サボテンの育て方のコツとは

サボテンの育て方のコツとは

生活の中に緑があるのは目に優しいですし、空気を綺麗にしてくれるので健康にも良いものなのです。空気清浄機のように電気代がかかりませんので、節約にもなりますので一石二鳥です。植物は種類によって育て方や栽培方法が異なりますので、それに見合った方法でお世話をする必要があります。

サボテンの育て方

知識もあまり必要とせず、初心者でも育てやすい物はサボテンです。植物には毎日水やりをしなければならないと思われますが、サボテンは毎日水やりをしなくても良いのです。もともとサボテンは乾燥地帯にあるものですから、水が少ないことが適した環境だからです。

水が多い土では、根が腐ってしまい育たなくなってしまいますので、その点に注意が必要です。水やりの頻度は、季節によって変わります。夏では土の乾燥も早まりますが、これはサボテンにとって最適な環境です。一日に一回から二回程度の少量の水やりが必要です。

他の植物のように鉢の底から水が出る程多くなく、土の表面が湿る程度で良いです。寒い時期は室内が望ましいですが、温かい時期では屋外で日光を浴びせるのがおすすめです。ここで注意しなければならないことは、雨には当てないようにすることです。

多量の水分は根が腐ってしまう可能性が高くなり、そうなるとサボテンは土から栄養を吸収できなくなるので枯れてしまうのです。サボテンは育て方のコツがシンプルなので、覚えればとても楽しく応用を用いてオリジナルの形のサボテンを作り上げることも可能です。

サボテンの育て方を知るを見てみるとさらにわかります♪

サボテンを育てる魅力

サボテンは、他のサボテンと合体させることができるからです。まずは二種類のサボテンを用意します。同じ太さのものを選ぶのがポイントです。そして二種類とも、同じ太さだと思われる部分を真っ直ぐに切断し、切断した部分を交代するのです。

これを糸などを使用して固定し、接着するまで乾燥した場所に置きます。およそ10日前後で密着します。この方法を利用すると、根元は細くて頂点が球体のサボテンや、兎やネズミの顔の形のサボテンなどを作ることができます。

サボテンの栽培や育て方についても見て下さい♪

サボテンを育てる注意点

サボテンは水と栄養が少ないところで育っていた植物ですから、水と同様に土の栄養も少量で良いです。必要な時に与えられる液体の追肥がありますので、栄養を与えたい時はこれをほんの少量ずつ土に染み込ませるのがポイントです。濃いものはそのまま与えず、水で薄めてから与えます。

薄めずそのまま与えるタイプであっても、水で少し薄めてから与えるのがおすすめです。一度に多くの追肥をすると、枯れてしまう原因になることもあります。追肥をする回数は、月に1回程度の少ない頻度で良いです。野生のサボテンは水分だけでなく栄養も少ない地域で育っていますので、僅かな栄養で生きられる力があるのです。

観葉植物の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:クジャクサボテンの育て方
タイトル:アガベ(観葉植物)の育て方

pixta_rabatera

ラバテラの育て方

ラバテラは原産地が南ヨーロッパ、北アフリカの植物です。アオイ科ラバテラ属の総称になります。一年草になり、日本には明治に渡...

pixta_augasuta

部屋をいろどる観葉植物

私は5年ほど前から観葉植物を買いました。昔から興味はあったのですが、なかなか手が出せずにいたのですが、友人からおすすめさ...

pixta_kurouea

クロウエアの育て方

クロウエアはオーストラリア島南部原産の、ミカン科クロウエア属の常緑小低木です。クロウエアの名は、イギリスの植物学者・園芸...

pixta_hasikanboku

ハシカンボクの育て方

ハシカンボクは日本が原産とされる植物です。漢字で書くと波志干木となりますが、その名前の由来はわかっていません。また別名を...

pixta_osiroibana

オシロイバナの育て方

日本に入ってきたのは江戸時代に鑑賞用として輸入されたと言われており、当時この花の黒く堅い実を潰すと、白い粉が出てきます。...

zukkini_01

ズッキーニの育て方

アメリカ南部付近、メキシコあたりまでが生息地であり原産地ではないかといわれています。本格的に栽培が始るのがヨーロッパに入...

pixta_yuri

ゆりの育て方

ゆりは日本国であれば古代の時期から存在していました。有名な古事記には神武天皇がゆりを摘んでいた娘に一目惚れして妻にしたと...

pixta_ryuubintai

リュウビンタイ(Angiopteris lygodiifol...

かたまりから葉が四方八方に突き出たようなユニークな形で成長していくリュウビンタイは、その基部が竜のうろこのようであること...

pixta_yuzurui

ユズ(実)の育て方

ユズの実の特徴として、成長して実をつけるまでの時間の長さが挙げられます。桃栗八年とはよく聞くことですが、ゆずは16年くら...

pixta_sayaendou11

サヤエンドウの育て方

サヤエンドウの歴史は大変古く、古代ギリシャ、ローマ時代にまでさかのぼります。生息地や原産は中央アジアから中近東、地中海沿...

スポンサーリンク

pixta_eria

エリアの育て方

特徴としては、ラン科の植物いなります。開花時期としては春...

pixta_bazil_02

ハーブで人気のバジル...

近年、ハーブは私達の生活に身近な植物になってきています。...

pixta_risimakia

リシマキアの育て方

リシマキアは育て方も簡単に行なうことができて、栽培しやす...

pixta_buruclover

ブルークローバーの育...

ブルークローバーはマメ科パロケツス属の常緑多年草です。原...