ニンジンの上手な育て方について

ニンジンの上手な育て方について

ニンジンは、春まきと夏まきとがあるのですが、夏以降から育てるニンジンは、春に比べると害虫被害が少なく育てやすいので、初心者の方には、夏まきをおすすめします。

ニンジンの特徴

ニンジンは、春まきと夏まきとがあるのですが、夏以降から育てるニンジンは、春に比べると害虫被害が少なく育てやすいので、初心者の方には、夏まきをおすすめします。

ニンジンには、カロチン・ビタミンC・カルシウム・食物繊維などが含まれており、特に、ビタミンA(カロチン)の王様といわれるくらい、カロチンを多く含む健康野菜です。ここでは、そのニンジンの育て方について、ご紹介します。

こちらの人参の育て方は詳細に記載していて凄く参考になります♪

ニンジンの育て方

ニンジンは、家庭菜園でも人気の野菜であり、種類も豊富です。ホームセンターでは、さまざまな品種の種が売られています。育てやすい品種は、「向陽二号」「ベターリッチ」「夏蒔鮮紅五寸」「陽明五寸」「黒田五寸」であり、ベランダの栽培には、「ピッコロ」というミニニンジンをおすすめします。

ニンジンの苗は移植ができませんので、種を畑に直接まいて育てます。ニンジンの種まきは、棒などで蒔き溝を作り1cm間隔で植え付けます。条間は20cm以上あけて植えましょう。

畝で栽培する場合には、条間20cm~30cmで2条にして筋蒔きしましょう。ニンジンの種は非常に小さいので、種がコーティングされている「ペレット種子」を利用すると、植えやすいのでおすすめします。

種を植えた後は、用土をかぶせるのですが、ニンジンは発芽するために光を必要としますので、用土をあまり深くかぶせないように気をつけましょう。用土をかけ過ぎると、発芽しない場合があります。

ニンジンの栽培時の注意点

また。水やりの時に、種が流れ出ることを防ぐために、用土の表面を軽くおさえておきましょう。また、発芽するまでは、たっぷりと水を与えましょう。十分に水やりを行なった後は、新聞紙などを用土の上にかぶせて、種が乾燥しないようにします。発芽した後は、すぐに新聞紙を取り除きましょう。

ニンジンの間引きは、全部で3回行います。1回目の間引きは、本葉が1枚~2枚になった頃で、その頃の株間は2cm程度とします。2回目の間引きは、本葉が3枚~4枚になった頃に行ない、株間を3cm~4cm間隔にしましょう。良く生育した株を残すようにしましょう。

3回目に間引きは、本葉が5枚~6枚になった頃に行ない、1本立てにします。株間を10cm程度確保するように、不要な苗を根元から抜き取ってしまいましょう。2回目と3回目の間引きの後には、追肥と土寄せを行いましょう。

ニンジンは、他の野菜に比べると、与える肥料の量が多いために、雑草がよく生えます。雑草をそのままにしておくと、苗の成長が阻害されますので、雑草が生えたら早めに除草しましょう。ニンジンの収穫日数は、品種にっよってさまざまなのですが、収穫時期の目安については、用土から出ている根の部分が、4cm~5cmになった時となります。

野菜の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ニンジンの育て方

pixta_aroe

アロエの育て方

日本でも薬草として人気のあるアロエはアフリカ大陸南部からマダガスカルが原産地とされており、現在ではアメリカのテキサス州や...

pixta_prbango

プルンバゴの育て方

プルンバゴは、イソマツ科、ルリマツリ属(プルンバゴ属)となります。また、和名は、ルリマツリなどと呼ばれています。プルンバ...

pixta_karatea

カラテア(Calathea ssp.)の育て方

カラテアの名前はギリシャ語のかごという意味があるカラトスが由来となっています。これは南アメリカの先住民達がカラテアの葉を...

pixta_dioskorea

ディオスコレアの育て方

観葉植物として栽培され、日本でも人気を集めているのがディオスコレアであり、特に普及しているのがディオスコレアエレファンテ...

pixta_riefretasu

リーフレタスの育て方

紀元前6世紀にはペルシャ王の食卓に供されたというレタスですが野菜としての歴史は非常に古く、4500年前のエジプトの壁画に...

pixta_hagoromojasumin

ハゴロモジャスミンの育て方

ハゴロモジャスミンの原産地は中国雲南省ですが、現在では外来種としてニュージーランドやアーストラリアなども生息地となってい...

pixta_benkeisou

ベンケイソウの育て方

ベンケイソウは北半球の温帯や亜熱帯が原産の植物です。ベンケイソウ科の植物の種類は大変多く、またその種類によって育て方は多...

pixta_rinaria

リナリアの育て方

リナリアの名前の由来は生物学者だったリンネが提唱していた一つ一つの生物につけられた名前で、ギリシャ語でアマという意味があ...

pixta_erose

植物栽培の楽しみ方について。

私たちは、身近に植物が生息しているのを知っています。いわゆる雑草は、育て方を教えなくても、年から年中、切っても切っても生...

pixta_sawagikyou

洋種サワギキョウの育て方

キキョウは日本で古くから好まれている花の一つです。生息地としては日本だけではなくて中国大陸や朝鮮半島などで、この地域が原...

スポンサーリンク

pixta_pakira

上手な植物の栽培方法

私たちが普段生活している場所では、意識しないうちに何か殺...

pixta_momiji

モミジの育て方

モミジは日本人に古くから愛されてきた植物です。色づいたこ...

pixta_rubabu111

ルバーブの育て方

ルバーブはタデ科カラダイオウ属に分類されている、シベリア...

pixta_kobaikesou

コバイケイソウの育て...

この植物は日本の固有種ということですので、原産地も生息地...