シンジュガヤの育て方

シンジュガヤの育て方

イネ科やカヤツリグサ科などで、日本でも種類は多いのですが注目をあまりされない植物群です。その中でわりと注目されている植物があり、カヤツリグサ科シンジュガヤ属のシンジュガヤで、インターネットでも話題になったりしている植物です。

育てる環境について

野草ウオッチングとして、ぜひ一度大自然の中で観察してみたい植物ですし、湿地帯の小さな宝石という表現もありましたが、日本の自然では小さな花や実が美しいという植物も多いように感じます。雑草や野草と一言で片付けられてしまい、小さいので注目しませんし、あまり出来ませんが、知ってしまうと非常に興味深い植物が多くて、

魅了されるという状態にもなります。そして自然の素晴らしさを感じるようになりますが、普段の生活でも人は、大きな美しいものに引かれますし、派手好みでもあります。しかし全体的な生活では、小さな気遣いや親切で生きているようなところがあり、それらが本当の美しさということに気がつくということも多いですが、

これらの小さな美しい花や実も、そのことを人間に教えてるようにも感じられる植物たちです。この植物の真珠のような実がよく注目されますが、それよりも白い不思議な形の花のほうが、更に珍しく全体的なバランスも取れているので美しい感じがします。花と実とセットでこの植物の美しさがあるのではないかという感じもする植物になります。

花は7月から10月頃咲きますが、日当たりの良い湿地などで見られるということです。主に関西や沖縄の方で見られるということです。夏の花ということになります。野草の中ではぜひ一生に一度は見てみたい花と実ですが、野草としうことで栽培するということはあまりないようで、育て方などは探してみ見当たらないという感じでもあります。

種付けや水やり、肥料について

シンジュガヤ属では7種類ぐらいの近縁種があるようです。またカヤツリグサ科ですが、カヤツリグサ科の植物ということでは、有名な植物に歴史上名高いパピルスがあります。古代エジプトで有名な紙の代わりに使われていた植物ですが、この植物も親戚に当たるということになります。

パピルスも水辺の植物でしたが、やはり水に関係している植物ということが言えそうです。カヤツリグサ科は世界で70種3700種があるということで、イネ科とも共通点が多いということでした。また湿地帯に生息しているものが多いようですが水草になるものはなく、水の中の土から伸びていくという植物ということでした。

ですので栽培するという場合では湿地帯の環境をよく調べて、水草を栽培するのに近いような環境を作るということが良いかもしれません。また紙の起源のパピルスですが、カヤツリグサ科の代表と言われているように、茎がしっかりと伸びていて、茎を平たく伸ばして、それを何枚も重ねて紙のようにしたものですが、まっすぐに伸びる茎という性質もシンジュガヤに似ているということで、この科の特徴のひとつのようです。

この植物を観察する時にも、パピルスの親戚ということで観察すると、そのイメージもロマンチックに深まっていくということになります。古代エジプトとの不思議なつながりを感じるということでもあります。そのような意味でも、花や実の不思議さやパピルスとの関係など、非常に幻想的な植物のひとつで、野草としても注目してみると面白い植物ではないかということになります。

増やし方や害虫について

この植物の名前を漢字で書くと真珠萱ということで、萱とは茅のことでカヤと読みますが、昔から日本人にも親しまれていた植物です。具体的にはチガヤ、スゲ、ススキなどの植物で、それらの名前を見れば、どのような感じの植物かも分かりますし、確かにススキに似ているようにも感じられる植物です。真珠を実らせるカヤということのようです。

カヤは屋根材や飼肥料などに古くから利用されていて、こちらはイネ科ですが、そのように身近に感じられていた植物でもあるということになります。またカヤノヒメという草の神様までいるということですから、その点でも非常に身近な植物がカヤということになります。

またこのカヤツリグサ科は熱帯を原産地としている植物なので、ガーデニングなどで栽培する場合には、熱帯の植物の育て方を参考にして、水辺の湿地帯などを好むということですので、それらも参考にすると良いかもしれません。

しかしあまり繁栄しているという植物でもなさそうなので、ガーデニングで育てるということでも、例えば鉢植えで育てるという感じで、試しながら試行錯誤して育てていくということになりそうな植物です。野草は元々の自生している繁殖地が一番生きていくのには良いということですので、

そのような地域で静かに見守るほうが良い植物なのかもしれません。特に花や実は特別に美しいので、自然の中で輝いているほうが美しいということは確かなようです。購入する場合には通販などを利用することになるでしょう。

シンジュガヤの歴史

自然の中で野草などと触れ合うと、自然に癒されるようになるので不思議ですが、そのような自然を自分の家の庭やベランダなどで再現したいということで、ガーデニングや家庭菜園での植物の栽培もしているのでしょうが、野草を栽培するということでは挑戦している人もいるようで、野草を専門に販売している園芸関係の業者もあるようです。

通販などでもインターネットを通して販売されている野草も多くあります。また珍しい野草でも目立つものと目立たないものもあり、種類は多いのに目立たない植物もあります。例えばイネ科やカヤツリグサ科などで、日本でも種類は多いのですが注目をあまりされない植物群です。その中でわりと注目されている植物があり、

カヤツリグサ科シンジュガヤ属のシンジュガヤで、インターネットでも話題になったりしている植物です。名前の通り実が真珠のような粒になっていて、植物自体はイネ科と関係が深いので植物全体は地味ですが、実がそのように真珠のようなので人気があるようです。水辺の野草ですが、西日本が生息地のようで、

このシンジュガヤの実を見る為にわざわざ遠くから写真を撮りに来る人もいるそうです。ただし真珠と言っても大きなものではなく、実も1ミリぐらいの小さい実です。しかしよく見ると真っ白な真珠のように丸い実をつけます。確かにそのような実であれば、自然の中でどのように育っているのかなどを、自然の中で、ぜひ見てみたい植物でもあります。

シンジュガヤの特徴

原産地、及び生息地は本州や沖縄、海外では中国、マレーシア、インドネシア、ミクロネシア、オーストラリアなどに分布している多年草ですが、日本では関東以北ではあまり見られず、見ることができるのは西日本から南の方ということになるようです。湿地や水辺の周辺に生息するということで、日本でもたくさん生えているという植物ではなく、

よく見ないとわからないような植物です。この植物は面白い特徴が多くありますが、まず葉が鋭い三角形をしていて、細長く、非常に目立つ葉です。高さも60センチ以上あり、茎も断面は三角形をしていて、しっかりと天に伸びているという感じです。シャキッとした感じの植物です。そして花も珍しくて白い色ですが、独特の三方に手を伸ばしたような形で、

白い毛に覆われているような感じです。三本のくねくねした雄しべが、そのように見えるそうで、不思議な感じの花でもあります。実もですが、この花を見るだけでも珍しい植物を見られたということになります。そして実ですが、なめらかな表面をしており、まるで真珠のようだということで、シンジュガヤという名前になったということのようです。

その実をつなげると、真珠のネックレスになるのではないかと思わせるような実ですが、遠くから見に来る人もいるということで、確かにそうかなと感じさせる植物でもあります。実も花も小さいですし、それらも小さいので目立たないのですが、もし大きければ相当な人気になったのではないかという植物です。

pixta_kiwano

キワーノの育て方

キワーノはウリ科でつる性の植物です。名前については企業の商標登録によってつけられたものですのでこれが正式な名称ではないよ...

pixta_turuhananasu

ツルハナナスの育て方

ツルハナナスの名前の由来は、つる性の植物であるために「ツル」と、またナス科の仲間であるためその花は紫の綺麗な色をしている...

pixta_hyoutan

ヒョウタンの育て方

ひょうたんの歴史について、ご紹介したいと思います。ヒョウタンは本来中国原産の植物で、日本に入ってきたのは、奈良時代前期だ...

pixta_bindesu

ビデンスの育て方

アメリカを主とし世界じゅうを生息地としていて、日本でもセンダングサなど6種類のビデンスが自生しています。世界中での種類は...

pixta_asebi

アセビの育て方

アセビは日本や中国が原産で、古くから日本人の生活になじんでいた植物です。その証拠に枕草子や古今集のなかでその名がみられる...

pixta_kakiodosi

カキドオシの育て方

カキドオシは草地に生息する年中草です。特徴としては茎はまっすぐと伸びるのですが成長するにつれて地面に倒れます。開花すると...

pixta_kinsibai

キンシバイの育て方

初夏から本格的な夏を迎える時期に、黄金色をした花を咲かせるキンシバイは中国原産の半落葉性の低木です。半日陰でも育つ丈夫な...

pixta_katorea

カトレアの育て方について

カトレアと言えば、バラと並んで花のクイーンとも言える存在になっています。ただし、カトレアとバラには大きな違いがあります。...

pixta_sukabiosa11

スカビオサの育て方

スカビオサは別名西洋マツムシソウとも呼ばれるもので、同じ系統のマツムシソウは日本を生息地としていて古くから日本人に親しま...

pixta_jintyouge

ジンチョウゲの育て方

ジンチョウゲは、ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の植物で、漢字では沈丁花と書きます。学名はDaphne odoraで、Dap...

スポンサーリンク

pixta_hiyasinsu02

花壇や水耕栽培でも楽...

ユリ科の植物であるヒヤシンスは、花壇や鉢、プランターで何...

pixta_nioihiba

ニオイヒバの育て方

ニオイヒバはヒノキ科 の ネズコ属に属する樹木です。原産...

pixta_itigonoki

イチゴノキの育て方

マドリードの旧市街の中心地には、「プエルタ・デル・ソル」...

pixta_suisen01

スイセンとシクラメン...

ここでは、植物の育て方についてお伝えします。秋に植えつけ...