ミミカキグサの仲間の育て方

ミミカキグサの仲間の育て方

ミミカキグサは控えめな花を咲かせる植物で色々なこの植物にしか無い特徴があることで有名です。そんなミミカキグサの仲間の原産地や生息地、魅力やその特徴を見て行きましょう。このミミカキグサの仲間は日本でも生息しており、中国。マレーシアといった広範囲の地域に生息しております。

育てる環境について

一体このミミカキグサはどのように育てていったら良いのでしょうか。そんな育てる環境として押えておきたいのが、このミミカキグサ自体の大きさでしょう。かなり小さな植物ですから、しっかりと管理して育てていかないと直ぐにしおれてしまうといったこともありますから、気を使っていくといったことが大事でしょう。

用土としてはそこまで肥料分が多くなくても良いですから、しっかりと湿潤にしておくことが大事になってきます。この湿潤にしておくといったことは大変ミミカキグサを栽培する際には大事になる点であり、特に初心者の人はしっかりと気にしておきましょう。しかし、用土を湿潤にしておくといったことは逆にカビなどの問題を生じさせてしまうこともあります。

コケ程度であれば問題ないのですが、表面に青い点々が目立つようになったら用土の全替えといったことや一部替えを試してみるのもよいでしょう。そういった危険性がありますから、一株毎にポッドで育てるといったこともおすすめできることです。こういったカビの被害などを押さえていくためにもしっかりと風通しの良い環境で

育てるといったことは欠かせません。風通しの良い環境で育てればカビの被害はめっきり減ってきますからこれから育てるといったような際には気を使ってみると大変良いでしょう。室内で育てる際も換気などには気を使い、風通しには注意しておくといったことが大事になってきますので覚えておきましょう。

種付けや水やり、肥料について

このミミカキグサを栽培するといった際には他にどのようなことに気をつけていかないといけないのでしょうか。その一つが水やりです。実際、水やりは余り要らないのがこのミミカキグサであり、用土を湿潤にしておけば基本的には水やりはそこまで要りません。そのため手間もそこまで手間がかからないとも言ってもよいのですが、やり過ぎには注意しておきましょう。

水たまりが出来るほど湿潤にしたり、指で用土を少し押すとタプタプと音がするほどに湿潤にしたりしておくことはカビの被害を急増させたり、発育を阻害することさえあります。そのため適度な湿潤でとどめておくことが大事です。またその他にも育てる上で押えておきたいのが品種に寄る違いです。冬場は外でも大丈夫といったものもありますが、

品種によっては大変寒さに弱いものもありますから、これから育てる際にはどのような品種でどういった育て方をしたらよいかといったことには注意しておきましょう。余り気を使いたくないといった際には室内での栽培がオススメですが、その場合には実際の捕虫行動がしづらくなるといったこともありますから、しっかりと気をつけましょう。

また肥料は基本的には要らないのがこのミズカキグサの良い点です。それだけ生命力が強いということもあります。そのため手間がかからないという点では大きな魅力がある植物なので、こういった魅力もミズカキグサにはあるということは知っておくと良いでしょう。

増やし方や害虫について

この植物はどのような害虫が発生するのでしょうか。その一つがカビです。これはやはりこのミミカキグサの宿命とも言って良いもので、一度は悩まされることはないでしょう。実際、表土を湿潤にしておくといったことは大事なのですが、それとともに前述のとおり風通しも気を使っておかないと行けないといったことは再度強調しておきましょう。

かびを発生させたくない、余り管理に時間がかけられないといったことであれば、防かび用の殺虫剤を使用するといったことも解決策になるでしょう。このような方法も使えますからこれから育てるといった際には是非とも試してみましょう。また表土に虫が色々と集まってくることがあります。ダンゴムシ程度ならば問題ありませんが、気になるようであればシートを被せたり、室内で育てると言った事のほうがよいでしょう。

こういったことも押さえておきましょう。また増やし方についても知っておきましょう。この植物を増やす際には株分けがオススメであり、春の初期に株分けで増やしていきましょう。株分けは簡単に行える増やし方ですから、この植物にも有効です。この際気をつけておきたいのが用土で、

株分けした後の用土環境を余りにも変えてしまうと定着しないといったこともありますから、余り環境の変化は起こさない方が良いでしょう。こういったことは盲点にもなってきますから気をつけておきたいことです。このようにミミカキグサの仲間を育てる際には色々と注意したことが多いのでしっかりと押さえておきましょう。

ミミカキグサの仲間の歴史

ミミカキグサは控えめな花を咲かせる植物で色々なこの植物にしか無い特徴があることで有名です。そんなミミカキグサの仲間の原産地や生息地、魅力やその特徴を見て行きましょう。このミミカキグサの仲間は日本でも生息しており、中国。マレーシアといった広範囲の地域に生息しております。

湿った地域を好んで定着しますが、田んぼでも見られることがありますから探してみるのもよいでしょう。また地域によってはレッドリストに登録されているということもありますから、むやみに摘みとってしまうのはいけません。このような貴重な植物であるという側面も見逃せない点でしょう。

このミミカキグサは色々な種があり、ヒメミミカキグサやホザキノミミカキグサといったように派生種が多いです。それだけ仲間が多い植物でもあり、これから栽培するといった際にはどの品種を育てたら良いのかといったことはしっかりと押さえておきましょう。またこのミミカキグサはかなり扱っている園芸店も少なくなってきますから、

これから育ててみたいといった場合にはしっかりと置いてあるのか確認してから店舗に行くと良いでしょう。実際、都内の園芸店でも置いていないといったことがありますから、事前の確認は欠かせません。また食中種専門店といったお店には数多く置いてあることもありますからそう行ったところも活用しましょう。その他にもこの植物ならではの特徴をしっかりと押さえておきましょう。他にどのような特徴があるのでしょうか。

ミミカキグサの仲間の特徴

特徴として押えておきたいのがこの植物の植生です。この植物は食虫植物であり、主に食虫をして成長しています。こういった特徴はこの植物を栽培する最も大きな魅力ともなってくるものですから、しっかりと押さえておきましょう。捕食の仕組みは簡単で地下茎や葉っぱに捕食のための器官を持っており、近づいてきたみじんこやプランクトンを捕食するのがこの植物です。

食虫植物といってもその対象が大変小さな生物ですから拍子抜けするといったこともあるかもしれませんが、このミミカキグサも立派な食虫植物です。花も可愛らしいもので、毎年夏季になると8cmほどの花を咲かせます。花は綺麗な黄色で、田園部を歩いていて見かけたという人もいるかもしれません。しかし花を咲かせるまでは大変見つけにくい植物であり、

その大きさもせいぜい1cm程度で地中に殆ど埋まっているということもありますから、ミミカキグサを自然で見つけたいといった際は根気が必要になってくるでしょう。その他の特徴として大変その種類が多いことも魅力的でしょう。世界中でこのミミカキグサに似た仲間は数多く確認されており、色々な種類があります。

そのため各地によって違ったミミカキグサを見ることができますから、ミミカキグサ愛好家の方はそういった世界中のミミカキグサを集めているといった人も多いです。地域に寄る違いも大きい植物ですから、これが同じ植物なのかと解らないかもしれません。そんなところも魅力です。

pixta_pankratium

パンクラチウムの育て方

パンクラチウムはヒガンバナ科パンクラチウム属の植物です。原産はスリランカで、地中海沿岸に生息地が分布しています。17世紀...

pixta_wadan

ワダンの育て方

この植物は花から見てもわかりますが、キク科アゼトウナ属でキク科ということですが、キク科の野草は黄色い色や白が多くて、特に...

pixta_kirutansasu

キルタンサスの育て方

キルタンサスの科名は、ヒガンバナ科 / 属名はキルタンサス属になり、その他の名前:笛吹水仙(ふえふきすいせん)、ファイア...

pixta_jigopetaram

ジゴペタラムの育て方

ジゴペタラムの科名は、ラン科で属名は、ジゴペタラム属となります。また、その他の名前は、紫香蘭(しこうらん)と呼ばれていま...

pixta_naganegi_01

長ネギの育て方

昔から和食をメインとしてきた日本にとって、長ネギは馴染みのある食材です。メインディッシュでバクバク食べるというより、添え...

pixta_sikimi

シキミの育て方

シキミはシキビ、ハナノキ、コウノキなどとも呼ばれる常緑の小喬木です。以前はモクレン科でしたが、現在ではシキミ科という独立...

pixta_okura_01

オクラの育て方

アオイ科に属する野菜で、原産地は、マントヒヒの生息地で知られるアフリカ北東部です。エジプトでは紀元前から栽培されていまし...

pixta_putiasuta

プチアスターの育て方

キク科カリステフ属のプチアスターというこの花は、中国北部やシベリアを原産国とし1731年頃に世界に渡ったと言われておりま...

pixta_akebi

アケビの育て方

アケビはまず中国の歴史に現れます。中国で最古の薬物学と書と言われている「神農本草経( しんのうほんぞうぎょう)」という本...

pixta_seroumu

フィロデンドロン・セロウム(Philodendoron bi...

フィロデンドロンとはギリシャ語で「木を好む」という意味を持つ言葉です。セロウムはサトイモ科に属するフィロデンドロン属の仲...

pixta_askrepias

アスクレピアスの育て...

アスクレピアスという花は、その色合いが赤とオレンジの色合...

pixta_amerikanorinoki

アメリカノリノキ‘ア...

白いアジサイはアメリカノリノキ、別名セイヨウアジサイの園...

pixta_dinemapori

ディネマ・ポリブルボ...

ディネマ・ポリブルボンは、中南アメリカ原産の小型のランで...

pixta_gonzui

ゴンズイの育て方

この植物はミツバウツギ科の植物で、落葉樹でもあり、樹高は...