも虫をあまり寄せ付けないのかもしれません。草丈は大きいものだ...

pixta_simotukesou

シモツケソウの育て方

シモツケソウは日本原産の固有種で、本州の関東地方から九州にかけてが生息地となっています。山地や亜高山の草地、林の縁などに...

pixta_sischard

スイスチャードの育て方

スイスチャードという野菜はまだあまり耳慣れないという人が多いかもしれません。スイスチャードはアカザ科で、地中海沿岸が原産...

pixta_satsumaimo_01

植物の栽培や育て方の知識と体験

植物の育て方について、十分な知識を持った上で栽培するのがオーソドックスな方法です。この方法だと、失敗が少なくなります。本...

pixta_pakira

パキラ(Pachira glabra)の育て方

パキラはアオイ科で、原産や生息地は中南米です。現在は観葉植物としての人気が非常に高いです。原種は約77種ほどあって、中に...

pixta_stock

一重咲きストック(アラセイトウ)の育て方

一重咲きストック、アラセイトウはアブラナ科の植物です。原産地は南ヨーロッパで、草丈は20センチから80センチくらいです。...

スポンサーリンク

pixta_minimeron

緑のカーテンを育てよ...

ツルを伸ばし、何かに巻き付く性質を持つ植物で作る自然のカ...

pixta_ezogiku

エゾギク(アスター)...

中国や朝鮮が原産の”アスター”。和名で「エゾギク(蝦夷菊...

ピラミッドアジサイ(...

ピラミッドアジサイは別名ハイドランジア・_パニュキュラー...

pixta_tigurijia

チグリジア(ティグリ...

チグリジアは別名ティグリディアとも呼ばれるユリに似た植物...