ミニトマトのプランターの栽培方法

ミニトマトのプランターの栽培方法

ミニトマトの栽培は初心者でも簡単に育てられ庭がなくても、プランターで栽培出来きるので、プランターでミニトマトの育て方はとても手軽にできて、人気があります。ミニトマトもたくさんの種類があり味や色が違いますので、いろいろな種類を試してみると面白いと思います。

トマトの育て方

用意するものはプランター、栽培用として売ってる土、トマト専用の肥料、支柱、ひもが最低あれば出来ます。植えつけ時期は、地域によりますが、4月から6月が目安です。苗は元気の良い苗を選んで下さい。大きくて緑色の葉、黄色くなってるのはやめて下さい。

長くて深いプランターなら2つの苗が植えられます。40センチから50センチくらいの間隔をあけて下さい。プランターに土と肥料を入れて支柱を立てて苗と支柱をひもで結びます。あんまりきつく結ぶと苗に傷つくので軽めで大丈夫です。

栽培時の注意点

植えて支柱が立て終わったら、水を上げます。最初はプランターの下から水が出るくらい水を上げて下さい。プランター栽培では土が乾きやすいので、水はたくさんあげて良いです。表面が乾いたら水を上げる習慣を心かげて下さい。毎日何度か観察する事が大切です。

毎日見てると葉が大きくなるのが分かりますので楽しみになってきますし、脇葉をとる習慣もつけて下さい。脇葉とは細い枝ですが、そのままにしておくと栄養が脇葉にもいくので、トマトが大きく育たない事もあります。他の枝やトマトに傷がつかないように手で取りましょう。

トマトの実がなりだしたら、十分に日があたるように、まわりの大きな葉は取り除きます。2週間から3週間に一度追肥といって肥料をたします。茎に肥料がつくと焼けてしまうので、気をつけて下さい。

収穫時期に関しての注意点

実が赤くなってきたら収穫できますが、外に置いて栽培してると鳥や動物が食べてしまうのでネットなどで保護しておくと良いです。収穫時期は開花して40日くらいでミニトマトが赤くなりますのでタイミングを見て、丁寧に手で、収穫してください。

トマトの害虫はアブラムシ、アザミウマ、コナジラミ、タバコガ、モグリバエです。虫がついていたら枯れたりする事がありますので、すぐに取り除いて下さい。トマトの病気もあり、葉に斑点ができて、カビのようになり枯れたり、へたの部分が茶色くなって来たり枯れる原因になります。

病気になったり害虫が付いたりしてもすぐに発見できるように毎日観察を忘れないで下さい。無事収穫出来たら、ミニトマトの食べ方です。自分で作って収穫したのですから美味しいです。そのまま食べるのも良いですし、

サラダにしても良いですし、料理のレシピの材料として使っても良いと思います。買って来たトマトとはまた違った楽しみがありますので料理も楽しくなると思います。ミニトマトの種まきから始めるより、苗からの方が簡単です。

pixta_saboten

サボテンの育て方

サボテンといってもその名前が指す種類はとても幅広いです。一つ一つ特徴も異なることでしょう。しかし、一般の人々がサボテンと...

pixta_suikazura

スイカズラの育て方

スイカズラの学名はロニセラ・ジャポニカということで、ジャポニカと付いているので日本原産の植物ということがわかります。日本...

pixta_kinokorui

キノコ類の育て方

きのこ類の特徴として、シイタケに関してはハラタケ目、キシメジ科、ハラタケ科と呼ばれる種類に属します。それぞれのキノコにつ...

pixta_sandasonia

サンダーソニアの育て方

サンダーソニアは南アフリカのナタール地方で発見された花で、1851年に発見されたイヌサフラン科の多年生植物として伝えられ...

pixta_sunagoke

すなごけの育て方

特徴は、何と言っても土壌を必要とせず、乾燥しても仮死状態になりそこに水を与えると再生するという不思議な植物です。自重の2...

pixta_miyamakinpouge

ミヤマキンポウゲの育て方

この花の種類はキンポウゲ目、キンポウゲ科、キンポウゲ属です。漢字で記載すると深山金鳳花となります。高山に主に生えることが...

pixta_riguraria

リグラリアの育て方

リグラリアは菊科の植物で、原産は東アジアの広い地域を生息地にしています。日本においても、かなり古くからある植物で、中国と...

pixta_asrutibe

アスチルベの育て方

アスチルベの歴史は比較的浅く、ドイツで品種改良された園芸種ですが日本にも自生しているので古くから親しまれてきました。日本...

pixta_oukotyou

オウコチョウ(オオゴチョウ)の育て方

オウコチョウの特徴を記載すると、次のようになります。植物の分類上はマメ科のカエサルピニア属に属します。原産地としては熱帯...

pixta_mandevila

マンデビラの育て方

メキシコやアルゼンチンなどの中米から南米などが生息地のつる性の植物です。ディプラデニアという名前で呼ばれていたこともあり...

スポンサーリンク

pixta_marumero

マルメロの育て方

マルメロは、原産地を乾燥地帯が広がっていて遊牧などが盛ん...

pixta_chaibu

チャイブの育て方

チャイブは5000年ほど前から中国で食用として利用された...

pixta_kanhizakura

カンヒザクラの育て方

通常の花といいますと太陽の方に向いて咲く、つまりは上向き...

pixta_okura_01

オクラの育て方

アオイ科に属する野菜で、原産地は、マントヒヒの生息地で知...