ボロニアの育て方

ボロニアの育て方

ボロニアはミカン科、ボロニア属になります。ボロニアは、3月から4月にかけて綺麗な花を咲かせる樹木になります。ですので、寒さには強くないといった特徴を持っております。ですので、もしも育てたいと考えているのであれば、出来る限り鉢植えで育ててあげましょう。

育てる環境について

ボロニアは、日本で育てる際には、とにかく高温多湿の状況を避けるようにしてあげなくてはいけません。ですので、出来る限り育てる際には、湿度を気をつけてあげましょう。ですが、基本的に日当たりを好む花になりますので、室内で育てる際には、必ず日陰ではなく、太陽が当たるところに鉢を置いてあげる必要があります。

ですが、たとえ日当たりを好むと言いましても、夏の暑い直射日光は大変苦手です。ですので、夏の暑い日に、日当たりが良すぎる場所に鉢をおくという事はしないであげてください。では、夏をどのようにして迎えれば良いのでしょうか。夏の場合には、日当たりをできる限り避けて、風通しの良い半日陰の場所を探してあげましょう。

直射日光にあたってはいけないのであって、まったくの日陰で育ててしまっては意味がありません。半日陰の場所をきちんと確保しておくと良いでしょう。そして、ボロニアは大変冬が苦手な花になります。ですので、夏以上に気を遣ってあげなくてはいけないのが、冬になります。冬は、室内の日当たりが良い場所に置くことが絶対の条件ではあるのですが、

それと同時に気をつけなくてはいけないことがあります。それは、暖房です。特に、暖房の高温は大変苦手ですので、花のためだからといって、変に暖房をつけると言ったことはしないようにしてください。逆に、育ちが悪くなってしまう可能性がありますので、注意が必要ですよ。育てる環境には、十分に配慮してあげましょう。

種付けや水やり、肥料について

では、ボロニアを育てる時の水やりや肥料などは、どういったところに気を遣ってあげれば良いのでしょうか。水やりに関しましては、上記でも述べました通り、水切れを大変嫌う花になりますので、できる限り細かくチェックをしてあげて、土の表面が乾いてしまったらあげるようにしてあげてください。

また、過湿を大変嫌う花になりますので、特に高温多湿の状態は作らないということが絶対条件になります。原産地が夏に涼しいところだということもあり、梅雨などの長雨にも当てないようにしてあげなくてはいけません。ですので、もしも外で育てる場合には、梅雨の時期などは軒下に移動させてあげるなどの工夫をしましょう。

そして、長雨に長時間晒されることのないように、しっかりと見てあげてください。また、水切れには注意しなくてはいけないのですが、特に夏などは、水をあげすぎないようにしましょう。土がすぐに乾いてしまうからといって、水をたくさんあげすぎてしまっては、逆に枯らしてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

そして、ボロニアに適している肥料は、濃くないものになります。根が大変弱いといった特徴がありますので、あまりにも強すぎる肥料を与えてしまいますと、かえって枯れてしまいますので、気をつけましょう。春の4月から6月にかけて、そして、秋の9月から10月にかけて、花の液体肥料を定期的にあげてください。それ以上は、あげる必要はありませんので、きちんとチェックをしておきましょう。

増やし方や害虫について

ボロニアの育て方で気をつけなくてはいけない点は、上記でもたくさん述べましたが、次に増やし方や害虫対策はどのようにして行えば良いのでしょうか。ボロニアは、挿し木をしてあげることで、比較的簡単に増やすことができますので、たくさん花をつけたいということであれば、挿し木をしてあげることをおすすめ致します。

また、増やすのに適している時期は、6月頃になりますので、時期もきちんとチェックをしましょう。6センチ程度の挿し穂を用意して、一番下の節の葉を取ります。そして、その節が用土にきちんと埋まるようにして挿してあげてください。そのままですと、大変挿しにくいかもしれませんので、平鉢などに、用土に鹿沼土やパーライトなどを用意して、

挿し木をしてあげると、安定しますのでおすすめですよ。そして、害虫や病気に関しての対策は、梅雨前に行ってあげましょう。その理由は、先ほどでも述べました通り、ボロニアが、高温多湿を嫌う花だからです。ですので、梅雨前頃から病気にかからないようにしっかりと対策してあげなくてはいけません。予防として適しているのは、

ダコニールになります。殺虫剤を適度に散布してあげることで、害虫対策にもなりますので、大変おすすめです。ですが、どれだけ配慮をしても、アブラムシなどが付いてしまう可能性もありますので、殺虫剤を撒いたからといって、そのままにしておくのではなく、きちんと毎日チェックをしてあげるようにしましょう。ボロニアを育てるには、ある程度の配慮が必要ですよ。

ボロニアの歴史

ボロニアは、3月から4月にかけて綺麗な花を咲かせる樹木になります。ですので、寒さには強くないといった特徴を持っております。ですので、もしも育てたいと考えているのであれば、出来る限り鉢植えで育ててあげましょう。また、ボロニアは大変種類が多いということでも有名です。原産地はオーストラリアになるのですが、なんと約90種類以上あります。

花型の小花を咲かせる種類のものもあれば、小さなベルのような形の花を咲かせるものなど、様々な種類がありますので、是非、育てる際には、どういった種類の花を育てたいのかというのを、考えてみるのも良いでしょう。また、生息地が夏に涼しい地域に生息しているといった事から、日本の高温多湿といった環境が大変苦手です。

ですので、日本で育てる際には、暑さに気をつけてあげましょう。強い日差しは特に苦手ですので、出来る限り日差しを避けるようにして、鉢を移動させてあげてください。また、風通しが良いというのも育てる条件として挙げられます。出来る限り風通しが良く、また、半日陰などを確保できるスペースを探して、栽培してあげるようにしましょう。

また、ボロニアは寒さにも強いわけではありません。あまり寒くなるようでしたら、育てる場所を考えてあげてください。霜の当たらない軒下を選ぶなど、少し配慮してあげないと、すぐに枯れてしまう可能性がありますので、注意が必要ですよ。きちんと育てれば、可愛らしい花をつけますので、是非、挑戦してみましょう。

ボロニアの特徴

ボロニアの特徴は、先ほども述べました通り、寒さに強くないといった特徴があります。また、日本では高温多湿の環境が大変苦手ですので、育てる際には、かなりの配慮がいります。ですので、早春を迎える頃になりますと、開花株が花屋さんなどに売られるようになります。

冬の寒さを超えて、これからという、ちょうど良い時期に売られますので、是非育ててみたいという人は、早春を狙って購入すると良いでしょう。育てる際には、鉢植えで育てるようにしましょう。そして、室内の日当たりの良いところを選んで、きちんと場所を確保してあげてください。

太陽があまり当たらないような状況を作り上げてしまいますと、花や蕾が落ちやすくなってしまいます。ですので、室内に置く際には、必ず太陽の光を確保できるところを選んであげるようにしましょう。また、ボロニアは寒さに強くありませんが、特に室内を暑くしてあげる必要は全くありません。

最低温度が5度以上、また、昼間は20度から25度程度を確保出来ていれば問題ありませんので、とにかく太陽の光を優先して、場所の確保をしてあげましょう。また、暖かい日は少し外に出してあげる事で、綺麗な花をつけてくれますよ。是非、面倒臭がらずに、天気の良い日は外に積極的に出してあげるようにしましょう。

そして、ボロニアは大変水切れを嫌う花になります。ですので、表面が乾いてしまったら、すぐに水をあげるようにしてあげてください。ですが、過湿も嫌いますので、きちんと土を見てあげるようにしましょう。

pixta_soramame_03

ソラマメの育て方

世界で最も古い農作物の一つといわれています。生息地といえば例えば、チグリス・ユーフラテス川の流域では新石器時代から栽培さ...

pixta_rikyubai

リキュウバイ(バイカシモツケ)の育て方

リキュウバイは別名バイカシモツケと言われています。育て方も簡単で、原産地は中国北中部が生息地になっています。栽培して大き...

pixta_monadenium

モナデニウムの育て方

モナデニウムは日当たりのいいところで栽培をします。そして育て方は土が乾いたらたっぷりの水を与えてあげます。塊根タイプの植...

pixta_katura

カツラの育て方

カツラは日本特産の植物で大昔である太古第3紀の頃から存在します。日本とアメリカに多く繁茂していましたが、次第にアメリカに...

pixta_putiasuta

プチアスターの育て方

キク科カリステフ属のプチアスターというこの花は、中国北部やシベリアを原産国とし1731年頃に世界に渡ったと言われておりま...

pixta_barapyua

バラ(ピュア)の育て方

その特徴といえば、たくさんありますが、特徴を挙げるとすれば、その香りが最大の特徴ではないかと考えられます。もし、いくら花...

pixta_katakuri

カタクリの育て方

カタクリは従来片栗粉の原料として利用されていた植物であり、現在でも片栗粉の原料として利用されていますが、希少性が高い事や...

pixta_sharinbai

シャリンバイの育て方

常緑の植物で、低木となるものが多いです。日本では暖かい地域ではもちろん育ちますが、宮城県や山形県くらいまでなら育つことが...

pixta_jueruokid

ジュエル・オーキッドの育て方

種類としてはラン科になります。通常園芸分類においてはランとして分類することが多いですが、葉っぱを中心に楽しむものに関して...

pixta_kijimusiro

キジムシロの育て方

被子植物で、バラ目、バラ科、バラ亜科となっています。特徴としては、梅に似ているだけあって属以外は梅と同じです。被子植物で...

pixta_usubeniaoi

ウスベニアオイの育て...

ウスベニアオイは、アオイ科の多年草で成長すると2mほどの...

pixta_suiren

睡蓮(スイレン)の育...

睡蓮の魅力と言えば、なんと言ってもその美しい花、そして風...

pixta_hiasinsu

ヒアシンスの育て方

ヒアシンスは16世紀前半にヨーロッパにもたされ、イタリア...

pixta_akirea

アキレアの育て方

アキレアは西洋ノコギリソウとも言われ、ヨーロッパを原産と...