ニンジンの上手な育て方について

ニンジンの上手な育て方について

ニンジンは、春まきと夏まきとがあるのですが、夏以降から育てるニンジンは、春に比べると害虫被害が少なく育てやすいので、初心者の方には、夏まきをおすすめします。

ニンジンの特徴

ニンジンは、春まきと夏まきとがあるのですが、夏以降から育てるニンジンは、春に比べると害虫被害が少なく育てやすいので、初心者の方には、夏まきをおすすめします。

ニンジンには、カロチン・ビタミンC・カルシウム・食物繊維などが含まれており、特に、ビタミンA(カロチン)の王様といわれるくらい、カロチンを多く含む健康野菜です。ここでは、そのニンジンの育て方について、ご紹介します。

こちらの人参の育て方は詳細に記載していて凄く参考になります♪

ニンジンの育て方

ニンジンは、家庭菜園でも人気の野菜であり、種類も豊富です。ホームセンターでは、さまざまな品種の種が売られています。育てやすい品種は、「向陽二号」「ベターリッチ」「夏蒔鮮紅五寸」「陽明五寸」「黒田五寸」であり、ベランダの栽培には、「ピッコロ」というミニニンジンをおすすめします。

ニンジンの苗は移植ができませんので、種を畑に直接まいて育てます。ニンジンの種まきは、棒などで蒔き溝を作り1cm間隔で植え付けます。条間は20cm以上あけて植えましょう。

畝で栽培する場合には、条間20cm~30cmで2条にして筋蒔きしましょう。ニンジンの種は非常に小さいので、種がコーティングされている「ペレット種子」を利用すると、植えやすいのでおすすめします。

種を植えた後は、用土をかぶせるのですが、ニンジンは発芽するために光を必要としますので、用土をあまり深くかぶせないように気をつけましょう。用土をかけ過ぎると、発芽しない場合があります。

ニンジンの栽培時の注意点

また。水やりの時に、種が流れ出ることを防ぐために、用土の表面を軽くおさえておきましょう。また、発芽するまでは、たっぷりと水を与えましょう。十分に水やりを行なった後は、新聞紙などを用土の上にかぶせて、種が乾燥しないようにします。発芽した後は、すぐに新聞紙を取り除きましょう。

ニンジンの間引きは、全部で3回行います。1回目の間引きは、本葉が1枚~2枚になった頃で、その頃の株間は2cm程度とします。2回目の間引きは、本葉が3枚~4枚になった頃に行ない、株間を3cm~4cm間隔にしましょう。良く生育した株を残すようにしましょう。

3回目に間引きは、本葉が5枚~6枚になった頃に行ない、1本立てにします。株間を10cm程度確保するように、不要な苗を根元から抜き取ってしまいましょう。2回目と3回目の間引きの後には、追肥と土寄せを行いましょう。

ニンジンは、他の野菜に比べると、与える肥料の量が多いために、雑草がよく生えます。雑草をそのままにしておくと、苗の成長が阻害されますので、雑草が生えたら早めに除草しましょう。ニンジンの収穫日数は、品種にっよってさまざまなのですが、収穫時期の目安については、用土から出ている根の部分が、4cm~5cmになった時となります。

野菜の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ニンジンの育て方

pixta_tantyousou

タンチョウソウの育て方

タンチョウソウは別名で岩八手といいます。中国東部から朝鮮半島が原産地です。生息地は低山から山地で、川岸の岩の上や川沿いの...

pixta_piiman_01

ピーマンの栽培や育て方、トウモロコシの種まきと育て方

トウガラシのなかの一つで甘味料のある緑果をピーマンと呼んでいます。ピーマンの種まき時期は5月中旬頃でナスと同じ時期です。...

pixta_konagi

コナギの育て方

コナギと人間の歴史は大変古くからあります。特に日本人をはじめ、アジア諸国と古くかかわりを持ってきた植物といえるでしょう。...

pixta_turubara

バラ(つるバラ)の育て方

バラの種類は、かなりたくさんありますが一般的には世界で約120種類あると言われています。記録によれば、古代ギリシアの時代...

pixta_saineria

サイネリアの育て方

サイネリアはキク科植物の一つで、カナリア諸島が原産のものだと考えられています。かつては「シネラリア」とも言われていたそう...

pixta_kanaoi

カンアオイの育て方

カンアオイは、ウマノスズクサ目ウマノスズクサ科カンアオイ属に属する植物です。日本名は「寒葵」と書かれ、関東葵と呼ばれるこ...

pixta_asagao

アサガオの育て方について

アサガオの栽培場所については、アサガオは生育に強い光を必要とするために、南向きの日当たりの良い場所が適しています。半日日...

pixta_epidendoram

エピデンドラムの育て方

エピデンドラムはラン科の植物であり、日本においては観葉植物としてその地位を安定させています。この植物の本来の生息地はメキ...

pixta_ipomea

イポメアの育て方

ヒルガオ科サツマイモ属の植物です。一般的にはサツマイモの名前で知られています。原産地には諸説あり、アフリカ、アジア、メキ...

pixta_beronika

ベロニカの育て方

特徴として何の種類かですが、シソ類、シソ目、オオバコ科となっています。ルリトラノオ属に該当するともなっています。多年草と...

pixta_sistas

シスタスの育て方

シスタスは、ロックローズとも呼ばれる花になります。大変小...

pixta_sidarusea

シダルセアの育て方

シダルセアは、北アメリカ中部、北アメリカ西部が原産国です...

pixta_yamabukisou

ヤマブキソウの育て方

特徴としては多年草であることが挙げられます。根がついてい...

pixta_nekonohige

ネコノヒゲの育て方

このネコノヒゲの特徴は、何と言ってもピンと上を向いた猫の...