ハブランサスの育て方

ハブランサスの育て方

ハブランサスは、中南米を原産とする植物です。生息地では雨の後に開花するために、「レインリリー」と呼ばれることもあります。ハブランサスという名前は、ギリシャ語で優雅を意味する「Habros」と、花を意味する「Anthos」から作られた言葉です。

育てる環境について

日当たりの良い場所を好みますから、できるだけ日当たりの良い場所を選びましょう。中南米の植物ですから、どちらかというと暖かい気候のほうが適しています。寒さに弱いものもありますが、品種によっては寒さに強いものもあります。一概に耐寒性があるかどうかとは言えませんから、

それぞれの品種が寒さに強いのかどうかを良く把握しておいた方が良いです。寒さが厳しい地域では冬を越せない場合もありますが、関東よりも西の地域であれば庭植えしても冬越しできることが多いです。寒い地域では霜の当たらない軒下などが適しています。

霜が降りると弱ってしまうことがあります。庭で植える場合も同じで、霜が降りないように、霜よけした場所を選ぶのが良いです。土壌については水はけの良い場所を好みます。水はけさえ良ければ他のこととは関係なくよく育ちます。ですから、鉢植えにする場合には、

赤玉土6に対して腐葉土4の割合で混ぜ込みます。庭植えの場合にも水はけを良くすることを目的として考えていくと良いでしょう。たとえば、腐葉土や堆肥を十分に混ぜ込んでおくと水はけが良くなります。球根を十分に育てると花つきが良くなってきます。

そのためにはしばらく植え替えをせずに植えっぱなしにしておく方が良いです。寒さの心配がないのなら3年から4年くらいは同じ場所で育てると考えておいた方が良いですから、庭植えの場合には将来の庭のことも考えて植える場所を決めることが必要です。

種付けや水やり、肥料について

鉢植えでも庭植えでもどちらでも育てることができます。ポイントはいくつかあります。まず暖かくなってきてから植えることです。植え付けは3月から4月くらいが基本ですが、地域によって異なります。対感染が強くないものが多いですから霜が降りないようになってから行うようにするのが良いです。

植える時期が早いと、芽が出ないだけではなくて、球根が傷んでしまうこともありますから注意が必要です。植え付けるときには、詰め気味のほうが良く育ちます。たとえば3号鉢に3個から5個くらい植えます。地植えの場合には5センチ間隔くらいでも良いです。

植え付けるときには、できるだけ浅くするようにします。鉢植えの場合、球根の先端が土にやっとかくれるくらい、ぎりぎりの深さにしておくと良いでしょう。庭植えの場合にもできるだけ浅くして、土が1センチくらいかぶるくらいにしておくと良いです。

土が乾くと水を十分に与えるというようにして水やりをしていくと良いです。自生している地域では乾燥した時期に生育しますから、どちらかというと乾燥を好むように思われがちですが、生育期には他の植物と同じで水を必要とします。

完全に乾いてしまうと成長が鈍りますからしっかりと水やりをすることは必要です。ただ、加湿には弱いですから、乾いてから水を与えるようにします。冬は休眠しますから与えない方が良いです。昼用はなくてもかまいません。花茎が伸びてきたときに、薄めの液体肥料を少し与えても良いです。

増やし方や害虫について

ハブランサスの増やし方は分球と種まきの二つです。分球とは、球根を分けることを指します。3年から4年くらい経つとかなり球根が成長します。この状態になれば球根を分けることができますから、分けて別の場所に植えると芽を出します。球根は詰め気味のほうが育ちやすい傾向があります。

他の植物では少し詰めすぎくらいで育ちやすいですから、あまり早くに分けると育ちにくくなります。ですから、球根がぎちぎちに詰まっている状態になってから分けるのが良いです。春に行うのが良いです。タネで増やすこともできます。タネをとればすぐにまきます。

発芽に適した温度は15度くらいです。これより低いと発芽しませんから注意が必要です。種から増やした場合には、球根が大きくならないと花が咲くまで大きくはなりませんから、花を楽しむまでには時間がかかります。2年から3年くらいかかることが多いです。

タネで育てると、少し違ったタイプのものが生まれる可能性があります。花の形や大きさ、色が違うものがある場合もあります。多くの場合にはあまり違いはありませんが、ごくたまに変わったものが生まれることがあり、それを新しい品種として増やしていくこともできます。

これも一つの楽しみ方です。分球で増やした場合には遺伝的に全く同じになりますから、花の色や形については同じものが生まれるでしょう。ハブランサスは病気や害虫に強い植物です。ですから、特に注意しなくても良いでしょう。

ハブランサスの歴史

ハブランサスは、中南米を原産とする植物です。生息地では雨の後に開花するために、「レインリリー」と呼ばれることもあります。ハブランサスという名前は、ギリシャ語で優雅を意味する「Habros」と、花を意味する「Anthos」から作られた言葉です。

優雅な花という意味です。生息地では10種くらいが自生しています。球根植物ですすから、日本では春に球根を植えると良いです。丈夫な花であるために、花壇に植えるのには適しています。そのため、品種改良も行われていますし、原種もいくつかの種類が日本に持ち込まれています。

品種としてはチェリー・ピンクが有名です。ピンク色の花を咲かせることからこのような名前がついています。寒さに弱いですから育て方は少し難しいでしょう。ハブランサス・ソニーはウルグアイやパラグアイの野生異種です。赤から黄色くらいの花の色をしています。

こちらは耐寒性があります。野生種としてはハブランサス・ツビスパツスも有名です。流通するときには「ロブスツス」という名前になっていることもあります。ハブランサスの仲間の中では最も大きな花を咲かせます。品種改良が行われてきた歴史がありますし、

原種もいくつかの種類があって、それぞれで特徴は異なります。そのため、植える場所に応じたものを選ぶことができるでしょう。たとえば、庭植えにしておきたいのなら耐寒性のあるものを選ぶといった方法は良い方法の一つだと考えられます。

ハブランサスの特徴

ハブランサスを栽培していると、開花期には花茎が伸び始めて2日から3日くらいで花を咲かせます。突然花が咲くようなイメージがあり、この意外性を楽しむことができます。一つの花の寿命はあまり長くはありませんが、一つがしおれると、また別の花茎が伸びてきて花を咲かせます。

このあたりが他の花と違うところで、少し楽しむことができます。一つの球根からは一つの花が咲かないことが多いのですが、大きめの球根を選ぶと何度か花を楽しめることもあります。ですから、大きい球根を選んでおいた方が良いと考えられます。

寒さにはやや弱いものが多いですが、品種によっては少し強いものもあります。元々中南米の暖かい地域に咲く花ですから、暑さには弱くはありません。日当たりの良いところを好みます。寒さがあまり厳しくない地域なら庭植えで楽しむこともできます。

花は7月から10月くらいに楽しむことができます。15センチから25センチくらいの背丈になるものが多く、花は5センチから10センチくらいです。耐寒性についてはある程度強くて、関東よりも西の地域であれば、地植えで冬を越すことができます。

大まかな特徴はこのようになっていますが、それぞれの品種によって多少の違いがあるという点には注意が必要です。少し早い時期に咲くものもあれば、遅い時期に咲くものもあります。数年間は植えっぱなしで良いですから、手間がかからずに花を楽しむことができるでしょう。

pixta_hasu11

ハスの育て方

ハスはインド亜大陸を原産とするハス科の水生植物です。その歴史は植物の中でも特に古く、1億4000万年前には既に地球上に存...

pixta_pakisutakisu

パキスタキスの育て方

キツネノマゴ科に分類される低木です。樹高は0.5mから1m程度ですが、放置すると2mほどになることもあります。熱帯性なの...

pixta_juzusango

ジュズサンゴの育て方

花期は夏から秋頃になります。果実が見煮るのは9月から11月頃、ヤマゴボウ科の常緑多年草です。葉は互生し、長卵形をしており...

pixta_mokuren

モクレンの育て方

中国南西部が原産地である”モクレン”。日本が原産地だと思っている人も多くいますが実は中国が原産地になります。また中国や日...

pixta_naitofurokusu

ナイトフロックスの育て方

ナイトフロックス(nightphlox)とは属名に「ザルジアンスキア」という名前を持ったゴマノハグサ科の植物です。原産国...

pixta_turunitisou

ツルニチニチソウの育て方

夾竹桃(きょうちくとう)科に属しているツルニチニチソウは、学名を「Vinca major」「Vinca」といい、ツルニチ...

pixta_kuretimasu

クレマチス ネリー・モーサーの育て方

この花についての特徴としては、まずはキンポウゲ目、キンポウゲ科、キンポウゲ亜科の種類となります。さらにセンニンソウ属に属...

pixta_bshukinia

プシュキニアの育て方

プシュキニアはトルコやレバノンの辺りを生息地としている高原に咲く花として知られている花です。球根が取れる花であるという特...

pixta_kurisansemamu

クリサンセマム・ムルチコーレの育て方

クリサンセマム・ムルチコーレの生息地は、ヨーロッパ西部と北アフリカなどの地中海沿岸です。アルジェリア原産の耐寒性または、...

pixta_mimuras

ミムラスの育て方

種類としてはゴマノハグサ科、ミムラス属となっています。園芸分類としては草花として扱われます。生息地においては多年草として...

スポンサーリンク

pixta_nantenhagi

ナンテンハギの育て方

ナンテンハギはマメ科でありますが、他のマメ科の植物がツル...

pixta_sankirai

サンキライの育て方

英名は「Chinaroot」で科目はサルトリイバラ科です...

pixta_ooba

植物を育てたことがな...

大葉は日本の風土でよく育つ植物です。育て方も簡単で家庭菜...

pixta_ajiantam

アジアンタムの育て方

アジアンタムはワラビ科の観葉植物ですが、そのほかにも造花...