クルミの育て方

クルミの育て方

クルミは美味しい半面高カロリーである食材としても知られています。しかし一日の摂取量にさえ注意すれば決して悪いものではなく、むしろ体の健康を維持するために重要な役目を果たしてくれることが分かっています。

クルミの育てる環境について

多くの果樹がそうであるようにクルミも適度な日光を好む樹木です。庭に植え付けるのであれば相当な広さがあることが前提となりますが、その様な条件が整うのであれば専門家と相談の上で対応するのが良いでしょう。一方鉢植えで観賞用として楽しむのであればかなり自由に対応することが出来ます。

いずれにしても日当たりのよいスペースを確保することが重要になるでしょう。クルミを育てる上で楽しみなのはやはり実を取ることにあると言えます。クルミは硬い殻の中に栄養分が豊富なクルミの実が詰まっており、それを目当てにして育てているケースが多くなっています。

9月の終わりから10月にかけて実が熟してくると青い外皮が割れて良く知られているから付きのクルミが姿を現してきます。このクルミは待っていれば自然に落ちてくることもありますが、自然に落ちた場合には小動物に持って行かれてしまうこともあります。

そのため人間は手の届かない高さにあるクルミを木を揺すって落としたり、棒でたたいて落とすという対応が有効に作用するケースもあります。この様にして入手した実は日に当てて十分に乾かしてから外皮を取り、殻を割って中の核を利用することになります。

殻ごと軽くローストすると非常に香ばしい香りを漂わせることで知られており、この様にして取り出された実は製菓材料等にも広く使用されている食材として広く愛されている食材に変わって行くのです。この香ばしさは極めて古くから楽しまれているものであり、多くの人を喜ばせます。

クルミの種付けや水やり、肥料について

ある程度の大きさに育ってきたクルミの木であれば特に手入れをする必要はないと言えるでしょう。特にクルミの生育に適した環境であればなおさらであると言えます。そうでない場合には適度な水やりくらいの対応はしておくとよいでしょう。

基本的には何もしなくても大丈夫と考えることが出来ます。鉢植えで観賞用として楽しめる大きさのものである場合には鉢土の表面が乾いて白くなるようなタイミングでたっぷりの水を加えるのが良いでしょう。肥料は大きく育てたい場合や、多くの結実を臨む場合に行うとよいでしょう。

時期は庭植えの場合には2月と10月に行うのが推奨されます。有機肥料か即効性化成肥料を使用するとよいでしょう。鉢植えの場合にも基本的には同じですが、7月のタイミングを一つ増やすとよいでしょう。この様な対応をすれば十分であると考えられます。

なお、より多くの結実を望まないのであれば肥料を与えなくても特に問題はありません。大きく育ったクルミは自分自身で栄養分を作り育って行くことが出来る品種であると考えられています。一般的には剪定はしっかり行うことが求められるのですが、

クルミの場合にはある程度の調整が出来ていれば何もしない方が良い可能性があります。枝先には新しい花芽が集中していますので剪定によって切ってしまうことは花芽を落としてしまうことにつながります。そうなってしまうと得ることのできたはずの結実のチャンスを失うことになってしまうのです。

クルミの増やし方や害虫について

クルミの増やし方は基本的につぎ木です。4月上旬から下旬の休眠期につぎ木で増やしていく仕組みが取られます。鉢植えで育てる場合には水はけや水持ちの良い条件を満たした土壌を用意し、そこで育てることになるでしょう。市販の用土でも十分であり、

赤玉小粒7~8割に対して残りを腐葉土とする配合土を用いれば間違いないでしょう。その様な環境で一定期間大きくするとよいでしょう。植え替えの適期は12月から2月にかけてです。鉢植えの植え替えは根詰まりを防いで通期を良くするのが目的です。

鉢の大きさをより大きなものに変えるというこの作業は2年に一回は行わなくてはなりません。この様な地王を繰り返して徐々に大きくして行きましょう。ある程度大きくなったら屋外に植えた方が良いかもしれません。品種にもよりますが非常に大きく成長しますので一般的に庭木には適さないのですが、

それでも植えたいと言うことであれば環境に配慮したうえで適切な位置を選択するようにしましょう。害虫についてはあまり心配する必要のない品種であると言えます。クルミの場合には病気である胴枯病がありますが、幹の部分に若干問題が生じるくらいで、

他に置きな問題となる病害虫は知られていません。その意味では育てやすいものであるということが出来るでしょう。虫が付くことを心配せずに育てることが出来るのはこの様な植物を育てる上では非常に負担を軽くしてくれる要素であると言えるでしょう。

クルミの歴史

クルミは美味しい半面高カロリーである食材としても知られています。しかし一日の摂取量にさえ注意すれば決して悪いものではなく、むしろ体の健康を維持するために重要な役目を果たしてくれることが分かっています。それどころかダイエット効果や肥満の防止効果もあるため、

生活習慣病の改善に活用される食材としても注目を浴び始めています。その様なクルミの歴史は非常に古く、紀元前7000年頃には既に食用とされていたナッツ類の一種であると考えられています。原産は古代ペルシアであり、2000年前ころからは栽培もおこなわれるようになってきていると考えられています。

この種の植物にはいくつもの品種がありますが、近年栽培がお粉輪rている品種であるテウチグルミと呼ばれる品種は手で簡単に割ることが出来ると言う特徴が好まれています。日本にもたらされたのは豊臣秀吉の朝鮮出兵であり、戦国時代までさかのぼる必要があります。

その際に持ち帰られた種を品種改良することによって現在広く楽しまれている信濃ぐるみへとつながったと考えられているのです。現在日本で食べられているくるみの多くはアメリカのカリフォルニアを生息地とする品種となっています。

日本人に愛される味と香りの高品質な商品が生産されるようになってきているため、育て方が大変である信濃ぐるみは少数派となり、栽培から収穫、加工や貯蔵に至るまで丁寧に対応されているアメリカ産、及び中国産の商品が多数派になってきています。

クルミの特徴

クルミクルミ科の果樹であり、暖かい場所でも結実する特徴がありますが、基本的には冷涼地を適地としています。育つとかなり大きくなるという特徴を持っている果樹ですので一般家庭の庭で育てるのには向いていないでしょう。

大きなものになると5メートル以上になりますので手入れを行うことも難しくなります。日本においては自生している品種としてヒメグルミとオニグルミという弐種類が自生しているケースが多くあります。これらは自然環境の中に自生しているものであり、

栽培されているケースはほとんどありません。そのため入手できるものの多くは自然にできたものを採取したものであると言えます。野生の果実を利用しているのは非常に珍しいケースであると言えるでしょう。一方で栽培されているクルミも存在しています。

それはペルシャグルミを基本とする中国や朝鮮から渡来したテウチグルミを改良した信濃グルミと呼ばれる系統の品種です。これらのクルミは自家結実性と言う特徴がありますが、雌花と雄花の開花時期にはずれが生じていますので、栽培の場合には注意が必要です。

雌花が早く咲く品首と雄花が早く咲く品種を一緒に組み合わせて栽培するとより多くの結実を期待することが出来ます。非常に大きく成長する品種であるために植木鉢での栽培は不可能です。その成長過程を楽しむ観賞用として楽しむのが限度であると言えるでしょう。クルミとはその様な特徴を持っている果樹なのです。

庭木の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:コノテガシワの育て方
タイトル:ゲッケイジュの育て方

pixta_karenjura

カレンジュラの育て方

日本ではキンセンカという名でよく知られているカレンジュラのことをよく知って育て方を工夫しながら栽培していきましょう。カレ...

pixta_kamomiru

カモミールの育て方について

カモミールはハーブの一種です。ハーブというのは、食用や薬用に用いられる植物の総称です。人の手が必要になる野菜とは異なり、...

pixta_rukuria

ルクリア(アッサムニオイザクラ)の育て方

花の種類としてはアカネ科となっています。花が桜に似ていることからバラ科かと考えがちですがそうではありません。桜とはかなり...

pixta_murasakituyukusa

ムラサキツユクサの育て方

ムラサキツユクサは、TradescantiaOhiensisと呼ばれる花になります。アメリカの東部から中西部が原産地にな...

pixta_rindou

リンドウの育て方

リンドウは、リンドウ科、リンドウ属になります。和名は、リンドウ(竜胆)、その他の名前は、ササリンドウ、疫病草(えやみぐさ...

pixta_herikusam

ヘリクリサムの育て方

このヘリクリサム、ホワイトフェアリーの一番の特徴は何といってもその触り心地です。ドライフラワーかと思うような花がたくさん...

pixta_hanakanzasi

ハナカンザシの育て方

原産地はオーストラリア西南部で、砂地でよく育ち乾燥を好み自生しています。日本ではドライフラワーなどに良くつかわれています...

pixta_jourohotogisu

ジョウロウホトトギスの育て方

ジョウロウホトトギスはユリ科の植物でホトトギス属に分類されており、別名をトサジョウロウホトトギスと言います。

pixta_tutuji

ツツジの育て方

ツツジもまたピンク色のものから赤っぽいもの、紫や白いものがあり、古来より人々の目を楽しませてきました。現在でも春になると...

pixta_taimu

タイムの育て方

学名はThyme、分類はシソ科イブキジャコウソウ属に当たります。高さおよそ15センチメートルから40センチメートルほどに...

スポンサーリンク

pixta_nasutachiumu

ナスタチュームの育て...

黄色やオレンジの大きな花をつぎつぎと咲かせるため、ハーブ...

pixta_kotiredon

コチレドンの育て方

コチレドンはベンケイソウ科コチレドン属で、学名をCras...

pixta_karant

カラント類の育て方

カラント類は、ヨーロッパが原産です。フサスグリ全般のこと...

pixta_hinagesi

ヒナゲシの育て方

ヒナゲシはヨーロッパ原産のケシの一種で、虞美人草という別...