植物栽培と育て方について

植物栽培と育て方について

最近、植物の栽培が趣味として人気になっています。昔は植物を育てる趣味というのは、主に高齢者のものでした。その代表が盆栽です。しかし、現在は主婦も家庭菜園をやりますし、若い人がインテリアに鉢植えを取り入れる事も多いようです。

植物の育て方

植物は購入しておしまいではなく、ペットと同じように世話をする必要があります。従ってまずは、その植物を育てる目的をはっきりさせた方が良いです。食べるために野菜を育てるのと、癒しを求めて部屋にグリーンを飾るのとでは、当然育て方も変わってくるからです。

また、意外かもしれませんが、世話をする人の性格やライフスタイルも考慮する必要があります。日中、留守がちな人が畑の様子を見るのは難しいですし、仕事が忙しい人にまめな水やりはできないからです。

そう考えると、単純に見た目の好みだけではなく、様々な面を考えて植物の種類を選択する事が大事になります。自分に合った植物を選んだら、必要なのはその品種の特徴や性質を学ぶ事です。勢いで種をまいたり植え替えをしても、うまく育つ可能性は非常に少ないです。

植物の栽培時の注意点

木や草花には思っている以上に個性があります。園芸書を読む、専門店の店員さんに尋ねるなど、手段はいろいろありますので、とにかく知る事から始めるべきです。今はネットからでも、役立つ情報がたくさん得られます。そして育て始めたら、最初のうちはこまめに気を配る事です。

人間やペットと同じで、小さいうちは外部の影響を受けやすく、ちょっとした事が原因ですぐ弱ってしまいます。屋外であれば日当たりや風向き、屋内であれば空調の具合や室温にも注意が必要です。

一般には日が当たるほど良いと思われがちですが、品種によっては長時間の直射日光に耐えられない場合もあります。また、逆に室内の鉢植えであっても、たまにベランダなどへ出して日を浴びさせるのが良い品種もあります。

うまく育ち始めると、水やりや肥料などの世話もルーチンになり状態が安定してくるのですが、そこで意識してほしい事があります。それは愛情をもって育てる事です。だんだん慣れてくると、私たちは植物の存在を忘れがちになる事もあります。

植物に愛情を注ぐ

しかし鉢植えに毎日優しい言葉をかけたり、ヒーリング音楽を聞かせると、通常よりも美しく大きな花を咲かせるという実験結果があるのです。彼らは私たちが思っている以上に、様々な事を分かっているのかもしれないのです。

野菜でも同じ事が言えるそうで、毎日畑にクラシック音楽を流すと野菜のできが良くなるケースも報告されています。やはり一旦迎え入れたら、家族やペットと同様に愛情をかけて接する事が大事ではないでしょうか。そしてこの植物栽培という趣味を、できるだけ多くの人に長く楽しんでもらいたいものです。

pixta_rinaria

リナリアの育て方

リナリアの名前の由来は生物学者だったリンネが提唱していた一つ一つの生物につけられた名前で、ギリシャ語でアマという意味があ...

pixta_fusentowata

フウセントウワタの育て方

フウセントウワタ(風船唐綿)は南アフリカが原産の植物で、丸い形をした実には複数の棘があり、晩秋の頃になると実が割れて中か...

pixta_zenobia

ゼノビアの育て方

ゼノビアは日本国内ではスズランノキという名前でも呼ばれる北米を原産地とする植物です。同様にスズランノキという名前で呼ばれ...

pixta_mukuge

ムクゲの育て方

ムクゲはインドや中国原産とされる落葉樹です。生息地は広く、中近東になどにも分布しています。韓国の国花として知られています...

pixta_otomegikyou11

オトメギキョウの育て方

オトメギキョウの原産地は東ヨーロッパ、クロアチア西部で、カンパニュラの一種となっています。カンパニュラは主に地中海沿岸地...

pixta_dragonfurut

ドラゴンフルーツの育て方

サンカクサボテンの実の事を総称してピタヤと呼びます。ピタヤはベトナムから輸出する時の商品名であり、日本に輸入される時には...

pixta_monaruda

モナルダの育て方

この植物に関しては、被子植物に該当し、シソ目、シソ科、ヤグルマハッカ属になります。非常に見た目がきれいな花が咲くことから...

pixta_komatunagi

コマツナギの育て方

この植物は背丈が高く40センチから80センチまであり、マメ科コマツナギ属の落葉小低木に分類されています。同じマメ科に属す...

pixta_nemunoki

ネムノキの育て方

ネムノキは原産地が広く、日本や朝鮮半島、中国、台湾、ヒマラヤ、インドなどが代表的なものとなっています。このほかにもイラン...

pixta_sarusuberi

サルスベリの育て方

サルスベリは、木登り上手のサルですら、すべって登ることができないほど、樹皮がツルツルとなめらかなことからつけられた名前ら...

スポンサーリンク

pixta_jakaranta

ジャカランダの育て方

ジャカランダは世界三大花木の一つとして知られており、日本...

pixta_okura_01

オクラの育て方

アオイ科に属する野菜で、原産地は、マントヒヒの生息地で知...

pixta_pakira

パキラ(Pachir...

パキラはアオイ科で、原産や生息地は中南米です。現在は観葉...

pixta_kinkan

キンカン類の育て方

柑橘系果物の一つにキンカンが有ります。一言でキンカンと言...