リョウブの育て方

リョウブの育て方

両部の特徴においては、まずは種類があります。ツツジ目、リョウブ科になります。落葉小高木になります。若葉に関しては古くから山菜として食されることがあり、今でも食べられています。今の人はあまり気づかないかもしれませんが、比較的いろいろなところで生えていたり、栽培されている様子を見かけることがあります。

育てる環境について

この花を育てる環境としては、日本においては非常に幅広いと言えるでしょう。生息地は北海道の南部から九州、韓国のハワイと言われる済州島広がっていて、いろいろなところで見ることができます。温帯においても見ることが出来る植物になります。育てるときにおいては日当たりの良い所を選びます。

庭などにおいてはどの当たりに植えるのが好ましいかですが、東側に植えるのが良いかもしれません。と言いますのも、あまり強い西日を好まないからです。東側であれば朝を中心とした柔らかい日差しを受けることができます。南部になると東からの日差しも受けますが西日もしっかりと受けるようになります。

西の方になると朝日を受けることができず西日のみをしっかりと受けることになるので好ましくはありません。庭が自宅の西側にしかないようなときは西日を当たらないように屋根を取り付けたり、多の樹木などで陰を作るなどの工夫をすると良いかもしれません。土の様子として好ましいのは乾燥している状態のほうが良いとされています。

もちろん適度に水分を含んでいる分には問題はありません。一般的な庭土の場合だとそのまま植えるのには問題がありそうですが、腐植質を含んでいるようであればそのまま植えられる状態になっています。耕したりする必要なく、そのまま植えることが可能になります。自宅の庭がある方向にしか向いていなくても、それらをうまく改良することによって環境を変えられます。

種付けや水やり、肥料について

育て方においてはどのような用土を用意していくと良いかですが、庭において腐植土なのであればそのままでも植えることができます。もしそうでないなら庭土から改良を施します。黒土と鹿沼土、赤玉土をいれます。更に栄養分のある腐葉土を混ぜると良いとされます。通気性と保湿性が必要になります。

乾燥している状態が良いとされますが、水を保持することが出来るような土であれば、育てることができます。最初に施した時は当然通気性などは保たれた状態ですが、このまま水を与えたりしていけばそのうち詰まってきて通気性が失われてきます。そのようになってきたと感じてきたら植え替えをするようにします。

頻度としては2年から3年に1度程度で良いとされています。水やりに関しては、鉢植えで行うときには夏において水切れを注意しながら行います。乾いた状態になると一気に乾燥が進みますから、できれば毎日習慣的に水やりを行うようにします。庭植えの場合は雨に任せておけばある程度は水分を保持してくれます。

夏において雨がふらない日が続いた時などは気がついた時に水をまくなどの調整で対応できます。肥料は別途何かを与えなければ無いわけではありません。腐葉土などの栄養分をしっかりと得ることが出来るので、そこから栄養を吸収することができます。冬になると寒くなって少し弱り気味にになる事があるので、それを助ける目的で油かすを入れるようにすれば、いきいきとしてきます。

増やし方や害虫について

育てるときに行うこととしては剪定があります。そのままにしておくと増えることもありますが、どのように剪定をするかわからないと困ることもあります。しかしこの植物においては特に剪定は不要とされています。増えることがありますが、通気性が悪くなるぐらいに増えるわけではないからです。ですから剪定をしなくても問題はありません。

ただし枯れた枝があるならそれを取り除くなどはしておきます。そうしないと余計な栄養分を使ってしまいます。必要なところに栄養分が行き渡るように調整をします。種まきをすることで増やせるようになります。晩秋に種を採取するようにして、取り巻きをしておきます。そして種まきの時期になった時に植えるようにします。

さし木をして増やすこともあります。選ぶ枝は当年枝です。挿し穂の基部に前年の枝を少しだけ残して挿すようにします。これはかかとざしと呼ばれる方法でよく知られています。挿し床に関しては赤玉土、鹿沼土などを配合した土を利用するようにします。病気として起こりやすいのがうどんこ病になります。

生育期においては、葉が白っぽくなることがあります。これを防ぐ方法としては通風と採光の改善が良いとされます。枝が密集しているようなときは適度に枝を切ったりして風通しを良くします。日差しに関しても全くなくすようなことをしてはいけません。害虫についてはあまり心配する必要がないので、薬を使ったりする必要はありません。

リョウブの歴史

お米といいますと以前は税金として徴収されていました。日本においては多くが農家で、その農家が作ったお米を税金として納めていました。お米がお金のような役割をしていたといえるでしょう。お米がたくさん取れる状態なら良いですが、気候などがあまりよい状態でないとどうしても食料が不足することがあります。

現在のように食料が豊富なときにおいても一部の食料が足りなくて困るようなことがあります。昔においてはそのようなことがよくあったようです。自然に生えている草花として知られるものにリョウブがあります。原産としては日本の他、アジアや、韓国などで見られるとされています。この辺りの地域で見かけることが出来る草花になります。

歴史においてはこの名前からわかることがあります。漢字で記載すると令法となります。なんとも仰々しい名称になりますが、実はこの花については令において植えさせたことからこの名がついたとされています。別名としては畑積りと言われることがありますがこちらについても同じような意味になります。

飢饉が発生した時に食べるものがなくなっては困ります。そこで飢饉になっても困らないように比較的作りやすいとされるこの草花を栽培するようになったとされています。こちらについては若葉を食料にすることがあり、今でも食べる場合があります。花自体は非常に可愛らしいですが、名前としては少し国の政策が入った花として知られることになります。

リョウブの特徴

両部の特徴においては、まずは種類があります。ツツジ目、リョウブ科になります。落葉小高木になります。若葉に関しては古くから山菜として食されることがあり、今でも食べられています。今の人はあまり気づかないかもしれませんが、比較的いろいろなところで生えていたり、栽培されている様子を見かけることがあります。

たかさにかんしてはそれなりに高くなり、3メートルから7メートルに達することもあります。どんどん成長する木と言ってもいいかもしれません。樹皮に関しては比較的滑らかです。樹皮がなめらかな植物としてはさるスベリが知られています。そのことから地方によってはこの木についてサルスベリと呼ぶこともあるようです。

種類としては全く異なります。葉っぱに関しては幅が3センチ、長さが10センチほどになります。縁はギザギザ状になっています。葉っぱには特に艶が見られるわけではなく、少し毛が生えた状態になっています。通常は緑で生い茂っている様子ですが、夏頃になると非常に可愛らしい花を咲かせるようになります。花びらは白く5つにきれいに開きます。

サクラのような、梅のような花びらですが、非常に小さいのでよく見にないとわからないかもしれません。白い花が一般的に見られますが、白いものだけでなく黄色っぽいもの、赤っぽい花を咲かせることもあります。一つの枝にたくさんの花がつくので、花が咲いている時には非常によく目立つようになります。葉だけだとあまりわかりません。

pixta_keshouboku

ケショウボクの育て方

ケショウボクはダレシャンピアという名前で流通していることも多い、トウダイグサ科ダレカンピア属の常緑低木です。メキシコから...

pixta_penisetam

ペニセタムの育て方

お米に関してはイネ科に属することになります。このイネ科の植物としてあるのがペニセタムと呼ばれる植物になります。いくつかの...

pixta_taisanboku

タイサンボクの育て方

タイサンボクはモクレン科モクレン属の常緑高木で、北米中南部が原産です。タイサンボクの木は大山木や泰山木という字も使用され...

pixta_koyoba

コヨバ(エバーフレッシュ)の育て方

マメ科コヨバ属の植物である、コヨバ(エバーフレッシュ)は日本においては、原産地である南アメリカのボリビアから沖縄の生産者...

pixta_tokiwasinobu

シノブ、トキワシノブの育て方

これはシダ植物と言われる植物になります。一般的な種子植物とは異なり種を作って増えるタイプではありません。胞子があり、それ...

pixta_tyanoki

チャノキの育て方

そのように非常に日本でも親しまれているチャノキですが、元々は熱帯地方の植物で、ツバキ科ツバキ属の常緑樹ということですから...

pixta_kinnsiuri

キンシウリの育て方

キンシウリは19世紀末期に中国、朝鮮半島から日本に伝わった覚糸ウリ(かくしうり)が訛って、呼び名がついたと言われています...

pixta_ubayuri

うばゆりの育て方

ここでは、うばゆりの特徴について細かく述べます。土より下の部分には、球根があります。この球根とは、いわゆるチューリップな...

pixta_odontgrosam

オドントグロッサムの育て方

オドントグロッサムはラン科の植物で様々な品種が含まれています。オンシジウムに近い植物で花弁が大きくて、斑紋が入っているも...

pixta_whiterace

ホワイトレースフラワーの育て方

この植物においてはセリ科になります。ドクゼリモドキ属となっています。宿根草ですから何年も花をつけることができますが、あま...

スポンサーリンク

pixta_egonoki

エゴノキの育て方

日本全土と中国、朝鮮半島を生息地とするエゴノキは、古くか...

pixta_karanse

カランセの育て方

カランセはラン科エビネ属の多年草です。日本が原産地となっ...

pixta_ptivel

プチヴェールの育て方

プチヴェールは、1990年に開発された、歴史の新しい野菜...

pixta_jagaimo11

ジャガイモの育て方

ジャガイモの原産地は南米のペルーやチリのあたりだといわれ...