植物の育て方にはその人の心があらわれます。

植物の育て方にはその人の心があらわれます。

自宅で、植物をおいてあるところはたくさんあります。お部屋に置いておくと部屋のイメージがよくなったり、空気を浄化してくれる作用がありますのでいつも新鮮な空間の中ですごせるようになるのです。

日常における植物の重要性

お店を営む人たちの間でもよく使われており、お客さんを居心地の良い状態でおもてなしができるように演出をしてくれるのです。その種類も大変豊富にありまして、室内に向くものと外に置いた方がよいものとがあります。

その見極めはお店の人に聞いたり、専門誌などを見て研究する必要があります。四季折々の変化を楽しめる植物があるのですが、いろんな種類のものがあってなかには栽培の難しいものもあります。

素人の人でも植物が好きな人には、そのことをよく把握しているものです。いつも植物を気にかけてみていますから、人間と同じようにどのような状態なのかということが自然とわかってくるようになるのです。そういう風になってくれば、植物の育て方もさほど難しいことではありません。

実際に花や緑に話しかけてあげるとそれにこたえてくれるかのように、花がきれいに咲いたり元気がなかった緑の葉がよみがえったりすることがあるのです。 それは植物が確かに生きているということであり、優しい人間のといかけにこたえてくれたという証拠なのです。

水のやり方

そういうこともあるのですが、現実の育て方について触れていきますとやりかたひとつで花が枯れてしまったり、元気がなく色合いがよくないということがあります。それには原因がかならずあるもので、まず考えられるのは水のやり方であります。必要なお水の量を、きちんとあげているかということを考えてみます。

お水のあげかたというのが大変微妙なことで、やりすぎてもいけませんがカラカラの状態はさけなければなりません。つまり、すべて同じやり方ではないということです。また、お水をあげる時間帯にも注意が必要です。昼間のカンカンと、日の当たる時間帯にあげるのはいけません。

お水をあげる時間帯が、適しているのは朝と夕方になります。その時間帯を決めて、きちんとお水をあげることです。その他の育て方の注意点といいますと、土のことが取り上げられます。なんでもそうですが、どんなにお水や肥料をあげても肝心の土台が良い状態でなければきれいに育ってはくれません。

植物栽培における土の重要性

土の状態はいつも気にかけておく必要があり、古くなった土は再生作用のあるものが売っていますからそういうので手を加えていくと、新しい元気な土によみがえってくれそれにより植物もこたえてくれるようになります。

人の生活にうるおいを与えてくれ時には人の心を和ましてくれる、そんな植物をこよなく愛し栽培方法をしっかりと研究して元気を与えていってあげたいものです。

pixta_kokabu_01

植物の栽培とこの育て方とこの種まきのやり方

趣味としてガーデニング等をしている方々は大勢いますが、野菜等の栽培をしたり、この育て方やこの種まき等の知識を身につけるこ...

pixta_titonia

チトニアの育て方

チトニアはキク科の植物になります。鮮やかなオレンジや黄色などのビタミンカラーが印象的で、美しい花を咲かせるでしょう。キク...

pixta_nasutachiumu

ナスタチュームの育て方

黄色やオレンジの大きな花をつぎつぎと咲かせるため、ハーブの利用だけでなく観賞用としても人気のナスタチューム(ナスタチウム...

pixta_soreiroria

ソレイロリアの育て方

特徴としては、イラクサ科の植物とされています。常緑多年性の草になります。草の高さとしてはそれ程高くなりません。5センチぐ...

pixta_gongora

ゴンゴラの育て方

花の特徴としては、ラン科になります。園芸分類はランで、多年草として咲くことになります。草の丈としては30センチ位から50...

pixta_kuko

クコ(キホウズキ)の育て方

この植物はナス科クコ属の落葉小低木ですが、ナスの仲間ということで、その実からは何となく似ているかなという感じですが、色は...

pixta_farenopusisu

ファレノプシス(コチョウラン)の育て方

学名はファレノプシスですが、和名をコチョウランとも言い、日本でランと言えば、胡蝶蘭を思い浮かべるくらい有名で、人気がある...

SONY DSC

エロディウムの仲間の育て方

フウロソウ科エロディウム属に属する品種なので、厳密には異なります。和名ではヒメフウロソウと呼ばれており、良く似た名前のヒ...

pixta_ikisioririn

イキシオリリオンの育て方

花については被子植物、単子葉類になります。クサスギカズラ目とされることがあります。ヒガンバナ科に属するとされることもあり...

pixta_tokeisou_01

トケイソウの育て方

原産地は、北米、ブラジルやペルーなどの熱帯アメリカです。パラグアイでは国花とされています。現在、園芸に適した品種として知...

スポンサーリンク

pixta_seji

セージの育て方

セージの基本種、「コモンセージ」は、薬用サルビアの別名通...

pixta_tuwabuki

ツワブキの育て方

ツワブキは海沿いの草原や崖、林の縁などを生息地としている...

pixta_hibisukusu

ヒビスクス・アケトセ...

ヒビスクス・アケトセラが日本に入ってきた年代は詳しく知ら...

pixta_kitunenobotan

きつねのぼたんの育て...

きつねのぼたんはキンポウゲ科の多年草です。分布は幅広く北...