ハスカップの育て方

ハスカップの育て方

ハスカップは青紫色の実をつける植物で、スイカズラ科スイカズラ属です。落葉低木と言う事からも、庭木など観賞用で育てたいと言う人も多いのですが、果実は食用でもあり、ビタミンCを初めとするアントシアニンやカルシウムなどが豊富に含まれています。

ハスカップの育てる環境について

ハスカップを育てる環境に必要な事の一つに気圧が有ります。北海道内においては栽培が進められているものの、本州においては高山植物として知られており、高地での栽培は可能なものの、標高が低い場所での栽培は困難だと言います。高山植物はある程度の標高差と気圧が必要であり、

北海道の場合は本州と比べると低い場所でも高山植物が生息する事からもハスカップの栽培に向いている環境を持つと言います。因みに、ハスカップは北海道のお土産品としても有名な植物で、そのお土産品の大半は加工品です。果実は熟すことで鮮やかな青紫色になりますが、

生の果実と言うのは徐々に果肉および皮部分が柔らかくなってしまい、中から液などが溶けだしてしまい流通が難しいと言われており、その大半は加工品として利用されているのです。但し、最近は冷凍技術が進化しており、果実を冷凍した形で本州などに流通する事も可能になっていると言います。

尚、ハスカップの育てる環境と言うのは、日当たりが良く、水はけが良い環境を好む事、そして暑さに弱いため、東北以北での地域で栽培が可能になると言います。但し、暖地においても夏場などに寒冷紗で遮光をする事で夏越し対策が出来るため、

育てられないと言う事ではありません。また、樹木の高さは1m~2mになるため、ある程度のスペースの確保は必要です。尚、ハスカップは自家結実性が低い事からも、受粉樹を促してくれる他品種の混植が必要だと言われています。

種付けや水やり、肥料について

ハスカップの育て方のポイントは日当たりが良い場所を選ぶ事、水はけが良く、周りに遮るものが無い場所を選ぶ事がポイントとなりますが、土壌においては酸性土壌を好むと言う特徴を十分配慮する事が大切です。また、ハスカップは苗木を購入して栽培をすることで成功率を高める事が可能であり、

苗木は通販サイトなどを利用する事で入手が可能です。尚、一般的な園芸ショップなどでも入手が出来る所も有りますが、諸条件が難しいことからも、通販サイトで購入するのがお勧めです。苗木の植え付けと言うのは、12月から翌年の3月の間に行い、

ブルーベリーなどと同じく酸性土壌を好む事からも、土にピートモスと言ったものを加えて良く耕して畑づくりを行うのがコツです。また、苗木を植え付ける1か月ほど前には有機質肥料を与え、苗木を植えた翌年の2月の中旬頃には即効性を持つ化成肥料を与えて上げる事で果実の付きが良くなります。

尚、肥料の中に窒素分が多く含まれていると果実の実りが悪くなるので注意が必要です。剪定については12月から2月頃に行うのがコツであり、上手に剪定を行う事で一つの果実に栄養が行きわたるようになります。込み合った部分にある枝を間引いてあげて、

樹木内部に太陽の光が当たるように剪定を行います。尚、苗木を植えてから4~5年経過すると、株元部分から枝が出てくるので、これを間引いてあげます。また、果実が鮮やかな青紫色になったら、柔らかい物を選んで収穫を行います。

ハスカップの増やし方や害虫について

ハスカップは5月の中旬から9月頃にかけて葉が生えている状態になりますが、秋口に入ると葉は枯れ落ちて行くと言う落葉樹です。しかし、3月頃から4月頃に入ると葉は生えだしてきて、成長期に入ることで芽吹いて育ちます。植え付け時期は3月や12月と言った時期を選ぶ事、

整枝剪定は12月から2月にかけて、肥料については2月と11月頃を目安にして管理をしていきます。また、階下時期は4月頃であり、その後に収穫時期を迎えるため、開花の量に応じて実る数も変わります。因みに、ハスカップはブルーベリーと同じく酸性土壌を好む植物であり、

この土壌により酸味が在る果実を作り出すことが出来ます。最近は品種が改良された甘く育つものもあり、熟すことでその甘みが高くなるとも言われています。尚、植物は芽吹くことで様々な害虫との戦いが始まります。これはハスカップにおいても例外ではなく、

春から初夏にかけてはアブラムシが発生しやすくなるため、木の状態を観察しながらアブラムシが発生している場合などでは殺虫剤を散布して除去していきます。また、夏になると毛虫が葉などについてきますが、葉の裏側などにも付いてくるので、表面だけではなく葉を裏がして確認をします。

毛虫類についても殺虫剤を散布して防除が大切で、そのままにしておくと葉を全て食べつくしてしまう事も在るので注意が必要です。これ以外にも、コガネムシ類の成虫が若木の状態の葉を食い尽くしてしまったり、根を食害する事も在ります。根を食害するのは主に幼虫であり早目に処置を行っておくことで成虫の被害を少なくすることが出来ます。

ハスカップの歴史

ハスカップは青紫色の実をつける植物で、スイカズラ科スイカズラ属です。落葉低木と言う事からも、庭木など観賞用で育てたいと言う人も多いのですが、果実は食用でもあり、ビタミンCを初めとするアントシアニンやカルシウムなどが豊富に含まれています。

因みに、ハスカップの和名と言うのは「黒実鶯神楽」別名クロミノウグイスカグラもしくはクロミノウグイスカズラと言いますが、これらはツル性の植物の名称であり、ハスカップはツル性の植物ではないため、適切ではないと言われています。ハスカップはアイヌ語が由来であると言われているのですが、

果実は不老長寿の秘薬などと言われています。因みに、北海道の苫小牧市などでは市の花にしており、苫小牧市では「ゆのみ」と呼んでいます。主な生息地は北海道などであり、北海道の西部地域の苫小牧市を中心とする平野でもある勇払平野などが主な生息地および、

原産と言われており、勇払平野には、バードサンクチュアリ、ラムサール条約などに登録が行われているウトナイ湖が有り、ウトナイ湖には多くの野鳥が訪れると言われており、野鳥観察のメッカにもなっています。また、この周辺にはハスカップが多く自生しており、

野鳥などにより果実は食べられていると言います。因みに、苫小牧市の中では自生だけでは無く栽培も行われているのですが、北海道内においては苫小牧市以外の地域でも栽培が行われており、北海道の代表する果実の一つと言われています。

ハスカップの特徴

ハスカップの木との樹皮は、薄く折り重なったような形をしており、初夏になると白い花を咲かせます。花が落ちた後には果実が作り出されますが、最初は黄緑色をした硬い果皮に包まれており、これが熟すことで青紫色の鮮やかな色に変化すると言う特徴を持ちます。

北海道の苫小牧市の中にある勇払原野に自生するものが多く在りますが、自生する物はこの平野の中にあるウトナイ湖に集まる野鳥の餌として食されていると言います。また、北海道内では様々な地域で栽培が行われていますが、野生種のハスカップの実は酸味が強く甘味が無いと言います。

これはやせた土壌の中では酸味が強くなると言う事でもあるのですが、果実にはビタミンCなどの栄養がたっぷりと含まれており、北海道の中では様々な加工品が作られています。尚、主に栽培されているのは北海道の中となり、本州以南においても生息はしていますが、

高山植物として認知されている植物でもあるのです。高山植物と言うのは高地に生息する植物であり、2000m以上の山岳地帯に咲く高山植物などを思い浮かべる人も多いものです。しかし、高山植物は山の標高差だけではなく気圧との関係が高く、同じ種類の高山植物が、

本州では2000mを超えないと生息しないものが、北海道の山では1000mほどの標高の場所に生息するケースも多くあり、ハスカップにおいても苫小牧市などの比較的低い場所に生息する植物も、本州にいくと数千メートルの標高の山に生息すると言う特徴も有ります。

庭木の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:カラント類の育て方
タイトル:タニウツギの育て方
タイトル:カツラの育て方
タイトル:イチゴノキの育て方
タイトル:フクシアの育て方

pixta_onibasu

オニバスの育て方

本州、四国、九州の湖沼や河川を生息地とするスイレン科オニバス属の一年生の水草です。学名をEuryaleferoxと言いま...

pixta_saineria

サイネリアの育て方

サイネリアはキク科植物の一つで、カナリア諸島が原産のものだと考えられています。かつては「シネラリア」とも言われていたそう...

pixta_hosuradexishu

ホースラディッシュの育て方

アブラナ科セイヨウワサビ属として近年食文化においても知名度を誇るのが、ホースラディッシュです。東ヨーロッパが原産地とされ...

pixta_sirodamo

シロダモの育て方

現在に至るまでに木材としても広く利用されています。クスノキ科のシロダモ属に分類されています。原産や分布地は本州や四国や九...

pixta_gabera

ガーベラの育て方

ガーベラの歴史は比較的新しく、原産地は南アフリカで、元々自生していたキクの一種をイギリス人の植物採集家ジェイムソンらが本...

pixta_naganegi_01

長ねぎの育て方

長ねぎの他、一般的なねぎの原産地は中国西部あるいはシベリア南部のアルタイル地方を生息地にしていたのではないかといわれてい...

pixta_alissam

アリッサムの育て方

アリッサムはミヤマナズナ属のアブラナ科の植物で、日本で一般的にアリッサムと呼ばれているものはニワナズナなので、かつてはミ...

pixta_saboten

サボテンやアロエなどの多肉植物の育て方

多肉植物は、葉や茎に水分を蓄えることのできる植物です。サボテン科、アロエ科、ハマミズ科、ベンケイソウ科など様々な種類があ...

pixta_pikaransa

ピラカンサの育て方

ピラカンサは英名でファイアーソーンといいます。バラ科トキワサンザシ科です。ラテン語のままでピラカンサとされている場合もあ...

pixta_turumurasaki

ツルムラサキの育て方

ツルムラサキがどこに自生していたのかというのは、詳しくは分かっていないのですが、熱帯地域が原産だろうと考えられています。...

スポンサーリンク

pixta_osmokisiron

オスモキシロンの育て...

オスモキシロンは東南アジア地域を原産とする植物であり、フ...

pixta_pakira

パキラ(Pachir...

パキラはアオイ科で、原産や生息地は中南米です。現在は観葉...

pixta_maranta

マランタの育て方

こちらの植物においては、クズウコン科、クズウコン属となっ...

pixta_sinenesuepisodo

シネンシス・エピソー...

シネンシス・エピソードがきんぽうげ科ヒエンソウ属というこ...