日本の未来と、植物、食物における無農薬栽培の育て方のあり方。

日本の未来と、植物、食物における無農薬栽培の育て方のあり方。

日本の自給自足率が一向に上がらない今日です。国は農協解体へとメスを入れ始めているようですが、既存の農家からの反対も強く、今後の展開が気になります。

無農薬栽培について

果たして日本の農業はどう変わっていくのでしょうか。植物、食物を栽培し、農協へ買い取ってもらうというシステムから変革が必要な時期なのは明確です。その中でも、注目を受けているのが無農薬栽培です。

言葉で書くのは簡単ですが、育て方が非常に難しい農法の1つでしょう。なぜそんなに無農薬栽培が注目されているのでしょう。食料がなかった戦後の頃は、国民全体が食べることで精一杯でした。

現代の食生活について

現代はどうでしょう。ごく一部の人を除いて、食べるものがなくて餓死してしまうと言うことは希です。そのぐらい、飽和状態になっているのです。食品も物も情報も、あらゆる物が飽和状態です。人間、食に対して問題が無いと、欲は別な方面へ移っていきます。

生活するための家電に関しても、家に一切無いという家を探す方が難しいのではないでしょうか。欲の行き着く先は、贅沢三昧であるのでしょうが、どんなに裕福になろうとも勝てないのが病気です。

病気や入院など、病院の世話になったことがない人からすると、全く想像がつかないかもしれませんが、裕福だからと言って病気に勝てるわけではありません。特に昨今多い、「がん」「脳卒中」「心筋梗塞」などで、闘病生活を余儀なくされている方は、

西洋医学では治療ができないと見放され、健康食品や保険診療外の治療に大金をかけるということも珍しくありません。そして行き着く先は、「バランスの取れた食事」「適度な運動」「ストレスを溜めない」ということが、闘病にはいかに大切かがわかります。

無農薬栽培の育て方の難しさとは?

特に人間の活動するための燃料になる食事。何気なく口にしている食べ物にも残留農薬が少なからず含まれており、意識せずに食事をとっている人が多い中、原発の問題で、よりいっそう無農薬栽培の食品が注目されているわけです。

無農薬栽培で育てた植物は、体に害となる物質を含みませんので、健康を気にする人からは絶賛されるわけです。味がおいしいことは言うまでも無いですが、人間様がおいしいというのですから、虫や獣たちからすると、農薬を使っていない植物は大のごちそうになるわけです。

育て方はシンプルですが、栽培していくのには、自然と生き物たちとの戦いになります。鳥獣被害が拡大している地域からすると、楽観視できない問題でもあります。国としては、こういった現実も踏まえて補助できるような仕組み作りを考えていくことも急務でしょう。

そして、こういった無農薬栽培の育て方が、日本中で広まり、日本の自給率や若者の雇用、海外との競争力が高まって来たとき、新しい日本の未来が見えていくのではないかと思います。

pixta_begonia

球根ベゴニアの育て方

ベゴニアの原種は、オーストラリア大陸を除いたほぼ世界中の熱帯や亜熱帯地域に分布しています。ベゴニア自体は日本でも原種が存...

pixta_virjiniastock

バージニアストックの育て方

バージニアストックは、別名マルコミアと呼ばれるアブラナの仲間です。花がストックに似ていることからこのような名前が付けられ...

pixta_wildstrovery

ワイルドストロベリーの育て方

ワイルドストロベリーの特徴は野生の植物に見られる強さがあることです。踏まれても尚踏ん張って生きている雑草に例えることがで...

pixta_violla

ビオラの育て方

ビオラの生息地は世界中に広がっており、温帯地帯に500種ほどが自生しているとされ、私たちにとってもっとも身近な植物の一つ...

pixta_keratosutexuguma

ケラトスティグマの育て方

中国西部を原産としているケラトスティグマは明治時代に日本に渡ってきたとされています。ケラトスティグマの科名は、イソマツ科...

pixta_livingstondazy15

リビングストンデージーの育て方

リビングストンデージーの特徴として、まずは原産地となるのが南アフリカであり、科・属名はツルナ科・ドロテアンサスに属してい...

pixta_spirokisine

スピロキシネの育て方

こちらについてはキンバイザサ科になっています。別にコキンバイザサ科に分類されることもあります。園芸分類としては球根になり...

pixta_astrantia

アストランティア・マヨールの育て方

アストランティア・マヨールは、中央・西部ヨーロッパが原産のセリ科の宿根草で、生息地は主にヨーロッパからアジアの西部にかけ...

pixta_sirodamo

シロダモの育て方

現在に至るまでに木材としても広く利用されています。クスノキ科のシロダモ属に分類されています。原産や分布地は本州や四国や九...

pixta_hisakaki

ヒサカキ(実)の育て方

ヒサカキは、日本でもよく見られる低木ですが、よく神社などにあります。それは榊の代わりに玉串などで用いるからで、仏壇などに...

スポンサーリンク

pixta_kumamosou

西洋クモマソウの育て...

原産地はヨーロッパ北部といわれています。漢字で書くと雲間...

pixta_himeryukinka

ヒメリュウキンカの育...

ヒメリュウキンカの原産はイギリスで、生息地は山野の湿った...

pixta_oogiku

大ギクの育て方

花色や花の形、品種が大変豊富な秋の代表花である大ギク。菊...

pixta_eremofila

エレモフィラの育て方

エレモフィラと言う植物は比較的最近になってもたらされた植...