クジャクサボテンの育て方

クジャクサボテンの育て方

クジャクサボテンはメキシコの中央高原地方で古くから存在していた原種を交配して作り上げた交配種であり、世界的に数百種類の品種が存在していると考えられています。非常に大きく豪華で情熱的な花が咲くのが特徴であり、大きなものでは10センチ以上もの大きさになることもあります。

育てる環境について

クジャクサボテンを日本で育てるのであれば鉢植えで育てるのが良いでしょう。南の地方で冬の時期も暖かいのであれば庭に植えることも可能かもしれませんが、春から気にかけての暖かい季節には外に置き、寒い冬の時期には室内に取り込むという対応を取ることが、

クジャクサボテンには良い結果となることが多い様です。しかしいずれにしても日当たりのよい環境を確保することは大事です。日当たりを気にしなければならないのは主に春と秋です。この季節は多くの日光を浴びて成長させることが望ましいですが、

梅雨明けから秋の時期にかけては葉が焼けてしまうことを防ぐために半分は日陰になる様な場所を選んで調節した方が良い場合もあります。この様な環境で上手に育てると大きなものの場合には1メートルを超えて育つこともあります。

この様なケースにおいては支柱を立てて倒れるのを防ぐように支えて挙げる対応を必要とします。元々は木の上に着生する性質がありますので似たような環境が作れない以上は何らかの手を加えることが健全な成長のためには必要であると言えるでしょう。

なお、大きさを抑えるためには7月から9月にかけて勢いよく生長する新芽の先端を切り取ることで背丈を伸ばさないように抑制することも可能です。多くなりすぎた茎節は切り取ることが出来ますが、

良く育った茎節には花が付きますので、切り過ぎて本末転倒にならないように考えておくことも必要です。あくまでもクジャクサボテンは花を楽しむ植物であり、育て方を誤らなければ育てやすい植物です。

種付けや水やり、肥料について

クジャクサボテンは基本的に鉢植えで育てることが推奨される植物です。そのため鉢植えに使用する土に関しては市販の土を使用して条件の良い環境を作ることが推奨されます。具体的には石を多めに鉢植えの底に敷きつめ、その上に中粒の赤玉土を5割、

鹿沼土と腐葉土を半分程度に配合した土を鉢の深さ3分の1程度まで入れた物を利用するとよいでしょう。その様な土壌に5月から6月の期間、あるいは9月から10月の機関に植え付けることが推奨されます。開花した株は2年に一回は植え替えを行うとよいでしょう。

その際に茶色く枯れてしまった根を取り除くと良いです。小さな苗の場合には一回り大きな鉢に植え替えることでより大きく育てることが可能になります。水やりはサボテンならではの特性がありますので注意が必要です。生息地の環境ではあまり水に恵まれない環境にありますので、

あまり多くの水を与えると根が腐ってしまうという問題が発生します。そのため成長期は鉢植えの表面が乾いたら少量水やりをする程度にとどめ、冬の時期は鉢の表面が乾いてから数日待って、その後に少量の水を与える程度にするのが良いでしょう。乾かし気味で管理しなければ腐ってしまうのが、

サボテンの特徴であるため、水やりには注意が必要です。そして肥料ですが、5月から7月の成長期の時期に置き肥をするか液体肥料を指すようにすっれば十分です。水と同じうサボテンの場合にはあまり多くの栄養分を与えると根が傷んだり花が付きにくくなるという逆効果になりますので注意が必要です。

増やし方や害虫について

クジャクサボテンの増やし方としてはさし木が最も基本となります。5月から7月の成長期にかけて15~20センチ程度に切った茎節を日陰において一週間ほど乾かし、それから赤玉土にさしましょう。それから一ヶ月ほどで根が出ますので、そうなったら鉢にとって行くとよいです。

同じようなものをいくつか作って一緒に植え付けると早くに大きなクジャクサボテンになりますのでお勧めできます。このクジャクサボテンを育てる上で特に注意しなければならない病気というものはありません。そのため病気の心配はしなくてもよいでしょう。

しかし害虫は存在しますので屋外においておく場合には注意が必要です。6月から10月の季節には多くの園芸で害虫となるナメクジが発生します。このナメクジは新芽や花芽を食べてしまいますので早めに除去数r必要があります。ナメクジが通った道にはあとが残りますので、

怪しいと感じた場合には地面に置かれている石の裏などに隠れていることがあります。夜行性ですので夜に見つけて駆除するか、昼間に周辺を捜索して処理しておくとよいでしょう。またカイガラムシの被害にもあう可能性があります。カイガラムシを放置しておくとクジャクサボテンが弱ってしまいますので、

季節に白い塊が二役していたらカイガラムシであると判断して取ってしまう用にすると良いでしょう。歯ブラシなどでこする方法が推奨されます。この様にいくつかの害虫に関しては早めに駆除をしておくことが良い結果につながります。

クジャクサボテンの歴史

クジャクサボテンはメキシコの中央高原地方で古くから存在していた原種を交配して作り上げた交配種であり、世界的に数百種類の品種が存在していると考えられています。非常に大きく豪華で情熱的な花が咲くのが特徴であり、大きなものでは10センチ以上もの大きさになることもあります。

昼間に咲くその花の姿は実に見事であり、2~5日程度の寿命の間、見る人を楽しませてくれます。日本において有名なクジャクサボテンの品種としては夜にだけ開花することで知られている月下美人が良く知られています。また少し花が小さい姫月下美人、低温でも育つ白眉孔雀等の品種があります。

いわゆる花サボテンと呼ばれている品種であり、大きな花が特徴になっています。世界的に愛されている品種であるため、個性豊かなラインナップが取りそろえられています。クジャクサボテンと言う名前で呼ばれているものは主に昼間に花が咲きます。

先述した月下美人はクジャクサボテンの仲間ではありますが、夜に咲くと言うやや異なった特性を持っている花であることは知っておくとよいでしょう。原産地では木や岩に着生して育ちますので独立した植物としての形を、

取っていないことも珍しくありません。場合によっては規制している様でだらしなく見えるケースもありますが、それでも大きく美しい花は多くの愛好家の目にとまり、栽培がおこなわれるようになってきている植物として世界的に知られるようになってきています。

クジャクサボテンの特徴

クジャクサボテンは非常に美しい花を咲かせる品種として知られています。花の色は白、赤、ピンク、オレンジ、黄色、紫と多彩であり、観賞用として非常に高い人気があります。このクジャクサボテンはノバルホキア属を基にして近しいサボテン科の植物を荒廃させて改良した品種であり、

原産地であるメキシコ南部からアルゼンチンにかけてのエリアでは木の上などに着生して育っているのが特徴です。植物としての本体自体は平たい板のようになっていますが、それは茎が変化したものとして理解されており、茎節、葉状茎とも呼ばれています。

観賞用に改良された品種のクジャクサボテンの花はその多くが昼間に咲く性質を持っていますが、自然環境化においては夜に咲くものも多くあります。月下美人という名前で知られている夜に咲く妖艶な姿と香りが有名なこの花も実はクジャクサボテンの仲間なのです。

栽培をするのはそれほど難しいものではなく、市販のサボテン用の培養度をそのまま転用数rことが出来ます。それらに砂や腐葉土を混ぜて水はけのよい場所に植えて適度な肥料を与えることで花が咲く安く奈うという性質があります。

暑さには強いのですが寒さにはやや弱い性質がありますので、冬の時期に寒い地域で栽培するのであれば植木鉢で育て、必要に応じて室内に入れることが必要になってくることもあるでしょう。冬の時期は5度以上の気温を目安にして育てると健康に育ってくれると言えるでしょう。

観葉植物の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:シャコバサボテンの育て方
タイトル:コエビソウの育て方

pixta_ichigo11

苺の種まきや苺の育て方や苺の栽培について

冬になると、苺がスーパーなどで店頭に並ぶため、苺の種まきは夏に行っていると思う人も居るかも知れませんが、ハウス栽培でなけ...

pixta_kazaniarigensu

ガザニア・リゲンスの育て方

ガザニア・リゲンスの特徴について言及していきます。まずは花言葉から書きます。花言葉は「あなたを誇りに思う」です。植物の分...

pixta_piiman_01

ピーマンの育て方について

ピーマンはナス科の一年草です。ピーマンには、ビタミンAやビタミンC、カロチンが多く含まれており、大変栄養がある野菜であり...

pixta_ptivel

プチヴェールの育て方

プチヴェールは、1990年に開発された、歴史の新しい野菜です。フランス語で「小さな緑」と意味の言葉です。アブラナ科である...

pixta_rabatera

ラバテラの育て方

ラバテラは原産地が南ヨーロッパ、北アフリカの植物です。アオイ科ラバテラ属の総称になります。一年草になり、日本には明治に渡...

pixta_juzusango

ジュズサンゴの育て方

花期は夏から秋頃になります。果実が見煮るのは9月から11月頃、ヤマゴボウ科の常緑多年草です。葉は互生し、長卵形をしており...

pixta_suzumenoendou

スズメノエンドウの育て方

生息地は日本となっていますが、マメ科のソラマメ属に分類しています。後援などに雑草のようにその姿が見られ、古くから周りの草...

pixta_torifoum

トリフォリウムの育て方

トリフォリウムは分類上はシロツメクサやクローバーの仲間であり北半球だけで300種類ほどが分布しています。日本においてはシ...

pixta_guroriosa

グロリオサの育て方

グロリオサはアフリカ、熱帯アジアが生息地で5種が分布するつる性植物です。グロリオサの名前はギリシア語の栄光ある、名誉ある...

pixta_seroumu

フィロデンドロン・セロウム(Philodendoron bi...

フィロデンドロンとはギリシャ語で「木を好む」という意味を持つ言葉です。セロウムはサトイモ科に属するフィロデンドロン属の仲...

スポンサーリンク

pixta_kazaniarigensu

ガザニア・リゲンスの...

ガザニア・リゲンスの特徴について言及していきます。まずは...

pixta_bazeria

バーゼリアの育て方

バーゼリアのいくつかの特徴を挙げていきます。植物としては...

pixta_orewnjiumu

オンシジウム育て方

オンシジウムの一種で特にランは熱帯地域で種類も多くさまざ...

pixta_sineraria

シネラリアの育て方

シネラリアはキク科の植物で、早春から春にかけての代表的な...