マルメロの育て方

マルメロの育て方

マルメロは、原産地を乾燥地帯が広がっていて遊牧などが盛んな大陸としている樹木ですが、我が国でも生息地としている都道府県も実在しています。なお、マルメロという言葉は果実の名称を指していて、樹木はマルメレイロと呼ばれているそうです。

育てる環境について

マルメロは基本的に太陽の光が当たる場所を好むので、栽培を行なう際には日光が当たりやすい場所に置いておくのが適しています。寒さに耐えられる特質も持っていて、冬に気温が低くなる我が国最北端の都道府県でも南の地域では、育てるのは不可能ではないとされています。ただ、特質として暖かい場所で栽培すると果実が出現した場合に、

何ら施しがなくとも地面に落下しやすくなります。というのは、温暖な地域で栽培すると樹木が盛んに生長をするようになり、枝葉も長く伸びるようになります。そうなると枝葉と果実との間で養分を取り合うという現象が発生し、果実が付きにくくなります。土についても気を付けておきたい事柄が実在していて、排水機能が秀でていて、

養分が豊富にある土で育てるのがベターだとされています。また根っこは地下から浅い場所で張る特質を持っているので、乾燥しないように育てるのがベストです。果実を作る場合には受粉させるための樹木が要ります。なお、こういうプラントは、本来実がなるシーズンであるのに関わらず、そういうシーズンに実がならず、

翌年に実がなるという現象を繰り返すという特質も持っています。こういう現象を隔年結果と呼ばれていて、果実がなっているスパンが長いプラントに頻りに見られる現象だとされています。豊作となった果実が長い間着いていると、養分が足りなくなり、翌年には果実がならなくなります。なので、翌年も着けたいのであれば、適度に果実を取るのが適切です。

種付けや水やり、肥料について

育て方は、前の段落で述べたように雨が少なく、やや涼しい場所を好むとされているのでそういう環境下で育てるのがベターであり、また太陽の光が当たる場所で育てるようにします。水やりに関してですが、土が乾燥しているのであれば、鉢植えの底に部分から水がはみ出るぐらいに多目に与えるのがベターだとされています。

対照的に、庭で栽培している場合は、さほど生長していない樹木、あるいは植え付けてまだ日が浅い樹木、暑いシーズンに雨が降らない日が続いている場合を例外にして、基本的に水やりをしなくとも生長します。ただ、使っている土の品質によっては違ってくる場合も出てきます。肥料を与えるシーズンは12月だとされていて、

そういうシーズンに有機質タイプの肥料を与えるのがベターだとされていますが、2月あるいは10月のシーズンに与えるのがベターだとされる記述も実在していますし、鉢植えの場合は5月にも肥料を与えておいた方が望ましいとされています。また効き目が早い特質を持つ化成肥料を施すのもありだとされています。植え付け、

または植え替えのシーズンと枝を切り落とすシーズンは重なっていて、インフォメーションの内容によってバラつきはありますが、12月から2月だとされています。植え付けに関しては、地上から50センチぐらいの高さの位置で、切り返すという形で植え替えるようにします。植え替えは一般的に2年に一度のペースで行なうのがベターだと言われています。

増やし方や害虫について

前に述べたように、マルメロの果実を作るには別の樹木を植えるのが大切になってきます。一本の木だけで実を作る特質が弱いとされているからであり、こういう部分がカリンと異なる部分の一つです。なお、カリンの場合は一本の樹木だけで果実を作る特質を持っているので、別の樹木を用意しなくとも実を作るのが可能です。

マルメロに関する事柄に戻りますが、別の樹木を植えるのみならず、果実を作りたいと考えているのであれば、ほったからしにはしないで授粉を行なえるようにします。授粉に使われる花粉に関しては違う品種の樹木の花粉でも代用が可能とされています。発生する疾患と害虫に関してですが、疾患は黒色の点々が出てくるという症状、

赤い模様が出てくるという症状などが列挙されています。また害虫はシンクイムシなどが列挙されています。黒色の点々が出てくるという症状は果実に発生し、赤い模様が出てくるという症状は葉っぱに発生するとされています。赤い模様が出てくる症状の場合、ビャクシンの仲間のプラントの近くに植えていると生ずる場合が高くなるので、

可能な限り、一緒に植えないようにするのがベストです。シンクイムシという害虫はメイガといった蛾の仲間の幼虫を指しています。シンクイムシによる食害を食い止める手段としては、袋かけが列挙されています。果実に袋かけを行なうのであれば、余計な実を取り除く行為を行なってからにするのがベターだとされています。

マルメロの歴史

マルメロは、原産地を乾燥地帯が広がっていて遊牧などが盛んな大陸としている樹木ですが、我が国でも生息地としている都道府県も実在しています。なお、マルメロという言葉は果実の名称を指していて、樹木はマルメレイロと呼ばれているそうです。セイヨウカリンとも呼ばれる場合がありますが、セイヨウカリンという名前の樹木は実在していて、

マルメロとは全く異なっている品種の樹木ですし、漢字では木瓜と書きますが、こういう文字はボケというプラントを指して呼ばれたり、キュウリと読まれたりする場合もあるので、紛らわしいと言えます。ところで、こういうプラントのヒストリーはかなり古く、栽培が行なわれたのは紀元前50世紀から紀元前30世紀の年代だと言われています。

また、ユダヤ教もしくはキリスト教に関連している文献に記載されているフルーツはそういうプラントの果実ではないかとする説も実在しています。我が国で言えば天皇および貴族が政治の実権を握ったとされる9世紀には、今のソーセージの国、花の都と呼ばれる都市が実在している国などを支配していた王様は、

当該プラントの樹木を植えるように指示して、結果として花の都と呼ばれる都市が実在している国に伝来するに至りました。我が国へは将軍が政治の実権を握った年代である17世紀に伝来したとされています。国内総生産第一位の国にも伝来しましたが、リンゴが実在するようになって、マルメロの果実の支持は次第に衰えるようになりました。

マルメロの特徴

前の段落に書かれているようにマルメロはヒストリーを感じさせる樹木ですが、発達して大きくなった果実は、子房ではないプラントの組織の一部分とされていて偽果と呼ばれています。果実の形は梨のような形をしていて、下の部分が膨れている果実になるケースも実在しています。果実の色は緑っぽい色をしていて、周辺は毛で覆われています。

なお、覆われている毛は次第に取れるとされています。花は春のシーズンに咲くとされていて、色は白またはピンクです。食用にされる場合もあり、生のままでは食べるのは不可能だと言われていますが、お酒の材料として使われたり、ジャムとして食べられたりするケースが実在しています。

なお、マーマレードというジャムの名前はマルメロを砂糖に漬けた食品から由来しているという説が実在しています。かつてパエリアで名が知られている国とともに世界をリードしていた国の言葉ではマルメラーダと呼ばれています。マルメラーダはそういう果実を使ったペーストであり、そういうペーストを四つの国で構成されている国で定着するようになったとされています。

こういう果実を使った食品をメインとして指していたのは18世紀までだと言われています。ちなみに、マーマレードの由来は以上の説以外にも実在しています。そばを生産しているところとして知られている都道府県ではカリンと呼ばれていますが、果実の形などが異なっていて、用途も違っているとされています。

pixta_akazakazura

アカザカズラの育て方

夏になると、近年は省エネが叫ばれ、電力の節約のためにさまざまな工夫がなされます。つる性の草のカーテンもそのひとつだと言え...

pixta_gyoryubai

ギョリュウバイの育て方

ギョリュウバイはニュージーランドとオーストラリアの南東部が原産のフトモモ科のギョリュウバイ属に分類されている常緑樹で、日...

pixta_turifunesou

ツリフネソウの育て方

ツリフネソウは一年草であり、草の丈は40センチから80センチ程度に成長します。花の開花時期は夏から秋にかけてですが、山地...

pixta_ekium

エキウムの育て方

エキウム・ウィルドプレッティはテネリフェ島のジャルダンラオロダヴァド植物園の園長であるヘルマンが、イギリスの王立植物園に...

pixta_gennoshouko

ゲンノショウコの育て方

この植物の原産地と生息地は東アジアで、中国大陸から朝鮮半島を経て日本全国に自生しているということですので、昔から東アジア...

pixta_rengyou

レンギョウの育て方

花の特徴としては、キク類、真正キク類、シソ目、モクセイ科になります。属名としてフォーサイシアと呼ばれることもあります。園...

pixta_karatati

カラタチの育て方

今から約1300年前に伝来していて、和名の由来はからたちばなという言葉が略されたとする説が実在しています。ただ、からたち...

pixta_rukousou

ルコウソウの育て方

ルコウソウの原産地は熱帯のアメリカで、暖かい気候の土地に定着しやすいです。日本では本州中部以南に生息しており、1848年...

pixta_nagoran

ナゴランの育て方

この植物の歴史ついて書いていきますが、まずは名前の由来についてです。ナゴランの名前は原産地でもある沖縄の「ナゴ」に由来し...

pixta_serastium

セラスチウムの育て方

セラスチウムは、20センチ前後の、あまり大きくない花になります。ですが、上へと伸びるのではなく、どんどんと横に伸びていき...

スポンサーリンク

pixta_pangy

パンジーの育てかたに...

スミレ科のパンジーは、寒さには強いのですが、暑さに弱く、...

pixta_ichigo_02

イチゴの育て方につい...

イチゴは粒が大きくて甘味が強いのが当たり前だと思っている...

pixta_simotukesou

シモツケソウの育て方

シモツケソウは日本原産の固有種で、本州の関東地方から九州...

pixta_sakoufuji

サッコウフジの育て方

サッコウフジは、マメ科のナツフジ属に属している花になりま...