ヘリオトロープの育て方

ヘリオトロープの育て方

ヘリオトロープは属名”ヘリオトロピウム”と呼ばれ、はギリシア語の”ヘリオス(太陽)”と”トロペ(回転)”から来ています。花が太陽の方を向き、その動きに合わせて回ると思われていたことが由来になっている植物です。草丈は30cmから60cm程度で、花が咲く時期は春から夏にかけてになります。

育てる環境について

ヘリオトロープを育てる場合、出来るだけ日当たりの良い場所で育てる必要があります。あまり、日が当たらない場所で育ててしまうと、株全体が間延びしてしまい弱くなってしまいます。また、花つきが悪くなってしまったり、花色が薄くなってしまったり生育にも問題が出てしまうので、十分に太陽の光を浴びさせて育てていきましょう。

鉢植えなどで育てる場合は、春から秋にかけては屋外やベランダの良く日の当たる場所で育てると良いでしょうま。ただし、暑さを嫌がる植物なので、真夏の暑い日は、出来るだけ風通しの良い場所で育てていきましょう。育てる環境によって、一年草だったり多年草だったりします。

一年草として秋までと考えているのであれば、花壇などに植えても育てる事が出来ますが、一年草としてではなく多年草として花を出来るだけ長く楽しみたいという人であれば、鉢植えで育てた方が管理がしやすくなるでしょう。冬場は5℃以上を保てる場所であれば外で育てても冬越し可能です。

その場合、出来れば軒下など屋根のある場所で育てていきましょう。ただし霜に当たってしまうと枯れてしまうので、出来るだけ霜には当てないように注意していきましょう。また、水を好む植物なので、出来るだけ水切れをさせないように注意してあげましょう。

また、花が終わった後に切り戻しをしてあげる長い期間花を楽しむ事が出来ます。暑さにも比較的強い植物ですが、半日陰の場所でも育てる事は可能です。また、乾燥にあまり強くない性質なので、あまり水を切らさないように注意して育てていきましょう。

種付けや水やり、肥料について

植え付けを行う場合は、春に種をまいて育てるか、苗を購入して植え付けをおこないます。そうする事で、春から秋に掛けて、長い間花を楽しむことが出来るでしょう。肥料をあげる際は、植え付けを行う前にゆっくりと効くタイプの肥料を土の中に混ぜてから植え付けを行うと良いでしょう。

生育期は出来るだけ肥料を切らさないようにしてあげると、きれいな花をたくさん咲かせてくれます。この生育期間は出来るだけ、1週間に1度は液体肥料を与えてあげましょう。水をあげる場合は春から秋にかけては土の表面が乾燥sてきたら十分に水をあげましょう。水切れを起こしてしまうと成長が止まってしまう場合があるのでしっかり水やりを行いましょう。

特に夏に暑い日が続いた場合は注意が必要です。逆に冬場は水やりを控えて乾燥気味に育てましょう。鉢植えにした場合は、花が終わったら植え替えをしてあげましょう。比較的根詰まりを起こ安いので、定期的に鉢の裏を確認して根詰まりを起こしていなかチェックします。植え替えをする事で、より花を長く楽しむ事が出来ます。

植え替えを行う時期は9月から10月頃がよいでしょう。また、あまり大きく育った場合は支柱などを使用して支えてあげると良いでしょう。花が咲き終わったら、伸びた枝を半分くらいの長さにカットしてあげると、再び芽が出てくるので再度花を楽しむことができます。是非しっかり手入れをしてあげて、長い期間きれいな花を楽しみましょう。

増やし方や害虫について

ヘリオトロープを増やす場合は挿し木で増やす事が出来ます。挿し木をする場合は9月頃が良いでしょう。挿し木で増やすことができます。やり方としては枝の先端部分を5cm程カットします。その切り取った枝を水に挿して起き、1時間くらい水分を吸収させていきましょう。その後、肥料を入れた鉢などに挿していきます。

その後根が出てくるまでは、水をしっかりあげて育てていきましょう。そうする事で簡単に増やす事が出来ます。根が出る適温は20℃前後になり、約1ヶ月くらい時間がかかってしまいますがゆっくり根が出るまで待ちましょう。根が出てきたら、小さな鉢に植え替えをしてあげ、茎が伸びてきたら枝数を増やしてあげる為に先端の芽を摘んであげましょう。

また、害虫としてはハダニが発生する場合があります。その為、見つけ次第早めに薬剤を散布して駆除しておきましょう。せっかくきれいに葉や花が出たのにハダニに食われてしまっては大変です。是非しっかり退治しておきましょう。ヘリオトロープは育て方さえ覚えてしまえば意外と育てやすい植物です。

しっかり栽培をしてきれいな花をたくさん咲かせてみましょう。手入れ次第では、比較的花を長く楽しむ事が出来る植物です。是非そのきれいな花と、香りを思う存分楽しみましょう。この、ヘリオトロープはきれいな花と良い香りを同時に楽しむ事が出来る花になります。紫色の小さな花は大変可愛らしく一斉に咲き誇ると大変美しい花になるでしょう。

ヘリオトロープの歴史

ヘリオトロープは、原産地ペルーの植物になります。その花の色や草の形からと”キダチルリソウ”と呼ばれたり、またその花の独特のバニラの様な香りから、”コウスイボク”と呼ばれる事もあります。このヘリオトロープは昔から香水の原料として使用されてきた植物です。また、ヘリオトロープはハーブとしてもよく知られています。

紫色または白色の小さな花が、ドーム状に集まりきれいに咲き誇ります。熱帯および温帯の地域を生息地とし、約250種類ほどが分布しています。このヘリオトロープは鉢植えや花壇としてもとても映える植物ではないでしょうか。独特の花の香りがなんとも言えず、多くの人に愛される植物です。

このヘリオトロープという名前は、ギリシャ語では”太陽に向かう”という意味になります。フランスの園芸家が1757年にこのヘリオトロープの種をパリ送ったことから世界各国に広まっていったと言われています。当初はその花の香りから香水として利用されて来ましたが、現在では香水というよりはその花や香りを楽しむ園芸種として庭先などを飾る花になっています。

また、このヘリオトロープは日本に輸入されて初めて販売された香水とも言われている香り高い植物です。その花の色と香りを同時に楽しめる植物ではないでしょうか。花言葉は”献身的な愛”、”永久の愛”、”熱望”です。まさにその名の通り、愛という言葉がぴったりの純愛のイメージの花ではないでしょうか。

ヘリオトロープの特徴

ヘリオトロープは属名”ヘリオトロピウム”と呼ばれ、はギリシア語の”ヘリオス(太陽)”と”トロペ(回転)”から来ています。花が太陽の方を向き、その動きに合わせて回ると思われていたことが由来になっている植物です。草丈は30cmから60cm程度で、花が咲く時期は春から夏にかけてになります。

茎の先端に、小さな紫色や白色の星型の花をさくさん咲かせるのが特徴です。ヘリオトロープの葉は、葉脈がしっかりついており、葉の表面にはひだがたくさん入っています。茎は少々ざらつきがあり、葉にも茎と同じ様に毛があります。ムラサキ科の小低木で、とても良い香りがします。花の大きさは4mmから7mm程度で、5裂しています。

特徴的な可愛らしい花をたくさん咲かせるので、是非その花の成長を楽しみましょう。ヘリオトロープは、太陽の光に反応し、葉や茎が太陽の方向に合わせて伸びる向日性植物です。紫色のきれいな花は、日時が経つと自然と白色に変わってしまう不思議な植物です。気候があえば通年で花を咲かせる事が出来る植物です。

香りが少々きつい為、好き嫌いもあるかもしれませんが、ハーブとしても使用される事があります。特徴的な香りの花はとても印象深く、またその花の色がなんともいえない美しさを放っている植物ではないでしょうか。小さな花がたくさん密着して咲いている姿は、なんとも言えない可愛らしい姿をしています。是非そんなヘリオトロープを楽しみましょう。

pixta_kurinamu

クリナムの育て方

クリナムとは世界の熱帯・亜熱帯に分布する大型球根植物です。その種類は約160種にも上り、大半の種はアフリカに分布していま...

pixta_hiougi

ヒオウギの育て方

ヒオウギの名前を聞いて和歌を連想する人、京都の祇園祭を思い浮かべる人、様々ですが、原産国は東アジアとなっています。日本も...

pixta_hanazuou

ハナズオウの育て方

ハナズオウはジャケツイバラ科ハナズオウ属に分類される落葉低木です。ジャケツイバラ科はマメ科に似ているため、マメ科ジャケツ...

pixta_tamagayaturi

タマガヤツリの育て方

タマガヤツリはカヤツリグサ科の一年草で、湿地帯に多く見られます。生息地は日本においてはほぼ全土、世界的にみても、ほぼ全世...

pixta_arodexia

アローディアの育て方

アローディアと呼ばれる植物は、マダガスカル原産の植物です。刺のある多肉植物になりますが、歴史はとても古く江戸時代にさかの...

pixta_riefretasu

レタスの栽培に挑戦してみませんか。今回はレタスの育て方につい...

今回はレタスの育て方について学んでいきます。レタスの栽培は暑さに弱いので秋蒔きが作りやすいのですが、春蒔きでも可能です。...

pixta_askrepias

アスクレピアスの育て方

アスクレピアスという花は、その色合いが赤とオレンジの色合いが綺麗に混ざり合い、その為に太陽などと引き合いに出される事もあ...

pixta_ingen_01

つるありいんげんの育て方

インゲンは17000種に及ぶ植物、多くの渡り鳥の生息地で知られる中米原産です。スペイン人によりヨーロッパに持ち帰られたの...

pixta_komatirindou

コマチリンドウの仲間の育て方

コマチリンドウの仲間は、30種ほどあります。もとはヨーロッパ産で、山野草として、自然の中で、そのかわいらしい小さな花を咲...

pixta_gonzui

ゴンズイの育て方

この植物はミツバウツギ科の植物で、落葉樹でもあり、樹高は3メートルから6メートルぐらいということです。庭木としても見栄え...

スポンサーリンク

pixta_tatiaoi

タチアオイ(立葵)の...

タチアオイは立葵と漢字で書かれて、名前の通り立ってるよう...

pixta_baobabu

バオバブ(Adans...

バオバブは古くから人類の歴史と深く関わり続けている樹木で...

pixta_firodon

フィロデンドロンの育...

フィロデンドロンとは、サトイモ科フィロデンドロン属の常緑...

pixta_hanegi

ネギとミツバの栽培方...

ネギは中央アジア原産のユリ科の多年草で、白ネギ(長ネギ)...