初心者でもできる、へちまの育て方

初心者でもできる、へちまの育て方

へちま水や、へちまたわし等、小学校の時にだいたいの方はへちまの栽培をしたことがあると思います。最近は夏の日除け、室温対策等に使われ、「グリーンカーテン」とも呼ばれるへちまの育て方をお教えします。

へちまの育て方

へちまの種まきの時期は、4月半ばから5月がベストです。暖かくなり土の霜がつかなくなり始めたこの時期です。土は、野菜用の配合土がいいです。日の当たる湿度のあまりない場所で一粒ずつ植え、たっぷりお水をあげましょう。

葉が5枚ほど開いたら定植します。5月半ばから6月頃がベストです。一株一株の間を30センチ以上取るようにしましょう。きちんと間を開けないと、うまく育たなくなります。定植をしたら肥料もたっぷりあげるようにします。葉が7枚ほどしっかり開いてきたら、棚やカーテンを作る用意をします。

棚の場合は、つるを棚に絡ませるようにしながら固定していきます。へちまは3メートル以上伸びます。カーテンを作る場合は支柱を数本立て、そこにネットを張り、つるを絡ませるよう育てていきます。摘心を忘れずにおっこなってください。早いものであれば7月頃に花をつけてくれます。

へちまの育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ヘチマの育て方

収穫後の楽しみ方

実を食べる場合は7月から9月の間がいいです。実ってからか程経ったものがいいでしょう。煮たり焼いたり茹でたり天ぷらにしたりと、へちまはいろんな料理方法があります。沖縄のへちま料理が有名ですね。

へちまたわしにする場合は9月に入って完璧に熟したものを使います。熟していないと失敗して上手なたわしになりません。実の色が黄色っぽく変わってきて柔らかくなくなり、重さが軽くなってきた頃がいいでしょう。

へちまを収穫し、適度な大きさに切り、大きめの鍋に入れて20分ほど煮ます。この時へちまは軽いので落し蓋みたいな重しをしておいた方がいいです。中身が空洞状になってきたら水を流しながら種や余計な部分を洗い流します。あらっていうるうちに外側の皮は綺麗に剥けます。最後にきちんと乾燥させればへちまたわしの完成です。

へちま水の取り方

へちま水を取るときは9月以降がいいです。へちま水は昔から、「中秋の名月のころ」に取ると良いとされています。へちま水を作るときは根元からへちまを切るので、へちまのカーテンを終わりにしていいと思ったらへちま水にチャレンジしてみましょう。

作り方は、茎を根元から60センチくらいのところで斜めに切り、口の狭い綺麗なペットボトル等に茎を差し込みます。そのペットボトル等の容器の口を脱脂綿やアルミホイルでふさぎ、一晩おくと容器の中にへちま水がたまっています。取れたへちま水はろ過した後に冷蔵庫等の冷えた場所に保存して使用してください。採取したへちま水は約一週間ほどで使い切るようにしてください。

pixta_yamahagi

ヤマハギの育て方

植物の中には生息地が限られている物も珍しくありません。しかしヤマハギはそういった事がなく、日本全土の野山に自生しています...

pixta_yamaimomukago

ヤマイモ(むかご)の育て方

ヤマイモ自体は地中に伸びて育っていく作物になります。地上に出ている部分は、蔓が枝分かれして伸びていき、たくさんの葉を付け...

pixta_erika11

エリカの育て方

ツツジ目、ツツジ科、エリカ属生息地は、ヨーロッパ、アフリカに600種類以上が分布する、常緑樹です。分布、自生している範囲...

pixta_hasucup

ハスカップの育て方

ハスカップは青紫色の実をつける植物で、スイカズラ科スイカズラ属です。落葉低木と言う事からも、庭木など観賞用で育てたいと言...

pixta_konronka

八重咲きコンロンカ(ハンカチの花)の育て方

またハンカチの花という名称もあり、遠くから見るとハンカチがたくさん舞っているように見えるのでハンカチの花と命名されたとい...

pixta_sweetpi

スイートピーの育て方

スイートピーは西暦一六九五年に、カトリックの修道僧で植物学者でもあったフランシス・クパーニによってイタリアのシシリー島に...

pixta_konfuri

コンフリーの育て方

コンフリーは、日本では様々な文化が海外から入り、人々に受け入れられ始めた明治時代に日本に牧草として元々は入ってきたとされ...

pixta_daikon12

ダイコンの育て方

大根は冬になると鍋料理の具材やおろしなどをして食べたり、収穫後に干してたくわんなどの漬物にするなど色々な調理方法が在りま...

pixta_kamassia

カマッシアの育て方

カマッシアの原産は北アメリカ合衆国の北西部です。生息地も北アメリカ合衆国を中心に6種類が分布されています。カマッシア・ラ...

pixta_miyamazenko

ミヤマゼンコの育て方

ミヤマゼンコは日本の本州中部を原産地とし、亜高山~高山にかけて生息するセリ科の高山植物です。「ゼンコ」とはノダケ(ノゼリ...

スポンサーリンク

pixta_mint

ミント類の育て方

ミントは丈夫で育てやすいのが特徴です。家庭菜園でも人気が...

pixta_serbatiko

セルバチコの育て方

セルバチコはイタリア原産の植物です。イタリア語で「ルケッ...

pixta_yotubasiogama

ヨツバシオガマの育て...

ヨツバシオガマ(四葉塩竈)学名Pedicularisja...

pixta_tougarashi_01

唐辛子の育て方

中南米が原産地の唐辛子ですが、メキシコでは数千年も前から...