エリシマムの育て方

エリシマムの育て方

エリシマムはユーラシア大陸からアジア全般に向けた広大な地域に生息している植物であり、比較的温暖な地域に生息する多年草となっております。一年草として展開している場合もあるようですが、基本的には春先から初夏にかけてさまざまな花を咲かせております。

育てる環境について

一年を通じて比較的手がかかりにくいのですが、強い乾燥や湿気が苦手な為、育てる場合には注意が必要となり、水はけのよい土壌もしくは環境づくりを視野に入れる必要があります。またそれと同時にこまめな手入れを要する植物となりますので、栽培するには注意が必要です。

どの植物にも言える事ですが対象となる栽培方法は、しっかりと把握した上で対応しなくてはなりません。育て方をあらかじめ確認した上で、良いところと悪いところをしっかりと認識しておかないと、該当媒体のみならずその周りの媒体にも影響を及ぼしてしまう為です。

なお高温多湿に非常に弱い為に、鉢植えなどでの栽培は注意しないと内部で乾燥してしまうということにもなりかねません。上記で育てる環境について述べましたが、あまり神経質にならずのびのびと育ててやることが肝要となっており、ある程度の暖地であれば丈夫に育つことでしょう。

ただし酸性土には弱いので、植え替えの際などは用土を中和することを忘れないようにしてください。ただしここでも雨ざらしなどとすると極端に弱ってしまうことになる為、管理の仕方にもある程度の予習を行うことが重要です。現在日本国内では気軽に出来るガーデニングや室内で観賞用とする場合にも、

ある程度の適合が問題ない品種として人気があります。本日現在で日本国内ではさまざまなガーデニングや植物手入れの方法についての国家資格も設定している為、趣味と実益を講じた楽しみ方を味わえるはずです。

種付けや水やり、肥料について

エリシマム栽培時の注意事項として、定期的に行う水やり、そして成長促進を促す肥料の種類を極めての栽培方法を把握していくことによって、楽しいだけとは一味違う方法を展開することが出来ます。そしていったん土の表面が乾くのを待ってからたっぷり水を与えることが望ましいといえます。

そして肥料となる成分はエリシマムの成長を促進することに、重点を置いたオペレーションが必要となります。植え替えなどで移した苗を植え直す直前に、土壌への肥料とした土をふんだんに混ぜ込んでおくとそれ以上必要はないということになります。

とかく害虫被害や見た目の問題などで肥料を多く与えすぎる傾向の場合が多いのですが、そもそもこの種類の植物は害虫に強いという特徴を持ちますので、あまり肥料に頼った状況としなくても元気に育っていきますので心配はありません。

以上の観点からエリシマムはほとんど肥料を必要としない場合が多く、植え付ける際に緩効性の肥料を混ぜて おけばそれだけで十分となり、それ以上の過剰摂取は避けるべきです。そして冬になると植え込み材の乾きが鈍くなる為、水やりの間隔を春から初夏にかけて長く取ることがとても重要となります。

ちなみに一口で肥料といってもさまざまなタイプがあり、液体やペースト状のものから固形で形成された成分形状が存在しております。エリシマムの栄養対策としての選択としては、土によく溶けて必要以上の含有をさせない用土作りがカギとなります。

増やし方や害虫について

上記で触れてますがエリシマムはとても害虫の被害、その他に強い耐性を持った植物として有名です。この為、多少の規模を誇る害虫被害についてはほぼストレスのない状態で生息することができるので、害虫の規模や書類内容に捕らわれずに成長することになります。

そういいながらも発芽タイミングなどで大いに影響する部分をきちんと認識していれば、液体でも固形でも有効な手段として投与することが出来ます。一般的に害虫の活動が活発化してくるのは4月の終わりから5月にかけてであり、その対策についても初夏の日差しが強くなりつつある状態での

肥料・薬などによる除去が最低限の投薬で最大の効果をもたらすことが現実味を帯びてくるのです。この為、ホームセンターなどで用途に応じた害虫対策を知っておくことが重要であると同時に、植物の成長と害虫の動向をあらかじめ調査しておくことが最低限の知識になると思えます。

では具体的にどのような事例が報告されているかですが、通常の薬剤散布を行った場合は害虫だけでなく益虫をも死滅させてしまうことが危惧されます。また一般的にはアブラムシなどの害虫がもっとも多くはびこることになりますので、

1㎡あたり100gの薬の散布およびこまめな植物観察を行うことが重要です。そしてタネをまく際にも清潔な土を用いることを必須とすることは基本中の基本となります。また、葉の中にもぐりこむ形で寄生を繰り返すエカキムシなどの対策にも有効となっております。

エリシマムの歴史

エリシマムはユーラシア大陸からアジア全般に向けた広大な地域に生息している植物であり、比較的温暖な地域に生息する多年草となっております。一年草として展開している場合もあるようですが、基本的には春先から初夏にかけてさまざまな花を咲かせております。

そもそもエリシマムという植物は別名:壁の花と呼ばれており、古くから中世ヨーロッパの城壁や城下町などで広く分布していたと伝えられております。原産国についても特定地域に限定される訳ではなく、上記環境が整っている状態での分布が主要となっていたのです。

分布がヨーロッパから西アジアまでの広範囲にわたったことについても、エリシマム独特の成長過程や性質が当時の環境風土にいちじるしく合致していたために他ならないのです。またエリシマムは英国の歴史事情にも度々表現されることから、昔から慣れ親しんできた植物であると言えます。

ちなみにこの植物は世界でも高く評価されており、130年以上の歴史を誇るファーメン社によって育成されてきたというのが一般的な認識となります。この一本一本で異なる花の匂いはどれも嗅いだ人にいっそう印象的なイメージを与えると同時に、

歴史が古いためにその対応内容を調査してきた人々にとっては、詩人の花を象徴するカーネーションを誤ってエリシマム(ウォールフラワー)として愛称を以って呼ばれていたアブラナ科エリシマム属の花ということになります。そもそもこの歴史的な植物とどう向き合っていくかが最大の課題となります。

エリシマムの特徴

エリシマムは常に緑色な多年草として広く知られており、分類としてはアブラナ科に属しております。原産国としての分布は西アジアからヨーロッパに至る広範囲に及んでおり、生息地の特徴として温暖なエリアだったらどこでも育てることができるのがポイントとなっております。

また色々な種類がありますが、意外と寒さに強いので繁殖力にも長けた植物となってます。また咲かせる花は頭部に固まって咲く傾向となっており、背丈的にもある程度高く成長するのが特徴となっております。さまざまな花を咲かせることで知られておりますが、

咲く花の色によって香りにも違いが生じるのが他の植物には該当しずらい特徴ですが、とてもよい香りとなる為にそれを楽しみにして育てる人々が多いのが最大の特徴であると言えます。大多数のエリシマムにいえることですが、茎の頂部を切り戻すとわき枝にも花がつきますので、

環境さえ合えば花を咲かせるのがとても楽しみとなる品種の代表格ともいえるのです。そしてエリシマム自身が比較的害虫の被害に強く、丈夫なイメージとなっています。春先の早い段階から咲き始めますが、花つきがそれほど豪華や思い切りの良いといった感が無い為、

どちらかというと自然風の庭での栽培が視覚的にも効果的となっております。このため、エリシマムの見せ場といったところではやはり春先から初夏までの時期が非常に有効であり、植物自身にとっても過ごしやすく快適な期間であると言えます。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:エレモフィラの育て方

pixta_kiturifune

キツリフネの育て方

特徴として、被子植物、双子葉植物綱、フウロソウ目、ツリフネソウ科、ツリフネソウ属になっています。属性までツリフネソウと同...

pixta_fuyusango

フユサンゴの育て方

リュウノタマ、フユサンゴとも呼ばれているタマサンゴは、ナス科ナス属の非耐寒性常緑低木です。ナス科は、双子葉植物綱キク亜綱...

pixta_baobabu

バオバブ(Adansonia)の育て方

バオバブは古くから人類の歴史と深く関わり続けている樹木です。人類が2足歩行をする400万年前以前からフルーツや葉を食料と...

pixta_kagabuta

カガブタの育て方

この植物は、ミツガシワ科アサザ属の多年草ということで、湖沼やため池などにみられる水草ですが、原産地及び生息地はアジア、ア...

pixta_rurimaturi

ルリマツリの育て方

「ルリマツリ」は、南アフリカ、オセアニア原産のイソマツ科プルンバゴ属常緑小低木です。半つる性の熱帯植物であり別名「プルン...

pixta_hourensou_01

おいしいほうれん草の育て方

野菜の育て方を覚えれば、誰でも美味しい野菜を誰でも育てることが出来ます。そこでほうれん草の栽培について説明します。ほうれ...

pixta_newginia

ニューギニア・インパチエンスの育て方

ニューギニア・インパチエンスはツリフネソウ科の常緑多年草で、学名を「Impatiens hawkeri」と言います。イン...

pixta_eboruburusu

エボルブルスの育て方

エボルブルスは原産地が北アメリカや南アメリカ、東南アジアでヒルガオ科です。約100種類ほどがあり、ほとんどがアメリカ大陸...

pixta_fuirigetou

植物の栽培に必要な土と水と光

植物の栽培に必要なのは、土と水と光です。一部の水の中や乾燥している場所で育つ植物以外は、基本的にこれらによって育っていき...

pixta_simania

シーマニアの育て方

シーマニアは、南アメリカのアンデス山脈の森林が原産の植物であり、その生息地は、アルゼンチンやペルー、ボリビア等の森林です...

スポンサーリンク

pixta_yakon

ヤーコンの育て方

特徴としてはまずはキク類、真正キク類、キク目、キク科、キ...

pixta_kokuryu

コクリュウの育て方

コクリュウは日本や中国など東アジアに生息地がある植物で寒...

pixta_sumire

スミレの育て方

スミレの原産国は、北アメリカ南部になります。種類が豊富で...

pixta_dokudami

ドクダミの育て方

ドクダミは、ドクダミ科ドクダミ族の多年草であり、ギョウセ...