ラバテラの育て方

ラバテラの育て方

ラバテラは原産地が南ヨーロッパ、北アフリカの植物です。アオイ科ラバテラ属の総称になります。一年草になり、日本には明治に渡来した植物で、一般的にあまり知られていない花でしたが、近年ヨーロッパの改良種が出回り、栽培されるようになった為多くの人に知られる様になった植物です。

育てる環境について

ラバテラはとても可愛らしい花を咲かせるのが特徴です。ピンクや白、紫などそれほど大きくはありませんがきれいな花を咲かせてくれます。草丈は30cmから100cm程まで成長し、比較的株が大きくなるので、出来るだけ間隔をあけて育てる必要があります。透き通るような、きれいな色の花を咲かせてくれ、見た目にはハイビスカスの様にも見える花です。

比較的花の期間が長いので、きれいな状態を長く楽しむ事が出来るでしょう。育て方もそれほど手が掛からない植物になるので、初心者の方でも十分育てる事が出来ます。また、比較的土壌を選ばない植物なので、環境の変化に強く生命力溢れた植物です。6月から10月頃花を咲かせます。アオイ科の植物は夏の暑さに強い植物になりますが、このラバテラは高温多湿に弱い性質があります。

葉は少し大き目で、花が少ない時期は葉の方が目立ってしまいます。横に広がりやすい植物なので育てる場合はあまり狭い場所では好ましくありません。地中海沿岸を中心に25種類ほどが分布しています。寒さには弱い傾向にありますが暑さには強く、育てやすい植物です。日当たりの良い場所を生息地とし、移植を嫌う植物です。

発芽温度は20℃から25℃くらいで、植え付けに適している時期は3月から4月の春先になります。一年草のものは秋には枯れてしまうので、特に植え替えなどの必要はありませんが、多年草のものは株が大きくなるので地植えにした方が良く育ちます。花壇や地植え、鉢植えとしても育てる事が可能です。

種付けや水やり、肥料について

種付けは3月から5月頃に行います。ポットなどに直まきし本葉が2~3枚になる頃まで育てます。また、何本か出てきた場合は間引きを行いながら育てていきましょう。その後定植を行います。プランターや花壇で育てる場合は水はけの良い状態を作ってあげましょう。苗から育てる場合の植えつけ時期も、3月から4月頃行います。肥料がなくても育てる事が出来ます。

乾燥を好む植物なので、水やりはあまり多くなくても大丈夫です。肥料をあげる場合は植え付けを行う際に、元肥として、用土に混ぜておくと良いでしょう。肥料は化成肥料などを与えます。多年草のものは、毎年、春になったら植え替えをしてあげましょう。水はけが悪い場所に植え付けを行う場合は、川砂などをまぜて水はけの良い状態を作ってあげましょう。

比較的移植を嫌う傾向にあるのでそのままポットまきしてもよいでしょう。庭に植える場合は50cmくらいの間隔をあけて定植していきましょう。水やりをする場合は土の表面が乾いたらあげるようにしましょう。庭に植えている場合は雨水だけでも育てる事が可能ですが、あまりにも乾燥した日が続くようであれば水を与えてください。

花壇で育てる場合は元肥に牛糞など混ぜてあげると良く育ちます。また、化成肥料などを定期的に追肥してあげると良いでしょう。鉢植えにした場合は化成肥料を置き肥したり、液体肥料などを与えると良いでしょう。しかし、それほど肥料は必要としない植物なので、それほど神経質にならなくても大丈夫です。

増やし方や害虫について

ラバテラを増やす場合は種をまいて増やすと良いでしょう。春先に種をまいていきます。ポットに数粒まいて、芽が出たら間引いていきましょう。自分で種を採集する場合は、種が熟してしまうとはじけてしまうのでその前に採取しておく必要があります。種をまく時期までは日のあたらない風通しのよい場所でしっかり乾燥させ、翌年の春まで保存しておきましょう。

多年草のものは、挿し芽で増やすことができます。挿し芽の適している時期は5月から6月頃になります。害虫は比較的つきやすい植物です。ハマキムシなどがつく場合があるので、ついているのを見つけたら早急に駆除しましょう。ハマキムシが付いてしまうと、葉を食べてしまうので予防の為に薬剤をまいておくと良いでしょう。

また、ハマキムシの幼虫は糸を出して葉を巻いてしまったり新芽を食べてしまったり悪影響を与えてしまいます。しっかり駆除をしてきれいな状態を維持しましょう。ラバテラはとても可愛らしい花を咲かせる植物です。たくさん植えても見応えがあります。ただし、植え付けをさせる場合はあまり密着しないように注意が必要です。

ピンクや白の小さな花は、お庭をとても明るくしてくれます。鉢植えやプランターでも育てる事が出来、花の咲く季節はとても見応えがあります。是非そんなラバテラを育ててみましょう。きっとその花に癒されるはずです。可愛らしい花びらは本当に愛らしく、見ているだけでついつい笑顔が出てしまう様な素敵な植物です。

ラバテラの歴史

ラバテラは原産地が南ヨーロッパ、北アフリカの植物です。アオイ科ラバテラ属の総称になります。一年草になり、日本には明治に渡来した植物で、一般的にあまり知られていない花でしたが、近年ヨーロッパの改良種が出回り、栽培されるようになった為多くの人に知られる様になった植物です。花が咲く季節は夏になります。

草丈が比較的大きく、花は小さめなものがたくさんつきます。アオイ科の植物は比較的夏の暑さに強い植物ですが、このラバテラは高温多湿に比較的弱い植物です。ピンク色や白い花を咲かせ、とてもきれいな花になります。葉が少し大きめになっているので、花が少ない時期は若干花より目立ってしまう場合もあります。

それほど草丈がある植物ではありませんが、横に広がりやすい傾向があります。25種類ほどが分布している植物で、別名ハナアオイとも呼ばれています。日本では一年草のものが主流になっていますが、多年草のもの流行しつつあります。小さくて可愛らしい花がたくさん咲いているのを見ると、本当に癒されてしまう植物ではないでしょうか。

それほど手がかからない植物なので、育て方も簡単です。たくさん群生しているのを見ると本当に可愛らしく、小さな花がまた愛らしい花ではないでしょうか。透き通るような綺麗な花びらが何とも言えない可愛らしさを放っています。水をあげる回数もそれほど多くなくても良い丈夫な植物です。是非この可愛らしい花を育ててみましょう。

ラバテラの特徴

ラバテラはとても可愛らしい花を咲かせるのが特徴です。ピンクや白、紫などそれほど大きくはありませんがきれいな花を咲かせてくれます。草丈は30cmから100cm程まで成長し、比較的株が大きくなるので、出来るだけ間隔をあけて育てる必要があります。透き通るような、きれいな色の花を咲かせてくれ、見た目にはハイビスカスの様にも見える花です。

比較的花の期間が長いので、きれいな状態を長く楽しむ事が出来るでしょう。育て方もそれほど手が掛からない植物になるので、初心者の方でも十分育てる事が出来ます。また、比較的土壌を選ばない植物なので、環境の変化に強く生命力溢れた植物です。6月から10月頃花を咲かせます。アオイ科の植物は夏の暑さに強い植物になりますが、このラバテラは高温多湿に弱い性質があります。

葉は少し大きめで、花が少ない時期は葉の方が目立ってしまいます。横に広がりやすい植物なので育てる場合はあまり狭い場所では好ましくありません。地中海沿岸を中心に25種類ほどが分布しています。寒さには弱い傾向にありますが暑さには強く、育てやすい植物です。日当たりの良い場所を生息地とし、移植を嫌う植物です。

発芽温度は20℃から25℃くらいで、植え付けに適している時期は3月から4月の春先になります。一年草のものは秋には枯れてしまうので、特に植え替えなどの必要はありませんが、多年草のものは株が大きくなるので地植えにした方が良く育ちます。花壇や地植え、鉢植えとしても育てる事が可能です。

pixta_herenium

ヘレニウム(宿根性)の育て方

この花に関しては、キク科、ヘレニウム属に属する花になります。花の高さとしては50センチから150センチほどになるとされて...

pixta_gettuki

ゲッキツ(Murraya paniculata)の育て方

奄美大島以南、沖縄から東南アジアにかけてが生息地で、ゲッキツ(月橘)の名は、花が特に月夜に橘のようによく香るからと言われ...

pixta_miyakozasa

ミヤコササの育て方

ミヤコササは、イネ科でササ属の多年草です。北海道の南部から九州までの太平洋側に生息していますから、山地でよく見るササ類で...

pixta_newginia

ニューギニア・インパチエンスの育て方

ニューギニア・インパチエンスはツリフネソウ科の常緑多年草で、学名を「Impatiens hawkeri」と言います。イン...

pixta_haran

ハランの育て方

ハラン(葉蘭)はスズラン亜科ハラン属の常緑多年草です。名前に蘭という漢字を使用しますが、ラン類ではなく、巨大な葉を地表に...

pixta_kyuuri

きゅうりの育て方

インド北部のヒマラヤ山麓がきゅうりの原産地や生息地で、現在から約3000年以上前には栽培されていたのです。その後シルクロ...

pixta_riceflower

ライスフラワーの育て方

ライスフラワーの特徴として、種類としてはキク科、ヘリクリサム属になります。常緑低木です。草丈としては30センチぐらいから...

pixta_arokasia

アロカシアの育て方

アロカシアはサトイモ科に分類される品種であり、学名の「Alocasia」に属する植物の総称になります。原産は東南アジア、...

pixta_cassava

キャッサバ(マニホット)の育て方

キャッサバ(マニホット)はブラジル南部からパラグアイの辺りを原産地とする植物であり、茎の根元に付く芋は良質な食料となるた...

pixta_nasu_01

ナスの育て方

インドが原産の植物といわれ、中国でも古くから伝わる植物でもあります。栽培の歴史は数千年を超え、農業に関する世界最大の古典...

pixta_abokado

食べ終わったアボカド...

最近、美容にとてもいい効果があるとしてハリウッド女優やモ...

pixta_kabotya

かぼちゃの育て方

生息地はインドのネイル河沿岸やペルー、南アジアやアンゴラ...

pixta_mukuge

ムクゲの育て方

ムクゲはインドや中国原産とされる落葉樹です。生息地は広く...

pixta_mokubyakkou

モクビャッコウの育て...

日本では、神の島「久高島」の浜辺に群生していることで知ら...