家庭菜園で甘くておいしいトマトを作る方法

家庭菜園で甘くておいしいトマトを作る方法

家庭菜園を始める際、どんな野菜を作りたいかと聞けば、トマトと答える人は多いようです。トマトは見た目もかわいく、野菜なのに甘味が感じられる点が人気なようで、特に近年、甘味の強いフルーツトマトの栽培が、人気となっています。

トマトを栽培する前に知ることとは?

このフルーツトマト、トマトの品種と勘違いされている方が多いようですが、実はフルーツトマトはトマトの品種ではなく、糖度の高いトマトのことをフルーツトマトといいます。一般的なトマトの糖度が約6%なので、8パーセント以上だとフルーツトマトと呼ぶことが多いようです。

甘くておいしいトマトを楽しく作れて、食べられる。このような理由から人気が高いようですが、実際に栽培となると、根腐りを起こしてしまったり、おいしいトマトができなかったりと、うまく栽培できないことも多いようです。

しかし、これはトマトのことをあまり知らずに栽培してしまったからで、基本を知れば誰でも甘くておいしいトマトを栽培することができます。ここで、トマトを育てる前に知っておいてほしいことがあります。

トマトの特徴

それは、トマトという植物は南アメリカのアンデス山脈原産の植物であり、雨の少ない乾燥しがちな土を好むということです。植物を育てる際、どんな植物でも、水や肥料はたくさんあげた方が良いと勘違いされている方が多いようですが、水をやりすぎると根腐りを起こす原因となるため、水は与えすぎないようにしましょう。

また肥料のやりすぎも、枝や茎に異常を引き起こす原因となるため、あまり与えすぎないようにしましょう。元肥を入れておけば、追肥はほとんど必要ではありません。では、実際においしいトマトの育て方を説明していきます。

トマトの育て方

トマトは苗から育てます。苗を選ぶ際は葉の色が濃く、全体的に力強い苗を選びましょう。苗の植え付けは、寒さが完全に無くなる5月初旬から中旬を選びます。苗を植えつけたら支柱を立て、紐などで軽く結んでおきます。

この際、まっすぐに植えつけず、少し斜めに植えつけることにより、成長するにつれて苗が安定し、実をつけてからも、風害などに強くなります。植え付けから10日ほどで、枝の付け根から脇芽が出てくるので、これを取り除きます。

脇芽をそのままにしておくと実がつきすぎてしまい、味が落ちる原因となりますので、しっかり摘み取りましょう。また、トマトはナス科の植物のため、連作に向いていません。トマトを栽培した土で続けてナス科の植物を栽培することは、病気の原因となりますので、やめましょう。

実が赤くなってきたころが収穫のサインなので、指で押して弾力を感じたら、ヘタの上からもいでください。トマトは丈夫な植物のため、放っておいてもどんどん成長していきます。

しかしこれはトマトの味を落とす原因となるため、こまめに脇芽をとり、水を与えすぎず、実をつけすぎないようにすることが重要です。これらを踏まえ甘くておいしいフルーツトマト栽培を目指しましょう。

pixta_violla

ビオラの育て方

ビオラの生息地は世界中に広がっており、温帯地帯に500種ほどが自生しているとされ、私たちにとってもっとも身近な植物の一つ...

pixta_sedam

セダムの育て方

セダムとは、ベンケイソウ科マンネングサ属(マンネングサぞく、学名: Sedum)に属する植物の総称で、園芸の世界では、学...

pixta_kaneshon

カーネーションの育て方

母の日の贈り物の定番として、日本でも広く親しまれているカーネーションですが、その歴史は古くまでさかのぼります。もともとの...

pixta_aramanda

アラマンダの育て方

アラマンダはキョウチクトウ科 Apocynaceaeのアリアケカズラ属 Allamanda Linn. の植物です。原産...

pixta_yuriopsuteji

ユリオプスデージーの育て方

特徴として、キク科、ユリオプス属になります。南アフリカを中心に95種類もある属になります。園芸において分類では草花に該当...

pixta_kerone

ケロネの育て方

この花の科としてはゴマノハグサ科になります。オオバコ科とすることもあります。花の草丈は70センチ位から120センチぐらい...

pixta_coffenoki

ハイドロカルチャーの育て方

土を使わず、ハイドロボールと呼ばれる素焼きの石や、炭、砂等に植物を植えて育てる水耕栽培の植物栽培方法です。ちょっとした観...

pixta_pafiopenadim

パフィオペディラムの育て方

パフィオペディラムはランの仲間です。熱帯から亜熱帯アジアに約70種が分布しており、東南アジアから中国南部、インド、インド...

pixta_ptivel

プチヴェールの育て方

プチヴェールは、1990年に開発された、歴史の新しい野菜です。フランス語で「小さな緑」と意味の言葉です。アブラナ科である...

pixta_ringo15

リンゴの育て方

リンゴの特徴として、種類はバラ目、バラ科、サクラ亜科になります。確かに花を見るとサクラとよく似ています。可愛らしい小さい...

スポンサーリンク

tomato01

トマトの栽培における...

トマトは世界一の需要量を誇る野菜で、日本でも比較的良く食...

pixta_nanbuinunazuna

ナンブイヌナズナの育...

ナンブイヌナズナは日本の固有種です。つまり、日本にしか自...

pixta_kakitubata

カキツバタの育て方

日本や朝鮮半島、東シベリアなどが原産といわれるカキツバタ...

Plumeria,white flower.

オブッサの育て方

このオブッサとは丸いという意味だそうですが、葉も丸みを帯...