ベランダで出来るミニトマトの育て方

ベランダで出来るミニトマトの育て方

家庭菜園をはじめたいけど、畑や庭のない人もいると思います。そんな場合は、まずミニトマトかはじめてみませんか?ミニトマトならベランダくらいのちょっとしたスペースがあればできます。美味しい夏野菜のミニトマトの育て方を紹介します。

ミニトマトの育て方

まず、用意するものについてです。ミニトマトの種類を選びます。ミニトマトは結構品種が多いので自分の好みに合うものを選んでください。苗からの栽培でも種まきからでもどちらからはじめてもいいと思います。苗は茎が太くて虫がついていないものを選んでください。

プランターは、深さ15cmくらいのものを用意します。種からの場合は、横長のプランターに30cmくらの間をあけて植えてください。プランターの底のに敷く鉢底ネットと底敷石を用意してください。土の流出を防ぎます。プランターに合ったものを選んでください。

ホームセンターで野菜用の土を購入してください。育てていくうちに土が少なくなってきますので、少し多めに用意しておくといいと思います。 肥料があると、プランターという限られた中だと良く育ちます。有機肥料、化学肥料混合の家庭菜園用の肥料がお勧めです。

ミニトマトの支柱の立て方

ミニトマトには支柱も必要です。園芸用の緑色のもので十分です。次に実際の栽培方法についてです。まず、鉢底ネットをプランターの底に敷きます。その上に底敷石を敷きます。底穴からの土の流出を防ぐための作業です。その上に、買ってきた野菜用の土を入れます。

ミニトマトの栽培方法 種まき

苗の土をそのまま植えて、その上からプランターの土を1cmくらいかぶせます。その後に、十分な量の水をあげてください。ミニトマトの種まきは、土に深さ2cmくらいの穴をあけ、その中に種を入れます。種の間隔は30cmほど必要です。苗の場合と同様、十分水をあげてください。

後は毎日日当たりのよい場所において、水をあげます。あまりに暑い日や日がカンカンに照っているような時に水をあげると、苗が茹で上がってしまいますので注意してください。夏は日が落ちる夕方に水をあげるようにしてください。

ミニトマトの成長過程での注意点

ミニトマトはアブラムシがつきやすいです。ホームセンターに専用の胎児スプレーなども売っていますが、牛乳をスプレーすると効果があります。ある程度成長してきたら支柱を立てます。折れ曲がって葉に光が当たらないと成長の妨げになります。

真っ直ぐ成長するように誘引してください。そのくらいの時に植えつけの根元からわき芽が生えてきます。わき芽も苗の成長の妨げになるので、摘み取ってください。わき芽があると風通しが悪くなり、害虫が発生しやすくなるので、週に1回くらいのペースで摘み取るようにしてください。

またこの頃から肥料を追加してあげてください。実をつける時期にしっかり肥料をあげてください。後は実がなるのを待つのみです。青い実が真っ赤になったら摘み取って食べてください。自分で育てたものはとっても美味しいと思います。

pixta_ingen_01

つるありいんげんの育て方

インゲンは17000種に及ぶ植物、多くの渡り鳥の生息地で知られる中米原産です。スペイン人によりヨーロッパに持ち帰られたの...

pixta_potosu

ポトス(Epipremnum aureum)の育て方

ポトスの原産地はソロモン諸島だといわれています。原産地のソロモン諸島は南太平洋の島国で常夏の国です。一年を通じて最高気温...

pixta_karasuuri

カラスウリの育て方

被子植物に該当して、双子葉植物綱になります。スミレ目、ウリ科となっています。つる性の植物で、木などにどんどん巻き付いて成...

pixta_itorakkyou

イトラッキョウの育て方

イトラッキョウは日本原産の植物で、生息地が長崎県の平戸島に限られている貴重な植物です。準絶滅危惧種に指定されている貴重な...

pixta_yukomis

ユーコミスの育て方

この花はユリ科に属します。その他にキジカクシ科に属するとの考えもあります。更にヒアシンス科としていることもあります。園芸...

pixta_kikyou

キキョウの育て方

キキョウとは日本史が好きな方なら、ご存知の方も多いことでしょうが明智光秀の家紋として使用されているのが、このキキョウなの...

pixta_jastadazy

シャスタデージーの育て方

シャスタデージーの可憐な花は、アメリカの育種家である、ルーサー・バーバンクによって作り出されました。ルーサー・バーバンク...

pixta_groriosa

グロリオーサの育て方

グロリオーサの育て方は簡単ではありませんが、難し過ぎるというほどでもありません。マメに手入れをする方であれば問題なく育て...

pixta_milkbush

ミルクブッシュの育て方

種類は、トウダイグサ科、トウダイグサ属になります。ユーフォルビア属に該当することもあります。園芸として用いるときの分類と...

pixta_siso11

シソの育て方

シソはヒマラヤやビルマ、中国などが原産であり、生息地もその辺りになります。シソの歴史は大変古く、日本には中国から伝わった...

スポンサーリンク

pixta_perarugonium

ペラルゴニウムの育て...

和名においてアオイと入っていますがアオイの仲間ではありま...

pixta_abokado

アボカドの育て方・楽...

栄養価も高く、ねっとりとした口当たりが人気のアボカド。森...

pixta_redama

レダマ(スパニッシュ...

レダマ(スパニッシュブルーム)は、マメ科の低木になります...

pixta_serbatiko

セルバチコの育て方

セルバチコはイタリア原産の植物です。イタリア語で「ルケッ...