ベランダで出来るミニトマトの育て方

ベランダで出来るミニトマトの育て方

家庭菜園をはじめたいけど、畑や庭のない人もいると思います。そんな場合は、まずミニトマトかはじめてみませんか?ミニトマトならベランダくらいのちょっとしたスペースがあればできます。美味しい夏野菜のミニトマトの育て方を紹介します。

ミニトマトの育て方

まず、用意するものについてです。ミニトマトの種類を選びます。ミニトマトは結構品種が多いので自分の好みに合うものを選んでください。苗からの栽培でも種まきからでもどちらからはじめてもいいと思います。苗は茎が太くて虫がついていないものを選んでください。

プランターは、深さ15cmくらいのものを用意します。種からの場合は、横長のプランターに30cmくらの間をあけて植えてください。プランターの底のに敷く鉢底ネットと底敷石を用意してください。土の流出を防ぎます。プランターに合ったものを選んでください。

ホームセンターで野菜用の土を購入してください。育てていくうちに土が少なくなってきますので、少し多めに用意しておくといいと思います。 肥料があると、プランターという限られた中だと良く育ちます。有機肥料、化学肥料混合の家庭菜園用の肥料がお勧めです。

ミニトマトの支柱の立て方

ミニトマトには支柱も必要です。園芸用の緑色のもので十分です。次に実際の栽培方法についてです。まず、鉢底ネットをプランターの底に敷きます。その上に底敷石を敷きます。底穴からの土の流出を防ぐための作業です。その上に、買ってきた野菜用の土を入れます。

ミニトマトの栽培方法 種まき

苗の土をそのまま植えて、その上からプランターの土を1cmくらいかぶせます。その後に、十分な量の水をあげてください。ミニトマトの種まきは、土に深さ2cmくらいの穴をあけ、その中に種を入れます。種の間隔は30cmほど必要です。苗の場合と同様、十分水をあげてください。

後は毎日日当たりのよい場所において、水をあげます。あまりに暑い日や日がカンカンに照っているような時に水をあげると、苗が茹で上がってしまいますので注意してください。夏は日が落ちる夕方に水をあげるようにしてください。

ミニトマトの成長過程での注意点

ミニトマトはアブラムシがつきやすいです。ホームセンターに専用の胎児スプレーなども売っていますが、牛乳をスプレーすると効果があります。ある程度成長してきたら支柱を立てます。折れ曲がって葉に光が当たらないと成長の妨げになります。

真っ直ぐ成長するように誘引してください。そのくらいの時に植えつけの根元からわき芽が生えてきます。わき芽も苗の成長の妨げになるので、摘み取ってください。わき芽があると風通しが悪くなり、害虫が発生しやすくなるので、週に1回くらいのペースで摘み取るようにしてください。

またこの頃から肥料を追加してあげてください。実をつける時期にしっかり肥料をあげてください。後は実がなるのを待つのみです。青い実が真っ赤になったら摘み取って食べてください。自分で育てたものはとっても美味しいと思います。

pixta_tabako

タバコの育て方

特徴として、意外な事実では、このタバコはナス科の植物ということで、タバコ属の多年草ということだそうです。どう見てもタバコ...

pixta_kodatiseibegonia

木立ち性ベゴニアの育て方

木立ち性ベゴニアの科名は、シュウカイドウ科で属名は、シュウカイドウ属(ベゴニア属)になります。その他の名前は、キダチベゴ...

pixta_nezumimoti

植物栽培と育て方について

最近、植物の栽培が趣味として人気になっています。昔は植物を育てる趣味というのは、主に高齢者のものでした。その代表が盆栽で...

pixta_pentuia

ペンツィアの育て方

特徴としては、種類はキク科のペンツィア属になります。1年草として知られています。花が咲いたあとに種をつけて枯れますから次...

pixta_yamahagi

ヤマハギの育て方

植物の中には生息地が限られている物も珍しくありません。しかしヤマハギはそういった事がなく、日本全土の野山に自生しています...

pixta_kureome

クレオメの育て方

通常クレオメというとセイヨウフウチョウソウの種のことを言います。フウチョウソウ属とはフウチョウソウ科の属の1つで主な原産...

pixta_mousengoke

モウセンゴケの仲間の育て方

まずは種類としてはウツボカズラ目、モウセンゴケ科になります。その他の名前としてはドロセラがあります。コケとなっている名前...

zukkini_01

ズッキーニの育て方

アメリカ南部付近、メキシコあたりまでが生息地であり原産地ではないかといわれています。本格的に栽培が始るのがヨーロッパに入...

pixta_ginyouakasia

銀葉アカシアの育て方

まず歴史的にもミモザという植物は、本来は銀葉アカシアなどの植物とは違う植物です。もともとミモザとはオジギソウの植物のこと...

pixta_kibusi

キブシの育て方

キブシは日本の自然の中では、山の中でよく見られる木ですが3メートルから5メートルぐらいまで成長するということで、山の中の...

スポンサーリンク

pixta_rubapu

ルバープの育て方と注...

ルバープは和名をショクヨウダイオウといい、シベリア南部地...

pixta_mizuaoi

ミズアオイの育て方

かつてはこのように水辺に育っている植物を水菜ということで...

pixta_mizunakyouna

ミズナ(キョウナ)の...

ミズナは関西では”ミズナ”、京都では”キョウナ”と呼ばれ...

pixta_dinemapori

ディネマ・ポリブルボ...

ディネマ・ポリブルボンは、中南アメリカ原産の小型のランで...