ライラックの育て方

ライラックの育て方

ライラックの特徴としてあるのはモクセイ科ハシドイ属の花となります。北海道で見られる事が多いことでもわかるように耐寒性がある花として知られています。落葉樹の一つになります。日本名としてはムラサキハシドイとなっています。フランス名はリラでこちらの名称なら知っている人もいるかもしれません。

育てる環境について

ライラックを栽培するときにはどのような育て方をするのが好ましいのか、環境について気をつけることがないかですが、まずこの花については耐寒性が強いところがあります。北海道でよく見られる花ですが、あれだけの寒さでもなんともない花ですからその他の寒い地域においてもある程度咲かせることができそうです。

寒さに強いだけなら良いのですが問題点が残っています。それは耐暑性があまり無いことです。暑いところでは育ちにくいとされています。木の状態で暑いところに持ち帰って育てようとしたとき、枯れることは無いが花が咲きにくいとされています。毎年咲かなかったり、一房しか咲かないようなことがあるようです。

あまり暑いところにおいておくのは辞めたほうがいいでしょう。冬などにおいては外に出しておいても問題ないでしょうが、逆に夏などは暑さから守るために中にいれたりしたほうがいいのかもしれません。夏場においては日光が直接当たるようなところではなく、半日陰のようなところを選んで置くようにすると良いかもしれません。

北海道や東北の地域であれば夏においてもそれほど高温になることはありませんから特に気にしないで育てることが出来るでしょう。一定の場所であれば問題なく育てることが可能になっています。新芽がでているのに花が咲かないなどなかなかいい状況にならないなどがあるなら環境を考えるようにしてみます。良い環境にすることで咲き方にも影響してきます。

種付けや水やり、肥料について

ライラックの生息地としては涼しいところが中心とされています。日当たりを好むことがありますが、かと言ってあまり強すぎる日当たりは逆効果になってしまうことがあります。あまり好まない場所として西日が強いところです。置くところとしては東側などがいいでしょう。北海道であればそれほど日差しも強くないでしょうが、

本州や西日本などになると西日が非常に強くなる時があります。そうなると弱ってしまうことがあります。植え付けるときには場所を考える必要があります。水はけについては比較的良い所を好みます。あまり暗いところになると水はけが悪くなることがあるのでそちらも注意しなければいけないところと言えます。

水やりについてはどのような頻度で行うかです。北海道においてはほとんど水やりを行わないとされています。土の中にある水分で十分に賄えるためです。日差しがそれほど強くないので、土の中に雨の水などが適度に残り、それによって水分を得られます。食彩の南限とされているのが関東から東海地方と言われています。

この辺りで育てようとするのであれば真夏においては水やりをしなければいけません。朝に行うようにします。この辺りになるとどうしても水分がなくなりやすくなります。朝にしっかりと水を与えておけば、1日は持たせることができます。肥料については早春、6月頃に行います。株の周りに溝を掘って鶏糞、骨粉、油かすなどをまいておきます。それを毎年行います。

増やし方や害虫について

ライラックに関しては増やし方としては接ぎ木をする方法が取られる事がありあす。実生の苗に接ぎ木を行うことで増やすことができます。イボタと呼ばれるものを台木として行うことがあります。その他の増やし方としては株分けがあります。いつ行うかについては年に2回ほど行うことが出来るようです。まずは春に行うことがあります。

春は接ぎ木にとっても良い季節とされています。その他には秋に行うのも適しているとされています。計画的に増やそうとするときにはどちらの季節で何をするかの準備をしておいた方がいいでそう。とり木と呼ばれる方法を取ることがありあす。環状剥皮をして、枝の途中から根を出させるようにします。そうすることで増やすことができます。

少し技術がいるかも知れませんが慣れてくれば特に問題はありません。害虫としてはいろいろな植物にも出やすいとされているアブラムシがあります。またカイガラムシも要注意の虫の一つとされています。アブラムシに関しては新芽に対して発生することがあります。どのようなときに発生するかですが、

風通しが悪くなっていると出やすくなる事がありますから注意するようにしなければいけません。枝が混み過ぎたりした時にも発生することがあるので、剪定作業などを定期的に行うことで虫を防ぐことが出来る場合があります。害虫といいますと薬で何とかしようとすることがありますが、薬以外でも行える方法を知っておくと助かるでしょう。

ライラックの歴史

鉄道においては愛称が付けられることがあります。今は新幹線が開通するたびに新しい名称が付けられる事がありましたが、かつては在来線の特急などにおいていろいろな名称が付けられることがありました。旧国名であったり、その地域を表すものが選ばれることが多いようです。花の名称であったり鳥の名称が付けられることもありました。

あまりいろいろな地域で咲くような花だとなかなか地域性が出てきませんから、その地域で咲く花が選ばれることが多くなります。ライラックについては、北海道を走る特急の愛称として付けられています。日本においてはこの地域に多く咲くことが多いようです。原産地としてはヨーロッパンの南東部とされています。

日本に伝来したのは1800年代の後半とされています。札幌市内にある学校の創設者であるアメリカ人が持ってきたものが最初と言われています。ではアメリカにはいつ頃伝わったかといいますと1600年代の後半にヨーロッパから渡ってきたとされます。フランスで迫害された人たちによって持ち込まれたと言われています。

ヨーロッパに広まり始めるのは15世紀頃とされます。オスマントルコから伝わったとされています。歴史に於ける色々な流れの中で伝わってきていることがわかります。生息地としてはそれほど暖かいところを好むことはなく、比較的涼しい地域となります。ですから北海道においても容易に広められるようになっていったのかもしれません。

ライラックの特徴

ライラックの特徴としてあるのはモクセイ科ハシドイ属の花となります。北海道で見られる事が多いことでもわかるように耐寒性がある花として知られています。落葉樹の一つになります。日本名としてはムラサキハシドイとなっています。フランス名はリラでこちらの名称なら知っている人もいるかもしれません。特徴の一つは色になるでしょう。

この色に関してはライラック色と言われることもある色になります。青紫色が北海道の春を彩ってくれます。モクセイ科といいますと秋の象徴であるキンモクセイが知られています。秋になると所々で花を咲かせていい香りをさせてくれますがこの花についても香りが非常に良く、街なかに香りを漂わせてくれます。

青紫の夏らしい色だけでなく白のきれいな花を咲かせてくれることもあります。それも特徴の一つになるでしょう。青紫の中に白のものを見つけるといかにも涼しげに感じることがあります。緑色の葉と青紫の葉、更には白色の花が特徴的になっています。ヨーロッパにおいてはあまりこの花を持ち込まないほうが良いとの言い伝えがあるそうです。

白い花を持ち込むのは良くないとされています。しかしこれはヨーロッパの話であって日本においては特に関係のないことですから自由に持ち込んだり咲かせたりしてもいいでしょう。花言葉としてあるのが友情、青春、純潔などがあります。若い人たちにとっては欠かせない花の一つになるのかもしれません。ぜひ咲かせたい花の一つです。

pixta_hinoki

ヒノキの仲間の育て方

ヒノキは原産として日本と台湾にのみ分布する樹木です。アメリカにおいては似ているものとしてアメリカヒノキがあり日本にも輸入...

pixta_manryou

マンリョウの育て方

江戸時代より日本で育種され、改良も重ねられた植物を古典園芸植物と称しますが、マンリョウもこのような古典園芸植物です。 ...

pixta_nanakamado

ナナカマドの仲間の育て方

ナナカマドの仲間は、バラ科の落葉高木で、学名がSorbuscommixta、漢字で「七竈」と書きます。「庭七竈」は、学名...

pixta_bluberry_01

ブルーベリーの育て方

歴史の始まりはヨーロッパ大陸からアメリカに移住してきた人がネイティブアメリカの人たちにブルーベリーを分けてもらい、乾燥し...

pixta_rukousou

ルコウソウの育て方

ルコウソウの原産地は熱帯のアメリカで、暖かい気候の土地に定着しやすいです。日本では本州中部以南に生息しており、1848年...

pixta_sharinbai

シャリンバイの育て方

常緑の植物で、低木となるものが多いです。日本では暖かい地域ではもちろん育ちますが、宮城県や山形県くらいまでなら育つことが...

pixta_soburaria

ソブラリアの育て方

特徴としては、キジカクシ目、ラン科、セッコク亜科、アレサス連になります。園芸上においてはランに属します。ですから花屋さん...

pixta_rukkora_01

ベランダでルッコラの栽培

家庭菜園の魅力とは、自分で大切に育てた野菜を味わうことができることにあります。育てる達成感と味わう幸福感を体感してみたい...

pixta_kinkan01

植物や果物を育ててみませんか

仕事や行事などで毎日が忙しく、たまに休みがあったとしてもやりたい趣味活動がなかなかないという人も最近ではよく見かけること...

pixta_barubofiram

バルボフィラムの育て方

バルボフィラムは、とても多くの種類がある、洋ランの一種です。ひとつの地域が原産で、そこにある原種を元に品種改良や交配が繰...

スポンサーリンク

pixta_fukkisou

フッキソウの育て方

フッキソウは日本原産のツゲ科の植物です。北海道から九州ま...

pixta_katanake

カタナンケの育て方

カタナンケの草丈は約40㎝ほどになります。寒さに弱い性質...

pixta_jastadazy

シャスタデージーの育...

シャスタデージーの可憐な花は、アメリカの育種家である、ル...

pixta_miyamazenko

ミヤマゼンコの育て方

ミヤマゼンコは日本の本州中部を原産地とし、亜高山~高山に...