植物の育て方にはその人の心があらわれます。

植物の育て方にはその人の心があらわれます。

自宅で、植物をおいてあるところはたくさんあります。お部屋に置いておくと部屋のイメージがよくなったり、空気を浄化してくれる作用がありますのでいつも新鮮な空間の中ですごせるようになるのです。

日常における植物の重要性

お店を営む人たちの間でもよく使われており、お客さんを居心地の良い状態でおもてなしができるように演出をしてくれるのです。その種類も大変豊富にありまして、室内に向くものと外に置いた方がよいものとがあります。

その見極めはお店の人に聞いたり、専門誌などを見て研究する必要があります。四季折々の変化を楽しめる植物があるのですが、いろんな種類のものがあってなかには栽培の難しいものもあります。

素人の人でも植物が好きな人には、そのことをよく把握しているものです。いつも植物を気にかけてみていますから、人間と同じようにどのような状態なのかということが自然とわかってくるようになるのです。そういう風になってくれば、植物の育て方もさほど難しいことではありません。

実際に花や緑に話しかけてあげるとそれにこたえてくれるかのように、花がきれいに咲いたり元気がなかった緑の葉がよみがえったりすることがあるのです。 それは植物が確かに生きているということであり、優しい人間のといかけにこたえてくれたという証拠なのです。

水のやり方

そういうこともあるのですが、現実の育て方について触れていきますとやりかたひとつで花が枯れてしまったり、元気がなく色合いがよくないということがあります。それには原因がかならずあるもので、まず考えられるのは水のやり方であります。必要なお水の量を、きちんとあげているかということを考えてみます。

お水のあげかたというのが大変微妙なことで、やりすぎてもいけませんがカラカラの状態はさけなければなりません。つまり、すべて同じやり方ではないということです。また、お水をあげる時間帯にも注意が必要です。昼間のカンカンと、日の当たる時間帯にあげるのはいけません。

お水をあげる時間帯が、適しているのは朝と夕方になります。その時間帯を決めて、きちんとお水をあげることです。その他の育て方の注意点といいますと、土のことが取り上げられます。なんでもそうですが、どんなにお水や肥料をあげても肝心の土台が良い状態でなければきれいに育ってはくれません。

植物栽培における土の重要性

土の状態はいつも気にかけておく必要があり、古くなった土は再生作用のあるものが売っていますからそういうので手を加えていくと、新しい元気な土によみがえってくれそれにより植物もこたえてくれるようになります。

人の生活にうるおいを与えてくれ時には人の心を和ましてくれる、そんな植物をこよなく愛し栽培方法をしっかりと研究して元気を与えていってあげたいものです。

pixta_momijikaramatu

モミジカラマツの育て方

モミジカラマツの特徴について書いていきます。その名前の由来からして、葉っぱは紅葉のように切れ込む葉が特徴的です。実際に見...

pixta_katorea02

カトレアの育て方

カトレアは、肉厚の葉とバルブと呼ばれるやや太った茎をもつ洋ランとされ、生息地は、熱帯、亜熱帯地域の南アメリカ周辺で中南米...

pixta_touhi

トウヒの仲間の育て方

トウヒはマツ科に属する樹木であり、漢字で表すと唐檜と書き表されます。漢字の由来から日本には、飛鳥時代~平安時代現在の中国...

pixta_cattail

キャットテールの育て方

キャットテールは別名をアカリファといい、主にインドが原産地で、熱帯や亜熱帯地方を生息地としている植物でおよそ300種類か...

pixta_endou_02

エンドウの育て方

古代エジプトの王の墓から発見されたというエンドウは、地中海地方と中国が原産地や生息地とされています。日本には10世紀のこ...

pixta_pakira02

植物の育て方はある三つを守れば枯れない?

植物を育ててみたいけれども育て方が分からないから枯らしてしまうかもと悩んでいる方、植物は水の量、どのくらいあげればいいの...

pixta_bazeria

バーゼリアの育て方

バーゼリアのいくつかの特徴を挙げていきます。植物としては、常緑低木に分類されます。開花時期としては、春頃です。4月から5...

pixta_fukurokazura

フウセンカズラの育て方

フウセンカズラは、熱帯地方原産の植物です。アメリカ南部、アフリカ、インド、東南アジアなどを生息地とし、湿気の多い雑木林や...

pixta_herikusam

ヘリクリサムの育て方

このヘリクリサム、ホワイトフェアリーの一番の特徴は何といってもその触り心地です。ドライフラワーかと思うような花がたくさん...

pixta_kiturifune

キツリフネの育て方

特徴として、被子植物、双子葉植物綱、フウロソウ目、ツリフネソウ科、ツリフネソウ属になっています。属性までツリフネソウと同...

スポンサーリンク

pixta_stroberycan

ストロベリーキャンド...

ストロベリーキャンドルは、ヨーロッパ・西アジアが原産の植...

pixta_rupinas

ルピナスの育て方

特徴の1つは寒さに強く、暑さに弱い事があります。具体的に...

pixta_ninniku_01

にんにくの育て方

にんにくは、紀元前3000から4000年以上前から古代エ...

pixta_kiwano

キワーノの育て方

キワーノはウリ科でつる性の植物です。名前については企業の...