サボテンの育て方のコツとは

サボテンの育て方のコツとは

生活の中に緑があるのは目に優しいですし、空気を綺麗にしてくれるので健康にも良いものなのです。空気清浄機のように電気代がかかりませんので、節約にもなりますので一石二鳥です。植物は種類によって育て方や栽培方法が異なりますので、それに見合った方法でお世話をする必要があります。

サボテンの育て方

知識もあまり必要とせず、初心者でも育てやすい物はサボテンです。植物には毎日水やりをしなければならないと思われますが、サボテンは毎日水やりをしなくても良いのです。もともとサボテンは乾燥地帯にあるものですから、水が少ないことが適した環境だからです。

水が多い土では、根が腐ってしまい育たなくなってしまいますので、その点に注意が必要です。水やりの頻度は、季節によって変わります。夏では土の乾燥も早まりますが、これはサボテンにとって最適な環境です。一日に一回から二回程度の少量の水やりが必要です。

他の植物のように鉢の底から水が出る程多くなく、土の表面が湿る程度で良いです。寒い時期は室内が望ましいですが、温かい時期では屋外で日光を浴びせるのがおすすめです。ここで注意しなければならないことは、雨には当てないようにすることです。

多量の水分は根が腐ってしまう可能性が高くなり、そうなるとサボテンは土から栄養を吸収できなくなるので枯れてしまうのです。サボテンは育て方のコツがシンプルなので、覚えればとても楽しく応用を用いてオリジナルの形のサボテンを作り上げることも可能です。

サボテンの育て方を知るを見てみるとさらにわかります♪

サボテンを育てる魅力

サボテンは、他のサボテンと合体させることができるからです。まずは二種類のサボテンを用意します。同じ太さのものを選ぶのがポイントです。そして二種類とも、同じ太さだと思われる部分を真っ直ぐに切断し、切断した部分を交代するのです。

これを糸などを使用して固定し、接着するまで乾燥した場所に置きます。およそ10日前後で密着します。この方法を利用すると、根元は細くて頂点が球体のサボテンや、兎やネズミの顔の形のサボテンなどを作ることができます。

サボテンの栽培や育て方についても見て下さい♪

サボテンを育てる注意点

サボテンは水と栄養が少ないところで育っていた植物ですから、水と同様に土の栄養も少量で良いです。必要な時に与えられる液体の追肥がありますので、栄養を与えたい時はこれをほんの少量ずつ土に染み込ませるのがポイントです。濃いものはそのまま与えず、水で薄めてから与えます。

薄めずそのまま与えるタイプであっても、水で少し薄めてから与えるのがおすすめです。一度に多くの追肥をすると、枯れてしまう原因になることもあります。追肥をする回数は、月に1回程度の少ない頻度で良いです。野生のサボテンは水分だけでなく栄養も少ない地域で育っていますので、僅かな栄養で生きられる力があるのです。

観葉植物の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:クジャクサボテンの育て方
タイトル:アガベ(観葉植物)の育て方

雪割草の育て方

さまざまな種類がありますが、その中でも小さくて可愛らしいイメージがあるのが雪割草で、キンポウゲ科ミスミソウ属の多年草の園...

pixta_zazensou

ザゼンソウの育て方

ザゼンソウは、ザゼンソウ属サトイモ科の多年草の草木です。学名はSymplocarpusfoetidusで、漢字では座禅草...

pixta_bindesu

ビデンスの育て方

アメリカを主とし世界じゅうを生息地としていて、日本でもセンダングサなど6種類のビデンスが自生しています。世界中での種類は...

pixta_siran

シランの育て方

シランという植物は、ラン科シラン属の宿根草のことを言います。宿根草は多年生の中でも生育に適していないシーズンには地上部分...

pixta_iwakomagiku

イワコマギクの育て方

イワコマギクは和名としてだけではなく、原産地となる地中海海岸地方においてはアナキクルスとしての洋名を持つ外来植物であり、...

pixta_masdebaria

マスデバリアの育て方

花の分類についてはラン目、ラン科になります。一般的に洋ランと言われる種類の一つとされます。萼片飲みが発達した花として、見...

pixta_seiyouodamaki

西洋オダマキの育て方

西洋オダマキはキンポウゲ科オダマキ属の多年草です。生息地はヨーロッパ、北アメリカ、アジアなどの広範囲に広がっています。オ...

pixta_sukabiosa

スカビオーサの育て方

別名を西洋マツムシソウといいます。英名ではピンクッションフラワーやエジプシャンローズ、スイートスカビオスなどあります。ス...

pixta_sugi

スギ(杉)の育て方

スギが日本に登場したのは200万年前頃で、縄文時代や弥生時代には、すでに日本全国に広く分布していました。日本人が日本人に...

pixta_edamame_03

園芸初心者でもできる枝豆の育て方

枝豆の育て方のポイントは以下のようになります。枝豆の生育適温は25~28度で、高温には強いですが、低温と霜には弱いので、...

スポンサーリンク

pixta_banda

バンダの育て方

原産地は赤道を挟んだ北緯南緯とも30度の間の国々で主に熱...

pixta_rukousou

ルコウソウの育て方

ルコウソウの原産地は熱帯のアメリカで、暖かい気候の土地に...

pixta_sagisou

サギソウの育て方

サギソウはラン科サギソウ属サギソウ種の多年草で、日本や台...

pixta_ezomisohagi

エゾミソハギの育て方

エゾミソハギの特徴について言及していきます。原産地はヨー...