ネギとミツバの栽培方法

ネギとミツバの栽培方法

ネギは中央アジア原産のユリ科の多年草で、白ネギ(長ネギ)と青ネギ(葉ネギ)・ワケギに大きく分かれており、古くから薬味として用いられる他、鍋物やねぎ焼きに用いられ、日本人に愛されている葉野菜です。

ネギの育て方

ネギの栽培は生育適温は20℃前後、日当たりが良い場所を好み、連作障害があるので1から2年は期間をあけて、種から育てると7から8ヶ月ほどかかり、pH6.0から6.5とやや酸性のあまりやわらくない土壌に適しており、根に十分酸素を送る必要があります。

ネギの種まき準備として2週間前までに苦土石灰を施し、1週間前に化学肥料を1平方メートル毎に100グラムと堆肥を2キログラム混ぜながら畑を耕していきます。

ネギの種まきに幅15センチ、深さ30センチの溝を掘って土をどちらか片側に集め株間5センチで密集させて、そこから畝を1株5センチでたてていきます。ネギの種まき時期は3から4月頃で、7月上旬から8月上旬にかけて植え付けを行います。

大きさが違うと生育に影響がでてしまい、小さな苗が大きい苗に負けてしまうこともあるので、ネギの育て方で苗は大きさのそろったものを選ぶことが重要になります。土寄せは植え付けからひと月過ぎた頃に、苦土石灰と堆肥、化成肥料を混ぜていくのがポイントです。

こちらの長ねぎの育て方もかなり参考になります♪

ネギの栽培時の注意点

植え付けから2ヶ月後あたりから化学肥料を1平方メートル枚30グラムほど苗の側に追肥を行なっていきます。春に種まきをした場合の収穫は11から12月上旬が頃合となり、収穫1ヶ月前を目安として再び追肥と土寄せをします。

ネギは直前まで畑に置いておき、泥付きの状態で新聞紙に包んで立てた状態でなら家で保管する事もできます。収穫は溝を掘った部分を掘り起こし傷つけないように注意しながら、反対側も同じように掘って引っこ抜いていきます。

ミツバの育て方

ミツバは家庭菜園での育て方としてはベランダなどの少し陰となる場所でも作成しやすく、独特のさわやかな香りと栄養価の高いせり科の植物です。ミツバの種まき時期は、3から5月で涼しい気候を好み低温多湿に強い特性を持っています。

生育往生で期間は30から50日ぐらいを要し、種は一晩中水に浸したものを1から2回茶色っぽくなったの目安として水を取り替えて、発芽抑制物質を落としていきます。その後生乾きの状態にしてからばらまきをして、砂などで薄く覆土してから板で押さえるのがコツです。

ミツバはほかの作物と違って間引きをせずに密植させておくほうがたくさん柔らかいミツバが収穫できます。ただし雑草が生えてくると抵抗が弱いので、こまめに摘み取るのも必要となってきます。20センチほどに葉が育ってきたら株の元を残して収穫を行ない、再び葉が生えたらまた収穫です。

下記の記事も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪
タイトル:長ネギの育て方
タイトル:にらの育て方
タイトル:葉ネギの育て方

pixta_kinokorui

キノコ類の育て方

きのこ類の特徴として、シイタケに関してはハラタケ目、キシメジ科、ハラタケ科と呼ばれる種類に属します。それぞれのキノコにつ...

pixta_murasakigoke

ムラサキサギゴケの育て方

ムラサキサギゴケは、ハエドクソウ科のサギゴケ属になります。和名は、ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)でその他の名前は、サギシバな...

pixta_putiasuta

プチアスターの育て方

キク科カリステフ属のプチアスターというこの花は、中国北部やシベリアを原産国とし1731年頃に世界に渡ったと言われておりま...

pixta_daikon12

ダイコンの育て方

大根は冬になると鍋料理の具材やおろしなどをして食べたり、収穫後に干してたくわんなどの漬物にするなど色々な調理方法が在りま...

pixta_kintokisou

金時草の育て方

金時草は学名Gynura bicolorと呼ばれています。金時草の名前の由来は、葉の裏面の色が金時芋のように美しい赤紫色...

pixta_godetia

ゴデチアの育て方

ゴデチアは、アカバナ科イロイマツヨイ族の植物の総称です。現在では、北米西海岸を生息地の中心としており、20種類もの品種が...

pixta_suika11

スイカの育て方

栽培スイカの原産地と言うのは、色々な説が在ります。しかし、最も有力とされるのが、1857年にイギリス医療伝道者がアフリカ...

pixta_yagurumagiku

ヤグルマギクの育て方

この花の特徴としてはまずは菊の種類であることです。キク目キク科の花になります。野生の状態で青色の状態になっています。です...

pixta_sanshou

サンショウ(実)の育て方

学術的な系統では、ミカン科サンショウ属ということで、柑橘類に所属しているということも面白いですが、香料関係の植物は、この...

pixta_marumero

マルメロの育て方

マルメロは、原産地を乾燥地帯が広がっていて遊牧などが盛んな大陸としている樹木ですが、我が国でも生息地としている都道府県も...

スポンサーリンク

pixta_geranium11

ゲラニウム(高山性)...

高山性ゲラニウムの学名は、ゲラニウム・ロザンネイです。別...

pixta_stkesia

ストケシアの育て方

この花は被子植物門、双子葉植物綱、キク亜目、キク目、キク...

pixta_tabako

タバコの育て方

特徴として、意外な事実では、このタバコはナス科の植物とい...

pixta_yamahagi

ヤマハギの育て方

植物の中には生息地が限られている物も珍しくありません。し...