睡蓮(スイレン)の育て方

睡蓮(スイレン)の育て方

睡蓮の魅力と言えば、なんと言ってもその美しい花、そして風情のある水面に浮く沢山の葉にあります。元々は東南アジアなどの熱帯、亜熱帯気候を中心に分布している植物ですが、日本でも温帯睡蓮および熱帯睡蓮の栽培は可能です。

睡蓮について

睡蓮の魅力と言えば、なんと言ってもその美しい花、そして風情のある水面に浮く沢山の葉にあります。元々は東南アジアなどの熱帯、亜熱帯気候を中心に分布している植物ですが、日本でも温帯睡蓮および熱帯睡蓮の栽培は可能です。

はじめての方でも、睡蓮の育て方のポイントを良く理解していれば、ちゃんと花を咲かせることができます。逆に言えば、ポイントを抑えないで育てることは難しいでしょう。

こちらのホウセンカの育て方も詳細に紹介されています♪

睡蓮の育て方

まず、睡蓮の種まきはせず、苗を購入します。ホームセンターや園芸用品店などにあります。素焼きなどの植木鉢に少量の睡蓮用土を入れ、固形肥料を数個置きます。更に、その上に土を盛ります。

次に、芽の出ている部分を上にして苗を植え、沢山の水をやります。(後に水鉢に入れますので、ここで水をやらないと水鉢の水が汚れてしまいます)20cm以上の深さのある水鉢に水を張り、苗を植えた植木鉢を沈めます。この時、水面から植木鉢の土面までの深さを10cm程度取ります。

以上でセットアップ完了ですが、以下の補足事項も参考にしてください。

・苗植えのタイミングは、3月~5月GWまでが良いでしょう。
・熱帯睡蓮は、冬場に屋内保管が必要になるので、温帯睡蓮の方が楽です。
・温帯睡蓮は、横に根が伸びますので、広め、浅めの鉢を使います。
・睡蓮用の土が見つからない場合は、水生観葉植物用の土でも大丈夫です。
・肥料は固形タイプが扱いやすくて良いでしょう。花が咲きだしたら、固形肥料を追肥します。注意事項として、肥料をやり過ぎないこと。逆効果になりますので、気を付けてください。
・設置場所は日当たり良い所にしましょう。日照が不足すると花が咲かない可能性があります。

日頃のメンテナンスについては、特に難しいことはありません。水は自然と蒸発しますので、細目に補給します。この時、水道水をそのまま入れるのではなく、バケツなどに汲んで日光に当てて翌々日位の水が良いです。

睡蓮栽培の楽しみの一つ

また枯れた葉は茎の根元から取り除きます。最後にもう一つの楽しみとして、メダカを水鉢に入れることをお薦めします。屋外栽培ですので、水鉢にはボウフラが湧くことがあります。メダカはボウフラを好んで食べてくれます。

勿論、メダカ自体が観賞の対象になりますし、睡蓮と合わせて風情があります。注意事項としては、あまり餌を与え過ぎないことです。与え過ぎるとボウフラを食べなくなってしまいます。

メダカには黒メダカや白メダカなどいくつかの種類がありますが、複数の種類を混ぜることはせず、一種類に統一します。ペットショップなどで購入する際は、オスとメスを対にして2組、3組という具合に揃えます。後に、メダカの繁殖が始まるかもしれません。これも睡蓮栽培の楽しみの一つです。

ハスの育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:熱帯スイレンの育て方
タイトル:温帯スイレンの育て方
タイトル:ハスの育て方

pixta_konofitumu

コノフィツムの育て方

コノフィツムは、アフリカ南部(南アフリカ・ナミビア南部)が原産の生息地の多肉植物です。また、ハマミズナ科コノフィツム属に...

pixta_minibara

バラ(ミニバラ)の育て方

バラ(ミニバラ)とはバラ科バラ属の植物で、ミニバラや姫バラ、ミニチュア・ローズ、パティオ・ローズ、マイクロ・ミニなどとも...

pixta_marubastram

マルバストラムの育て方

特徴としてどのような属性になっているかです。名前としてはアオイに似ているとなっていますが、種類としては同じと考えられます...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タイリンエイザンスミレの育て方

多年草で、すみれ科すみれ属に分類されています。日本海側には生息数が少ないので、主に太平洋側の山岳地帯のほうが見つけやすい...

pixta_miyamakinbai

ミヤマキンバイの育て方

バラ科のキジムシロ属であり、原産国は日本や韓国、中国の高地になります。日本では、北海道から本州の中部地方にかけて分布して...

pixta_misebaya

ミセバヤの育て方

特徴として、バラの種類であることがわかっています。バラ亜綱、バラ目、ベンケイソウ科、ムラサキベンケイソウ属になります。園...

SONY DSC

コエビソウの育て方

コエビソウはメキシコを原産とする植物です。キツネノマゴ科キツネノマゴ属の植物で、常緑の多年草でもあります。低木ではありま...

pixta_kotura

コツラの育て方

この花の特徴はキク科となります。小さい花なので近くに行かないとどのような花かわかりにくいですが、近くで見ればこれがキク科...

pixta_siraneaoi

シラネアオイの育て方

シラネアオイの原産地は、日本で日本固有の壱属一種の多年草の植物ですが、分類上の位置が二転三転してきた植物でもあります。昔...

pixta_henrizuta

ヘンリーヅタの育て方

特徴として、まずブドウ科、ツタ属であることです。つまりはぶどうの仲間で実もぶどうに似たものをつけます。しかし残念ながら食...

スポンサーリンク

pixta_anisuhip

アガスターシェの育て...

アガスターシェは、初心者でも簡単に育てる事のできる、シソ...

pixta_kariburakoa

カリブラコアの育て方

カリブラコアは南米原産です。1825年にメキシコの植物学...

pixta_prektransas

プレクトランサス(観...

プレクトランサスは、シソ科、ケサヤバナ属となります。プレ...

pixta_bluefanflower

ブルーファンフラワー...

ブルーファンフラワーはクサトベラ科スカエボラ属で、別名は...