サカキの育て方

サカキの育て方

サカキは日本・朝鮮・台湾・中国に自生する、比較的温暖な地を好みます。葉の形で先が鋭くとがっているものは神の宿るよりしろに適しているとされ、その昔は松の枝などが使われていたこともあります。

サカキの育てる環境について

サカキは直射日光を好まず、半日陰か日陰を好みます。原産している場所は山の大木などジメジメとした腐葉土の肥沃な土地が生息地のため、育てる時にもなるべくその環境に近くしてやる必要があります。水切れに弱く、庭に直植えしたとしても雨が少ないときなどは水遣りが必要となります。

ですから、水はけが良すぎる場所でなくて、多少粘土質の場所に植えると元気に育ちます。夏の暑さに弱く、特に西日が当たる場所はさけてくだい。冬の寒さには耐性がありますが、植木鉢で育てるときは軒下や零下になる地方でしたら家の中にいれたほうが無難かもしれません。

冬場にマイナス10度近くまで気温が下がる土地でしたら、防寒のためにわらを巻いてやるか、または支柱を立てた上からビニールの袋(一部穴を開けて空気は通るようにする)を被せると寒さ除けになります。そしてどの植物でも同じですが、風通しの良い場所を選んで植えると、

病気や虫の害がすくないはずです。育て方は比較的簡単ですが関東より北にお住まいでしたら、家の中での管理をおすすめします。用土は特に選びませんが、有機肥料が豊富な肥沃で水もちの良い方がこの木には合っています。

植えるときに元肥の有機肥料を入れた木の大きさの1.5倍くらいの穴を掘り、根は浅く広めに張りますので根付くまでは支柱を立ててください。植えてまだ2年未満のうちは土が乾いたなと思うたびに水遣りを忘れないでください。これは鉢植えでも庭植えでも同様にします。

サカキの種付けや水やり、肥料について

サカキは水を好む植物ですので、水切れだけは絶対にしないように気を配っておきます。夏場などはどんなに日当たりの良くない場所に植えてあったり植木鉢を置いたとしても日に2度くらい、朝と夕方水遣りをしなければいけないでしょう。それほどこの木は水を好むと覚えておいて下さい。

植木鉢などで見える部分だけ濡れているから大丈夫と過信してはいけません。水はけが良い用土に植わっているならなおさら、土に指を入れてなかの土が濡れているかどうかの確認が必要です。如雨露で水をやる時も、植木鉢の下から水が充分に溢れて流れるくらいやってください。

そして、流れ出た水は受けた皿にそのままにしておかずに、必ず捨てましょう。そうしないと根腐れを起こす原因になってしまいます。庭植え・鉢植えで乾かないように工夫するならば、バークなどで表面の土を覆ってしまう方法もあります。

これでしたら毎日2度の水遣りから開放されます。肥料は有機肥料が一番育ちが良いようです。庭やベランダでできる、家庭から出た野菜などで作った堆肥を作ってみたら、ちょうどゴミも減らせて一石二鳥になります。肥料をやる時期は2月ごろ、鶏糞と油粕をまぜたものを与えてください。

または簡単に腐葉土と化成肥料を加えたものでも大丈夫です。なるべく化成肥料は少なめで、腐葉土の栄養を補うくらいに留めておきましょう。基本の肥料は有機物で作ったものを与えていたほうが、丈夫な木の成長を促します。

サカキの増やし方や害虫について

サカキの栽培で増やす方法は二通りあります。まず、花の後に出来る実が熟したと中の種を、すぐにポットなどに植えて芽を出させます。すぐに植えられないときは、実が乾いてしまわないように保存し、春まで置いておきます。

または、神棚に供えるために購入したおさかきの太めの枝を10センチから15センチくらいに切って、細かい赤玉土に植えて挿し木にします。サカキは強い生命力をもっていますので、わざわざ苗木を購入することなく、この方法で増やすこともできます。

害虫はそれほど心配いらない植物ではありますが、カイガラムシだけはどうしてかこの木を好んで付いてしまいます。そしてカイガラムシが出す排泄物によってすす病という面倒な病気が発生してしまいますので気おつけてください。すす病は見た目が紙の燃えたかすが付いたような、

黒くもやっとした感じのものが枝や葉についてきます。これは見た目が悪いだけでなく、木の光合成までも妨げてしまう困難な病気なのです。カイガラムシも見た目は害が無さそうですが、木の栄養分を吸い取ってしまい成長を妨げます。カイガラムシは成虫になると蝋質で覆われ薬の類も効果がありません。

成虫を見つけたらへらなどで根気良くこそげ落として排除します。そうすることですす病も防ぐことができます。成虫になっていなければ、沢山居る場合こそげおとすよりも農薬をつかって一度に駆除したほうが、再び大量に発生する可能性をへらせます。

サカキの歴史

サカキは日本・朝鮮・台湾・中国に自生する、比較的温暖な地を好みます。葉の形で先が鋭くとがっているものは神の宿るよりしろに適しているとされ、その昔は松の枝などが使われていたこともあります。サカキの名前の由来はいくつかあり、

神棚などに使われていたことからもお分かりのように、あの世とこの世・神と人を分ける境目を示す木ということからサカキの名前が付いたと言われています。またサカキが常緑樹でいつも緑の葉をつけている事から栄える木という意味でサカキになったという説があります。

サカキという漢字は神と木をあわせたものが榊になったといいます。これは日本で作られた漢字で、もともとサカキと呼ばれた木は、神事に使われる常緑の植物全般をさしていました。賢木と書くこともあります。サカキの枝は古くから玉串として神に備えられ、

江戸の頃には1日と15日に神棚に供える風習がありました。玉串と呼ばれるようになった由来は、日本の神話において天照大神が天の岩戸にお隠れになった際、鏡や玉などを付けた五百津真さかき(いほつのまさかき)をフトダマが捧げ持っていたという逸話からそう呼ばれるようになったという説と、

神霊の代依が玉串の由来ともいわれます。サカキはまさかきとひさかきがあり、東北など寒いためにまさかきが育たない地方でさかきのかわりにひさかきが使われました。類似腫ですが属が異なり本榊はサカキ属でひさかきはひさかき属になります。サカキの属名クライエラはオランダの植物学者クライエルの名から付けられました。

サカキの特徴

サカキの特徴は濃い深緑の葉と初夏に咲かせる小さな白い花があります。この花がくせもので、花の時期ガス漏れの通報がひっきりなしに入ってくることがあります。実はサカキの花のにおいは都市ガスがガス漏れのためにつけている臭いにとても良く似ています。

そのため、ガスが漏れていると思い込んだ方からの通報が耐えないのです。木は2メートルから4メートル、暖かい地方ならば10メートルまで育ちますので、樹形を楽しんだり生垣などに利用されるのも良い木ですので大きめ育て、小ぶりに観賞用の植物として育てたい方は植木鉢か剪定で枝を切り落とします。

真サカキの葉は深い緑をしており、ひさかきのようなギザギザした切込みはありません。葉の大きさは約10センチほどになり、たまご型をしています。つばき科ですので葉の表面にはつやがあり、触った感じは固いです。6月・7月が花の時期で、

花は釣鐘状のあずきの半分くらいの小さな白いもので、枝のあちこちについて咲きます。秋になるとその花の後に実がつき黒っぽい紫色に熟します。植え付けはなるべく暖かくなった5月から梅雨に入る前くらいに行ってください。寒さにもある程度耐えますが、

植えつけるときにどうしても根を傷めてしまうので、枯れてしまう心配を回避するためにも、安全な時期に植え替えを行ってください。枝の剪定は新芽が込み合って見苦しい感じならば3月から4月に延びた部分を切ります。仕立てた樹形を整えるのでしたら6月の後半から8月初めまでに終わらせてください。

庭木の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:スモークツリーの育て方
タイトル:ジャカランダの育て方
タイトル:サンシュユの育て方

pixta_turukokemomo

ツルコケモモの育て方

原産地は北アメリカ、東部で、果樹・庭木・花木として植えられることが多いです。耐寒性は強いですが、耐暑性は弱いです。ツルコ...

pixta_momo111

モモ(桃)の育て方

桃はよく庭などに園芸用やガーデニングとして植えられていたりしますし、商業用としても栽培されている植物ですので、とても馴染...

pixta_hetima

ヘチマの育て方と食べ方

ヘチマ(糸瓜、天糸瓜)は熱帯アジア原産のつる性の一年草で、キュウリやゴーヤなどと同じく巻き鬚で他物に絡み付きます。ヘチマ...

pixta_pakisutakisu

パキスタキスの育て方

キツネノマゴ科に分類される低木です。樹高は0.5mから1m程度ですが、放置すると2mほどになることもあります。熱帯性なの...

pixta_derufinium

デルフィニウムの育て方

デルフィニウムはキンポウゲ科の花で、5月から6月頃に様々な色の繊細で美しい花を咲かせます。背が高い茎に小さな花をたくさん...

pixta_hebiuri

ヘビウリの育て方

インド原産のウリ科の多年草で、別名を「セイロン瓜」といいます。日本には明治末期、中国大陸を経由して渡来しました。国内では...

pixta_ingen_01

さやいんげんの育て方

中南米が最初の生息地であり、中央アメリカが原産といわれています。16世紀末にコロンブスが新大陸を発見した時に、さやいんげ...

pixta_hiyodorijougo

ヒヨドリジョウゴの育て方

ヒヨドリジョウゴの特徴は外観と有毒性が挙げられます。外観に関して、白い毛が生えています。現物を見た人や写真を見た人の中に...

pixta_godetia

ゴデチアの育て方

ゴデチアは、アカバナ科イロイマツヨイ族の植物の総称です。現在では、北米西海岸を生息地の中心としており、20種類もの品種が...

pixta_marumero

マルメロの育て方

マルメロは、原産地を乾燥地帯が広がっていて遊牧などが盛んな大陸としている樹木ですが、我が国でも生息地としている都道府県も...

スポンサーリンク

pixta_suiren

睡蓮(スイレン)の育...

睡蓮の魅力と言えば、なんと言ってもその美しい花、そして風...

pixta_momijikaramatu

モミジカラマツの育て...

モミジカラマツの特徴について書いていきます。その名前の由...

pixta_hipoesutesu

ヒポエステスの育て方

ヒポエステスは南アフリカのマダガスカル島が原産と言われて...

pixta_sandasonia

サンダーソニアの育て...

サンダーソニアは南アフリカのナタール地方で発見された花で...