ベラドンナリリーの育て方

ベラドンナリリーの育て方

特徴としては、クサスギカズラ目、ヒガンバナ科、ヒガンバナ亜科となっています。ヒッペアストルム連に属するともされています。草丈に関しては50センチから70センチぐらいに達するとされています。正式な名称としてはアマリリス・ペラドンナになります。球根に関しては直径が5センチから10センチぐらいになっていてまんまるよりも上部が少し伸びたような球形です。

育てる環境について

栽培をするにあたって、育て方としてはどういった環境が良いかです。生息地としては比較的寒いところでも良いとされています。耐寒性、耐暑性ともにそれなりにあるとされています。凍らせないことを条件にするなら外でも冬越しをすることができます。日本であればあまり無理をさせず自宅の中にいれておいたほうが良いかもしれません。

日当たりを好みますから、生育期においては日当たりの良い所にしっかりと当てるようにします。東北などの寒いところでは冬を外で越すのは難しいとされます。でも西日本であれば十分外で冬越しをすることが出来るとされています。庭植え、鉢植えどちらでも可能ですが、鉢植えであれば移動がしやすくなるので寒い時においても

中に入れて寒さをしのぐことが出来るでしょう。水はけの良い所を選んで植えるようにします。庭植えをするにあたって寒いところで育てる場合においてはそのまま庭においたままではいけません。取り込みをしておいた方が良いとされています。土の状態においてどのようなところを選ぶかがあります。

一般的な庭において植えることが出来るかどうかですが、その他の花を植えたりしてある程度肥えた状態にしているのであれば植えることができます。その他に特に耕したりする必要もなく、そのままの状態で植え続けることが出来る場合があります。あまり草花などを植えていないようなときにおいては、それなりの施しをすることによって出来る場合があります。

種付けや水やり、肥料について

植えようとするときに用土を用意することになります。水はけが重要なので、庭に直接植えるときにおいては庭の土の状態を調べるようにします。鉢植えを行う場合には自分で土の調整をすることができますから良い状態を作るようにします。水はけ、通気性、保水性のあるような土の配合をするようにすれば良いとされています。

赤玉土を4割程度、硬質の鹿沼土を4割程度、腐葉土を2割程度配合するようにするといいとされています。そうすることで水はけ、通気性も良くなります。植え付けにおいては、掘りあげた球根を容易します。7月ぐらいから8月ぐらいに用意しておき、それを植えるようにすればいいでしょう。鉢植えの時にはどのような植木鉢にするかですが、

6号から8号ぐらいの植木鉢に対して球根を一つ位として植えることを考えます。植え方は球根の上の部分が少し土から出るように浅植え状態にします。花によっては土に完全に埋めてしまったりすることがあるので、この方法は少し特殊な部類になるかもしれません。庭に植えるときにおいては球根と球根の間を少し開けるようにします。

20センチから30センチぐらい開けるようにしておけば特に問題はありません。植え付けてすぐに咲いてくれればよいですが場合によってはすぐには咲かないことがあります。それでも根付きを始めていますから、翌年咲くのを期待します。咲かないからといって別の球根でやってみようとしないようにしなければいけません。

増やし方や害虫について

どんどん増やしていくために水やりをする必要があります。生育期においては土が乾いた時にしっかりと与えるようにします。冬においては休眠に入ります。この時にも水を与えるかですが、休眠中は水分などを一切吸収しません。変に水を与えると傷めることになるので水は全く与えないようにします。

肥料については、庭植えにおいて肥沃な場合であれば特に必要ないとされています。植木鉢で育てる場合においては、元肥において緩効性の化成肥料を用意するようにします。花が咲いたあとにも与えるとより元気になります。カリ分が多い肥料を配分すると良いとされています。どのようにして増やしてくかですが、

植え替えなどにおいて掘り返してみると増やせるかどうかがわかることがあります。分球しているときはそれを分けることができます。球根の直径として6センチぐらい、高さが8センチぐらいあるのであれば十分開花できる力のある球根と判断できます。それを目安にしていきます。球根が小さい場合には栄養分を与えて

球根を太らせて花を咲かせられる状態にする必要があります。肥培管理が必要になります。この花については病気であったり害虫に関する心配があまりないとされています。寒さがポイントになりそうですからそれに気をつけていれば毎年のように咲かせることができそうです。しっかり花を咲かせようとするなら花がら摘みをします。花首のところでとってしまうようにすると次の年につきやすくなります。

ベラドンナリリーの歴史

名前がついているものにおいては、正式名称、別の名称、愛称などいくつかついていることがあります。どれで呼ばれているかどうかはそれぞれによって異なりますが、最も印象に残りやすい、発音がし易い言葉などが使われることがあるようです。ですからよく聞く名前の本当の名前を聞いてもそれが何なのかについて分からない事があるかもしれません。

花の名前においてもあまり知られていない名前でいながら、別の名称を聞くとよく聞く、聞いたことがあるもののことがあります。ベラドンナリリーと呼ばれる花があります。この名称を聞いてすぐに頭に想像することができないかもしれません。別の名称としてはアマリリスがあります。

歌にもありますからこちらの名称の方が印象があるかもしれません。原産としては南アフリカのケープ地方とされています。アフリカ大陸においても最も南の地域になります。日本からはかなり離れたところが原産であることがわかります。非常に遠くにある花ですが日本においては比較的古い間に渡ってきているとされています。

明治時代の末期においてはすでに日本に来ていて見られるようになっているようです。近年になって来たわけではなく、それなりに歴史のある花であることがわかります。アマリリスの名前自体は古代ギリシアの詩などに登場する羊飼いから取られているとされています。18世紀ぐらいにヨーロッパに持ち込まれて、そこからいろいろな改良がされたようです。

ベラドンナリリーの特徴

特徴としては、クサスギカズラ目、ヒガンバナ科、ヒガンバナ亜科となっています。ヒッペアストルム連に属するともされています。草丈に関しては50センチから70センチぐらいに達するとされています。主に咲く時期としては晩夏の時期で、8月から9月にかけてきれいな花を咲かせるとされています。育てるときには主に球根から育てることが多くなります。

名称においてリリーとついています。このリリーについてはユリの仲間において付けられることが多い名称ですが、こちらについてはユリの仲間とは異なります。またベラドンナと呼ばれる薬草があります。こちらにおいてはナス科になりますからやはり別の種類の花になります。見た目においてもかなり異なることがわかります。

正式な名称としてはアマリリス・ペラドンナになります。球根に関しては直径が5センチから10センチぐらいになっていてまんまるよりも上部が少し伸びたような球形です。玉ねぎでも先が尖ったような形といったほうがいいでしょう。この球根に関しては葉っぱが肥大したことによって球根状になったタイプになります。

表面は乾いた皮に包まれた状態です。花の咲き方としては、球根から花と茎をどんどん伸ばしていくタイプになります。先端の方に花が咲きますが、10輪前後咲かせることもあります。花の形はリリーと付くだけあってユリに似たような優雅な咲き方をします。色についはきれいな紅色や白、可愛らしいピンクなどもあります。

pixta_karatati

カラタチの育て方

今から約1300年前に伝来していて、和名の由来はからたちばなという言葉が略されたとする説が実在しています。ただ、からたち...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミヤマハナシノブの育て方

この花はナス目に該当する花になります。ハナシノブ科、ハナシノブ属に属します。高山などをメインに咲く山野草で、多年草です。...

pixta_ninniku_01

にんにくの育て方

にんにくは、紀元前3000から4000年以上前から古代エジプトで栽培されていたもので、主生息地はロシアと国境を接している...

pixta_pangy

植物の育て方を勉強する

現在は、家庭菜園などで野菜を栽培している人たちも多く存在しています。自分で手入れをして栽培した野菜を食する事ができるのは...

pixta_epissia

エピスシアの育て方

エピスシアはメキシコの南部からブラジル、コロンビア、ベネズエラなどを原産地としている植物で生息地は基本的には熱帯地方なの...

pixta_suika11

スイカの育て方

栽培スイカの原産地と言うのは、色々な説が在ります。しかし、最も有力とされるのが、1857年にイギリス医療伝道者がアフリカ...

zukkini_01

ズッキーニの育て方

アメリカ南部付近、メキシコあたりまでが生息地であり原産地ではないかといわれています。本格的に栽培が始るのがヨーロッパに入...

pixta_kanpanyura

カンパニュラの育て方について

カンパニュラは、釣り鐘のような形の大ぶりの花をたくさん咲かせるキキョウ科の植物です。草丈が1m近くまで伸びる高性タイプの...

pixta_dawinia

ダーウィニアの育て方

ダーウィニアの特徴を挙げていきます。まずは、植物の分類ですが、ダーウィニアはダーウィニア属のフトモモ科に属します。このダ...

pixta_alissam

アリッサムの育て方

アリッサムはミヤマナズナ属のアブラナ科の植物で、日本で一般的にアリッサムと呼ばれているものはニワナズナなので、かつてはミ...

スポンサーリンク

pixta_gamazumi

ガマズミの育て方

ガマズミはその名前の由来がはっきりとわかっていません。一...

ヒュウガミズキ:日向水木

ヒュウガミズキの育て...

原産地は本州の福井県、京都府、兵庫県の北部、です。近畿地...

pixta_askosentram

アスコセントラムの育...

古来より植物と人間の生活は密接に繋がっている。食料として...

pixta_uramurasaki

ウラムラサキの育て方

ウラムラサキの歴史に関しては、ミャンマーやタイが原産地と...