サボテンの育て方のコツとは

サボテンの育て方のコツとは

生活の中に緑があるのは目に優しいですし、空気を綺麗にしてくれるので健康にも良いものなのです。空気清浄機のように電気代がかかりませんので、節約にもなりますので一石二鳥です。植物は種類によって育て方や栽培方法が異なりますので、それに見合った方法でお世話をする必要があります。

サボテンの育て方

知識もあまり必要とせず、初心者でも育てやすい物はサボテンです。植物には毎日水やりをしなければならないと思われますが、サボテンは毎日水やりをしなくても良いのです。もともとサボテンは乾燥地帯にあるものですから、水が少ないことが適した環境だからです。

水が多い土では、根が腐ってしまい育たなくなってしまいますので、その点に注意が必要です。水やりの頻度は、季節によって変わります。夏では土の乾燥も早まりますが、これはサボテンにとって最適な環境です。一日に一回から二回程度の少量の水やりが必要です。

他の植物のように鉢の底から水が出る程多くなく、土の表面が湿る程度で良いです。寒い時期は室内が望ましいですが、温かい時期では屋外で日光を浴びせるのがおすすめです。ここで注意しなければならないことは、雨には当てないようにすることです。

多量の水分は根が腐ってしまう可能性が高くなり、そうなるとサボテンは土から栄養を吸収できなくなるので枯れてしまうのです。サボテンは育て方のコツがシンプルなので、覚えればとても楽しく応用を用いてオリジナルの形のサボテンを作り上げることも可能です。

サボテンの育て方を知るを見てみるとさらにわかります♪

サボテンを育てる魅力

サボテンは、他のサボテンと合体させることができるからです。まずは二種類のサボテンを用意します。同じ太さのものを選ぶのがポイントです。そして二種類とも、同じ太さだと思われる部分を真っ直ぐに切断し、切断した部分を交代するのです。

これを糸などを使用して固定し、接着するまで乾燥した場所に置きます。およそ10日前後で密着します。この方法を利用すると、根元は細くて頂点が球体のサボテンや、兎やネズミの顔の形のサボテンなどを作ることができます。

サボテンの栽培や育て方についても見て下さい♪

サボテンを育てる注意点

サボテンは水と栄養が少ないところで育っていた植物ですから、水と同様に土の栄養も少量で良いです。必要な時に与えられる液体の追肥がありますので、栄養を与えたい時はこれをほんの少量ずつ土に染み込ませるのがポイントです。濃いものはそのまま与えず、水で薄めてから与えます。

薄めずそのまま与えるタイプであっても、水で少し薄めてから与えるのがおすすめです。一度に多くの追肥をすると、枯れてしまう原因になることもあります。追肥をする回数は、月に1回程度の少ない頻度で良いです。野生のサボテンは水分だけでなく栄養も少ない地域で育っていますので、僅かな栄養で生きられる力があるのです。

観葉植物の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:クジャクサボテンの育て方
タイトル:アガベ(観葉植物)の育て方

pixta_ginryousou

ギンリョウソウの育て方

ショウゾウソウ科の多年草ですが、新エングラー体系ではイチヤクソウ科、APG分類体系ではツツジ科に分類されています。属名の...

pixta_baioukaren

バイカオウレンの育て方

バイカオウレンは日本原産の多年草の山野草です。生息地としては、本州の東北地方南部から近畿、中国地方西部などであり、深山の...

pixta_manryou

マンリョウの育て方

江戸時代より日本で育種され、改良も重ねられた植物を古典園芸植物と称しますが、マンリョウもこのような古典園芸植物です。 ...

pixta_mandevila

マンデビラの育て方について

マンデビラはキョウチクトウ科マンデビラ属で、原産地や生息地は北米や中南米です。チリソケイやディプラデニアという別名もあり...

pixta_toumorokoshi_01

トウモロコシの育て方

トウモロコシの育て方のポイントは、日当たり・通気性・水はけが良い場所を選ぶことと、花粉が雌穂にたくさんかかるように株を複...

pixta_gunnera

グンネラの育て方

グンネラの科名は、グンネラ科 / 属名は、グンネラ属で、和名は、オニブキ(鬼蕗)となります。グンネラ属グンネラは南半球に...

pixta_heriotop

ヘリオトロープの育て方

ヘリオトロープは属名”ヘリオトロピウム”と呼ばれ、はギリシア語の”ヘリオス(太陽)”と”トロペ(回転)”から来ています。...

pixta_kisoutengai

奇想天外(ウェルウィッチア)の育て方

ウェルウィッチアは生息地をアフリカのアンゴラ及びナミビアのナミブ砂漠にしている裸子植物の一つです。日本では2つの和名があ...

pixta_mituba111

ミツバの育て方

ミツバは、日本を含む東アジアが原産地の、せり科の自生植物です。生息地は、日本原産のものでは、全国の産地の日陰に育ちますが...

pixta_karajium

カラジウムの育て方

カラジウム/学名・Caladium/和名・ハイモ、カラジューム/サトイモ科・ハイモ属(カラジウム属)カラジウムは、涼しげ...

スポンサーリンク

pixta_amondo

アーモンドの育て方

アーモンドの主要である、カリフォルニアでは、どのようにし...

pixta_hanakanzasi

ハナカンザシの育て方

原産地はオーストラリア西南部で、砂地でよく育ち乾燥を好み...

pixta_rupinas

ルピナスの育て方

特徴の1つは寒さに強く、暑さに弱い事があります。具体的に...

pixta_tatiaoi

タチアオイ(立葵)の...

タチアオイは立葵と漢字で書かれて、名前の通り立ってるよう...