つい捨てちゃう、アボカドの育て方

つい捨てちゃう、アボカドの育て方

最近では、サラダやグラタン、パスタなどに使われることもなりスーパーでもよく見かけるようになったアボカド。「森のバター」や「バターフルーツ」とも呼ばれ、栄養価がとても高く脂肪分を多く含んでいます。その脂肪分の80%以上が不飽和脂肪酸のためコレステロールの心配もなく人気の高い食材です。

種の取り方とアボカドの種まき

私もよく調理する時に出る大きな種を何の気なしに捨てていましたが、実はその種からアボカドを育てられるんです。そんな色んな料理との相性ばっちりなアボカドの育て方を簡単に紹介します。

調理をされた方なら知っていると思うのですが、アボカドを切るときには実を包丁でぐるっと一周させて種を取り出します。この際の種を使って育てていくのですが少しくらい傷が付いていても問題ありませんのでそのまま使います。

その取り出した種を実を食べた日にすぐに蒔きます。ポイントとしては実に発芽抑制成分が含まれているので種を綺麗に水洗いすることです。発芽温度は20度以上必要なので、5月~7月に蒔くといいでしょう。早いと1カ月くらいで発芽します。

また、アボカドの栽培に使う際のアボカドは冷蔵庫に入れたものではなく常温保存のものを使ってください。スーパーに売られているものの中には輸送中の環境のせいか発芽しないものも中にはあるそうです。

アボカドのおすすめな栽培方法

私のお勧めは水栽培です。種に爪楊枝を刺しコップやペットボトルを使い種全体ではなく半分くらいが水につかるようにします。種の尖っているほうが上を向くように注意しましょう。また、水替えをサボってしまうと種が腐ってしまいますのでまめにできない方には別の方法をおすすめします。

第二段階は、硬い種の底が割れて根が出てきます。そして、種の上の部分が割れて芽が出てきます。ここからも水だけで栽培できますが早いうちに鉢植えに植え替えるのがいいでしょう。第3段階は鉢植え。幼木のころは枝が折れやすいのでできれば支柱を立ててこていしたほうがいいでしょう。

鉢とのバランスを考えてある程度の高さで摘心し側枝を増やします。成木になるまでは切り詰め剪定を繰り返し、成木になったら日当たり、風通しが良くなるよう込み合った枝を間引いていきます。

栽培時の注意点

剪定時期は3月~5月頃がいいでしょう。植え替えた後の水やりとしては葉っぱがすべて下を向いて萎れてきた頃がポイントです。この状態になったらお水をあげましょう。1時間をしないうちに葉が元通りになります。

水やりの頻度としては1週間~10日に1度くらいですが、季節や部屋の乾燥状況にもよりますのでよくよく見ていてあげて下さい。日当たりが良く冬は暖かい場所で育てます。熱帯果樹ですが耐寒性は強いので、関東南部以西であれば一年中、戸外で栽培できます。

アボカドの育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:アボカドの栽培について

pixta_fritiraria

フリチラリアの育て方

フリチラリアはユリ科の植物でフリチラリア属に属します。生息地は北半球独自の品種であることから、地中海沿岸地方から日本、カ...

pixta_slinamcherry

スリナムチェリーの育て方

スリナムチェリーはフトモモ科の常緑の低木でこの樹木の歴史は非常に古くブラジルの先住民族が赤い実を意味するスリナムチェリー...

pixta_herenium

ヘレニウム(宿根性)の育て方

この花に関しては、キク科、ヘレニウム属に属する花になります。花の高さとしては50センチから150センチほどになるとされて...

pixta_hanaikada

ハナイカダの育て方

ハナイカダはミズキ科の植物です。とても形がユニークですので一度見ると忘れないのではないでしょうか。葉っぱだけだと普通の植...

pixta_dikusonia

植物の育て方や栽培方法についてのコツとは

老後の趣味やインテリアの一環として観葉植物を育てる方が増えており、それに比例して園芸店なども人気が上昇中となっています。...

pixta_sisirintium

シシリンチウムの育て方

シシリンチウムは原産地が北アメリカの常緑多年草となっています。この名前ではピンとこない人でも、庭石菖(ニワゼキショウ)と...

pixta_karuna

カルーナの育て方

カルーナはヨーロッパや北アフリカなど、地中海の周辺に生息する植物です。カルーナという言葉は「掃く」という意味に由来します...

pixta_tyuberose

チューベローズの育て方

チューベローズはリュウゼツラン科であり学名をポリアンテスツベロサと言い、球根に由来するラテン語となる塊茎状のツベロサの意...

pixta_marou

マロウの育て方

マロウは、アオイ科のゼニアオイ属になります。マロウはヨーロッパが原産地だと言われています。生息地としては、南ヨーロッパが...

pixta_kuushinnsai

クウシンサイの育て方

クウシンサイは中華料理やタイ料理などで使われる野菜で、主に炒め物やおひたし・天ぷらなどの料理として食べられています。その...

pixta_nioisumire

ニオイスミレ(スイー...

ニオイスミレは、別名でスイートバイオレットとも呼ばれてい...

pixta_touhi

トウヒの仲間の育て方

トウヒはマツ科に属する樹木であり、漢字で表すと唐檜と書き...

pixta_gurekoma

グレコマの育て方

グレコマの科名は、シソ科 / 属名は、カキドオシ属(グレ...

pixta_reuisiakotidoren

レウイシア・コチレド...

この植物の特徴は、スベリヒユ科、レウイシア属になります。...