なすびの栽培やナスの育て方やその種まきについて

なすびの栽培やナスの育て方やその種まきについて

夏野菜の中でもひときわ濃い紫が特徴なのがなすびです。日の光をたくさん浴びて、油炒めにとても合う野菜ですが、家庭でも育てることができます。なすびには食物繊維がたくさん含まれており、このほかにはカルシウムや鉄分やカリウムなどのミネラル成分もたくさん含まれています。

おすすめな初心者のなすびの育て方

したがって健康野菜とも呼ばれています。なすびの栽培方法には、移植栽培や直まき栽培があります。しかし初心者のなすびの育て方としては、苗から育てるという移植栽培をおすすめします。なすびの収穫時期の特徴としては、その期間が長いと言うことです。

したがって収穫のピークが過ぎた後でも、7月頃には秋なすびの収穫を楽しむことができます。なすびの植え付け時期は4月から6月上旬となっています。そして収穫時期は6月中旬から10月上旬までとなっています。なすびの種まき方法は、定植しやすいようにポットにまくようにします。

ここから苗になるまでに80日程度かかります。直接畑に種をまく場合には、土をしっかりと耕して肥料を混ぜておくようにします。なすびの育て方のポイントは次のようになっています。なすびを育てるための適温は15度から18度で、昼間の温度は28度から30度で最もよく育ちます。

なすびの成長過程で注意する点

しかし10度以下では成長が悪くなるので気をつけるようにします。また日光が不足してしまうと紫色がきれいに出なくなります。したがってできるだけ日当たりをよくするようにします。なすびは温度が高いところを好みます。したがってあまり早く苗を植えすぎないようにします。

そして乾燥に弱いと言うことでしっかりと水やりを行うようにします。また収穫のときにも注意が必要です。収穫のときに肥料が少なくなってしまうと、実の出来具合が悪くなるので、肥料を与えるタイミングをしっかりと見極めるようにします。

なすびの育て方 苗の選び方

なすびには連作障害があります。5年から6年は同じ場所に苗を植えることができません。初心者は苗から植えるのが簡単ですが、このときによい苗の選び方があります。苗はできるだけ節の太いしっかりとしたものを選ぶようにします。

そして実際に植える2週間前には植える土の環境を整えるようにします。このときに使う土は保湿性のあるものを選ぶようにします。苗と苗の間隔は約60センチメートルほど離して植えるようにします。

熱さに強い野菜となっていますが、夏場はとくに乾燥を防ぐために、藁を5センチメートルから8センチメートル程度敷いておくとよいです。土の表面が乾燥してきたら水をあげるようにします。夏場は土の温度が低い朝や夕方の時間帯に水やりをするようにします。花が開いてから20日から25日で収穫ができるようになります。

下記の記事も詳しく書いてありますので、興味があれば参考にして下さい♪
ナスの育て方

pixta_iwakomagiku

イワコマギクの育て方

イワコマギクは和名としてだけではなく、原産地となる地中海海岸地方においてはアナキクルスとしての洋名を持つ外来植物であり、...

pixta_anakanpuseros

アナカンプセロス、アボニアの育て方

種類としてはスベリヒユ科になります。多肉植物で、多年草となります。高さとしては3センチから10センチぐらいですから土から...

pixta_dokudami

ドクダミの育て方

ドクダミは、ドクダミ科ドクダミ族の多年草であり、ギョウセイソウやジゴクソバ、ドクダメとも呼ばれています。

pixta_rikyubai

リキュウバイ(バイカシモツケ)の育て方

リキュウバイは別名バイカシモツケと言われています。育て方も簡単で、原産地は中国北中部が生息地になっています。栽培して大き...

pixta_sprekeria

スプレケリアの育て方

スプレケリアは別名「ツバメズイセン」と呼ばれる球根植物で、メキシコやグアテマラなどに1種のみが分布します。スプレケリアは...

pixta_prumeria

プルメリアの育て方

プルメリアの原産地は熱帯アメリカで、生息地も熱帯がほとんどですので、日本では基本的に自生していませんし、植物園などに訪れ...

pixta_gennoshouko

ゲンノショウコの育て方

この植物の原産地と生息地は東アジアで、中国大陸から朝鮮半島を経て日本全国に自生しているということですので、昔から東アジア...

pixta_nichinichi

ニチニチソウの育て方

ニチニチソウに日本に渡来したのは1780年頃のことだといわれています。渡来してからの歴史が浅いので日本の文献などに出てく...

pixta_kasiwaajisai

カシワバアジサイの育て方

カシワバアジサイは古くからアジサイ類の仲間として広く親しまれてきました。日本でも奈良時代後期の万葉集にアジサイのことが詠...

pixta_aramanda

アラマンダの育て方

アラマンダはキョウチクトウ科 Apocynaceaeのアリアケカズラ属 Allamanda Linn. の植物です。原産...

スポンサーリンク

pixta_hanegi

ネギとミツバの栽培方...

ネギは中央アジア原産のユリ科の多年草で、白ネギ(長ネギ)...

pixta_sanbitaria

サンビタリアの育て方

サンビタリアは北アメリカの南から中南米を中心にした地域に...

pixta_manryou

マンリョウの育て方

江戸時代より日本で育種され、改良も重ねられた植物を古典園...

pixta_pterosteris

プテロスティリスの育...

プテロスティリスは、オーストラリアの南東部が主な生息地で...