キュウリの育て方のポイント

キュウリの育て方のポイント

水分を豊富に含むキュウリは、原産地はインドやヒマラヤであり、そのあたりが生息地と考えられています。栽培されていたのは、さかのぼること、すでに3千年以上も前からです。

キュウリの育てる環境について

キュウリの野菜は、明るく暖かい日当たりが大好きです。また、湿潤地を好 む傾向にあります。明るい日差しに、程よい水分のある場所で、元気にスクスクと成長をしていきます。ただ、根の部分は浅いですから、乾燥することに対しては強いとは言えません。

温かいお日様の光は好きですが、あまりにも温度が高すぎても、育つには大変です。妃乃ひかりを好みながら、冷涼な気候も好みという野菜です。 キュウリを生育する適温は、18℃から28℃いなります。夏のシーズンに、たくさん実をつけますが、気温が高すぎるのはマイナスです。

28℃までなら、スクスクと伸びて、実もたわわに付けてくれますが、これが30℃を超える暑さになると、生育はグッと悪くなってきます。適温を心がけ、水分も肥料も適切料を与えていけば、収穫真っ盛りのシーズンには、毎日のように美味しいキュウリが、豊富に収穫することができます。

1本の苗から収穫できる本数としては、100本位が目標といったところでしょう。この野菜は冷涼な気候で快適に育つ植物ではありますが、霜には非常に弱いといった一面も持っています。温度が暑すぎるのも苦手ですが、低いのもよくありません。

温度が10℃から12℃よりも下回ってしまうと、 生育をしないという状態になっていきます。育ててみるとわかりますが、発芽をしてから収穫までの期間は、果菜類においても、とても短いです。収穫までの期間は、だいたい60日ぐらいですから、適期にはサクサクと実の収穫をすることです。

キュウリの種付けや水やり、肥料について

キュウリの種付けをしたり、植え付けをしたりする時期というのは、活動しやすくなる4月上旬から、夏真っ盛りの7月下旬くらいです。日本列島は暖かさが違いますから、地域として寒い場所は6月からでです。逆に暖かい地域であれば、植え付けは4月上旬からです。

種付をするときには、株との間隔は、だいたい40cmくらいあけましょう。1箇所には、種をだいたい3粒蒔きます。種付けをたら、その上から覆土をしておきます。1cmくら いで構いません。覆土することで、感想からも守ることになります。わらを敷いておくことで、土が跳ね返るのを防ぐことにもなります。

かん水は、十分に行いましょう。時間が経過して発芽してきたら、間引きをします。1箇所には、2本くらいで育てていきます。初めての野菜作りで、トライしやすい種類ではありますが、種から育てるのはハードルが高めです。最初から畑ではなく、種からでお、最初はプランターで苗を育てて、

次のステップで畑へ移動する方が、育て方としても成功率はアップします。育てるに当たり、株を大きくするためにも、2回から3回くらいは肥料を追加してあげましょう。1度目の追肥のときには、軽く株周りに蒔きます。肥料と土とを上手に混ぜ合わせるようにするとよいです。

2度目 からは、畝の片の部分に肥料を蒔いていきます。そして、土をうまく被せるようにすることです。肥料も1回で大量を与えるのではなく、なんかいかに小分けしてあげたほうが、野菜への効果も良いものとなります。土は白っぽくなったら、水はたっぷりと上げることです。

キュウリの増やし方や害虫について

美味しいキュウリは、害虫対策にも余念がありません。キュウリにつきやすい害虫は、いくつかの種類があります。サイズが0.6cmから1cmくらいの、赤茶色や黄色の甲虫はウリハムシです。ウリ科の植物にはおなじみであり、ウリ科の早や葉っぱが大好きです。

葉っぱを円弧状に食べていき、葉っぱに穴を開けてしまうのが成虫です。大量に発生しやすいのは、時期的にも5月から8月 あたりです。野菜類や花など、あらゆる植物に登場するアブラムシはも、天敵のひとつととらえます。群生する昆虫であり、1mmから4mmほどのボディサイズですから、とても小さいです。

群生する昆虫であるため、野菜についてしまうと、野菜の養分はどんどん吸収されてしまい、成長もストップします。栄養が行き渡らず枯死していきます。この虫の泄物に菌が発生するため、葉っぱの色も黒ずみはじめます。害虫予防の対策法ですが、ウリハムシは、

見つけたらその度に消去させます。発生初期に先回りで、有機リン系殺虫剤を植物に散布することで、被害が広がるのをセーブできます。アブラムシも、薬剤を散布します。水を思い切りかけて洗い流したり、防虫ネットを使うなど方法があります。

キュウリは、育 てる段階のひと手間で、週買う量を増やすことが可能です。ツルが伸びてきたら1週間に1度くらいでネットなどに誘引し、草丈が1mくらいになれば、わき芽を摘み取ります。親ヅルの先端を摘心することで、子ヅルの成長がもくなりますから、収穫量も増えます。

キュウリの歴史

水分を豊富に含むキュウリは、原産地はインドやヒマラヤであり、そのあたりが生息地と考えられています。栽培されていたのは、さかのぼること、すでに3千年以上も前からです。古い歴史を持つ野菜の育て方が日本に伝わってきたのは、6世紀頃だと言われています。

中国から伝わってきたものです。日本国内での栽培が、本格的にスタートしたのは、伝わってから随分とあとにあり、17世紀以降のことになります。昔の武士は、カットした切り口の形が、葵の御紋のようにも見えるために、口にはしなかったとも言われています。

恐れ多いという気持ちがあったためです。そんな高貴なイメージも持たれていた野菜は、時代を経て、現代の日本では最もポピュラーな野菜として認識されるまでになっています。 恐れ多いどころか、馴染みある野菜で、冷蔵庫にも入っている食材です。

江戸時代までの話では、あまり人気は高くなかっらとも言われています。今では食べて美味しいと感じるキュウリですが、これは長い年月をかけて、品種改良されたことも手伝っています。それまでは、苦味の強さも目立っていたようです。入ってきた当時は、中国式の食べ方を真似していました。

青々したうちが美味しいものであうが、完熟させて黄色い色になってから食べたために、食べれば食感だって良いはずはありません。苦くて歯ごたえも良くないけれど、水分を摂取するために食べていたようなものです。それが今では、冷やしてそのまま食べても美味しい、とまでなっています。

キュウリの特徴

キュウリの大き な特徴は、豊富な水分量です。数ある野菜類や、フルーツなどと比べても、たっぷりの水分を含んでいる野菜です。 ほとんどが水分であることから、栄養価であったり、糖度としては少ないものの、あまりクセもなく、さっぱりとしている食材としても重宝されています。

シャキシャキしていて水分が多く、特別なクセもないため、食材としても使いやすさがあります。伝わってきた中国の中国料理はもちろんのこと、日本においてキュウリの漬物ファンは、たくさんいます。和食にも良いですし、洋食でも会いますし、

様々な料理レシピに引っ張りだこの、取り扱いしやすい野菜です。水分を多く含みますが、カリウムも豊富ですし、ビタミンAも含んでいます。これらは利尿作用があり、体内のコンディションを調整するのにも役に立ちます。ほかにも栄養素を含んでいて、マグネシウムや亜鉛などの、

ミネラル成分も含んでい ます。消化不良を改善したり、体のだるさを軽減するためにも作用します。真夏は食欲もダウンしますが、この野菜を食べることで、食欲増進効果も期待できますし、食欲があるため夏バテ対策にも一役買ってくれます。女性には嬉しい、カロリーの低さも魅力的なものです。

きゅうりぽナタリのカロリーは、ほとんどが水分であるため、約14キロカロリーと控えめなものです。低カロリーな野菜ですから、ダイエットにも最適と言えます。栄養素にはホスホリパーゼを含んでいて、これが脂肪分解のための酵素を、密かに持っています。さらに、ダイエット効果が期待できるという野菜です。

pixta_touhi

トウヒの仲間の育て方

トウヒはマツ科に属する樹木であり、漢字で表すと唐檜と書き表されます。漢字の由来から日本には、飛鳥時代~平安時代現在の中国...

pixta_kurukuma

クルクマの育て方

クルクマは歴史の古い植物です。原産としての生息地がどこなのかが分かっていないのは、歴史が古すぎるからだと言えるでしょう。...

pixta_yatorofa

ヤトロファの育て方

特徴としては、被子植物、真正双子葉類に該当します。バラ類、キントラノオ目、トウダイグサ科、ハズ亜科となっています。油の原...

pixta_ramium

ラミウムの育て方

ラミウムは、シソ科、オドリコソウ属(ラミウム属)になります。和名は、オドリコソウ(踊子草) と呼ばれています。ラミウムは...

pixta_bara03

バラの鉢植えでの育て方のコツ

植物の栽培を趣味にしている人は多いですが、そういった人でもちょっとハードルが高く感じてしまうのがバラです。ミニバラを育て...

pixta_bazil_01

ハーブを種から巻いて大きくしよう

ハーブは日本語で香草といい、ハーブの種類によって香りの高いものなど様々あります。料理やハーブティーに使えてとても利用効果...

pixta_marygold_01

マリーゴールドの育て方

マリーゴールドはキク科の花でキンセンカとも言われていて、学名はカレンデュラといいます。シェークスピアの作品にも出てくる花...

pixta_tokiwasanzasi

トキワサンザシの育て方

真赤な赤い実と濃い緑の葉を豊かに実らせるトキワサンザシは、バラ科の植物で、トキワサンザシ属です。学名をPyracanth...

pixta_asrutibe

アスチルベの育て方

アスチルベの歴史は比較的浅く、ドイツで品種改良された園芸種ですが日本にも自生しているので古くから親しまれてきました。日本...

pixta_hetima

初心者でもできる、へちまの育て方

へちま水や、へちまたわし等、小学校の時にだいたいの方はへちまの栽培をしたことがあると思います。最近は夏の日除け、室温対策...

スポンサーリンク

pixta_karankoe

カランコエの育て方

乾燥に強い性質のある多肉植物で、育てるのに手間がかからず...

pixta_herebors

ヘレボルス・アーグチ...

特徴としては花の種類として何に該当するかです。まずはキン...

pixta_goya_02

ゴーヤーの育て方のポ...

ゴーヤーというと沖縄原産のような気がしますが、実際はイン...

pixta_uramurasaki

ウラムラサキの育て方

ウラムラサキの歴史に関しては、ミャンマーやタイが原産地と...