ラディッシュの栽培方法

ラディッシュの栽培方法

ラディッシュとは別名二十日大根と呼ばれております。約30日くらいで収穫が可能です。大根と言っても白色ではなく紅色で丸くて約5センチくらいの形をして、味は大根と同じです。ラディッシュの栽培は畑でもプランターでも出来ます。

ラディッシュの育て方

集合住宅の方でもプランターで簡単に出来ますので人気を集めております。ラディッシュの種まき時期は春と秋がベストで1年に2回楽しむ事が出来ますが工夫次第では、畑でもプランターでも、小さなビニールハウスみたいに作れば他の時期でも種まきが出来ます。

プランターでの栽培方法で用意するものは、プランター長めの方が良いです。栽培用の土、肥料、ラディッシュの種最低これだけあれば簡単に栽培出来ます。ラディッシュの育て方は、まずプランターに土を入れますが約7文目くらいで良いです。肥料も土に混ぜてやります。

土を入れ終わったら、縦に指で約1センチの深さの溝を掘っていきます。指で土をスッーとなぞれば簡単です。大きめのプランターなら2列出来ます。溝がほれたらラディッシュの種まきです。約2粒を1センチ間隔でプランターのはじから、はじまで、種をまいていきます。

こちらのラディッシュの育て方も凄く詳細に書いてあり、参考になります♪

ラディッシュの栽培時の注意点

土をかぶせてから、最初は水をたっぷりと上げて下さい。勢いよく水を上げると土が掘り返されるのでゆっくり水を上げる事に注意して下さい。3日から4日で発芽してきますが、害虫などもいるので毎日の観察をして、土の表面が乾いてきたら水やりもして下さい。

害虫予防には薬を最初に土に混ぜる事で予防は出来ますが、無農薬栽培なら必要ありませんが注意が必要です。発芽したら間引きをします。ラディッシュの葉は大きくなりますので間引きで、約4センチ間隔にします。残しておく芽は大きくて緑色の元気な葉です。

黄色ぽっい小さな葉を間引きして下さい。間引きした後は倒れないように根元に土を寄せておきます。10日に1度くらい追肥をして下さい。種をまいてから収穫まで30日くらいで収穫できるので追肥は2回から3回くらいが目安です。

ラディッシュ収穫のタイミング

収穫のタイミングは土からラディッシュが盛り上がってきて紅色になっていたら収穫できますが、タイミングを逃すとラディッシュが割れてしまいますので気を付けて下さい。収穫のやり方は根元から軽く引き抜くだけで、簡単です。

上手に栽培できたラディッシュは5センチくらいの丸くて紅色で葉も大きく緑色してます。同じプランターで栽培したラディッシュでも日の当たり方により大きさが異なります。収穫できたら食べるのが楽しみです。

食べ方はたくさんあり、そのまま食べても美味しいですし、マヨネーズを付けても良いです。ラディッシュを切ってレタスと一緒にサラダにしても美味しいです。大根のかわりにレシピの材料としてラディッシュを使っても良いと思います。葉っぱも味噌汁に入れて食べる事も出来ます。

pixta_sanseberia

サンセベリア(Sansevieria)の育て方

サンセベリアの原産地は、アフリカ、南アジア、マダガスカルなどです。熱帯の乾燥した地域を好んで生息地としており、約60種類...

pixta_katanake

カタナンケの育て方

カタナンケの草丈は約40㎝ほどになります。寒さに弱い性質を持っている為、冬の時期は霜よけをしてあげる必要があります。また...

pixta_rotasu

ロータスの育て方

「ロータス」は、北半球の温帯、主に地中海付近の島国を原産として約100種類もの品種が存在するマメ科ミヤコグサ科の多年草で...

pixta_dodonaena

ドドナエアの育て方

ドドナエアという木は葉を楽しむ木です。原産はオーストラリアでポップブッシュとも呼ばれています。生息地はもともと日本ではあ...

pixta_brokkori

ブロッコリーの育て方

サラダやスープ、炒めものにも使えて、非常に栄養価の高い万能野菜であるブロッコリーは、地中海沿岸が生息地といわれています。...

pixta_shantuai

シャンツァイの育て方

シャンツァイはコリアンダーと言うセリ科の一年草で、中華料理などで利用される野菜です。コリアンダーと言うのが学名であり、シ...

pixta_tokisou

トキソウの育て方

ラン科トキソウ属の山野草です。和名は朱鷺草(トキソウ)で、別名には朱鷺蘭(トキラン)などがあります。日本の本州や北海道を...

pixta_dinemapori

ディネマ・ポリブルボンの育て方

ディネマ・ポリブルボンは、中南アメリカ原産の小型のランです。主な生息地は、メキシコやグアテマラ、キューバやジャマイカで、...

pixta_iwakomagiku

イワコマギクの育て方

イワコマギクは和名としてだけではなく、原産地となる地中海海岸地方においてはアナキクルスとしての洋名を持つ外来植物であり、...

pixta_kuri

クリ(栗)の育て方

クリの歴史は非常に古いものであり、縄文時代の遺跡である三内丸山遺跡からも数多くの栗が出土しています。そのため有史以前から...

スポンサーリンク

雪割草の育て方

さまざまな種類がありますが、その中でも小さくて可愛らしい...

pixta_inutade

イヌタデの育て方

イヌタデの特徴としては、タデ科の植物であり色のついた花が...

pixta_torukogikyou11

トルコギキョウの育て...

長野県は、世界に冠たるトルコギキョウの生産地です。そして...

pixta_kinbaisou

キンバイソウの育て方

キンポウゲ科キンバイソウ属に属する多年草で、その土地にし...