植物の上手な育て方は土にある

植物の上手な育て方は土にある

花・ハーブ・野菜などの様々な植物の育て方や栽培方法は種類によって様々で、土・肥料・水やり・置場所などによって育ち方にも影響が出てくるのでしっかりした知識が必要となります。

植物を育てる上で重要なポイントとは?

栽培に肝心なのが根を生やすための土作りにあり、ヒヤシンスの場合には水に根を生やす水栽培であることから水やりが肝心となります。一般的な花などの植物は土に植えることから、大切なのは根の生育になります。植物は葉・茎・根があり、根の部分で栄養分・水分をグッと吸収して育ちます。

茎や葉に艶・太さを与えるためにも根の生育状態はポイントになり、根の生育環境の良い土を選ぶことが重要です。土は園芸用の土を使うのが枯れない・腐らせない強い根を作ってくれます。さらに土には養分が必要不可欠で、養分が足りていないと生育が悪くなり、花・実つきが悪くなってしまいます。

肥料の与え方の注意点

肥料は必須で、肥料成分の種類また働きに応じて使い分けることも栽培では大切なポイントです。一番必要な肥料にはチッ素をはじめリン酸・カリが挙げられ、不足してしまうと病気や害虫が付きやすく生育が悪くなります。

チッ素は葉や茎などの生育を促してくれて葉の色を鮮やかな濃さにしてくれます。リン酸は開花・結実を促してくれて根をしっかり張り巡らせる働きがあり、カリは根や茎・葉を丈夫にして病気にかからない強さを与えてくれます。

植物は育て方が種類によって異なるため、例えば、観葉植物の場合にはチッ素が豊富な肥料が望ましく・花や果樹などはリン酸・カリは野菜や球根類に適している肥料となります。その他の肥料としては根の発育や果実の成熟に欠かせないカルシウムや葉緑素を作ってくれるマグネシウム・硫黄・鉄などがあり、健康維持に必要な成分です。

育て方で大事なのは肥料の与え方にもあり、元肥は植えつける前に土に施す肥料になっていて、ビオラやバラ・野菜など、様々な種類には元肥が必要です。その他、追肥は実や花をつける植物に不可欠であり、時期を見ながら肥料を与えます。

水やりや置き場所の注意点

さらに水やりも植え付け時にはたっぷりと水を与え、表面の土が乾いてきたら湿らせる程度の水やりを行いますが、花の場合には上から水をかけるのではなく土にかけることが大切で、葉や花が病気にかかる確率がグッと低くなります。

さらに室内向きの花などは置場所もポイントで、日光にあたり過ぎない場所を選び、日中は適度に日に当てることで光合成を促してあげます。例えば、冬の時期にクリスマスローズが人気を集めていますが、寒さや暑さに強く日陰でも育てやすいため、

鉢植えでの育て方もオススメできるのでビギナー向けでもあり、室内外で気軽に育てられます。水やりも土が乾いてからあげるだけでしっかり育つため人気の植物で、こうした情報を参考に育てるのが大切です。

pixta_pabonia

パボニアの育て方

パボニアはブラジルが原産の植物で、赤い苞が鮮やかな低木の熱帯植物になります。尚、この植物はアオイ科、 ヤノネボンテンカ属...

pixta_kazania

花の栽培を通して喜びを感じる

手作りの物を口にしたり、目の保養をする事ができたら、こんなに素晴らしい事はないと考えている人は多く、実際に実行に移す人の...

pixta_korianda

コリアンダーの育て方

地中海東部原産で、各地で古くから食用とされてきました。その歴史は古く、古代ローマの博物学者プリニウスの博物誌には、最も良...

pixta_komatsuna

コマツナの育て方

コマツナの歴史は国内では江戸時代まで遡ります。東京の江戸川区の小松川で栽培されていたことが、小松菜という名前になった由来...

pixta_dokuzeri

ドクゼリの育て方

ガーデニングなどの植物を育てるということは、本来自然にある自生の植物を自分の所有する庭に囲い込み、好みに合わせた箱庭を作...

SONY DSC

エロディウムの仲間の育て方

フウロソウ科エロディウム属に属する品種なので、厳密には異なります。和名ではヒメフウロソウと呼ばれており、良く似た名前のヒ...

pixta_sikakumame

シカクマメの育て方

シカクマメは日本でも食されるようになってきましたが、どちらかというと熱帯を原産とする植物です。元々の生息地は東南アジアや...

pixta_tororoaoi

トロロアオイの育て方

トロロアオイは花オクラとも呼ばれるアオイ科の植物の事です。見た目はハイビスカスみたいなとても美しい花を咲かせます。この花...

pixta_sira

シラーの育て方

シラー(Scilla)とは、ユリ科の植物で別名はスキラー、スキラ、スキルラと呼ばれております。学名の「Scilla」は、...

pixta_agapansasu

アガパンサスの育て方

生息地の南アフリカから明治時代の中ごろに日本に伝わりました。最初に伝わったのはアフリカヌスという品種だと言われています。...

スポンサーリンク

pixta_barbena

バーベナの育て方

バーベナは、クマツヅラ科クマツヅラ属(バーベナ属とも)の...

pixta_matubaran

マツバランの育て方

マツバランの特徴といえば、やはり面白いその形でしょう。江...

pixta_hourensou_01

プランターで栽培でき...

ほうれん草の生育適温は15~20°Cで、低温には強く0°...

pixta_natuduta

ツタ(ナツヅタ)の育...

ツタはナタヅタともいい、ブドウ科ツタ属のツタ植物です。古...