トマトの栽培における種まきや植え付けの時期及び育て方について

トマトの栽培における種まきや植え付けの時期及び育て方について

トマトは世界一の需要量を誇る野菜で、日本でも比較的良く食されています。気候的にも栽培に適する事から、家庭菜園レベルであっても頻繁に選択される野菜です。トマトは収穫が一度で終わらず、木が枯れるまでの間に何度も実を付ける性質があります。従ってトマトの栽培においては、収穫期間を長く取れるような方法を取る事がポイントとなります。

トマトの育て方

トマトは夏野菜に該当しますが、もともとの原産地が高地である事から比較的寒さにも強いという特徴があります。但し、苗の段階で霜が掛かったりすると痛んでしまいます。そこで、霜の被害が考えられない範囲で極力早い時期に育て始めるのがポイントとなります。

具体的には4月~5月上旬が適切な時期に該当します。苗を購入して育てる場合には、植え付けをこの時期に合わせれば概ね問題が無いという事になります。一方で苗は販売される品種が限られる事から、最近は種からトマトを育てる事も増えています。

トマトの種まき

トマトの種まきを行う場合はいきなり露地にまくのでは無く、概ね2ヶ月程度の育苗期間を経た後に植え付けを行う必要があります。従って種まきは早ければ2月という事になりますが、この時期では環境が合わないので保温を行ってやる必要が生じます。

これが難しい場合には、植え付け時期が遅れるものの4月頃に種まきを行うのが次善策となります。このように種まきや植え付けの時期にポイントを見出せるトマトですが、その育て方にも様々なポイントがあります。まず根本的な部分で考えなければならないのは、連作障害の問題です。

トマトの栽培時の注意点

トマト栽培で一番の壁となるのが連作障害であり、これはトマトを含むナス科全般に共通する問題点です。従って前年にトマト栽培を行った場所は勿論の事、同じナス科に該当するナス・ピーマン・ジャガイモを前年に育てている場合にも、トマト栽培は避ける必要があります。

次にトマトの栽培のポイントとなるのは、ある程度育って来てからの管理です。まず前述のように高地に原産を求められるトマトは比較的乾燥環境に強く、逆に水分に恵まれ過ぎている環境には弱い面があります。

その為に、雨水が直接当たるような環境では水分を吸い過ぎて、実が割れるといった障害が起きる可能性があります。ですので、雨除け等の設置が必要となります。また、成長段階のトマトは茎が上方に向かって大きく伸びるので、これを支えてやる必要があります。

具体的には50~60cm程度の支柱を立て、茎を誘導してやる必要もあります。そして伸び過ぎを防止する意味でも、支柱最上に達した段階で茎の先端を積み取る事が望ましいと言えます。こうすると高さの面で管理し易くなると共に、栄養が集中し易くなって美味しく・大きい実を付ける可能性を高める事が出来ます。

pixta_linam

リナム・グランディフロムルの育て方

リナム・グランディフロムルは、アマ科アマ(リナム)属の植物です。リナム属はロシアのカフカス地方から中東にかけての地域が生...

pixta_aptenia

アプテニアの育て方

この花については、ナデシコ目、ハマミズナ科となっています。多肉植物です。葉っぱを見ると肉厚なのがわかります。またツヤのあ...

pixta_dorasena

初心者でも簡単な観葉植物について

最近は趣味として、ガーデニングなどを楽しんでいる方がどんどん増えています。自宅の庭に色とりどりの花を咲かせたり、ベランダ...

pixta_hereborsniger

ヘレボルス・ニゲルの育て方

ヘレボルス・ニゲルはキンポウゲ科クリスマスローズ属の植物です。クリスマスの季節に開花することからクリスマスローズという名...

pixta_ooblieta

オーブリエタの育て方

オーブリエタとは、アブラナ科オーブリエタ属に類する多年草です。多年草とは、毎年生息して育つ植物の事を言います。いわば土の...

pixta_shuraburose

バラ(シュラブ・ローズ)の育て方

バラの歴史はとても古く、恐竜が世界を支配していたころから始まります。さらに初めに文字として誕生したのは古代メソポタミア文...

pixta_rikasute

リカステの育て方

この植物の特徴としては、キジカクシ目、ラン科、セッコク亜科になります。園芸の分類においてはランになります。種類としてもラ...

pixta_usubenihigosumire

ウスベニヒゴスミレの育て方

ウスベニヒゴスミレはガーデニングでも適した植物と言われていて、専門家も性質も強く園芸的にも優れていると太鼓判を押している...

pixta_fritiraria

フリチラリアの育て方

フリチラリアはユリ科の植物でフリチラリア属に属します。生息地は北半球独自の品種であることから、地中海沿岸地方から日本、カ...

pixta_enreisou

エンレイソウの育て方

エンレイソウは、ユリ科のエンレイソウ属に属する多年草です。タチアオイとも呼ばれています。またエンレイソウと呼ぶ時には、エ...

スポンサーリンク

pixta_nirenbergia

ニーレンベルギアの育...

ニーレンベルギアはナス科の植物で、紫色や白色などの花を咲...

pixta_warenbergia

ワーレンベルギアの育...

特徴としては、被子植物、真正双子葉類、コア真正双子葉類、...

pixta_kuransin

クンシランの育て方

クンシランはヒガンバナ科クンシラン属で、属名はAmary...

pixta_himawari_01

ひまわりの栽培やヒマ...

夏になると太陽の方向を向いて元気に咲くひまわりが目につき...