キンセンカとハボタンの育て方

キンセンカとハボタンの育て方

冬枯れの戸外で一際鮮やかに色彩を誇るのがハボタンです。江戸時代中期に緑色のキャベツに似たものが長崎に渡来して、オランダナと呼ばれたのが始めとされ、その後改良が進められて現在のような素晴らしいものになりました。

ハボタンの栽培

中心葉は低温になると紅や白に鮮やかに着色します。その美しい葉をボタンの花に見立てて鑑賞します。発芽適温は20から25℃ですが、ハボタンの栽培の適温は10かあ20℃です。冬の低温よく耐え、少しくらいの雪や霜にも平気です。

葉の発色完了までは十分日光に当てる必要がありますが、その後は日陰でもよく生育します。ハボタンの種まきは6月から7月上旬におこない、ミニの育て方として仕上げたい場合は8月に蒔きます。

ホウセンカの育て方もかなり参考になります♪

ハボタンの種まき

病原菌の無い無菌の培養土を用意するか、市販されている字フィーセブン、ピートポット、ブロックポットを利用しての種まきが一番簡単な方法です。培地で苗を育てる場合も市販の人工標準培養土を使用してばらまき、うすく覆土して水やりをします。

発芽した後は朝夕の日にあてて日中は当たらないように覆いをかけるのがハボタンの育て方になります。間引きは本葉1枚と3枚になった頃で葉と葉が触れないように行ないます。

追肥は一週間に一度、同時に乾燥させないように水やりも適度にします。本葉5か6枚で移植をし、虫に食われないように培養土には、殺虫剤を混ぜておくことがポイントです。

キンセンカの栽培

キンセンカの栽培に関して発芽適温は20℃、開花時期は12から4月で寒さには強く温暖な地域では霜よけなしで冬を越せます。土は酸性が強いと発芽がしないので、石灰を散布して矯正をした土に変えていくのがコツです。

キンセンカの種まきは温暖地方は8月一般の地域で9月中旬から10月上旬、寒い地方は3月の下旬から4月中旬が頃合となります。鉢の場合は直径20センチを目安、ポリトロ箱の場合は深さ20センチの容器を選び、市販された人工標準培養土を入れて水分を含ませから種まきをします。

キンセンカの栽培時の注意点

株間は本葉1枚、3から4枚の頃に10センチを目安として間引きをするのが良いです。寒い地方ではビニールのおおいをします。追肥は11月頃までの間に液肥を10日に1回の割合で与え、真冬は乾燥時にだけ水やりをします。

株張りをよくするためには、心花が見えてきたときに摘心して側枝を伸ばします。キンセンカは群植して集団の美しさを鑑賞するのがよく、プランター、ポリトロ箱にいっぱい咲かせると良い出来栄えになります。

苗を育成する場合は、プラントヘッドを使用し培養土を6センチ間隔のすじまきで実行します。その後覆土して新聞紙かペーパータオルを乗せて、発芽するまでの3から5日間十分に水やりを行ないます。

下記の記事も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪
タイトル:カレンデュラの育て方
タイトル:ボタンの育て方
タイトル:マツバボタンの育て方
タイトル:カレンジュラの育て方
タイトル:シコンノボタンの育て方

pixta_shikonnobotan

シコンノボタンの育て方

シコンノボタンは野牡丹の一種です。野牡丹の生息地は、熱帯や亜熱帯で、比較的暖かい地域が原産です。日本にも自生しているもの...

pixta_kerone

ケロネの育て方

この花の科としてはゴマノハグサ科になります。オオバコ科とすることもあります。花の草丈は70センチ位から120センチぐらい...

pixta_dokudami

自宅で植物をうまく育てるには

自宅、特にアパートなどで一人暮らしをしていると、部屋の中の潤いが不足しがちになります。そこで植物などを部屋の中に置いてみ...

pixta_anzu11

アンズの育て方

アンズはヒマラヤ西部からフェルガナ盆地にかけてを生息地としている、バラ科サクラ属の落葉小高木です。英名ではアプリコットと...

pixta_popo

ポポーの育て方

この植物の特徴においては、まずはモクレン目であることがあげられます。そしてバンレイシ科に属する植物になります。バンレイシ...

pixta_dendorobium

デンドロビウム(キンギアナム系)の育て方

デンドロビウムは、ラン科セッコク属の学名カナ読みでセッコク属に分類される植物の総称のことを言います。デンドロビウムは、原...

pixta_nekonohige

ネコノヒゲの育て方

このネコノヒゲの特徴は、何と言ってもピンと上を向いた猫の髭の様な雄しべと雌しべではないでしょうか。髭の様な雄しべと雌しべ...

pixta_asagao11

植物の栽培について アサガオの育て方

育てやすい植物の代表として挙げられるのがアサガオです。最近は色や模様も様々なものが登場しています。アサガオの育て方は比較...

pixta_fukujusou

フクジュソウの育て方

雪に覆われたり、冬の間は殺風景な庭に、どんな花よりも早く顔を出して春の訪れを知らせてくれる、それがフクジュソウです。フク...

pixta_porishasu

ポリシャスの育て方

特徴としてはまずはウコギ科になります。その中のタイワンモミジ属になります。原産地、生息地においては2メートルから8メート...

スポンサーリンク

pixta_nerine

ネリネの育て方

ネリネという名前の由来はギリシア神話の海の女神であるネレ...

pixta_ranankyurasu

ラナンキュラスとコカ...

ラナンキュラスは小アジア原産の小球根植物であり、花は花弁...

pixta_nihonzuisen

ニホンズイセンの育て...

特徴において、種類はクサスギカズラ目、ヒガンバナ科、ヒガ...

pixta_okatorao

オカトラノオの育て方

オカトラノオはサクラソウ科の多年草で、その歴史としては中...