サルビアの育て方と種まき時期

サルビアの育て方と種まき時期

サルビアは、ブラジル原産の草花で夏から秋の花として誰にでも愛されている花です。花色には燃えるような紫・白・桃色がありますが、ベランダではいずれも草たけの低い品種を選ぶのが良いです。品種としては緋赤・紫・白の3系統があります。

サルビアの特徴

サルビアは、ブラジル原産の草花で夏から秋の花として誰にでも愛されている花です。花色には燃えるような紫・白・桃色がありますが、ベランダではいずれも草たけの低い品種を選ぶのが良いです。品種としては緋赤・紫・白の3系統があります。

緋赤色種は紅姿・セントジョーンズファイア・ホットジャズスペシャル、紫色種はバイオレットクラウン・ファリナセアビクトリア、白色種は雪姿・ホワイトクラウンなどがあります。

サルビアの栽培の注意点

サルビアの栽培環境としては、発芽適温20から23℃なので慌てて早い内からの種まきをしない事が大事です。生長開花適温は20℃内外、30℃を超えると花色があせて開花率が悪くなります。

短日の方がよく開花し、長日条件下では、早生種は開花しますが、晩生種は開花が遅れる場合があります。また、サルビアは日当たりの良い場所を好みます。

有機物の多い保水力のある栽培がよく、乾燥には弱いので注意が必要です。肥料が少ないと開花数も減るので、元肥にはマグアンプKを混入しておき、追肥にはハイポネックスを7日に1回は与えて、肥切れさせないようにします。サルビアの育て方として、種まきは5月上旬から中旬が良いです。

晩性種で秋の花を楽しみたい時は6月撒き。浅鉢や果物の空パックなどに培養土を入れてばらまきにし、5ミリくらい覆土をします。サルビアの種はかたく、発芽抑制物質も含まれているので、1晩水に浸して洗い流したものを蒔くとよく発芽します。

サルビアの鉢に直まきする方法

ビートバン・ジフィーセブンなどに蒔いてもよく、また大き目の鉢に直まきする方法もあります。本葉2枚から3枚になったら、葉と葉が重なり合わないように間引いてやり、間引いた苗は他の所へ移植します。本葉5枚から6枚になったら、所定の容器へ15センチ間隔に定植します。

容器の深さは15センチ以上のものが望ましいです。サルビアは真夏の乾燥に弱いので、株まわりにピートモスなどを敷き込み、追肥と水遣りをまめにします。草丈が15センチ内外の頃に摘心をします。1回摘心をして2本から3本の側枝を出させるようにします。

8月上旬に枝の刈り込みをして、9月から新芽に発芽させるやり方もあります。さし芽栽培のやり方としては、6月か9月の始めに、若い枝先を5センチから6センチほど切って、川砂か、ピートモス50%・パーライト50%混合の培地へさし芽します。1週間は日かげに置き、灌水を十分にします。

その後はすだれ・よしずのようなもので遮光した下に移して乾燥させないようにすると、約3週間くらいで発根します。この苗を容器に定植して、後の管理は移植栽培の時と同様にします。採種の時期としては、10月から11月の内に種が出来るので、こぼれ落ちない内に採種しておく事を忘れないようにする必要があります。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:サルビア(一年性)の育て方
ローズマリーの育て方

pixta_dokudami

ドクダミの育て方

ドクダミは、ドクダミ科ドクダミ族の多年草であり、ギョウセイソウやジゴクソバ、ドクダメとも呼ばれています。

pixta_himeougizuisen

ヒメヒオウギの育て方

現在の日本国内で「ヒメヒオウギ」と呼ばれる植物は、正式名称を「ヒメヒオウギズイセン」と言います。漢字では姫の檜の扇と書き...

pixta_kokia

コキアの育て方

南ヨーロッパや温帯アジアが原産とされ、日本へは中国から伝わってきた植物で、詳しいことははっきりと分かっていませんが、「本...

pixta_sukimia

スキミアの育て方

「スキミア」はミカン科ミヤマシキミ属、日本を原産とする常緑低木の一種です。学名は「シキミア・ジャポニカ」、英名を「スキミ...

pixta_oogiku

大ギクの育て方

花色や花の形、品種が大変豊富な秋の代表花である大ギク。菊の中では大変大きな花を咲かせとてもきれいな花になります。大きく分...

pixta_gobou

ゴボウの育て方

ゴボウは世界の中でも食べるのは日本だけとも言われています。しかし、食物繊維が豊富に含まれている事からも便秘の解消などに最...

pixta_hakusai

白菜の育て方

白菜は、アブラナ科の野菜で、生息地は他のアブラナ科の野菜類と同様に、ヨーロッパの北東部からトルコ にかけての地域でだと考...

pixta_rasseria

ラッセリアの育て方

この花については、オオバコ科、ハナチョウジ属とされています。科としてはゴマノハグサ科に分類されることもあるようです。原産...

pixta_botan

ボタンの育て方

牡丹の原産は中国の西北部だと考えられています。この地域では、もともとは観賞用ではなくて、薬として用いられていたそうです。...

pixta_rupinas

ルピナスの育て方

特徴の1つは寒さに強く、暑さに弱い事があります。具体的には寒さであればマイナス5℃程度まで耐えられます。外に置いておいて...

スポンサーリンク

pixta_komatunagi

コマツナギの育て方

この植物は背丈が高く40センチから80センチまであり、マ...

pixta_hitotubadako

ヒトツバタゴの育て方

20万年前の近畿地方の地層から、泥炭化されたヒトツバタゴ...

pixta_nemunoki

ネムノキの育て方

ネムノキは原産地が広く、日本や朝鮮半島、中国、台湾、ヒマ...

pixta_sennitikou

センニチコウの育て方

熱帯アメリカが生息地の原産で、日本には江戸時代に渡来しま...