バコパの育て方

バコパの育て方

バコパの歴史はとても古いです。とても意外なことではありますが、インドでは約3000年前から人々の間でハーブとして愛用されていたということが言われています。具体的には、インドの伝統医学とされているものの中で人々の精神を安定させるために利用されていたり、利尿効果を得るために利用されていたとされています。

バコパの育てる環境について

バコパは摘芯をするとしっかりとした苗を育てることができます。冬を無事に乗り越えるには霜が葉っぱなどにたくさん当たったり、凍結しなければ良いとされています。場合によっては花が少し冬でも咲くことがあります。どうしても、冬の寒さが心配な場合はベランダがある場合は

ベランダに鉢植えであれば移動したり、軒下など直接、霜などが付きにくいところに移動したりすると安心です。そして、寒冷地では日当たりの良い室内で育てるといいでしょう。自分自身が夏場がとても暑い地域なのか、冬場がとても寒い時期なのか等、

どのような環境で暮らしているのかを考えながら、鉢植えにするか庭植えにするかを決めることが大切です。また、夏の暑さにとても弱いです。 暑さに負けないようにするためには葉っぱの数を少なくしたり、切り戻しをして風通しを良くすればいいです。

切り戻しをすることで株の数も増えます。 育てる環境でおススメなのは、日当たりのいい場所です。ただ、できるだけ西日がたくさん当たる場所は避けるようにすると、土が乾燥して傷むこともありません。バコパは草丈が低くて地を這う習性があるのでグランドカバーに向いています。

できれば広がってもいいような場所を選ぶといろいろと気にすることなく育てることができます。 1年を通して気を付けておくべき時期は、夏と冬ということを理解しておけば立派な苗をどのような環境でも育てることができると言っても過言ではありません。

バコパの種付けや水やり、肥料について

バコパの水やりの仕方としては、土が乾いたらたっぷりあげるといいでしょう。もちろんこれは、鉢植えの場合です。庭植えの場合は、基本的にほとんど水やりをする必要はありません。水やりの手間や育てやすさを考えてから、鉢植えと庭植えのどちらにするかを決めるといいです。

バコパは一般的に湿気を好むとされていますが、水のあげすぎは逆に根っこが元気ではなくなってしまう可能性が高くなるので日頃から十分注意しておくといいでしょう。そのため、鉢植えの場合は土が少しでも湿気があったり乾いていなかったりする時は水やりを控えるのが良いでしょう。

また、夏場は土が乾きやすいので1日に2回水をあげるようにすると問題なく育てることができます。 また、肥料をあげるタイミングとしてはバコパが開花する時期にあげると良いです。もっと具体的に説明すると、1週間に1回くら液体タイプの肥料をあげるようにするといいです。

また、肥料のあげすぎは花が咲く数も少なくなりやすいので、様子を見ながらあげると失敗しなくてすみます。せっかく育てていても十分に花が咲かないとなると、少し残念な気持ちにもなるのでたくさん花が咲いてほしいという気持ちがある場合は肥料は慎重に与える必要があります。

そして、寒くなる冬も土が乾かないように細かいところまで注意が必要です。そして、緩行性の肥料も2ヶ月に1度のペースで場合によってはあげるといいでしょう。液体タイプと緩行性のタイプのものがあるので、どちらが自分自身で管理しやすいかを知りながら肥料をあげるとスムーズです。

バコパの増やし方や害虫について

バコパの増やし方には、主に2つあってさし芽とタネまきがあります。まず1つ目のさし芽について簡単に説明します。さし芽をするのに一番良い時期とは、1年のうちに2回あります。それは、3月から6月、9月から10月です。その中でも特に5月から6月がおススメです。

どのようにさし芽をするのかというと、バコパのできるだけ株の根元に近い部分を切るといいでしょう。特に3~4cmを切るとスムーズです。また、2つ目のタネまきですがバコパのタネはとても細かいので丁寧にまき、土を上からかける必要はありません。

そして、育てる上で気を付けておくべき害虫は、アブラムシとオンシツコナジラミです。この2種類の害虫に気を付けておけば丈夫な苗に育てることができると言っても過言ではありません。アブラムシは、4月から11月の新芽にとても発生しやすくなります。

そのため、この時期は特に丁寧に観察しておく必要があります。また、オンシツコナジラミは葉っぱの裏に発生しやすいです。葉っぱの裏ということもあって、気づきにくいですができるだけ早めに発見できるように努力しておくことが大切です。オンシツコナジラミは

どんどん増えると葉っぱを黒くさせてしまう可能性があるので注意しておくといいでしょう。できるだけ、増えてしまう前に枝を短くして切り戻しておくと安心して育てることができます。具体的なオンシツコナジラミの取り除き方としては、枝や葉っぱごと全て取り除いておくとスムーズです。

バコパの歴史

バコパの歴史はとても古いです。とても意外なことではありますが、インドでは約3000年前から人々の間でハーブとして愛用されていたということが言われています。具体的には、インドの伝統医学とされているものの中で人々の精神を安定させるために利用されていたり、

利尿効果を得るために利用されていたとされています。使用記録もきちんと残されていて、紀元前6世紀の古代インドの医学的な文献でも他の利用方法として、てんかんの治療や記憶力を向上させるために利用されていたということが分かっています。

また、ゴマノハグサ科という水草の一種であるということも有名です。昔からインドでは、医学が進んでいたということが世界的にも言われていますが、ただ花を観賞するだけではなくハーブや薬剤として医学の分野でも活用していたというのは近代的な考えがいち早く取り入れられていた証拠であるとも言えます。

バコパが癒しの効果が期待できるということはもちろんですが、脳にも効果が期待できるというのは今の医学ではしっかりと納得できる理由がデータとして示すことが可能ですが昔はそれは難しいということを考えると、インドの医学というのは今の医学では予想できないくらい

様々な情報やあらゆる発想を生かしながらバコパの医療の中での利用法を考えていたということが言えます。当時の医療従事者のバコパの活用法とそれを受け入れて治療を受けた患者のどちらも素晴らしいということが言えます。

バコパの特徴

バコパの生息地は南アフリカで一般的には約130種くらい自生しているとされています。また、バコパは多年草ですが日本では環境の違いから一年草と考えておけばいいでしょう。そして、原産も生息地と同じ南アフリカです。驚くべきことに、人を癒すことができるハーブとして有名で

私たちの脳にもとても良いということが世界的な研究でも発表されています。そして、癒しとも関係してきますがメンタル面にも良い作用があり、ストレスから守る役割もあるとされています。特徴としては、葉っぱ自体はとても小さく、地を這うようにして

たくさんの可愛い花が咲くということが挙げられます。そのため、この特徴を生かすためにはハンギングやコンテナなどの縁に植えると良さが見る人に伝わりやすいということで様々な場面で栽培されています。美しい花を咲かせる上に、ハーブとしての効能もあるということで、万能であると言えます。

特徴を生かしながら、大切に栽培していくということが本来の花の美しさをたくさんの人に対して表現することができるということが言えます。もちろん、花がキレイということもありますが茎も下垂するので珍しくキレイに見えるということもあります。

花期もとても長く、育て方もシンプルなので初心者にもおススメです。また、花の色は白やピンク、うす紫などの人気色から葉っぱに近い色やライム色などがあります。色のバリエーションも豊富なので、植える側も楽しみながら選ぶことができます。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ハブランサスの育て方

pixta_kokabu_01

小カブの育て方

カブは煮物、サラダ、漬物など色々な食べ方が出来る野菜であり、煮込む事で甘みが増すため、日本料理には欠かせない食材となって...

pixta_kyuuri

キュウリの育て方について

キュウリは、夏を代表する野菜であり、カリウム・ビタミンC・カロチンなどの栄養素が豊富に含まれた野菜です。浅漬けにしたり、...

pixta_tyaborindou

チャボリンドウの育て方

チャボリンドウは、アルプスやピレネー山脈の草地原産の常緑の多年草です。チャボといえば、茶色を基調とした鶏の色をイメージす...

pixta_nazuna111

ナズナの育て方

植物分類としては、アブラナ科のナズナ属となります。高さは20から40センチで、花の時期は2月から6月にかけて。ロゼッタ状...

pixta_osiroibana

オシロイバナの育て方

日本に入ってきたのは江戸時代に鑑賞用として輸入されたと言われており、当時この花の黒く堅い実を潰すと、白い粉が出てきます。...

pixta_kangarupo

カンガルーポー(アニゴザントス)の育て方

ハエモドルム科の植物で、生息地はオーストラリア南西部です。別名「アニゴザントス」とも呼び、咲いた花の形状がオーストラリア...

pixta_kanamemoti

カナメモチの育て方

カナメモチの原産は日本や中国などで、国内の生息地は伊豆半島より西側、四国や九州など比較的暖かい地域に分布しています。カナ...

pixta_kurokosumia

クロコスミアの育て方

クロコスミアは、モントブレチアやヒメヒオウギズイセンと言った別名を持つ球根植物の多年草の植物です。ヒメヒオウギズイセン(...

pixta_purunera

プルネラの育て方

北アメリカやヨーロッパなどに自生するシソ科の植物で、別名西洋ウツボグサと呼ばれています。日本でもプルネラの仲間でウツボグ...

pixta_kaneshon

カーネーションの育て方

母の日の贈り物の定番として、日本でも広く親しまれているカーネーションですが、その歴史は古くまでさかのぼります。もともとの...

スポンサーリンク

pixta_tamanegi_01

玉ねぎの育て方

中央アジアが原産といわれていますが、野生種は確認されてお...

pixta_omodaka

オモダカの育て方

オモダカは、オモダカ科オモダカ属の抽水植物、湿生植物で多...

pixta_hoya

ホヤ(サクララン)の...

花の名前からラン科、さくらの科であるバラ科のように考えて...

pixta_ringo15

リンゴの育て方

リンゴの特徴として、種類はバラ目、バラ科、サクラ亜科にな...