家庭菜園で甘くておいしいトマトを作る方法

家庭菜園で甘くておいしいトマトを作る方法

家庭菜園を始める際、どんな野菜を作りたいかと聞けば、トマトと答える人は多いようです。トマトは見た目もかわいく、野菜なのに甘味が感じられる点が人気なようで、特に近年、甘味の強いフルーツトマトの栽培が、人気となっています。

トマトを栽培する前に知ることとは?

このフルーツトマト、トマトの品種と勘違いされている方が多いようですが、実はフルーツトマトはトマトの品種ではなく、糖度の高いトマトのことをフルーツトマトといいます。一般的なトマトの糖度が約6%なので、8パーセント以上だとフルーツトマトと呼ぶことが多いようです。

甘くておいしいトマトを楽しく作れて、食べられる。このような理由から人気が高いようですが、実際に栽培となると、根腐りを起こしてしまったり、おいしいトマトができなかったりと、うまく栽培できないことも多いようです。

しかし、これはトマトのことをあまり知らずに栽培してしまったからで、基本を知れば誰でも甘くておいしいトマトを栽培することができます。ここで、トマトを育てる前に知っておいてほしいことがあります。

トマトの特徴

それは、トマトという植物は南アメリカのアンデス山脈原産の植物であり、雨の少ない乾燥しがちな土を好むということです。植物を育てる際、どんな植物でも、水や肥料はたくさんあげた方が良いと勘違いされている方が多いようですが、水をやりすぎると根腐りを起こす原因となるため、水は与えすぎないようにしましょう。

また肥料のやりすぎも、枝や茎に異常を引き起こす原因となるため、あまり与えすぎないようにしましょう。元肥を入れておけば、追肥はほとんど必要ではありません。では、実際においしいトマトの育て方を説明していきます。

トマトの育て方

トマトは苗から育てます。苗を選ぶ際は葉の色が濃く、全体的に力強い苗を選びましょう。苗の植え付けは、寒さが完全に無くなる5月初旬から中旬を選びます。苗を植えつけたら支柱を立て、紐などで軽く結んでおきます。

この際、まっすぐに植えつけず、少し斜めに植えつけることにより、成長するにつれて苗が安定し、実をつけてからも、風害などに強くなります。植え付けから10日ほどで、枝の付け根から脇芽が出てくるので、これを取り除きます。

脇芽をそのままにしておくと実がつきすぎてしまい、味が落ちる原因となりますので、しっかり摘み取りましょう。また、トマトはナス科の植物のため、連作に向いていません。トマトを栽培した土で続けてナス科の植物を栽培することは、病気の原因となりますので、やめましょう。

実が赤くなってきたころが収穫のサインなので、指で押して弾力を感じたら、ヘタの上からもいでください。トマトは丈夫な植物のため、放っておいてもどんどん成長していきます。

しかしこれはトマトの味を落とす原因となるため、こまめに脇芽をとり、水を与えすぎず、実をつけすぎないようにすることが重要です。これらを踏まえ甘くておいしいフルーツトマト栽培を目指しましょう。

pixta_suika01

主婦の間で密かなブームとなっている栽培方法

現在、主婦の間で密かなブームとなっているのが、お金のかからない種取り栽培です。これは、スーパーで買ってきた野菜や果物のタ...

pixta_herebors

ヘレボルス・チベタヌスの育て方

ヘレボルス・チベタヌスはキンポウゲ科ヘレボルス属の多年草ですので多くのヘレボルスの品種がヨーロッパに生息地としているのに...

pixta_edamame_03

植物の栽培、育て方のコツ。

植物を育てるのは生き物を飼うのよりはだいぶ気楽にできます。動かないので当然といえますが、それでもナマモノである以上手を抜...

pixta_kobaimo

コバイモの育て方

コバイモは本州中部から近畿地方の山地に多く自生している植物で、原産国としては日本であるとされているのですが、その生息地は...

pixta_singoniumu

シンゴニウムの育て方

シンゴニウムとは、中央アメリカ〜南アメリカが原産のサトイモ科のツル性植物です。現在では熱帯アメリカを主な生息地として約3...

pixta_saboten12

植物の育て方の楽しみについて

家の中で育てる植物には、いわゆる観葉と菜園の2種類があります。いずれについても多様な種類が存在しますが、ある程度成長した...

pixta_saboten03

サボテンの育て方のコツとは

生活の中に緑があるのは目に優しいですし、空気を綺麗にしてくれるので健康にも良いものなのです。空気清浄機のように電気代がか...

pixta_asrutibe

アスチルベの育て方

アスチルベの歴史は比較的浅く、ドイツで品種改良された園芸種ですが日本にも自生しているので古くから親しまれてきました。日本...

pixta_arokaria

アローカリアの育て方

アローカリアは日本においては南洋杉と言う呼ばれ方をしています。その言葉の示すとおり南から来た杉の木であると言えます。日本...

pixta_kinmokusei

キンモクセイの育て方

キンモクセイはギンモクセイの亜種で江戸時代に中国から伝わってきました。九州には自生するウスギモクセイが変異した説もあり、...

スポンサーリンク

pixta_saineria

サイネリアの育て方

サイネリアはキク科植物の一つで、カナリア諸島が原産のもの...

pixta_tyuberose

チューベローズの育て...

チューベローズはリュウゼツラン科であり学名をポリアンテス...

pixta_kazania

ガザニアの育て方

ガザニアはキク科ガザニア属で勲章菊という別名を持っていま...

pixta_mizubashou

ミズバショウの育て方

ミズバショウの大きな特徴としては白い花びらに真ん中にがく...