ネギとミツバの栽培方法

ネギとミツバの栽培方法

ネギは中央アジア原産のユリ科の多年草で、白ネギ(長ネギ)と青ネギ(葉ネギ)・ワケギに大きく分かれており、古くから薬味として用いられる他、鍋物やねぎ焼きに用いられ、日本人に愛されている葉野菜です。

ネギの育て方

ネギの栽培は生育適温は20℃前後、日当たりが良い場所を好み、連作障害があるので1から2年は期間をあけて、種から育てると7から8ヶ月ほどかかり、pH6.0から6.5とやや酸性のあまりやわらくない土壌に適しており、根に十分酸素を送る必要があります。

ネギの種まき準備として2週間前までに苦土石灰を施し、1週間前に化学肥料を1平方メートル毎に100グラムと堆肥を2キログラム混ぜながら畑を耕していきます。

ネギの種まきに幅15センチ、深さ30センチの溝を掘って土をどちらか片側に集め株間5センチで密集させて、そこから畝を1株5センチでたてていきます。ネギの種まき時期は3から4月頃で、7月上旬から8月上旬にかけて植え付けを行います。

大きさが違うと生育に影響がでてしまい、小さな苗が大きい苗に負けてしまうこともあるので、ネギの育て方で苗は大きさのそろったものを選ぶことが重要になります。土寄せは植え付けからひと月過ぎた頃に、苦土石灰と堆肥、化成肥料を混ぜていくのがポイントです。

こちらの長ねぎの育て方もかなり参考になります♪

ネギの栽培時の注意点

植え付けから2ヶ月後あたりから化学肥料を1平方メートル枚30グラムほど苗の側に追肥を行なっていきます。春に種まきをした場合の収穫は11から12月上旬が頃合となり、収穫1ヶ月前を目安として再び追肥と土寄せをします。

ネギは直前まで畑に置いておき、泥付きの状態で新聞紙に包んで立てた状態でなら家で保管する事もできます。収穫は溝を掘った部分を掘り起こし傷つけないように注意しながら、反対側も同じように掘って引っこ抜いていきます。

ミツバの育て方

ミツバは家庭菜園での育て方としてはベランダなどの少し陰となる場所でも作成しやすく、独特のさわやかな香りと栄養価の高いせり科の植物です。ミツバの種まき時期は、3から5月で涼しい気候を好み低温多湿に強い特性を持っています。

生育往生で期間は30から50日ぐらいを要し、種は一晩中水に浸したものを1から2回茶色っぽくなったの目安として水を取り替えて、発芽抑制物質を落としていきます。その後生乾きの状態にしてからばらまきをして、砂などで薄く覆土してから板で押さえるのがコツです。

ミツバはほかの作物と違って間引きをせずに密植させておくほうがたくさん柔らかいミツバが収穫できます。ただし雑草が生えてくると抵抗が弱いので、こまめに摘み取るのも必要となってきます。20センチほどに葉が育ってきたら株の元を残して収穫を行ない、再び葉が生えたらまた収穫です。

下記の記事も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪
タイトル:長ネギの育て方
タイトル:にらの育て方
タイトル:葉ネギの育て方

pixta_hiperikamu

ヒペリカムの育て方

ヒペリカムの原産地は中国で、中央アジアや地中海沿岸を主な生息地としています。もともとは中国大陸の草地や山の中に自生してい...

pixta_kuri

クリ(栗)の育て方

クリの歴史は非常に古いものであり、縄文時代の遺跡である三内丸山遺跡からも数多くの栗が出土しています。そのため有史以前から...

pixta_hahakogusa

ハハコグサの育て方

このハハコグサは育て方といっても、日本で自生している野草なので、一般的な育て方で十分で、ガーデニングでも家庭菜園でも、庭...

pixta_nioihiba

ニオイヒバの育て方

ニオイヒバはヒノキ科 の ネズコ属に属する樹木です。原産国は北アメリカで、カナダの生息地です。日本では「香りがあるヒバ」...

pixta_karasina

マスタード(カラシナ)の育て方

特徴として、フウチョウソウ目、アブラナ科、アブラナ属となっています。確かに葉っぱを見るとアブラナ、菜の花と同じような形を...

pixta_gajumaru

ガジュマルの育て方

原産地からもわかるように亜熱帯地方を生息地とする、クワ科の常緑高木です。沖縄ではガジュマルを「幸福をもたらす精霊が宿って...

pixta_rindou

リンドウの育て方

リンドウは、リンドウ科、リンドウ属になります。和名は、リンドウ(竜胆)、その他の名前は、ササリンドウ、疫病草(えやみぐさ...

pixta_akarifa

アカリファ(Acalypha spp.)の育て方

アカリファは別名をキャッツテール、ファイアテール、サマーラブ、シェニールといいます。原産地や生息地はインドで、細かく言い...

pixta_crockas

クロッカスの育て方

地中海沿岸から西アジアを生息地とする多年草の球根植物であるクロッカスは、世界に約80種類の園芸品種があるとされ、チューリ...

pixta_engulishlabenda_01

イングリッシュ ラベンダーの育て方

イングリッシュ ラベンダーは、シソ科のラベンダー属、半耐寒性の小低木の植物です。ハーブの女王としてゆるぎない地位を確立し...

スポンサーリンク

pixta_graptpetarm

グラプトペタラムの育...

グラプトペタラムは様々な品種があり日本ではアロエやサボテ...

pixta_eridesu

エリデスの育て方

エリデスは観賞用のものとして用いられるランの一種です。最...

pixta_rikunisu111

リクニス・コロナリア...

花の特徴として葉、ナデシコ科、センノウ属となっています。...

pixta_toritonia

トリトニアの育て方

トリトニアはアヤメ科トリトニア属の多年草になり、南アフリ...