ミニトマトの育て方について

ミニトマトの育て方について

ナス科のミニトマトの育て方について、ご紹介します。ミニトマトは、ビタミンCとカロテンを豊富に含んでおり、そのままでサラダにしてもよし、乾燥させてドライトマトにしてもよし、煮込んでスープにしてもよしの、料理のレパートリーが多いおいしい健康野菜となります。

ミニトマトの育て方

ミニトマトの種まきは、3月中旬~4月中旬頃に行ないます。温室やポットで管理する場合には、前述しました3月中旬~4月中旬頃となりますが、鉢に直まきする場合には、発芽しやすくなりますので、少し暖かくなった4月上旬~中旬頃の種まきをおすすめします。

ここでは種まきにポットを使用します。ポットに5mm程度の「まき穴」をあけて、2粒?3粒ずつまきます。種まきから1週間~2週間ほどで発芽します。木葉が出て混み合ってきたら、1本ずつ間引きし、次に苗を定植します。定植時期は、4月下旬~5月上旬のGWの頃となります。

ミニトマトの支柱の作り方

ミニトマトの栽培が初めての方は、苗を購入されるというのも、ひとつの選択肢となります。特に、大玉トマトの場合には、苗を購入されることをおすすめします。

定植して2週間~3週間すると、本枝が大きくなってきますので、支柱を立ててひもで本枝を結んでいきます。必ずつぼみの反対側に支柱を立てて、ひもで結ぶことがポイントとなります。

ミニトマトは本葉が7枚~8枚になる頃に、最初のつぼみが出、その後は3枚出るごとにつぼみが出ます。そういう理由で、支柱をつぼみの反対側に立てるようになります。

品種によって育て方は異なるのですが、たいてい普通のミニトマトの場合には、葉っぱの付け根から出てきた「脇芽」はすべて摘み取りましょう。脇芽摘みを行って、1本仕立てで育てるようにします。

ミニトマトの栽培時の注意点

定植後、3週間~1カ月経過した頃から、週1回の液肥の追肥、あるいは3週間に1回の緩効性化成肥料の追肥を行います。この頃から水やりも、朝と夕方の1日2回にします。ミニトマトは、追肥・水やりを控えめに栽培するのですが、実が赤く色づいてきたら、普通に追肥・水やりをしながら育てます。

6月上旬頃に、1段目が赤く色づき始めます。真っ赤に色づいたミニトマトから、随時、収穫していきます。ミニトマトは、1株から50個~100個の実を収穫することができます。ミニトマトは、ベランダでも育てやすい夏野菜となります。

赤く色づいたミニトマトは、ヒヨドリに狙われやすいので、ネットなどでの鳥対策は、必須となります。また、脇芽を挿し木にすると、晩夏~秋にかけて収穫することができる苗が育ちます。脇芽を何本かポットに挿しておき、生長の良いものを定植しましょう。

ミニトマトは中南米の山岳地帯がふるさととなり、日光が良く当たる乾いた気候を好みます。ゆえに、水やりは少しだけにして、風通しが良くて、日照時間が多い場所で育てるということが、栽培のコツとなります。

pixta_arumeria

アルメリアの育て方

歴史的にみてもヨーロッパでは古くから親しまれ、愛されてきた花といえます。まず、属名がアルメリアという名前には理由があり、...

pixta_keeru

ケールの育て方

ケールはベータカロテンやルテイン、ビタミンCやカルシウム、食物繊維と言った非常に多種多様な栄養素を含むことから緑黄色野菜...

pixta_benisarasadoudan

ベニサラサドウダンの育て方

ベニサラサドウダの大きさは、2メートルから大きいもので5メートル程度にまで生長します。若い枝は無毛で、その葉の長さは、お...

pixta_gobou

ミニゴボウの育て方

ミニゴボウにかぎらず、野菜の中で形の小さい種類のものは昔からあったのですが、あまり受け入れられてきませんでした。育ちが悪...

pixta_beronika

ベロニカの育て方

特徴として何の種類かですが、シソ類、シソ目、オオバコ科となっています。ルリトラノオ属に該当するともなっています。多年草と...

pixta_stock

一重咲きストック(アラセイトウ)の育て方

一重咲きストック、アラセイトウはアブラナ科の植物です。原産地は南ヨーロッパで、草丈は20センチから80センチくらいです。...

pixta_hanaikada

ハナイカダの育て方

ハナイカダはミズキ科の植物です。とても形がユニークですので一度見ると忘れないのではないでしょうか。葉っぱだけだと普通の植...

pixta_kanpanyuraturigane

カンパニュラの仲間の育て方

カンパニュラはラテン語で「釣鐘」を意味しています。和名もツリガネソウだったり、英名がベルフラワーだったりすることから、ど...

pixta_himawari_01

ひまわりの栽培やヒマワリの育て方やその種まきについて

夏になると太陽の方向を向いて元気に咲くひまわりが目につきます。このひまわりを自分で育てることができます。ひまわりの栽培方...

pixta_yorugao

ヨルガオの育て方

ヨルガオというものは朝顔の仲間でもあるもので、熱帯アメリカ原産であり寒さに弱いものですので、一年草として扱われているもの...

スポンサーリンク

pixta_henrizuta

ヘンリーヅタの育て方

特徴として、まずブドウ科、ツタ属であることです。つまりは...

pixta_kanpanyura

カンパニュラの育て方...

カンパニュラは、釣り鐘のような形の大ぶりの花をたくさん咲...

pixta_sisiudo

シシウドの育て方

シシウドの原産地は日本になります。別名をウドタラシと言う...

pixta_herikusam

ヘリクリサムの育て方

このヘリクリサム、ホワイトフェアリーの一番の特徴は何とい...