サボテンの育て方を知る

サボテンの育て方を知る

サボテンというと育てやすいというイメージがありますが、実際には枯れてしまったという場合も少なくありません。そこで、サボテンの育て方のポイントを紹介していきます。サボテンは鉢で売られていることがほとんどです。そのための種まきの必要はありません。

サボテンの育て方

日当たりです。室内・屋外どちらも日当たり、風通しの良い場所に置きましょう。外に置く場合は雨の当たらない場所に置いてください。意外とナイーブな植物なので、雨が多いと根腐りすることもあります。温度です。最低5℃、最高40℃とどちらにも強いですが、日本の夏は湿気が多いので、熱帯夜は苦手です。

風通りの良い場所や、湿気の少ない場所に移動してあげてください。大切な水やりです。水を上げなくても良いと思われがちなサボテンですが、植物なので水を上げないと枯れます。夏は土が乾いていたら、春や秋は2週間に1回、冬は1ヶ月に1回程度。

水やりの詳細説明

・4月、5月6月9月10月は生育が盛んな時期のため、土が乾いた翌日にたっぷりめに水やり
・7月、8月は生育がゆっくりになるため、土が乾いた3日後に水やり
・3月11月は生育が止まるので2週間に1回程度の水やり
・1月2月12月は3~4週間に1回程度の水やり
以上を目安に行ってください。他の植物でも同じなのですが、案外水やりが難しいのです。

サボテンの植え替え

サボテンが大きくなってきたら必要なのが、植え替えです。植え替えは春または秋に行うことをオススメします。上記にもありますが、暑すぎたり、寒すぎたりする環境はサボテンにはストレスになりますし、回数は年に1回を目安に行ってください。

花屋やホームセンターに「サボテンの土」が売っていますので、そちらを使用した方が簡単にできますので、そちらで訪ねると丁寧に教えてくれます。また、サボテンに花が咲くのを知っていますか。サボテンは、ほぼすべての種類が花が咲くといわれていますが、

なかなか家庭での栽培で花を咲かせることは難しいです。時期が来たら咲くようですが、元気に育てて気長に待つといったところでしょうか。もしも、枯れてしまったら。残念ながら捨てるほかにありませんので、潔く捨てましょう。

土に病気がある、保菌している場合もあるので土に還すなどはしない方が良いでしょう。簡単だと思われがちなサボテンですが、案外育てるのは難しいものです。しかし、サボテンには電磁波を吸い取ってくれる、人の気持ちがわかるなど諸説云われがあります。

真偽のほどはわかりませんが、植物ですのでヒーリング効果をもたらしてくれるのでしょうね。枯れてしまうのも負のエネルギーを吸い取ってくれているのでしょう。話しかけて、お水をあげて、愛情を注いで、大切に育ててくださいね。

多肉植物の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:シャコバサボテンの育て方
タイトル:クジャクサボテンの育て方
タイトル:金のなる木の育て方
タイトル:ユーフォルビアの育て方

pixta_serbatiko

セルバチコの育て方

セルバチコはイタリア原産の植物です。イタリア語で「ルケッタ・サルバティカ」といいますが、「サルバティカ」というのは「野生...

pixta_saineria

サイネリアの育て方

サイネリアはキク科植物の一つで、カナリア諸島が原産のものだと考えられています。かつては「シネラリア」とも言われていたそう...

pixta_hetima

ヘチマの育て方と食べ方

ヘチマ(糸瓜、天糸瓜)は熱帯アジア原産のつる性の一年草で、キュウリやゴーヤなどと同じく巻き鬚で他物に絡み付きます。ヘチマ...

pixta_hebe

ヘーベの育て方

ヘーベの特徴は次のようになっています。オオバコ科のヘーベ属に分類されており、原産地はニュージーランドになります。分類は常...

pixta_sakuranbo

サクランボの育て方

栽培の歴史はヨーロッパでは紀元前から栽培されており、中国に記述が残っていて3000年前には栽培されていました。日本には江...

pixta_kanna

カンナの育て方

原産地は熱帯アメリカで日本には江戸時代前期にカンナ・インディアカという種類のものが入ってきて、現在では川原などで自生して...

pixta_heriasans

ヘリアンサスの育て方

特徴としてはまずどの種類に属するかがあります。キク科のヘリアンサス属と呼ばれる種類に該当します。ヒマワリ属としても知られ...

pixta_kobansou

コバンソウの育て方

コバンソウはイネ科の植物で、大振りの稲穂がしなだれているような姿をして居ます。四月の終わりから七月ごろにかけて徐々に開花...

pixta_kyuuri

きゅうりの育て方を学びましょう。

今回はきゅうりの育て方について説明していきます。ウリ科であるきゅうりは水分を多く含み、それでいて水はけの良い土壌を好みま...

pixta_bdou

ブドウの育て方

ブドウはブドウ科ブドウ属に分類し、種類はヨーロッパブドウ、アメリカブドウ、欧米雑種の3つが挙げられます。ヨーロッパブドウ...

スポンサーリンク

pixta_rantanakamara

ランタナ・カマラの育...

ランタナ・カマラは通称ランタナで、別名をシチヘンゲやコウ...

pixta_seiyouodamaki

西洋オダマキの育て方

西洋オダマキはキンポウゲ科オダマキ属の多年草です。生息地...

pixta_monaruda

モナルダの育て方

この植物に関しては、被子植物に該当し、シソ目、シソ科、ヤ...

pixta_kobansou

コバンソウの育て方

コバンソウはイネ科の植物で、大振りの稲穂がしなだれている...