ニンジンの上手な育て方について

ニンジンの上手な育て方について

ニンジンは、春まきと夏まきとがあるのですが、夏以降から育てるニンジンは、春に比べると害虫被害が少なく育てやすいので、初心者の方には、夏まきをおすすめします。

ニンジンの特徴

ニンジンは、春まきと夏まきとがあるのですが、夏以降から育てるニンジンは、春に比べると害虫被害が少なく育てやすいので、初心者の方には、夏まきをおすすめします。

ニンジンには、カロチン・ビタミンC・カルシウム・食物繊維などが含まれており、特に、ビタミンA(カロチン)の王様といわれるくらい、カロチンを多く含む健康野菜です。ここでは、そのニンジンの育て方について、ご紹介します。

こちらの人参の育て方は詳細に記載していて凄く参考になります♪

ニンジンの育て方

ニンジンは、家庭菜園でも人気の野菜であり、種類も豊富です。ホームセンターでは、さまざまな品種の種が売られています。育てやすい品種は、「向陽二号」「ベターリッチ」「夏蒔鮮紅五寸」「陽明五寸」「黒田五寸」であり、ベランダの栽培には、「ピッコロ」というミニニンジンをおすすめします。

ニンジンの苗は移植ができませんので、種を畑に直接まいて育てます。ニンジンの種まきは、棒などで蒔き溝を作り1cm間隔で植え付けます。条間は20cm以上あけて植えましょう。

畝で栽培する場合には、条間20cm~30cmで2条にして筋蒔きしましょう。ニンジンの種は非常に小さいので、種がコーティングされている「ペレット種子」を利用すると、植えやすいのでおすすめします。

種を植えた後は、用土をかぶせるのですが、ニンジンは発芽するために光を必要としますので、用土をあまり深くかぶせないように気をつけましょう。用土をかけ過ぎると、発芽しない場合があります。

ニンジンの栽培時の注意点

また。水やりの時に、種が流れ出ることを防ぐために、用土の表面を軽くおさえておきましょう。また、発芽するまでは、たっぷりと水を与えましょう。十分に水やりを行なった後は、新聞紙などを用土の上にかぶせて、種が乾燥しないようにします。発芽した後は、すぐに新聞紙を取り除きましょう。

ニンジンの間引きは、全部で3回行います。1回目の間引きは、本葉が1枚~2枚になった頃で、その頃の株間は2cm程度とします。2回目の間引きは、本葉が3枚~4枚になった頃に行ない、株間を3cm~4cm間隔にしましょう。良く生育した株を残すようにしましょう。

3回目に間引きは、本葉が5枚~6枚になった頃に行ない、1本立てにします。株間を10cm程度確保するように、不要な苗を根元から抜き取ってしまいましょう。2回目と3回目の間引きの後には、追肥と土寄せを行いましょう。

ニンジンは、他の野菜に比べると、与える肥料の量が多いために、雑草がよく生えます。雑草をそのままにしておくと、苗の成長が阻害されますので、雑草が生えたら早めに除草しましょう。ニンジンの収穫日数は、品種にっよってさまざまなのですが、収穫時期の目安については、用土から出ている根の部分が、4cm~5cmになった時となります。

野菜の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ニンジンの育て方

pixta_nouzenkazura

ノウゼンカズラの育て方

ノウゼンカズラの歴史は古く、中国の中・南部が原産の生息地です。日本に入ってきたのは平安時代で、この頃には薬用植物として使...

pixta_rakkasei_02

落花生の育て方

落花生は、豆科植物で生息地は、南アメリカ・アンデス山脈の東側が原産といわれています。ここから南米各地に広まりコロンブスの...

SONY DSC

リューココリネの育て方

分類としてはヒガンバナ科になります。ユリ科で分類されることもあります。ユリのようにしっとりとしているようにも見えます。園...

pixta_wata

ワタ(綿)の育て方

その後インドでは、この植物の栽培が盛んになり、それは最近まで続いていたということですが、世界に広がったのは意外に遅く、ア...

pixta_benibanatumekusa

ベニバナツメクサの育て方

ベニバナツメクサの一番の特徴は、鮮やかな赤色の花です。成長すると茎はまっすぐに伸び、赤い小さな花がまっすぐな茎の先に、円...

pixta_satoimo

サトイモの育て方

サトイモの原産地はインド東部からインドシナ半島にかけてだと考えられています。少なくともインドでは紀元前3000年ごろには...

pixta_fujibakama

フジバカマの育て方

フジバカマはキク科の植物で、キク科の祖先は3,500万年前に南米に現れたと考えられています。人類が地上に現れるよりもずっ...

pixta_yukomis

ユーコミスの育て方

この花はユリ科に属します。その他にキジカクシ科に属するとの考えもあります。更にヒアシンス科としていることもあります。園芸...

pixta_faseria

ファセリアの育て方

ファセリアはハゼリソウ科の植物で双子葉植物として分類されていて280種ほどが世界中で栽培されていて、南北アメリカ大陸を生...

pixta_minimeron

メロンの育て方

園芸分野では実を食用とする野菜、「果菜」とされています。青果市場での取り扱いや、栄養学上の分類では果物や果実に分類されて...

スポンサーリンク

pixta_turubara

バラ(つるバラ)の育...

バラの種類は、かなりたくさんありますが一般的には世界で約...

pixta_seiyouiwanannten

セイヨウイワナンテン...

セイヨウイワナンテンはツツジ科の常緑低木で北アメリカが主...

pixta_nerine

ネリネの育て方

ネリネという名前の由来はギリシア神話の海の女神であるネレ...

pixta_kaneshon

いろんなものを栽培す...

趣味としてのガーデニングについては本当に多くの人が注目し...