ビート(テーブルビート)の育て方

ビート(テーブルビート)の育て方

ビートの歴史はとても古く、紀元前より利用されています。始めは野生種の先祖型にあたる植物を薬草として利用されていて、ローマ人やギリシャ人の手によって栽培が始まります。ビートの原産地は地中海の沿岸で、古代ローマでは根っこと葉っぱの部分が食べられています。

育てる環境について

テーブルビートの主な生息地の気温は15度から20度なので、寒さには強い性質を持っています。寒い地域である北海道や東北地方では春に、関東地方などでは夏が終わる時期に育てるようにします。23度以上の環境になると生育がストップすることがあるので、注意が必要です。

酸性度を好む野菜なので、植え付けをする前には土に石灰を通常よりも多めに混ぜ込むようにします。植え付けを行う1か月前に堆肥を畑に投入して、有機物が完全に分解するまで待ちます。未熟な状態で育て始めると生育に影響が出たり、害虫や病気の被害を起こしやすくなるので、

完熟している堆肥を使うようにします。堆肥を使えば排す彗星や通気性を高めることが出来たり、微生物の働きを活性化することが出来ます。しっかり混ぜ込んで、準備をすることが大切です。日本の土は雨が多いことから酸性になり過ぎることがあるため、石灰を混ぜ込みます。

畑で育て始める数週間前に蒔いて、適度な酸性にします。何度も使っている畑の場合は肥料が溜まってくると、土が締まるようになります。このような畑では根が傷みやすくなるので、土を柔らかくするために深耕をします。天地を返すようにして、

奥までしっかり耕しておくようにします。乾燥に弱いので日光が当たる場所で育てると収穫するまでの期間が短くなりますが、気温が高い時期には乾燥しない場所を選んで育てるようにします。プランターで育てる場合には、深さが20センチ以上ある容器を使うようにします。

種付けや水やり、肥料について

テーブルビーツの種は種子が集まったものなので、1つの種に2粒から3粒の種から出来ています。1つの種を蒔くとその種子の数だけ芽が出てくるので、10センチ間隔で種付けをします。種付けをした後は土を寄せて種を隠すようにして、手のひらで軽く押さえるようにします。

軽く押さえると種が水やりで流れるのを防ぎ、定着させることが出来るのです。種の皮はとても固く発芽しにくいので、一晩から一日水に浸けておきます。種の表面は発芽を抑える成分が含まれているので、直播きする場合にも水に浸してから種付けをするようにします。

種付けを行った直後は、発芽するまでの2週間は水が切れないように注意します。芽が出始めて来たら土が乾くたびに、水やりをするようにします。暖かい日中に水やりをするようにして、水の代わりに液体の肥料を与えると成長を促すことが出来ます。

種付けを行ってから数週間経って発芽をしてら、間引きを行います。1つの種からいくつかの芽が出てくるので、成長状態が良いものだけを2本から3本残してカットします。間引きをきちんと行わないと生育に影響が出てしまうので、必ず間引きをするようにします。

収穫までの期間はとても短いですが、その間も肥料切れを起こさないようにするのが育て方のポイントです。。間引きを行った時に、肥料を与えるようにします。収穫前の10日間は根っこが勢いづくので、必ず追肥するようにします。プランターで育てている場合は、プランターの淵に沿って与えるようにします。

増やし方や害虫について

増やすためには、他家受粉なのでたくさんの株を残しておくようにします。種を蒔いた次の年の春に花が咲くので、夏に採種するようにします。花が咲いてきたことになると支柱が必要になるので、用意するようにします。支柱をしっかり立てておくと、倒れるのを防ぐことが出来ます。

また採種したら畑に蒔く前に水に浸けておいて、表面を柔らかくしてから種付けを行うようにします。同じ畑に蒔いてしまうと連作障害が出ることがあるので、数年置いてから蒔くようにします。ビートやテーブルビートに発生しやすい病気は、軟腐病です。

軟腐病の症状は葉が萎えたり、地面と接する部分が腐ってしまいます。さらに褐斑病と根腐れ病、黒根病やそう根病が発生する可能性があります。病気が起こってしまう原因は土壌が合っていないことや、高温や低温での栽培です。病気を防ぐためにも、温度管理に注意する必要があります。

土作りも事前にしっかり行うようにして、発生しやすい病気を防ぐようにします。病気を見つけたときには適切に処理して、他の株に症状や病気がうつらないようにすることが重要です。春に植え付けをしたときには、害虫が発生しやすくなります。

テーブルビートにはヨトウガやシロオビノメイガ、ハモグリバエなどが発生しやすいです。見つけたらすぐに駆除をして、被害を広げないようにします。全体をざっと見るのではなく、葉っぱの裏など細かい部分に害虫がついていないかチェックします。被害が大きい場合には薬剤を蒔いて、被害を食い止めます。

ビート(テーブルビート)の歴史

ビートの歴史はとても古く、紀元前より利用されています。始めは野生種の先祖型にあたる植物を薬草として利用されていて、ローマ人やギリシャ人の手によって栽培が始まります。ビートの原産地は地中海の沿岸で、古代ローマでは根っこと葉っぱの部分が食べられています。

最初に葉っぱの部分を食べるようになり、その後に根っこを食べるようになります。飲む輸血といわれているほどカルシウムやカリウム、鉄などの栄養素が豊富なので、古くから病気の予防や治療に活用されています。古代ローマ人はビートを使って、発熱や便秘の治療を行っています。

中世からは書カキや血液系などの病気を治すために、用いられていたのです。赤色が特徴のものは16世紀のドイツで栽培されていたという歴史があり、日本には江戸時代に伝えられたといわれています。江戸時代にはあまり世間には普及されず、見た目や土っぽいニオイが影響していたといわれています。

ですが明治時代初期にまた伝えられると栽培されたり、料理にも取り入れられるようになったのです。現在では野菜やお肉と一緒に煮込んだロシアの代表的料理でボルシチに使われ、冬野菜のサラダとしても使われています。

西洋料理の彩りなどにも使われ、広い料理に活用されています。世界的にはイギリスで絶大な支持を集めていて、身体にいい食材としてその効果が認められています。その存在は広く知られていて、多くのメディアや雑誌に取り上げられるほどです。

ビート(テーブルビート)の特徴

ビートは地中海が減算のアカザ科の多年草で、生育が進むと70センチ前後の高さになります。根っこ雄部分は赤かぶのように大きくなり、輪切りにすると年輪のような切り口になります。野菜として使われているビートにはてーびルビーとやリーフビートなどの種類があり、

テーブルビートは根っこの部分を食べます。ボルシチに使われる定番の野菜で、加熱すると甘みが出ます。サラダや酢漬けなどにも使われ、西洋料理では欠かせない野菜となっています。リーフビートは葉っぱを食べるもので、フダンソウとも呼ばれています。

黄色や赤色、ピンクなど色鮮やかな見た目が特徴的で、夏場にはホウレンソウの代わりに栽培されます。砂糖の原材料となる種類もあり、シュガービートといわれています。サトウキビを育てることが出来ない地域などで栽培されていて、砂糖を作るための原材料となています。

ビートの赤い色素は強い抗酸化力があり、がんの予防にもなります。この赤い色素はベタシアニンといわれるもので、アントシアニンを合成することが出来ない植物が赤色や青色を作るために作り出すものです。ホウレンソウの根っこなど、野菜の中でも一部のものにしか含まれていない珍しいものです。

食物繊維やオリゴ糖も多く含まれていて、腸内環境を整えます。オリゴ糖はビフィズス菌の栄養になり、増殖を促進することが出来ます。悪玉菌が抑えられるので、便秘予防にもなります。食物繊維にはコレステロールを排出する役割があり、生活習慣病を予防することが出来ます。

野菜の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:金時草の育て方

pixta_koyoba

コヨバ(エバーフレッシュ)の育て方

マメ科コヨバ属の植物である、コヨバ(エバーフレッシュ)は日本においては、原産地である南アメリカのボリビアから沖縄の生産者...

pixta_dendorobium

デンドロビウム(キンギアナム系)の育て方

デンドロビウムは、ラン科セッコク属の学名カナ読みでセッコク属に分類される植物の総称のことを言います。デンドロビウムは、原...

pixta_tupidannsasu

ツピダンサス(Schefflera pueckleri)の育...

ツピダンサスの原産地はインド、マレー半島などの熱帯アジア地域になります。「ツピダンサス・カリプトラツス(Tupidant...

pixta_jagaimo11

じゃがいもの品種と育て方

じゃがいもは、寒さに強い植物です。人気は男爵やメークイン、キタアカリです。男爵は粉質が強いので、じゃがバター・ポテトフラ...

pixta_tatitubosumire

タチツボスミレの育て方

タチツボスミレに代表されるスミレの歴史は大変古く、日本でも最古の歌集万葉集にスミレが詠まれて登場するというほど、日本人に...

pixta_henrizuta

ヘンリーヅタの育て方

特徴として、まずブドウ科、ツタ属であることです。つまりはぶどうの仲間で実もぶどうに似たものをつけます。しかし残念ながら食...

pixta_azuki

中国の小豆の育て方について

日本では、小豆の価格が高いこともあり、多くの小豆が中国から輸入されています。日本では主に北海道で栽培されており、大粒の体...

pixta_miyamahotarukazura_01

ミヤマホタルカズラの育て方

ミヤマホタルカズラはヨーロッパの南西部、フランス西部からスペイン、ポルトガルなどを生息地とする常緑低木です。もともと日本...

pixta_prektransas

プレクトランサス(観葉植物)の育て方

プレクトランサスは、シソ科、ケサヤバナ属となります。プレクトランサスの生息地はアジア・アフリカ・オーストラリアの熱帯や亜...

SONY DSC

ネクタロスコルダム・シクラム・ブルガリカムの育て方

和名はアリウム・シクラムですが、アリウムの仲間ではありません。ネクタロスコルダム・シクラム・ブルガリスは、現在ではネギ科...

スポンサーリンク

pixta_goya_02

グリーンカーテンの栽...

地球は温暖化の一途を辿っています。日本では、温暖化対策の...

pixta_minimeron

緑のカーテンを育てよ...

ツルを伸ばし、何かに巻き付く性質を持つ植物で作る自然のカ...

pixta_yabujirami

ヤブジラミの育て方

分類はセリ科でヤブジラミ属ですが、原産地及び生息地という...

pixta_himejaga

ヒメシャガの育て方

ヒメシャガはアヤメ科アヤメ属の多年草でシャガよりも小型に...