植物の上手な育て方は土にある

植物の上手な育て方は土にある

花・ハーブ・野菜などの様々な植物の育て方や栽培方法は種類によって様々で、土・肥料・水やり・置場所などによって育ち方にも影響が出てくるのでしっかりした知識が必要となります。

植物を育てる上で重要なポイントとは?

栽培に肝心なのが根を生やすための土作りにあり、ヒヤシンスの場合には水に根を生やす水栽培であることから水やりが肝心となります。一般的な花などの植物は土に植えることから、大切なのは根の生育になります。植物は葉・茎・根があり、根の部分で栄養分・水分をグッと吸収して育ちます。

茎や葉に艶・太さを与えるためにも根の生育状態はポイントになり、根の生育環境の良い土を選ぶことが重要です。土は園芸用の土を使うのが枯れない・腐らせない強い根を作ってくれます。さらに土には養分が必要不可欠で、養分が足りていないと生育が悪くなり、花・実つきが悪くなってしまいます。

肥料の与え方の注意点

肥料は必須で、肥料成分の種類また働きに応じて使い分けることも栽培では大切なポイントです。一番必要な肥料にはチッ素をはじめリン酸・カリが挙げられ、不足してしまうと病気や害虫が付きやすく生育が悪くなります。

チッ素は葉や茎などの生育を促してくれて葉の色を鮮やかな濃さにしてくれます。リン酸は開花・結実を促してくれて根をしっかり張り巡らせる働きがあり、カリは根や茎・葉を丈夫にして病気にかからない強さを与えてくれます。

植物は育て方が種類によって異なるため、例えば、観葉植物の場合にはチッ素が豊富な肥料が望ましく・花や果樹などはリン酸・カリは野菜や球根類に適している肥料となります。その他の肥料としては根の発育や果実の成熟に欠かせないカルシウムや葉緑素を作ってくれるマグネシウム・硫黄・鉄などがあり、健康維持に必要な成分です。

育て方で大事なのは肥料の与え方にもあり、元肥は植えつける前に土に施す肥料になっていて、ビオラやバラ・野菜など、様々な種類には元肥が必要です。その他、追肥は実や花をつける植物に不可欠であり、時期を見ながら肥料を与えます。

水やりや置き場所の注意点

さらに水やりも植え付け時にはたっぷりと水を与え、表面の土が乾いてきたら湿らせる程度の水やりを行いますが、花の場合には上から水をかけるのではなく土にかけることが大切で、葉や花が病気にかかる確率がグッと低くなります。

さらに室内向きの花などは置場所もポイントで、日光にあたり過ぎない場所を選び、日中は適度に日に当てることで光合成を促してあげます。例えば、冬の時期にクリスマスローズが人気を集めていますが、寒さや暑さに強く日陰でも育てやすいため、

鉢植えでの育て方もオススメできるのでビギナー向けでもあり、室内外で気軽に育てられます。水やりも土が乾いてからあげるだけでしっかり育つため人気の植物で、こうした情報を参考に育てるのが大切です。

pixta_snailflower

スネールフラワーの育て方

スネールフラワーの原産地や生息地は中央アメリカから南アメリカの熱帯地域です。ベネズエラであるというのがよく言われているこ...

pixta_sankirai

サンキライの育て方

英名は「Chinaroot」で科目はサルトリイバラ科です。原産国は日本や中国、朝鮮半島、インドシナ半島などのアジアを主な...

pixta_hayatouri

ハヤトウリの育て方

原産地はメキシコ南部から熱帯アメリカ地域で、アステカ文明やマヤ文明のころから食べられてきたと記録されている野菜です。はじ...

pixta_nefurorepisu

ネフロレピスの育て方

ネフロレピスはシダの仲間に属する植物で、亜熱帯地方や熱帯地域を主な生息地として世界中に分布しています。中米を原産とし、現...

pixta_panpasuglasu

パンパスグラスの育て方

パンパスグラスの原産地はアルゼンチン・ブラジル南部とされていて、南米のパンパと言われる地域に自生している事からこの名前が...

pixta_bakopa

バコパの育て方

バコパの歴史はとても古いです。とても意外なことではありますが、インドでは約3000年前から人々の間でハーブとして愛用され...

pixta_guramato

グラマトフィラムの育て方

グラマトフィラムの原産は東南アジアで、暑い地域の植物です。生息地では12種の原種があります。洋蘭の一種で、熱帯からヨーロ...

pixta_suika01

主婦の間で密かなブームとなっている栽培方法

現在、主婦の間で密かなブームとなっているのが、お金のかからない種取り栽培です。これは、スーパーで買ってきた野菜や果物のタ...

pixta_nigana

ニガナの育て方

ニガナはキク科の多年草で、原産地及び生息地は日本や東アジア一帯ということで、広く分布している植物でもあります。日本でも道...

pixta_nanbuinunazuna

ナンブイヌナズナの育て方

ナンブイヌナズナは日本の固有種です。つまり、日本にしか自生していない植物です。古くは大陸から入ってきたと考えられますが、...

スポンサーリンク

pixta_noasagao

ノアサガオの育て方

ノアサガオなどの朝顔の原産地や生息地はアメリカ大陸で、ヒ...

pixta_kyuuri

キュウリの育て方のポ...

水分を豊富に含むキュウリは、原産地はインドやヒマラヤであ...

pixta_ingen_01

インゲンの育て方

豆の栽培は農耕文化が誕生したときから穀類と並んで始まった...

pixta_komatsuna

コマツナの育て方

コマツナの歴史は国内では江戸時代まで遡ります。東京の江戸...