ワダンの育て方

ワダンの育て方

この植物は花から見てもわかりますが、キク科アゼトウナ属でキク科ということですが、キク科の野草は黄色い色や白が多くて、特に黄色い色が目立ちます。花は黄色ですが、まとまってたくさんひとつに固まり咲く感じです。また葉はヘラの形にも見えますが平べったい緑のヘラがたくさんくっついているという感じもします。また開花期は7月から11月の頃までですから夏から秋の植物ということになります。

育てる環境について

花は黄色ですが、まとまってたくさんひとつに固まり咲く感じです。また葉はヘラの形にも見えますが平べったい緑のヘラがたくさんくっついているという感じもします。また開花期は7月から11月の頃までですから夏から秋の植物ということになります。学名は日本語に直すとフタマタタンポポ属に似ている広い葉っぱの植物ということだそうで、

確かに花はたんぽぽに似ているようにも感じられます。このくらいの大きさならば鉢植えやプランターで育ててみるのも面白いですが、以前海の方でガーデニングをしているお宅を見てみたことがありましたが、都会などのガーデニングの花ではなく、海岸線に咲いているワダンなどの色々な美しい花を大きめの鉢植えやプランターで育てていて、

なるほどと感じたりしました。ガーデニングでは綺麗な花を購入して作るばかりが栽培ではないということですが、目からウロコという感じもしました。また海の近くなので環境が海岸と同じですから、その面でも野草ということもあり、そのあたりの土とともに鉢植えに移せば簡単に育てられるということになります。

後は水や肥料などを与えていれば良いということですから、そのような楽しみ方もできるのが、地域性を活かしたガーデニングということになります。またお金が一切かからないというのも魅力で、置いてあったプランターや鉢植えでできます。なかなか主婦というのは侮れないという感じでした。生活の知恵ということでもあるのでしょう。

種付けや水やり、肥料について

このワダンという植物の特徴などをまとめてみると、日本の温かい海岸線に育つ植物で、海の菜と呼ばれているということですので、栽培や育て方では、このような環境に近いところでは簡単に育てられるということです。花としては花茎が放射状に出るということや、斜め上してのびるということ、

また茎先に黄色い花がまとまりたくさんつくということで、黄色が非常に鮮やかということになります。葉はヘラの形をしていて、根本から密生するように育ちます。実は痩果で硬い殻にくるまれています。また越年草ということです。そのような特徴があるやそうということになります。またアゼトウナ属ということですが、

このアゼトウナという言葉も難しい外国語のように見えますが、やはり日本語で漢字で書くと、畔にある唐の菜ということでアゼトウナです。属名はCrepidiastrumということだそうですが、この意味は、長靴に似たという意味だそうですが、植物での意味はフタマタタンポポ属に似たということで、やはりタンポポに似ている植物群という扱いのようです。

ホソバワダン属とも呼ばれているのでワダンはその中でも目立っていたということのようです。またアゼトウナとういう植物もあり、ワダンと似ていますが近種ということで同じ植物ではありません。また同じキク科なので、菊の鮮やかさは受け継いでいる植物ということになります。このようにとても美しい黄色い花を持った植物がワダンということになります。

増やし方や害虫について

また近縁種にホソバとダイトウという種類がありますが、素人には区別がつかない感じです。花も同じ黄色です。また海岸などの岸壁に咲いていたりするということでも、そのような姿を見たいということで話題にしている人たちもいましたが、その人達の感想のひとつに、キャベツみたいで食べられそうということがありましたが、

他の人たちもそのことを考えたようで、本能的な直感では食べられるのではないかという人もいて、そんな感じの植物なのかとも感じました。しかしどこを探しても食べられるとは書いていないので、食べるということに関しては怪しいという感じもします。昔からある植物なので、漢方薬や薬草で利用できるのならば記録があるはずですが、

どうもそんな感じはないので、食べるという期待はしないほうが良いかもしれません。どうも黄色い花だと菜の花のように感じてしまうかもしれません。また名前ですが、わだつみという言葉があり、海の神様のことをわだつみというそうで、その意味でもワタはこのわだつみのわだからきているということでやはり海ではないかということのようです。

そのように興味が尽きない黄色い鮮やかな花を咲かせる植物ですが、育て方も野草なので、海岸沿いに住んでいる人の場合には、土などもそのまま流用するとかしながら、鉢植えなどで育てると良いのではという感じもします。試してみても面白いかもしれません。野草はそのよううない味でも自生しているので魅力的です。

ワダンの歴史

ガーデニングは、今では庭のないお宅でも、ベランダ等や家の横の僅かな隙間などでも鉢植えなどで育てることができる植物があるので、楽しめるということで人気ですが、野草なども珍しいということで育てたいという人も多くなってきていて、それらの野草専門に販売している園芸業者もいるぐらいです。

とくにインターネットでは通販という方法があるので、日本中どこででも、それらの植物が手に入れば購入することができるということになります。野草ということでは日本だと四季があり、また山や海が豊富なので、色々な種類の野草や花や木なども見ることができます。特に周りが海なので、海外沿いで育つ野草なども珍しいものが多いようです。

例えばワダンという植物があります。黄色いきれいな花を咲かせるので魅力がありますが、この植物も海岸沿いに育つ植物です。水といえば川の場合には塩分も少ないので、植物には良い環境ですが、海ということでは塩分があり、海藻以外はなかなか環境も厳しいということですが、

それでもそのような環境の中でも育っていく野草はたくさんあり、ワダンもその中のひとつです。ワダンとは珍しい名前ですが、これは西洋などの名前ではなくて、れっきとした日本語です。漢字で書けば海菜ですが、それをワダンと読ませます。

どうすればそのように読めるかということですが、ワダンは元々はワタナと読んでいたそうで、ワタという言葉は日本の古い言葉では、海のことを言ったそうです。それで海の野菜ということで、ワダンとなったということでした。

ワダンの特徴

ワダンは原産地も生息地も日本で、日本固有の野草ということだそうです。ですので日本の海岸などの環境に適応した植物ということですが、それでそのような名前になったということのようです。ただはっきりしたことはわかっていないようで、有力な説のひとつということのようです。

ともかく日本人が昔から関わりがあった歴史的な植物ということがわかります。特に海岸沿いではそうだったのでしょう。この植物は花から見てもわかりますが、キク科アゼトウナ属でキク科ということですが、キク科の野草は黄色い色や白が多くて、特に黄色い色が目立ちます。

この野草も黄色い鮮やかな色ですが、海岸だと空のスカイブルーと海のエメラルド色の深い色のブルーと岩肌などの黒っぽい色の中で、鮮やかな黄色に咲く花と緑の体ですから、非常に目立つ美しい植物ということになります。遠くの方から見ても、そのバランスが絶妙で、そのまま自分の家のガーデニングにはめ込みたい感じがします。

日本の固有種ですが、具体的には千葉県から静岡県にかけて咲いています。また伊豆諸島にも生息していて、海岸の崖や礫地などで見ることができる植物ということになります。花の高さは30センチから60センチぐらいです。

根は海岸で生きているからでしょうが太くて長くなります。また葉っぱは丸っこくて何となく野菜として食べられそうな感じの穏やかな葉という感じもします。なかなか愛らしい海岸の野草という感じの植物です。

pixta_nokonggiku

ノコンギクの育て方

ノコンギクの歴史としまして、伝統的にはこの種には長らく「Aster ageratoides Turcz. subsp. ...

pixta_orkis

オルキスの育て方

このような面白い形の植物は、ラン科に多いのですが、やはりこのオルキス・イタリカもランの一種で、オルキスとはランのことで、...

pixta_ajiantam

アジアンタムの育て方

アジアンタムはワラビ科の観葉植物ですが、そのほかにも造花やプリザーブドフラワーとしても使用され、フラワーアレンジメントを...

pixta_koropsuma

コプロスマの育て方

コプロスマはアカネ科コプロスマ属の常緑低木になり、オーストラリアやニュージーランドを生息地としていてます。コプロスマには...

pixta_shinbijiumu

シンビジウムの育て方

ランはヒマラヤから中国、日本、オーストラリア、南米など広範囲に分布していますが、その中でもシンビジウムは約50種ほどある...

pixta_kingsari

キングサリの育て方

キングサリの科名は、マメ科 / 属名は、キングサリ属です。キングサリは、ヨーロッパでは古くから知られた植物でした。古代ロ...

pixta_yuzurui

ユズ(実)の育て方

ユズの実の特徴として、成長して実をつけるまでの時間の長さが挙げられます。桃栗八年とはよく聞くことですが、ゆずは16年くら...

pixta_yukka02

ユッカ(Yucca)の育て方

ユッカは丈夫で、育て方もそれほど難しくありません。日当たりを非常に好むため、できるだけ日の当たる場所で栽培します。特にユ...

pixta_ooaraseitou

オオアラセイトウの育て方

オオアラセイトウは別名ショカツサイとも言われる中国原産のアブラナ科の植物です。紫色が美しい小花はその昔三国志で有名な軍師...

pixta_kodatiaroe

コダチアロエの育て方

アロエの種類は約300種類にものぼり、大変種類が多い植物になります。日本で良く見られるアロエは”コダチアロエ”と呼ばれ、...

スポンサーリンク

pixta_piiman_01

ビタミンCの豊富な夏...

次々と実を付け霜の降りる頃まで長く楽しめるピーマンの育て...

pixta_sikimi

シキミの育て方

シキミはシキビ、ハナノキ、コウノキなどとも呼ばれる常緑の...

pixta_soapwart

サポナリアの育て方

サポナリアの科名は、ナデシコ科で属名は、シャボンソウ属(...

pixta_reptsifon

レプトシフォンの育て...

この花についてはハナシノブ科、リムナンツス属になります。...