キルタンサスの育て方

キルタンサスの育て方

キルタンサスの科名は、ヒガンバナ科 / 属名はキルタンサス属になり、その他の名前:笛吹水仙(ふえふきすいせん)、ファイアーリリーとなります。キルタンサスは南アフリカに自生している花であり、その種類は非常に豊富に存在しています。花の形や性質なども非常に多岐にわたり、キルタンサスと言う花の特徴を代弁してくれるような整った性質を持っていないという状況にあるため、一般的にどのような花であるのかと言うことが説明しにくいという花でもあります。

育てる環境について

キルタンサスは南アフリカを本来の生息地としている植物です。冬に咲く品種では12月から2月が開花時期になりますし、夏に咲く品種では5月から8月に咲くと言う性質を持っています。開花時期が比較的長く、楽しむことが出来る植物として知られています。

暑さにはめっぽう強く、寒さにもそれなりに耐えることから育てやすい花であると言えるでしょう。多年草であるキルタンサスは長い時間をかけて育てて楽しむことが可能である園芸用の花として知られるようになってきています。キルタンサスは日当たりのよい環境を好みます。

また水はけが良いものであることも重要であり、これらの環境を満たすのであればあまり場所を選ばないという性質があります。例えば肥沃な土壌では無くやせた土地でも育ちます。性質の強いマッケニータイプのキルタンサスは庭や植木鉢に植えっぱなしでも良いという簡単な植物であり、

夏の間は日陰に置きっぱなしでも大丈夫です。夏に花を咲かせるタイプのキルタンサス・サンギネウスやキルタンサス・エラタスは肥料が多かったり水が多かったりする環境には適していませんので鉢植えの中に理想的な環境を作った方が良いという場合もあります。

花を咲かせようと思うのであれば球根を十分に太らせる必要があるので工夫をしましょう。寒さには強いので0℃を多少下回る程度でしたら花も傷まないという強さがあります。しかし一般的には0℃を下回らないように管理するのが良いでしょう。

種付けや水やり、肥料について

キルタンサスの植え付けに関しては春又は秋に球根を植え付けると言う対応が求められます。庭に植える場合には地表すれすれの位置に埋めると良いですし、植木鉢で栽培をするのであれば球根の上部が少し出る様な感じで浅く植えると良いでしょう。毎年のように植え替える必要もなく、

ある程度の期間はしっかりと根を育てることが出来るように植え替えを行わずに定着させる必要がある植物ですので数年同じ鉢でも特に問題にはなりません。水やりはあまりに加湿な状態を作ってしまうと球根を痛めてしまうのが特徴ですので、

土が乾いたらたっぷりの水を与えるという基本的な育て方を守る様にするのが大切です。最も一般的なキルタンサスであるマッケニーはその辺りの適応性にも優れていますのでそう簡単には痛みませんが、育て方の基本として知っておくべき事項であると言えます。

肥料に関しては痩せた土地でも育つ強さがありますのでなしでも問題がないレベルです。基本的にごく少量にすることが安全な方法であるとされています。しかし生育期や開花の促進を目的として新芽の展開や成長に合わせて月に一回ほど置き肥や液体肥料を施すと良いと言えるでしょう。

基本的にはなくても育つ植物であるということを理解したうえで、どうしても成長促進させたいタイミングでごく少量を施すというのがキルタンサスに対する肥料の扱い方としての基本になるということが出来るでしょう。与えすぎると痛めてしまうことになるのです。

増やし方や害虫について

キルタンサスを育てるのに際して心配しなければならない病気と言うものは存在していません。そのため非常に育てやすい種類の植物であると言えます。また害虫に関しても特に注意が必要な種類の虫の存在は知られていません。そのため取り扱いしやすい植物であると言えるでしょう。

そんなキルタンサスの増やし方としては分球が一般的な方法であると言えます。ただ人工的に対処しなくても自然に増えて行くことが出来るたくましい生命力があります。鉢植えで育てている場合に関しては小さすぎるために根詰まりを起こしてしまったりするケースにおいて問題が発生する可能性があります。

芽が混みあってきたら多少掘り上げて株分けをしつつ植え付けると言う対応が良いでしょう。球根を使って増やすことが出来ますので宿根草を増やすような要領で育てていくと良いでしょう。キルタンサスの場合には種から育てることも不可能ではありませんが、

下位化まで4~6年と非常に長い時間を必要としますので出来るだけ株分けや分球と言う方法を選択する様にすると良いでしょう。その様な仕組みが推奨される草花です。非常に生命力が強く痩せた土でも良いというのが特徴ですので土を選ぶ必要はないのですが、

より理想に近い環境として水はけのよい土を作りましょう。一般的な園芸用の土で十分ですし、赤玉土7に対して腐葉土3程度の環境を作るのも望ましいと言えます。可能であれば2割程度鹿沼土や軽石、くん炭などを混ぜ込むとなお良いでしょう。

キルタンサスの歴史

キルタンサスは南アフリカに自生している花であり、その種類は非常に豊富に存在しています。花の形や性質なども非常に多岐にわたり、キルタンサスと言う花の特徴を代弁してくれるような整った性質を持っていないという状況にあるため、

一般的にどのような花であるのかと言うことが説明しにくいという花でもあります。しかし日本ではこの名前を使う時に意味する花はマッケニーと呼ばれるものであるのが一般的であり、現実的に代表的な存在として知られるようになってきています。

球根で育つ品種であり、自然環境下でどんどん増えて行く生命力に優れた品種でもあるために園芸用の植物としては手間がかからなくて難易度の低い花として人気があります。開花期間も比較的長く、楽しむためには適切な特徴を持っている花であると言えるでしょう。

夏に花を咲かせるタイプと冬に咲かせるタイプがありますが、どちらも同じ種類に分類される花なのです。原産地は南アフリカになっていますが、現実に球根を輸入しているのはヨーロッパからであるというのが現実です。日本においては西洋文化の一部として導入されることになった比較最近の花であると言えるでしょう。

栽培がしやすいのが特徴であり、地域によっては園芸用の花から自生種に野生化した株が存在しているケースもあるでしょう。非常に多くの品種がありますので時として全く違う花に見えることもありますが、それらの全てを総称してこの名前で呼ばれているのです。

キルタンサスの特徴

キルタンサスは南アフリカにを原産地とする植物であり、約50種類ほどが自生している球根植物として知られています。その種類によって形や性質が大きく異なるという変化に富んだ種類であり、大きく分けると冬に花が咲く種類と夏に花が咲く種類に分けることが可能です。

花の形も細長い円筒型のものからつぼ型、杯状に開いているもの等様々な種類が存在しており、下にたれる者もあれば上を向いているものまであります。この様に全く異なる見た目の植物を総称してキルタンサスと言いますので少々分かりにくい植物であると言えるでしょう。

一般的に常緑性のものであり、環境条件によって落葉休眠する性質を持っています。代表的な存在としてはキルタンサスのマッケニーと呼ばれる交配種です。特に断りがなくキルタンサスと呼ぶ場合にはこのマッケニーのことを指し示していることが多いと考えられます。

このマッケニーは細長い円筒状のやや曲がりくねったラッパの様な形をした花が冬の間咲き続けるという品種です。花の色には赤、オレンジ、黄色、ピンク、白と非常に変化に富んでおり、植えっぱなしでも手のかからない園芸用としては難易度の低い花として重宝します。

推薦にやや似てもいますが、趣の違う独特な雰囲気がありますので単体ではなく複数のキルタンサスを群生させるとそれはもう見事な見た目になると言えるでしょう。以前は別の属として扱われていたバロータスペシオサも現在ではキルタンサス・エラタスと呼ばれて多くの雑種も作られています。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:クロウエアの育て方

pixta_anisuhip

アガスターシェの育て方

アガスターシェは、初心者でも簡単に育てる事のできる、シソ科の花になります。別名が沢山ありまして、カワミドリやアガスタケ、...

pixta_kinsibai

キンシバイの育て方

初夏から本格的な夏を迎える時期に、黄金色をした花を咲かせるキンシバイは中国原産の半落葉性の低木です。半日陰でも育つ丈夫な...

pixta_yamayuri

ヤマユリの育て方

ヤマユリは、ユリ科、ユリ属になります。和名は、ヤマユリ(山百合)、その他の名前は、エイザンユリ、ヨシノユリ、ハコネユリ、...

SONY DSC

ディルの育て方

ディルは古代メソポタミアやエジプト時代から栽培されていたといわれて、薬用として古代から使われてきました。現在では薬味など...

pixta_nigana

ニガナの育て方

ニガナはキク科の多年草で、原産地及び生息地は日本や東アジア一帯ということで、広く分布している植物でもあります。日本でも道...

pixta_hourensou_01

ほうれん草の育て方

中央アジアから西アジアの地域を原産地とするほうれん草が、初めて栽培されたのはアジア地方だと言われています。中世紀末にはア...

pixta_beisugi

アメリカネズコ(ベイスギ)の育て方

特徴としては、裸子植物になります。マツ綱、マツ目、ヒノキ科です。属はスギではなくクロベ属、ネズコ属と言われることもありま...

pixta_patyuri

パチューリ(パチョリ)の育て方

パチューリ(パチョリ)はインドネシアとフィリピンの二ヶ所を原産地とするハーブです。名前の由来はタミル語で「緑の葉」の意味...

pixta_turumurasaki

ツルムラサキの育て方

ツルムラサキがどこに自生していたのかというのは、詳しくは分かっていないのですが、熱帯地域が原産だろうと考えられています。...

pixta_okinawasuzumeuri

オキナワスズメウリの育て方

この植物は被子植物に該当します。バラ類、真正バラ類のウリ目、ウリ科になります。注意しないといけないのはスズメウリ属ではな...

スポンサーリンク

pixta_heraoobako

へらおおばこの育て方

へらおおばこは我が国に在来しているプラントのオオバコの仲...

pixta_jagaimo11

じゃがいもの品種と育...

じゃがいもは、寒さに強い植物です。人気は男爵やメークイン...

pixta_hagi

ハギの育て方

ハギの花は、日本人には古くから愛されており、万葉集に最も...

pixta_hannemania

ハンネマニアの育て方

ハンネマニアはケシ科ハンネマニア属の多年草です。別名、メ...