リシマキアの育て方

リシマキアの育て方

リシマキアは育て方も簡単に行なうことができて、栽培しやすい植物になっています。それに原産国は北半球です。そしてサクラソウ科の半常緑多年草でヨーロッパ原産になっています。リシマキアは花を楽しむ植物ではなくて、葉っぱの色合いを昔から楽しむものになっています。

育てる環境について

リシマキアは日当たりがよかったり、また半日陰になるところなど、さまざまなところで育てることができます。そしてあまり直射日光は避けたほうがいいですが、湿り気の多い場所がおすすめです。だから直接庭に植えたりするならば湿気の多い場所に植えることがおすすめですし、また植木鉢の場合は湿り気のある腐葉土を好みます。

そして腐葉土などに乾燥防止の対策をするといいです。できるだけ水分を長期的になくさないように気をつけることが大事です。日当たりがいいところが好ましいですが、直接日光が当たってしまう場合は夏場などは避けるほうがいいです。植木鉢の場合はできるだけ夏場になって暑くなってきた場合は、日陰になるような場所に置くといいです。

そして花を咲かすことがしたいという方は、花が咲くには日光の光が必要になってきます。もし花を咲かすことをしたいという場合は春から初夏に掛けてはしっかりと日の光を与えてあげるといいです。このしっかりと日に当てることによってきれいな花を咲かしてくれます。リシマキアは花をメインに考える植物ではないです。

葉っぱが特徴的だったり、カラーリーフの役割を果たしたりと、葉っぱがメインの植物だったりします。だから葉っぱがしっかりと育つことができるようにしておかないといけないです。水分をしっかりと与えながら、日の光をきっちりと当ててすくすくと育てることが大事です。あまり日陰になりすぎないように注意しておかないといけないです。

種付けや水やり、肥料について

リシマキアの水やりに関しては、土が乾いてきたころに、たっぷりと垂れるまで水を与えます。そして庭などに植えるのではなく、鉢植えの場合に関しては、特に乾燥しすぎてしまわないように注意する必要があります。土が乾いたらたっぷりと水を与えてあげますが、乾燥状態が長期間続くこと以外は特に気にしなくてもいいです。

リシマキアはもともと湿った環境で生息している植物です。だから水切れを嫌います。そして鉢植えの場合は乾燥を気にしないといけないですが、庭植えの場合に関しては雨が降らないで乾燥してる場合は水をあげるといいです。そして肥料に関しては肥料をたくさん与えてあげるとよく生長します。

しかしあまり与えすぎてしまうと、大きく育ってしまうので、あまり大きく育てたくない場合は肥料を控えることがおすすめです。そして梅雨のときに肥料を与えすぎてしまうと、倒れてしまう可能性もでてきますので、そのときは控えるようにしてあげるといいです。あまり肥料に関して難しく考えなくてもいい植物です。

そして種付けに関しては、特に種付けをしなくても繁殖力の強い植物になっています。だから株分けを行なったり、またさし芽をしたりして増やすことが可能です。そちらのほうが簡単に育てることもできますし、横に伸びたリシマキアの根が出てるところを切って植えたいところの土に植えておくだけでもそこから成長して増えていったりします。だからいろんなところに増やすことが可能です。

増やし方や害虫について

リシマキアの増やし方は株分けを行なうことによって簡単に増やすことができます。さし芽をすることができるのですが、3月上旬から4月下旬に株分けをするほうが簡単です。だから簡単に行なうことができる株分けがおすすめです。また横に増えていくものに関しては、発根してる茎を切って、土をかぶせておくことによって、増やすことができたりしますので簡単です。

また水につけておくだけでも根が出てきたりします。しかしこの根が出てきたとしても、土へ植える場合は根が何本も出てきてからにすることが大事です。育てやすい植物なので、簡単にいろいろな方法で増やすことが可能です。そして害虫に関してはほとんど問題となるものは無いです。

しかし夏の暑さがリシマキアは弱くて直射日光が当たらないと蒸れてしまって害虫の被害にあいやすくなってしまいます。だから直射日光に当たらないようにして、風通しをよくして、できるだけ涼しいところに置くようにするといいです。直接日光が当たってしまったりすると、どうしても葉が焼けてしまったりしますし、

またリシマキアは水分を保存しておくことができて、水っぽい場所で育つことが好ましい植物になってきますので、あまり夏の暑い直射日光を直接当ててしまうとどうしても枯れてしまうことが出てきてしまいます。だから株分けをして、水分をしっかりと与えてあげて増やしていくといいです。簡単に増やすことができるので、寄せ植えなどにも最適です。

リシマキアの歴史

リシマキアは育て方も簡単に行なうことができて、栽培しやすい植物になっています。それに原産国は北半球です。そしてサクラソウ科の半常緑多年草でヨーロッパ原産になっています。リシマキアは花を楽しむ植物ではなくて、葉っぱの色合いを昔から楽しむものになっています。

だから花を咲かせることに集中するのではなく、観葉植物のように考える方も多いです。そしてリシマキアはグランドカバーとして利用されることも多くなってきています。また冬は霜よけをしたほうがいいです。0度以下になってしまう場所は避けるほうがいいです。冬の寒い時期になった場合には、移動させて0度を下回らないようにしないといけないです。

寒さが厳しかったりしてしまうと、その分枯れてしまったりします。比較的冬の寒さに関しては強いほうになりますが、それでも0度を下回ると枯れてしまうので、その点だけは気をつけて、水をしっかりと与えて、夏の暑い時期などに関しては水が不足してしまわないようにしっかりと管理してあげるとよいです。

リシマキアに関しては育てるのは簡単になりますが、水やりのことや、また肥料のこと、そして日当たりに関してはしっかりと管理して枯れないようにすることが大事です。そして枯れてなくなってしまわないように、植え替えの時期になったら、株分けを行なって、新しいリシマキアを増やしてあげると、万が一枯らしてしまったときに、新しくまた育てることができますので、増やすのも大事です。

リシマキアの特徴

リシマキアはあまり日当たりに関して特にこだわりはないですが、日当たりのいいところや半日陰になるところなど生息地はさまざまです。育て方も簡単で増やすのも簡単に栽培をすることが可能になっています。しかし日当たりのことで気をつけないといけないのは、夏場の暑いときの直射日光を与えてしまうことは避けることが大事です。

直射日光を与えてしまったりすると、どうしても葉やけを起こしてしまいます。あまり直射日光は避けてできるだけ湿り気のある土に植えてあげると成長します。そして肥料をおおめに与えてあげることがおすすめです。また冬の寒さに関しても余りにも寒すぎたりしてしまうと、枯れることがおきたいします。

しかし枯れたとしても春になると新芽が出てきたりします。だからせっかく育ててたのに枯れてしまったからといって処分するのではなく、春を待ってまた育ってくれるのを待っているといいです。しかし真夏の暑さには弱くなります。そしてもし育てるのであれば比較的寒い地域が生育地に向いていて、栽培がしやすくなってきます。

リシマキアは単体で育てることもおすすめですし、横に広がっていって豪華になりますが、寄せ植えの中に入れて葉っぱの雰囲気を楽しんだり、またグランドカバーにはとても向いてる植物です。そしてグランドカバーにする場合はあまり人が出入りする場所ではなく、あまり人が通らない場所に植えることがおすすめです。踏んでしまわないように注意が必要です。

pixta_natuzuisen

ナツズイセンの育て方

このナツズイセンですが、面白いのは植物の系統ではヒガンバナ科のヒガンバナ属ということで、彼岸花の親戚でもあります。また別...

pixta_rakenaria

ラケナリアの育て方

特徴としてはまずは分類があります。キジカクシ科とされることがあります。その他ユリ科、ヒアシンス科とされることもあります。...

pixta_himejoon

ヒメジョオンの育て方

ヒメジョオンは、北アメリカが原産の植物で、明治維新で日本が揺れているころに、入ってきて、以来日本中に広がり、色んな家の庭...

pixta_takanebiranji

タカネビランジの育て方

タカネビランジはナデシコ科マンテマ属に分類される高山植物で、花崗岩帯などが主な生息地と言われています。日本が原産の植物で...

pixta_kurumi

クルミの育て方

クルミは美味しい半面高カロリーである食材としても知られています。しかし一日の摂取量にさえ注意すれば決して悪いものではなく...

pixta_ekinasea

エキナセアの育て方

宿根草ブームが巻き起こってから、すっかり宿根草の代表選手となった印象のあるエキナセアですが、古くは400年ほど前にアメリ...

pixta_osteospermam

オステオスペルマムの育て方

オステオスペルマムは南アフリカを生息地としているキク科の草花です。従来は「ディモルホセカ」の仲間に入っていたのですが、形...

pixta_faseria

ファセリアの育て方

ファセリアはハゼリソウ科の植物で双子葉植物として分類されていて280種ほどが世界中で栽培されていて、南北アメリカ大陸を生...

pixta_sissasu

シッサスの育て方

シッサスはオランダで品種改良をされたという歴史を持っていて、ブドウ科の植物なので葉っぱの裏側には白い樹液のかたまりが付着...

pixta_manryou

マンリョウの育て方

江戸時代より日本で育種され、改良も重ねられた植物を古典園芸植物と称しますが、マンリョウもこのような古典園芸植物です。 ...

スポンサーリンク

pixta_ginryousou

ギンリョウソウの育て...

ショウゾウソウ科の多年草ですが、新エングラー体系ではイチ...

pixta_nasu_02

植物の育て方で考える...

植物の栽培を考える上で考えるべき事は、栽培する植物に合わ...

pixta_fuyou

フヨウの育て方

原産地は中国で、日本には室町時代に鑑賞の記録が残っていま...

pixta_repttes

レプトテスの育て方

この花はラン科になります。園芸上においても通常は草花など...