美味しいゴーヤーの育て方

美味しいゴーヤーの育て方

ゴーヤーは、沖縄料理人気から需要が高まりました。今では沖縄料理に限らず、幅広い料理に使われるようになりました。また日よけの目的で家庭での栽培も増えました。6項目に分けてゴーヤーの育て方を説明したいと思います。

ゴーヤーの種まき

いろいろな野菜にも通じる苗作りです。まず、前日に種を水につけておいて下さい。ポットと淵から2cmくらいのところまで土を入れます。1ポットにつき種を3つぶ蒔きます。この時、種を等間隔に蒔くようにして下さい。種を蒔いたら、ポットの大きさの半分くらいの水をあげます。

水をあげるタイミングは、土の表面が乾いて白っぽくなった時です。1週間~10日くらいで芽が出てくると思います。芽が出る気温は、28度くらいです。葉が2枚になったら、1ポット1本に間引きます。葉が4枚にになったら、苗の完成です。

こちらのゴーヤーの育て方のポイントもかなり参考になります♪

ゴーヤーの苗植え

まず、プランターに石を敷きます。この石はプランターの穴から土が流れ出るのを防ぎます。一度、プランターの半分くらいまで土を入れ、土に水分を含ませます。その後プランターの淵から2cmのところまで、土を入れ、もう一度水をあげます。

土にしっかり水を含ませたら、1つのプランターに2株等間隔に苗を植えます。苗の根元をしっかりと固定させて下さい。苗と土がなじむくらい水をあげます。

ゴーヤーの支柱立て

プランターの両脇と中央に立てます。株と平行になるように、真っ直ぐ立てて下さい。プランターと同じ幅のきゅうり用のネットを通します。ベランダの柵などに支柱を固定すると、風が強いにも安心です。3本の支柱を固定するために、上部に横棒を結びつけます。きゅうりネットをたらして支柱に結び、固定して完成です。

だらんと垂れている苗をネットに紐で結びます。結んだところより上のツルをきゅうりネットに巻きつけます。5枚葉がついたら、一番上の枝の先を摘みます。その横から出てくるわき芽という枝を育てていきます。

ゴーヤーの栽培時の注意点

育てているわき芽が2mになったら、その先の枝を摘み取って下さい。他のわき芽は、葉があまりにも多くなってしまったら、適度に摘み取って空間を作るようにして下さい。この時期に葉の色が薄くなったら、肥料を追加します。

雌花が咲いたら、受粉します。朝行って下さい。1つの雄花で3つの雌花に受粉可能です。受粉から15日~20日後くらいに、実が大きくなります。20cmくらいのゴーヤーが美味しいので、そのくらいを目安に収穫してください。全部でおおよそ2ヶ月半くらいの期間を要します。初心者でも比較的簡単に栽培できると思います。

pixta_herikusam

ヘリクリサムの育て方

このヘリクリサム、ホワイトフェアリーの一番の特徴は何といってもその触り心地です。ドライフラワーかと思うような花がたくさん...

pixta_sirotaegiku

シロタエギクの育て方

シロタエギクの原産地は、地中海に面した南ヨーロッパの海岸地帯です。現在ではイギリス(連合王国)南部を含むヨーロッパの広い...

pixta_soramame_01

そら豆の育て方

そら豆は祖先種ももともとの生息地も、まだはっきりしていません。 原産地についてはエジプト説、ペルシャ説、カスピ海南部説な...

pixta_himawari_01

ひまわりの育て方

ひまわりはきく科に属し、日輪草(ニチリンソウ)や日車(ヒグルマ)と言う別名を持ちこれは、ひまわりが日輪のように見えること...

pixta_yabuhebiitigo

ヤブヘビイチゴの育て方

分類としては、バラ科キジムシロ属の多年草ということですので、バラの親戚ということになりますが、確かにバラには刺があるとい...

pixta_manetteia

マネッティアの育て方

マネッティアの特長としては、花は濃いオレンジ色になっており強いオレンジ色というよりも、優しさにあふれる色になっているので...

pixta_matunonakama

マツの仲間の育て方

マツの仲間の特徴としては、環境や種類によって様々に異なってくるものの、マツ属に含まれるものは、基本的に木本であり、草本が...

pixta_mango

マンゴーの育て方

マンゴーは、ウルシ科のマンゴー属になります。マンゴーの利用ということでは、熟した果実を切って生のまま食べるということで、...

pixta_ryuunohige

リューノヒゲの実の育て方

別名ジャノヒゲとも呼ばれるのがリューノヒゲの実であり、国内での生息地は北から南にかけてで、山地の林などに生息し、原産地は...

pixta_fuirigetou

フイリゲットウ(Alpinia sanderae)の育て方

ニューギニアが原産や生息地です。フイリゲットウとはフイリとは斑入りという意味ですが、ゲットウという名前がついていてもゲッ...

pixta_hanamizuki

ハナミズキの育て方

ハナミズキは1912年に、当時の東京市がアメリカに桜を送...

pixta_dimorufoseka

ディモルフォセカの育...

ディモルフォセカは、南アフリカ原産のキク科の一年草で、日...

pixta_sidareume

しだれ梅の育て方

しだれ梅は原産が中国であり、古くから観賞用として親しまれ...

pixta_janohige

ジャノヒゲの育て方

ジャノヒゲはユリ科ジャノヒゲ属の多年草植物です。アジアが...