初心者からはじめるミニ盆栽の育て方

初心者からはじめるミニ盆栽の育て方

少し前に流行ったミニ盆栽。若者にもひそかに人気があります。盆栽はなんといっても風格があります。3000円くらいから1万円くらいではじめることができますが、本気ではじめれば、何年も盆栽の育て方を楽しむことができます。

盆栽の醍醐味

うまくいかないこともありますが、それはまた生物なのでおもしろいところです。自分の世界感を表現することも盆栽の栽培はおもしろいかと思われます。盆栽の種まきは、ふつうの植物の種まきと同じように行うこともできますが、最近ではキッドが売っているので、苗を植えるところからはじめてもおもしろいかと思います。

盆栽の栽培はふつうの植物とかわりませんが、なんといっても曲付けと呼ばれる独特の形をつくるところが醍醐味です。基本的に幹をくねらせながら長い年月をかけて、盆栽の栽培は行います。盆栽の育て方は曲がった子供を矯正するような感じでもあります。

なかなか思い通りにいかないものですがそれもまた生き物ですからうまく誘導しながら盆栽の栽培はすすめていきます。盆栽は特にどの植物ということもないのですが、松の盆栽や花の咲く盆栽は風情があっていいかと思われます。

花が咲く盆栽は季節によってはいい景色を造りだしますしなかなかよろしいかと思われます。また、実のなる盆栽なんかもおもしろいとおもいますし、もみじなどの紅葉を楽しむ盆栽もまたいいものです。

盆栽のおすすめの始め方

いろいろあってまよってしまいますが、スタンダードなところで黒松などは手ごろな盆栽として始めることができますのでいいかとおもいます。盆栽を育てる上でやはり枯れささないようにいかに生かしていくかがまずは大切かと思われます。

いろんな文献や先人のアドバイスをいただきながら育てるといいかとおもわれます。まわりに盆栽を栽培している人がいなくてもがんばってみるのもひとつおもしろいかとおもいます。最初はビニールの植木鉢程度からはじめ、少し育ってきたらちょっとした植木鉢にかえることで風格もでてくるのではないかとおもいます。

植木鉢もこりはじめると天井知らずですが、手ごろな値段のものでもいいものはいっぱいあります。ミニ盆栽も大きくなっていけば通常の盆栽に成長します。ただ大きくしないようにもできますのでいろいろやってみるのもいいかと思います。

丁寧に1つの盆栽を育てよう

やっていくと欲もでてきますが、あまり無理をせずゆっくり丁寧に育てていけばいいのではないかと思います。最初に1つ盆栽を買ってしまうと、どういうわけかすぐに別の盆栽を買ってしまいがちです。

それもわるくはないのですが、1つをゆっくりそだてるのもいいのではないでしょうか。増えていくと目がとどきにくくなり、雑な盆栽になってしまうことも多々あります。まずは丁寧に1つの盆栽を育ててみてはどうでしょうか。

pixta_momiji

モミジの育て方

モミジは日本人に古くから愛されてきた植物です。色づいたこの植物を見に行くことを紅葉狩りといい、秋の風物詩として古くからた...

pixta_matukazesou

マツカゼソウの育て方

松風草は、一般的には、マツカゼソウと表記され、ミカン科マツカゼソウ属に属しており、東アジアに生息するマツカゼソウの品種と...

pixta_yasiruia

ヤシ類の育て方

ヤシ類の特徴としては、まずはヤシ目ヤシ科の植物であることです。広く知られているものとしてはココヤシ、アレカヤシ、テーブル...

pixta_pangy

植物の育て方を勉強する

現在は、家庭菜園などで野菜を栽培している人たちも多く存在しています。自分で手入れをして栽培した野菜を食する事ができるのは...

pixta_hanaikada

ハナイカダの育て方

ハナイカダはミズキ科の植物です。とても形がユニークですので一度見ると忘れないのではないでしょうか。葉っぱだけだと普通の植...

pixta_fuji

フジの育て方

藤が歴史の中で最初に登場するのは有名な書物である古事記の中です。時は712年ごろ、男神が女神にきれいなフジの花を贈り、彼...

pixta_shukkonasuta

宿根アスターの育て方

アスターは、キク科の中でも約500種類の品種を有する大きな属です。宿根アスター属は、中国北部の冷涼な乾燥地帯を生息地とす...

pixta_bodaiju

ボダイジュの育て方

ボダイジュは、シナノキの木科シナノキ属中国原産の落葉高木です。学名は、TiliamiquelianaTiliaで、Til...

pixta_ryuubintai

リュウビンタイ(Angiopteris lygodiifol...

かたまりから葉が四方八方に突き出たようなユニークな形で成長していくリュウビンタイは、その基部が竜のうろこのようであること...

pixta_kyuuri

キュウリの育て方

どうせガーデニングをするのであれば、収穫の楽しみを味わうことができる植物も植えたいと希望する人が少なくありません。キレイ...

スポンサーリンク

pixta_asagirisou

アサギリソウの育て方

アサギリソウは、ロシアのサハラン・日本が原産国とされ、生...

pixta_jastadazy

シャスタデージーの育...

シャスタデージーの可憐な花は、アメリカの育種家である、ル...

pixta_wakegi

ワケギの育て方

原産地については西アジアから地中海東部であるいう説やユー...

pixta_orearia

オレアリアの育て方

意外と感じますがキク科の植物になるので、日本にも適用する...