ゴデチアの育て方

ゴデチアの育て方

ゴデチアは、アカバナ科イロイマツヨイ族の植物の総称です。現在では、北米西海岸を生息地の中心としており、20種類もの品種があります。また、色が豊富な点も特徴の一つとなっており、5月から6月にかけて多数の四弁花を付けます。

ゴデチアの育てる環境について

現在、ゴデチアは、アモエナやグランティフローラとの交種によって、数多くの園芸品種が生まれています。高性品種のものも多く、さらに大輪や八重咲きの品種などもあります。開花期は、5月から6月になっており、春まきは5月半ばから7月上旬ごろに行うといいでしょう。

また植え付けの時期は、3月半ばから4月半ば頃がお勧めです。寒さに強い花ではありますが、暑さには弱く暑さで枯れてしまうこともあるので注意しましょう。育て方のポイントとして挙げられるのが、日当たりを好む花なので日が当たる場所で育てることです。

米と都市のように秋に種まきを行うことで、ゴデチアが密集して花を咲かせ、美しく色鮮やかな色合いを楽しむことができます。長く花を楽しむことはできませんが、およそ2週間ほど花を楽しむことが可能です。秋まきを行うのであれば、9月下旬から10月ごろに行いましょう。発芽温度は15度から20度です。

種まきでゴデチアを育てることによって、比較的簡単に花を咲かせることができます。連作障害があるので昨年と同じ場所で育ててはいけません。最もお勧めの種まき方法は、箱まきです。種をまく際には、

種が隠れるように土を被せ本葉が3枚くらいになったらポットに仮植えを行ったり、30cmほどの距離を空けて定植してもいいでしょう。また、水はけが悪い際には、肥やしに牛糞などを混ぜて植えつけます。鉢植えの際には、花用の培養土で十分に綺麗な花を咲かせることができます。

ゴデチアの種付けや水やり、肥料について

種つけは9月から10月ごろに行うのがお勧めです。場所は、日当たりの良いところで行うことがベストであり、土が乾いてきたなと感じたら水やりを行いましょう。花壇でゴデチアを育てる際には、植えつけた後、2週間ほどは土を乾かさないように水やりを行います。

その後は、土が乾いてきたら水をあげれば大丈夫です。雨があまり降らない場合には、自ら意識して水やりを行う必要があります。肥料は、植えつけ時に行います。また、春の3月から4月ごろに行いましょう。暖効性のある化学肥料を与えることがおすすめです。

花壇で育てる際には、あらかじめ肥やしとして腐葉土と牛糞を混ぜたものを使用します。また、綺麗に花を咲かせるためには、苗の時期以外には、むやみに肥料を与えてはいけません。種まきをした後に間引きをする際には、隣同士の葉が触れ合うようになったらおこなうといいでしょう。

隙間を作るように間引きを行い、良く日に当てることが大切です。寒い時期は液肥の必要はありません。寒い時期には、冷たい風を避けるために北側にビニールシートを設置するといいでしょう。ビニールシートを設置することで、風よけを行うことができたり、

さらにはビニールで空間を作ってあげることで温度の上がらない寒い季節であっても保護してあげることもできます。ゴデチアを上手に育てる一番のポイントは、日当たりの良いところで排水を良くし、冬には軽く保護してあげることが重要点です。

ゴデチアの増やし方や害虫について

ゴデチアを上手に増やすポイントは、水はけの良い日なたで育てることです。土壌を改良したり土が乾いてきたら、たっぷり水をあげることで花を増やすことができます。特に植え付け後は、土が乾いて水切れがしないように、表土が乾いてきたらたっぷり水をあげるようにしましょう。

害虫は、アブラムシが春に新芽や蕾に群がってついてしまいます。アブラムシは、新芽や蕾の汁を吸ってしまうので、見つけた際にはすぐに適用のある農薬で駆除を行いましょう。また、土枯病にも注意しなければなりません。作った苗が春に地面側kら腐ってしまい、土枯病になる恐れがあります。

土枯病になってしまった際には、ふき取って処分しましょう。ゴデチアは通常、害虫には強いですが、吸汁性の虫が出るので駆除をしなければなりません。また、害虫対策として行えるのが、雑草をこまめに取ることです。花壇で花を育てる際には、

害虫被害に悩まされることも多く、害虫対策を行わなければなりません。害虫や防虫の対策を行うには、雑草を取り除くことが最も大切です。雑草を取ることによって、虫の量そのものを減らすことができます。草の量が多ければ多いほど虫の量が増えてしまう傾向にあるので注意しましょう。

また、大切な花を守るために強い味方となってくれるアイテムが防虫ネットです。防虫ネットを設置するだけで、アブラムシなどの害虫を避けることができ、様々な花の病気やトラブルから守ることができます。

ゴデチアの歴史

ゴデチアは、アカバナ科イロイマツヨイ族の植物の総称です。現在では、北米西海岸を生息地の中心としており、20種類もの品種があります。また、色が豊富な点も特徴の一つとなっており、5月から6月にかけて多数の四弁花を付けます。花壇用と切り花用と分けられています。

分布地は、北アメリカや太平洋岸です。カリフォルニア州中部からブリティッシュコロンビア州南部にかけて分布しています。乾燥した斜面や草原に生えている植物としても有名であり、また林や茂みなどの空き地などでも見かけることができます。ゴデチアの花を楽しめる季節が6月から8月ごろになります。

高さ約15cmから90cmくらいまで伸び、カップ型の花を咲かせるのもゴデチアの花の大きな特徴と言えるでしょう。現在では、園芸用に多くの種間交雑種が作られています。ゴデチアの日本名は、いろまつよいぐさと呼ばれており、

花好きの方にとって人気のあるメジャーな花でもあります。また、アカバナ科の半耐寒性、または耐寒性の一年草となっています。葉は、円形型をしており、赤や紅、白やピンクなど色とりどりの花を咲かせます。ゴデチアは、1日花となっており開花期が短いですが、

一面花で覆われるなど、ダイナミックな花の美しさを堪能することも可能です。日本では園芸植物として多くの方に楽しまれており、花壇や鉢植え、切り花として初夏において楽しむことができるのもゴデチアの魅力と言えるでしょう。

ゴデチアの特徴

ゴデチアは、北米原産の色鮮やかな花です。園芸店などでも手軽に手に入れることができます。花びらには、光沢があり、鮮やかな色合いを楽しむことができます。別名、イロマツヨイやサテンフラワーとも呼ばれています。花の色は鮮やかなカラーになっており、

赤やピンク、白、橙、混、青など色とりどりの花色を楽しむことが可能です。ゴデチアの科名は、アカバナ科です。耐寒性であり秋まきの一年花となっており、花言葉は、慕うという意味があります。ゴデチアの特徴として、とても華やかな色をしており、花びらが薄くシワが見られます。

水滴が当たってしまうと花びらを傷めてしまうこともあるため注意が必要です。通常、ゴデチアは、花壇用や鉢花として楽しむことができ、さらに切り花としては高性の品種が用意されています。草丈が高く、大きなものでは90cm近くになる物もあります。

ゴデチアの仲間は数多くありますが、サテンのような光沢のある薄い花びらが一番の特徴です。見た目は、月見草に似ており、透明な花色を楽しむこともできます。ゴデチアの中でも特に美しいと言われているのが、ライラックやブロッサムの品種です。

メジャーなカラーでもある赤やピンク、紅紫、白などに比べてライラックやブロッサムは、たくさんのピンク色の花を咲かせます。生息地は、主に北米になります。日本でも綺麗なゴデチアを栽培することもでき、観賞用としてはもちろんのこと、贈り物のの花としても人気を集めています。

pixta_satsumaimo_01

植物の栽培や育て方の知識と体験

植物の育て方について、十分な知識を持った上で栽培するのがオーソドックスな方法です。この方法だと、失敗が少なくなります。本...

pixta_arstromeria

アルストロメーリアの育て方

特徴として、ユリ目に該当します。ユリズイセン科の種類にはいる花になります。草丈に関しては50センチから1メートルほどの花...

pixta_pirea

ピレア(Pilea)の育て方

ピレアは、種からの栽培ではなく、苗から育てる栽培方法になります。植え付けを行う際に最適な時期とされているのは、5月から9...

pixta_sagigoke

サギゴケの育て方

サギゴケは日本を原産とする多年草です。本州、四国、九州などが生息地です。日本以外だと、台湾や朝鮮半島南部で見ることができ...

pixta_nigana

ニガナの育て方

ニガナはキク科の多年草で、原産地及び生息地は日本や東アジア一帯ということで、広く分布している植物でもあります。日本でも道...

pixta_akimenesu

アキメネスの育て方

アキメネスはアメリカ中部、西インド諸島、南アフリカ北部を生息地として約30種が分布している球根植物です。属名はイワタバコ...

pixta_ichigo_01

イチゴの育て方

イチゴは比較的古くから人間に食されていた果物です。その歴史は石器時代にさかのぼります。農耕技術や養殖などを行う前から野生...

pixta_shefurera

植物のことについて知ることは大事

誰でも一度は植物を育てたり、栽培したことはあるものです。しかし、育て方や栽培方法を良く知らなかったために枯れてしまったり...

pixta_reuisia

レウイシア(岩花火)の育て方

スベリヒユ科であるレウイシアと呼ばれる植物は、原産が北アメリカであり学名はLewisiacotyledonで、この学名は...

pixta_karumia

カルミアの育て方

カルミアはツツジ科に属している植物のことで約7種類が世界で認められています。北アメリカやキューバが原産とされていて、主に...

スポンサーリンク

pixta_simotukesou

シモツケソウの育て方

シモツケソウは日本原産の固有種で、本州の関東地方から九州...

pixta_germailis

ジャーマンアイリスの...

ジャーマンアイリスは1800年代にヨーロッパで品種改良が...

pixta_kormnea

コルムネアの育て方

コルムネア属の植物は熱帯アメリカに自生していて、熱帯雨林...

pixta_afendra

アフェランドラの育て...

アフェランドラはキツネノゴマ科でアフェランドラ属に属しま...