なすびの栽培やナスの育て方やその種まきについて

なすびの栽培やナスの育て方やその種まきについて

夏野菜の中でもひときわ濃い紫が特徴なのがなすびです。日の光をたくさん浴びて、油炒めにとても合う野菜ですが、家庭でも育てることができます。なすびには食物繊維がたくさん含まれており、このほかにはカルシウムや鉄分やカリウムなどのミネラル成分もたくさん含まれています。

おすすめな初心者のなすびの育て方

したがって健康野菜とも呼ばれています。なすびの栽培方法には、移植栽培や直まき栽培があります。しかし初心者のなすびの育て方としては、苗から育てるという移植栽培をおすすめします。なすびの収穫時期の特徴としては、その期間が長いと言うことです。

したがって収穫のピークが過ぎた後でも、7月頃には秋なすびの収穫を楽しむことができます。なすびの植え付け時期は4月から6月上旬となっています。そして収穫時期は6月中旬から10月上旬までとなっています。なすびの種まき方法は、定植しやすいようにポットにまくようにします。

ここから苗になるまでに80日程度かかります。直接畑に種をまく場合には、土をしっかりと耕して肥料を混ぜておくようにします。なすびの育て方のポイントは次のようになっています。なすびを育てるための適温は15度から18度で、昼間の温度は28度から30度で最もよく育ちます。

なすびの成長過程で注意する点

しかし10度以下では成長が悪くなるので気をつけるようにします。また日光が不足してしまうと紫色がきれいに出なくなります。したがってできるだけ日当たりをよくするようにします。なすびは温度が高いところを好みます。したがってあまり早く苗を植えすぎないようにします。

そして乾燥に弱いと言うことでしっかりと水やりを行うようにします。また収穫のときにも注意が必要です。収穫のときに肥料が少なくなってしまうと、実の出来具合が悪くなるので、肥料を与えるタイミングをしっかりと見極めるようにします。

なすびの育て方 苗の選び方

なすびには連作障害があります。5年から6年は同じ場所に苗を植えることができません。初心者は苗から植えるのが簡単ですが、このときによい苗の選び方があります。苗はできるだけ節の太いしっかりとしたものを選ぶようにします。

そして実際に植える2週間前には植える土の環境を整えるようにします。このときに使う土は保湿性のあるものを選ぶようにします。苗と苗の間隔は約60センチメートルほど離して植えるようにします。

熱さに強い野菜となっていますが、夏場はとくに乾燥を防ぐために、藁を5センチメートルから8センチメートル程度敷いておくとよいです。土の表面が乾燥してきたら水をあげるようにします。夏場は土の温度が低い朝や夕方の時間帯に水やりをするようにします。花が開いてから20日から25日で収穫ができるようになります。

下記の記事も詳しく書いてありますので、興味があれば参考にして下さい♪
ナスの育て方

pixta_goya_01

ゴーヤ(にがうり)の育て方

ゴーヤの育て方、別名にがうりとも呼ばれています。ゴーヤ栽培は比較的簡単にでき、地植えやプランターでも気軽に出来て、緑のカ...

pixta_nagoran

ナゴランの育て方

この植物の歴史ついて書いていきますが、まずは名前の由来についてです。ナゴランの名前は原産地でもある沖縄の「ナゴ」に由来し...

pixta_karorainajasumin

カロライナジャスミンの育て方

カロライナジャスミンは、北アメリカの南部から、グアテマラが原産の、つるで伸びていく植物です。ジャスミンといえば、ジャスミ...

pixta_charbill

チャービルの育て方

チャービルはロシア南部から西アジアが原産で、特に、コーカサス地方原産のものがローマによってヨーロッパに広く伝えられたと言...

pixta_marou

マロウの育て方

マロウは、アオイ科のゼニアオイ属になります。マロウはヨーロッパが原産地だと言われています。生息地としては、南ヨーロッパが...

pixta_karenjura

カレンジュラの育て方

日本ではキンセンカという名でよく知られているカレンジュラのことをよく知って育て方を工夫しながら栽培していきましょう。カレ...

pixta_erisimamu

エリシマムの育て方

エリシマムはユーラシア大陸からアジア全般に向けた広大な地域に生息している植物であり、比較的温暖な地域に生息する多年草とな...

pixta_kintokisou

金時草の育て方

金時草は学名Gynura bicolorと呼ばれています。金時草の名前の由来は、葉の裏面の色が金時芋のように美しい赤紫色...

pixta_touwata

トウワタの育て方

トウワタ(唐綿)とは海外から来た開花後にタンポポのような綿を作るため、この名前が付けられました。ただし、唐といっても中国...

pixta_wasabi

ワサビの育て方

ワザビの色は緑色をしており、香りは大変爽やかになっています。しかし何と言っても最大の特徴はあの抜けるような辛みでしょう。...

スポンサーリンク

pixta_kodtiseisineraria

木立ち性シネラリアの...

木立ち性シネラリア(木立ち性セネシオ)は、キク科のペリカ...

pixta_kukiretasu

茎レタスの育て方

紀元前6世紀頃、ペルシャ王の食卓に出されていたと言われて...

pixta_juzusango

ジュズサンゴの育て方

花期は夏から秋頃になります。果実が見煮るのは9月から11...

pixta_nasutachiumu

ナスタチュームの育て...

黄色やオレンジの大きな花をつぎつぎと咲かせるため、ハーブ...