アオドラセナの育て方

アオドラセナの育て方

アオドラセナはリュウゼツラン科の観葉植物です。そして鉢植えで植えるのに適していて、育て方は初心者の方でも十分簡単に育てることができます。冬の寒さには少し弱いですが、他の観葉植物に比べたら強いほうで、丈夫で栽培しやすい植物です。生息地は熱帯アジアや熱帯アフリカなどにおよそ50種類が分布していて、亜熱帯オーストラリアなどが原産地です。

育てる環境について

育てる環境に関しては室内の場合はどこでも育てることができますが、室外などの場合になると観葉植物になるので、夏の直射日光や、冬の寒い季節などは控えて室内で管理したりするといいです。10℃以上の環境が好みですので、10℃以下になってしまうと弱ってしまったりします。だからそういったときには、室内の暖かいところで管理をするといいです。

室内であればある程度の場所なら大丈夫です。そして0℃以下にならなければ特に気をつける必要のない植物で、丈夫で元気です。そしてある程度の寒さには対応してくれるので、育てるには育てやすい植物です。明るい場所を好む植物になります。しかし半日陰になってしまうようなところでも十分育てることができます。

基本的には、明るい場所でレースのカーテン越しなどの場所が好ましいです。しかしどうしても日当たりのいいところで育てることができないという場合でも育てることは可能ですので、いろんなところで育てることができます。育てるにも育てやすい観葉植物になっていて、初心者の方でも管理がしやすいです。

そして寒さには比較的強い植物で、さわやかな細長い葉っぱが特徴の植物になりますので、夏場の暑いときにもぴったりで、涼しい雰囲気を持っているよく物になります。土植えなどや、土以外で育てることができて、土以外で育てる場合などは衛生的です。室内の場合は土で育てると衛生的ではないという人もいるので、土で植えたくない人にもぴったりです。

種付けや水やり、肥料について

アオドラセナは春から秋にかけては水をかなり吸います。だからあまりその時期に水を与えないと水分不足になってしまいます。だから水が必要になったときには、土の表面が乾いてきたときにたっぷりと水を与えます。しっかりと水分を吸わせてあげると成長しやすいです。しかし冬になってくると、成長も鈍ってきます。

だから成長があまりしないので、それほど水分を必要としないです。土の水分が乾いてきたら、すぐに水を与えるのではなく、数日時間を置いてから水を与えてあげると、あげすぎにならないです。そして冬からどんどん気温が10度以上になってき始めたら、水やりの回数を増やしていきます。

そして肥料に関しては、やはり成長期になる5月ぐらいから9月ぐらいまでの間は、観葉植物用の置き肥料をしたり、また液体肥料などを与えるといいです。しかし冬の寒く、成長が止まってしまう時期になると、肥料などは与えなくてもいいです。与えすぎないように季節に応じて対応してあげるといいです。肥料が多すぎると斑がぼけてきたりしますので注意をいておかないといけないです。

またアオドラセナは土以外の清潔な用土で育てることもできます。土以外の清潔な用土にすることによって、室内で土を使わないので清潔で安心して育てることができます。衛生的に考えて土を室内に持ち込むのは難しいという方には、土以外の清潔な用土がおすすめで、水の与えるタイミングなども見やすくて管理しやすいです。

増やし方や害虫について

アオドラセナは空気が乾燥する時期には特に注意をしたほうがいいです。空気が乾燥してくると葉の裏に小さな虫が付いてきます。その小さな虫は葉っぱの裏についてしまいます。そして小さな虫は葉の裏から養分を吸って植物を弱らせてしまいます。だから弱らせてしまうので見つけたらはやめに対処をすることが大事です。

薬剤を散布するなどをして小さな虫からアオドラセナを守っていきます。そして小さな虫というものは湿り気を嫌います。だから事前に小さな虫を予防するために、こまめに葉の裏表などに霧吹きで葉水をしてあげると、小さな虫の発生を防いでくれます。まずは小さな虫を発生させないという努力をしたほうがいいです。

そして増やし方に関しては、いろいろな方法がありますが、まずはさし木が一番簡単で育てやすい方法です。仕立て直しをする際にさし木を作るといいです。仕立て直しをしてその際に切った茎を新芽のついてるものの場合はその新芽を残してまた他の葉っぱが沢山付いてるものに関しては葉っぱをとって川砂に埋めるといいです。

乾かないように水を与えて日陰で育てておくと、一ヶ月ぐらいたったころに芽がでてきます。一番の簡単な方法はさし木ですので、仕立て直しをするときにはさし木をしてみることがおすすめです。そして根が出てきたら、一本ずつ鉢植えに植えなおして、成長させていきます。しっかりと管理をしていれば増やすのはそんなに難しい植物ではなく、育てやすいです。

アオドラセナの歴史

アオドラセナはリュウゼツラン科の観葉植物です。そして鉢植えで植えるのに適していて、育て方は初心者の方でも十分簡単に育てることができます。冬の寒さには少し弱いですが、他の観葉植物に比べたら強いほうで、丈夫で栽培しやすい植物です。生息地は熱帯アジアや熱帯アフリカなどにおよそ50種類が分布していて、亜熱帯オーストラリアなどが原産地です。

常緑性の樹木で葉っぱの形なども個性的で、夏にぴったりの形をしていますので、室内の観葉植物として人気の高いものになっています。そして成長しやすいものなので、鉢の底から根が出てきてしまって、なかなか水が通らないといった状態になったりいますので、ある程度成長してきて、根詰まりを起こしてしまう前に、植え替えを行なうようにします。

そしてこの植え替えの時期に関しては、5月頃から8月頃が最適です。古い土は半分ほど落として根っこをほぐしてなじみやすくして、一回り大きな鉢に植え替えてあげます。そして植え替えた直後はたっぷりとした水を与えてあげます。またアオドラセナの仕立てに関してはいろいろな面白いアレンジなどをすることができます。

まっすぐと伸ばして育てるのもいいですが、斜めに曲げたりしてアレンジをすることができます。幹が柔らかい観葉植物になるので、幹を針金などでまげて育てると、変った形に成長したりします。自分の部屋の雰囲気に合わせて育てることができますので、いろいろアレンジすると面白いです。

アオドラセナの特徴

アオドラセナは成長が旺盛でどんどん上に伸びていく植物です。そしてあまり大きくなっていってしまうと管理が大変になってきったり、大きいのはあまり好みでないという方は、切り戻しなどをして仕立てるといいです。この切り戻しの際にはさし木などをすると新しいアオドラセナを育てることができますので挑戦してみてもいいです。

そして葉っぱなどに室内で育てているとほこりなどが貯まってしまったりします。だからそういったときには軽く濡れたティッシュなどで葉の裏表を拭いてあげたり、また水やりの際にはベランダに出して、葉っぱも直接水を当てて洗い流すといいです。それに葉に小さな虫が付きやすい植物になりますので、虫対策にも効果的です。

そしてアオドラセナは日当たりのいいところを好む植物です。だから真夏の日差しにはあまり強くないので、真夏以外の場合は日当たりがいいところで、風通しのいいところを選ぶようにするといいです。そして室内に置く場合は窓際の明るい場所に置くようにします。ある程度日陰の場合でも育てることは可能になっていますし、丈夫な植物なのですが、

あまり日の光を浴びないで育ってしまうと、日照不足になってしまって、葉のつやがどんどん悪くなってきてしまいます。そして茎も弱くなってしまって、丈夫ではなくなってしまいます。逆に真夏の暑い日ざしを浴びて育ててしまったりすると、今度は葉やけの心配がでてきますので、ある程度の日差しを浴びさせてあげることが大事です。

pixta_sugavine

観葉植物として人気のシュガーバインの育て方

シュガーバインは可愛らしい5つの葉からなるつる性の植物です。常緑蔓生多年草で育て方も簡単なので初心者の人にもおすすめです...

pixta_shakunage

シャクナゲの育て方

シャクナゲは、ネパール、ブータンを中心にアジア、ヨーロッパ、北米に約300種が分布します。主に、日本や中国が原産となって...

pixta_fenix

フェニックス(Phoenix)の育て方

フェニックスは暖かい地域の植物だと言うことを頭に入れておかなければなりません。ですから、植え付けは5月から7月くらいに行...

pixta_yatorofa

ヤトロファの育て方

特徴としては、被子植物、真正双子葉類に該当します。バラ類、キントラノオ目、トウダイグサ科、ハズ亜科となっています。油の原...

pixta_beisugi

アメリカネズコ(ベイスギ)の育て方

特徴としては、裸子植物になります。マツ綱、マツ目、ヒノキ科です。属はスギではなくクロベ属、ネズコ属と言われることもありま...

pixta_rengeshouma

レンゲショウマの育て方

花の特徴として、キンポウゲ目、キンポウゲ科となっています。山野草として分類されています。咲き方としては多年草になります。...

pixta_oobahabusou

オオバハブソウの育て方

オオバハブソウはオオバノハブソウとも言われ、古くから薬用として珍重されてきた薬草です。江戸時代に渡来した当時は、ムカデ・...

pixta_karokefarus

カロケファルスの育て方

見た目からは少し想像がつきにくいですがキク科になります。種類としては常緑の低い木になります。耐寒性としては日本においては...

pixta_kirutansasu

キルタンサスの育て方

キルタンサスの科名は、ヒガンバナ科 / 属名はキルタンサス属になり、その他の名前:笛吹水仙(ふえふきすいせん)、ファイア...

pixta_tekofirea

テコフィレアの育て方

南米にはたくさんの野生生物が生息しているとされています。そのなかでテコフィレアという植物があります。テコフィレアは、テコ...

スポンサーリンク

pixta_yuri

ゆり(アジアティック...

ゆり(アジアティックハイブリッド系)の歴史は古く日本では...

pixta_hiperikamu

ヒペリカムの育て方

ヒペリカムの原産地は中国で、中央アジアや地中海沿岸を主な...

pixta_kodemari

コデマリの育て方

コデマリは中国中部原産の落葉低木で、「コデマリ(小手毬)...

pixta_kuroton

クロトンの育て方

クロトンとは、原産はマレー半島やオーストラリアなど熱帯地...