エレモフィラの育て方

エレモフィラの育て方

エレモフィラと言う植物は比較的最近になってもたらされた植物として知られています。オーストラリアを生息地としている植物であるということもあり、屋や乾燥した気候に適応している種類であると言えます。そのため温暖湿潤な気候である日本の環境は必ずしもエレモフィラの育成に恵まれた環境ではないと言えるでしょう。

育てる環境について

エレモフィラはオーストラリアを原産地とする多年草、または低木に分類される植物です。1月から6月とかなり長い期間を開花期としている植物であり、白や赤、ピンクや黄色、淡い青等様々な色の花をつけることでも知られています。耐寒性も耐暑性もそれほど優れてはいない品種ですので

育てるのにあたっては一年を通じて暑すぎたり寒すぎたりする時期がある場合には植木鉢での栽培が推奨されるという場合もあるでしょう。鉢植えで育てるのであれば春から秋の時期に関しては日当たりのよい戸外に置き、真夏が日差しを避けて半分日陰と言う環境に移すことで

高温にさらされるのを防ぐことが重要です。これはエレモフィラが高温に弱いという事情に関連しているものであると言えます。また長雨に当たると根が腐ってしまうという可能性が高くなるのに加え、エレモフィラ・ニベアの場合には銀色に輝いて見える植物を

覆う細かな毛が黒ずんで見えてしまう状態になるケースがあります。そうなってしまうと魅力が減退することになってしまいますので、可能な限り雨に打たれることのない環境を作り上げるように配慮することが求められます。一方で冬の時期は日当たりのよい環境、

出来れば室内で3度以上の温度を保つようにしましょう。霜が降りることのない地域であれば庭に植えることも可能ですが、枯らしてしまうことの内容に育てたいのであれば鉢植えを利用して室内で育てると言う方法を検討する必要があると言えます。

種付けや水やり、肥料について

植え付けや植え替えに関しては4月から6月の時期か、あるいは9月から10月にかけての時期に行います。根が非常に繊細で弱いものであるために傷つけてしまうとその規模によっては枯れてしまうことにつながります。植え替えを行う場合には根鉢を壊さないように注意しながら植え替えを行うと良いでしょう。

丁寧な対応が必要になるものであると言えます。一方で水やりに関しては、鉢植えの場合には表面の土が乾いたらたっぷりの水をあげるようにしましょう。冬の時期は土の表面が乾いてから2~3日経ってから少量を与えるようにしましょう。庭に植えることが出来る環境の場合には

敢えて水やりを行う必要はありません。エレモフィラと言う品種は水のやり過ぎは株を痛めることにもつながりますので、ただ単に多く挙げれば良いというものではないということを理解しておく必要があります。また肥料に関しては成長促進のために加えるようにすると良いでしょう。

3月から5月にかけての時期か、あるいは9月から11月にかけての成長期に緩効性化成肥料を加えて行くことが求められます。この様に肥料を追肥し、欠かさないようにする必要があるのは主に鉢植えでの栽培を行っているエレモフィラのケースであると言えます。

庭に植える場合には特に必要としないという違いがありますので、この点の違いについてはよく良く理解をして行う様にするのが良いでしょう。基本的に鉢植えではなく庭に植えることが出来る場合には細かな世話は不要になると言えます。

増やし方や害虫について

エレモフィラの増やし方についてはさし木で行うのが一般的な対応であると言えます。さし木の適切な時期は毎年5月であると言えます。5~10センチ程度に切りそろえた枝をさし穂にしてバーライト5に対して酸度調整済のピートモス5を配合した混合土に

さしておくことで増やすための準備を行うことが可能になります。土の表面が乾いたら水やりをし、日陰で管理すると一ヶ月ほどで鉢上げすることが可能な苗に育つでしょう。コツとしてはさし穂を小さくし過ぎないことが重要です。また水をあげ過ぎてしまっても成長を遅くしてしまいますので

その点に関しても注意が必要であると言えるでしょう。一方成長の妨げになる病気や害虫に関しては特に深刻な問題が報告されていませんので心配をしなくても済む可能性は高いと言えるでしょう。害虫や病気に関する心配があまりないのでその分だけ栽培の難易度は低くなりそうなものですが、

実際にはエレモフィラの栽培難易度は中程度であり決して初心者向けの簡単な植物であると冷えません。その原因としては気候に関するものと水に関するものがあるでしょう。夏に厚く冬に寒い、その上温暖湿潤で雨が多いという日本の環境はエレモフィラにとっては

あまり望ましいものではないということが分かっているのです。そのためこの花を栽培する場合にはその様な特徴があることを理解し、正しい育て方に配慮する様にすると良いでしょう。エレモフィラとはその様な草花です。

エレモフィラの歴史

エレモフィラと言う植物は比較的最近になってもたらされた植物として知られています。オーストラリアを生息地としている植物であるということもあり、屋や乾燥した気候に適応している種類であると言えます。そのため温暖湿潤な気候である日本の環境は

必ずしもエレモフィラの育成に恵まれた環境ではないと言えるでしょう。そのため屋外で容易に育てることが出来るオーストラリアに似た気候でもない限りは恩師地での栽培化、鉢植えに入れて屋内での栽培にした方が間違いがないと言えるでしょう。

エレモフィラはシロタエギクに似ているシルバーリーフを持っており、そこに紫色をした花が咲きます。盛んに茂る植物と言うよりは枝がひょろひょろと伸びて葉をつけているタイプのものです。そのため風に揺られると風情があると言えるでしょう。

日本においては九州などに自生していることが確認されているハマジンチョウと呼ばれている植物の仲間としても知られています。元々日本には自生していなかった品種であると言われていますが、国内では南日本に分類される地域でしか自生を確認できていません。

日本においては絶滅の可能性がある種として管理をしており、地域によっては植物園や公園などを利用して植え付けを行うという対策を行っているケースがあります。希少植物と知られるようになってからは大切にされることも増え、植物の保護を兼ねて効率の施設に植えられるようになってきたと言えます。

エレモフィラの特徴

エレモフィラと呼ばれる植物の最大の特徴は細かな毛が植物全体のびっしりと覆っていることから銀色に見えると言う特徴を有している点にあります。このエレモフィラはオーストラリアに分布している多年草であり、およそ210種類が存在していると言われています。

多年草、あるいは低木に分類される植物であり、明るい斜面や林に自生している姿を見ることが出来ます。最もよく見られるのはエレモフィラ・ニベアと呼ばれる品種であり、広く流通しています。エミューブッシュとも呼ばれるエレモフィラ・マクラタと言う品種も流通していますが、

最近ではエレモフィラ・ニベアの方が多くみられるようになってきました。オーストラリアを生息地としているということもあり乾燥には強い特性を持っていますが、逆に加湿になると弱い性質を持っています。加湿の環境に長く置かれると根が腐ってしまうという問題を引き起こしやすいため、

栽培をする場合にはその特徴を理解した育て方に注意する必要があるでしょう。水はけのよい環境の土地に植え、長雨がある地域であれば軒下など適度に雨を避けることが出来る場所か、鉢植えを活用して育てると良いでしょう。

基本的に日当たり良好の環境を好む植物ではありますが、真夏の暑い時期は半日陰の環境に、冬の寒い時期には凍ることのない環境に移動させる必要があります。これはエレモフィラが寒さや厚さに対してそれほど耐性を持っていないということに関連しています。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:オモダカの育て方
タイトル:オーブリエタの育て方

pixta_fusentowata

フウセントウワタの育て方

フウセントウワタ(風船唐綿)は南アフリカが原産の植物で、丸い形をした実には複数の棘があり、晩秋の頃になると実が割れて中か...

pixta_torukogikyou11

トルコギキョウの育て方

長野県は、世界に冠たるトルコギキョウの生産地です。そしてここは、日本で初めてトルコギキョウが栽培された土地でもあります。...

pixta_asparakannyou

アスパラガス(観葉植物)の育て方

アスパラガスの原産地というのは、南ヨーロッパ地中海沿岸あたりと言われています。ロシア南部やウクライナ、ベラルーシの一体が...

pixta_nezumimoti

ネズミモチ(プリベット)の育て方

ネズミモチ(鼠黐・Ligustrum japonicum)は、モクセイ科イボタノキ属の樹木です。 生長すると樹高が4~7...

pixta_madagasukarujasumin

マダガスカルジャスミンの育て方

一般的なジャスミンはモクセイ科になります。キンモクセイなどと同じ仲間です。同じような香りをさせています。一方この植物に関...

pixta_ajiantam

アジアンタムの育て方

アジアンタムはワラビ科の観葉植物ですが、そのほかにも造花やプリザーブドフラワーとしても使用され、フラワーアレンジメントを...

pixta_hatiue

植物を鉢植えで育てるための基本

観葉植物は、文字通り観賞用なのでインテリアとして役立ちますし、ミニトマトやブルーベリーなどの食用の植物には、収穫する喜び...

pixta_sirotaegiku

シロタエギクの育て方

シロタエギクの原産地は、地中海に面した南ヨーロッパの海岸地帯です。現在ではイギリス(連合王国)南部を含むヨーロッパの広い...

pixta_haibisukasu

ハイビスカスの育て方

熱帯地方や亜熱帯地方を生息地として大きな花を咲かせているハイビスカスの種類の中には古代エジプトの3000年から4000年...

pixta_kureome

クレオメの育て方

通常クレオメというとセイヨウフウチョウソウの種のことを言います。フウチョウソウ属とはフウチョウソウ科の属の1つで主な原産...

スポンサーリンク

pixta_erangis

エランギスの育て方

エランギスとは、アフリカ東部原産で、ラン科に所属するエラ...

tomato01

トマトの育て方

トマトは和・洋・中のあらゆる料理に使用され、生でも加熱し...

pixta_saboten11

サボテンの栽培や育て...

私はサボテンを育てた事があります。サボテンは植物の中でも...

pixta_masdebaria

マスデバリアの育て方

花の分類についてはラン目、ラン科になります。一般的に洋ラ...