ユーフォルビア(‘ダイアモンド・フロスト’など)の育て方

ユーフォルビア(‘ダイアモンド・フロスト’など)の育て方

ユーフォルビア‘ダイアモンド・フロスト’などは小さな白い花のようなものが沢山付きます。だからきれいで寄せ植えなどに最適な植物です。しかしこの白い花のような部分は花ではなく、先端の葉っぱになります。そして本当の花は目立たないです。

育てる環境について

ユーフォルビア‘ダイアモンド・フロスト’などは丈夫で長持ちして、育てやすい植物です。そして庭植えなどもいいですが、できれば鉢植えで育てることをおすすめします。鉢植えで育てたほうがきれいな状態で長い間楽しむことができます。期間も長く楽しめるので、5月から10月の間は、外で育てることがおすすめです。

そして日当たりがいいことがユーフォルビアにはおすすめの育て方です。しかし夏場のかなり暑い日ざしには少し弱いですので、明るくて半日影になるような場所が好ましいです。そして寒くなってくると耐寒性がないので、最低気温が10℃以下になってきたときに、暖かい室内におくようにします。そして室内のできるだけ明るい窓辺が好ましいです。

室外でも冬は育ちますが、あまり低温になって着てしまうと、落葉してしまったり、また枯れてしまったりします。また高温期の時の多肥や多湿にはとても弱いです。だからあまり肥料を与えすぎないようにすることが大事ですし、また水はけはよくしておくほうがいいです。あまり与えすぎにならないように、水をあげる際には、

乾いた状態になったときにたっぷりとした水を与えます。そして水はけのいい土に植えることが丈夫で元気なユーフォルビアに育てることができます。できるだけ日に当てて、水や肥料などを与えすぎないように注意して育てると、花付きもよくなりますし、丈夫で長持ちをします。長い期間冬近くまで楽しむことができます。

種付けや水やり、肥料について

ユーフォルビア‘ダイアモンド・フロスト’などの水やりに関しては、5月から9月までが成長期にあたります。そしてこの成長期の時には、たっぷりと水を与えることが大事です。しかし常に水を与えるのではなく、乾いてきたらたっぷりと与えるようにします。だから庭に植えるよりも鉢植えのほうが適しています。

そして秋以降になってくると、どんどん成長も止まってきますので、乾かし気味にします。そして冬になってきたら、ほとんど与えないでいいです。乾いたら与えるといった形で十分です。あまり水を与えすぎてしまうと、多湿になってしまって、根が腐ってしまいます。だから鉢受け皿などを使用してる場合は、

その鉢受け皿に水をためておかないようにすることが大事です。水やりはそんなに難しいものではなく、できるだけ与えすぎないように注意しておけばいいです。そしてもし庭植えをするのであればほとんど水やりをしなくても、自然に任せておけばいいです。あげなさすぎるほうが元気に生き生きと育ちます。そして多湿に弱い植物になりますので、

できるだけ葉っぱ同士で蒸れないように切ったり形を整えたりしてあげることが大事です。特に夏の暑いときなどには、蒸れてしまうこともありますので、しっかりと込み合わないように夏になる前に切り戻しをしてあげることが長持ちしますし、きれいな花を咲かせてくれます。しっかりと育てるとかなりの長い期間楽しむことができる植物になっています。

増やし方や害虫について

害虫はつきやすい植物ではないです。しかし密集していますので、どうしても蒸れてしまうことがあります。蒸れてしまわないように、形を整えたり混みあった部分をカットしたりすることがおすすめです。しかしどうしても害虫の被害にあってしまうこともあります。密集してしまうと、葉の裏などに害虫が付いてしまう事があります。

この害虫は葉っぱを食べてしまったり、新芽についてしまったり、根っこや茎についてしまったりします。そうなってくると、枯れてしまったりしますので、見つけ次第害虫駆除剤などの薬剤を散布することをおすすめします。早めに対策をしておくといいです。そして蒸れや根腐れに注意し、水はけのよい土に植えて風通しをよくしておきます。

また増やし方は簡単です。さし木で簡単に増やすことができます。増やすときは6月ごろが適期です。暑くなる前に行なうことがおすすめです。そして葉を3枚ほどつけた上体で茎の先端を切っていきます。そして清潔な土に刺していきます。刺してから発根するまでは20日ほどかかってしまいます。

だからその間はこまめに葉水をしていくといいです。葉っぱを切ったりしてる最中には、どうしてもユーフォルビア‘ダイアモンド・フロスト’などは切り口から白い液がでてきます。この白い液はかぶれてしまう原因になるので、手袋などをして作業をすることが大事です。発根まで長い期間がかかるので、できるだけゆっくりと育てることが大事になってきます。

ダイアモンド・フロストの歴史

ユーフォルビアは数が多く2000種以上あります。そしてこの2000種の中でもいろんな形態のものがあって、一年草や宿根草などがあり、また多肉植物になってるものまであります。そして低木などの種類のものもあって、さまざまな種類のものを楽しむことができます。

中でも近年ユーフォルビアの中で人気の高いものは‘ダイアモンド・フロスト’などになっていて、育て方も簡単ですし、栽培しやすい植物になっています。ユーフォルビアの‘ダイアモンド・フロスト’などは白い小さな花が咲いてるような非耐寒性低木です。しかしこの白い花のようなものは花ではなくて、苞と呼ばれる花序のすぐ下の葉です。

葉っぱですので散ることなく長い間楽しむことができます。そして本当の花は目立たないです。そして原産国はメキシコ南部からエルサルバドルなど地中海沿岸地方に多く生息していて、暖かいところが生息地になっています。長い間楽しむことができるので、近年では単体で育てるのもきれいでしが、寄せ植えなどにして楽しむ方も多くなっています。

小さな白い花のような葉っぱが長いあいだ楽しむことが可能になっていますので、立派な寄せ植えの脇役になってくれます。しかしユーフォルビアは、寄せ植えなどをしたりきり戻しをしたりした際に茎や葉を切ると、その切り口から出てくる白い液に触れるとかぶれることがあるので注意して育てないといけないです。寄せ植えの作業の際などには、手袋をしておくといいです。

ダイアモンド・フロストの特徴

ユーフォルビア‘ダイアモンド・フロスト’などは小さな白い花のようなものが沢山付きます。だからきれいで寄せ植えなどに最適な植物です。しかしこの白い花のような部分は花ではなく、先端の葉っぱになります。そして本当の花は目立たないです。白い花のような部分は花ではないので、長持ちがしますし、花がら摘みを数必要がないです。

花ではなく葉っぱになるので、かなり長い間白い花のような部分を楽しむことができます。そして長い間きれいな状態を楽しむためには、きり戻しをすることがおすすめです。この切り戻しは、3月から5月が最適になっています。開花後の株をお手入れします。開花後そのままにしておくと、その株の上部の先端から新芽がでてきてしまいます。

形があまりよくないので、形よく保つためには、おもい切って切り戻すことがおすすめです。切り戻す際には半分ぐらいからカットして行くと、その先端から新芽がでてきますので、きれいな形のユーフォルビア‘ダイアモンド・フロスト’などになります。ほとんどの場合が一年草の扱いになることが多いものになりますし、

古い株のものは花付きもあまりよくないので、できたらさし木などをして新しいものを増やしていくことがおすすめです。育てる際には水はけのよい用土を使って、日当たりのいいところに置いて、水が乾いてきたら、たっぷりと与えることがポイントです。あまり毎日水を与えたりすると根が腐ってきたりしますので、注意が必要です。

pixta_kanenonaruki

女の子に人気の多肉植物の育て方

最近、女の子を中心に人気の多肉植物という植物があります。多肉植物とは、葉や茎にたくさんの水分や養分を蓄えることのできる乾...

pixta_saboten

観葉植物の育て方について

そもそも観葉植物というのは、室内において自然らしさを楽しむための植物であり、針葉樹木や温帯地域に生息する樹木、宿根草から...

pixta_riatoris

リアトリスの育て方

北アメリカが原産の”リアトリス”。日本には、大正時代に観賞用として渡来した花になります。苗で出回る事が少なく、切り花とし...

pixta_iwatabako

イワタバコの育て方

イワタバコはイワタバコ科の多年草で、花が美しいことから山草として栽培されることもあります。イワタバコ科は、双子葉植物の科...

pixta_karant

カラント類の育て方

カラント類は、ヨーロッパが原産です。フサスグリ全般のことをトータルで、英語ではカラントと呼んでいます。カラント類は真っ赤...

pixta_isutakakutasu

イースターカクタスの育て方

ブラジル原産の多肉性植物で、4月初旬の頃のイースター(春分後の最初の満月の後の日曜日)に開花するカクタス(サボテン科)で...

pixta_torebisu

チコリ、トレビスの仲間の育て方

チコリはキク科キクニガナ属の植物で、和名はキクニガナと言います。フランスではアンディーヴと言う名の野菜で、広く生産されて...

pixta_karuna

カルーナの育て方

カルーナはヨーロッパや北アフリカなど、地中海の周辺に生息する植物です。カルーナという言葉は「掃く」という意味に由来します...

pixta_ogi

オギの育て方

イネ科ススキ属のオギは、古くから日本と関わりのある植物です。原産は東アジアで、主な生息地の一つが日本です。ススキとよく似...

pixta_yatude

ヤツデの育て方

ヤツデは学名がファツシア・ジャポニカということでジャポニカとありますから、日本固有の種類ということがわかりますが、ウコギ...

スポンサーリンク

pixta_santanka

サンタンカの育て方

サンタンカは、アカネ科の植物で、別名ではイクソラとも呼ば...

pixta_kriptansas

クリプタンサスの育て...

クリプタンサスはブラジルに広く分布している多年草で多くの...

pixta_kareplant

カレープランツの育て...

カレープランツは地中海沿岸に原生しており、乾燥した岩場ま...

pixta_karatatibana

カラタチバナの育て方

カラタチバナの原産地は日本、台湾、中国です。日本では本州...