リンゴの育て方

リンゴの育て方

リンゴの特徴として、種類はバラ目、バラ科、サクラ亜科になります。確かに花を見るとサクラとよく似ています。可愛らしい小さい花をつけます。現在一般に栽培されているのは西洋種と言われるタイプとされています。

育てる環境について

育て方としてはどのような環境が良いかです。日本においては青森県、長野県で生産される事が多いとされています。そのために寒冷地、涼しいところでないと育たないと考えている人がいますが原産や生息地を見れば必ずしもそうでないことがわかります。実際都会の真中の家屋などでも自然に花が咲き、実をつけている様子を見ることが出来る場合があります。

それは寒さや暑さなどはあまり関係のないことを示しているのかもしれません。耐寒性があることは知られていますが、同時に耐暑性もあるので日本においてはどこでも栽培することが可能といえるでしょう。気をつけることとしては日当たりが十分に取れるかです。

青森県や長野県、その他で生産が多いところにおいては十分に日当たりを確保できる果樹園を設置できるからでしょう。これらのところにおいては、その木だけを均等間隔に植えて日当たりが得られるようにしています。家庭などにおいてそのような場所が得られるかです。ある程度広い庭でないとそれらの木を植えるのに適した場所を見つけられないことがあります。

植え方に関しては、地植えをすることがありますが植木鉢に植えることもできます。植木鉢の場合は移動をさせることができるので日当たりに合わせて移動させたりすることができます。地植えをして日当たりがいいところに隣に住宅が建てられて日当たりが悪くなったりすればそこでストップしていまいます。鉢植えなら別の日当たりのいいところに移せます。

種付けや水やり、肥料について

育て方において、植えるときにはどのような場所、土を探すかです。まずは水はけ、水持ちの良い土地を探します。自宅の庭において元々の庭土がそのような条件を満たしているのであればそのまま利用することができます。もし庭土が粘土質などあまり水はけなどが良くない場合には植えるところだけでも改良することで植えることができます。

赤玉土、腐葉土を混合することで適応した土を作ることができます。どちらもホームセンターにおいて売られていますから、内容であれば買うようにします。植えるときとしては冬に行うことが多くなります11月から3月にかけて行うようにします。植え替えも大事な作業になります。ずっと植えたままにしていると根詰まりを起こします。

せっかく通気性の良いように土を作っていても、長い年月をかけて徐々に詰まってくることがあります。植え替えをすることで再び通気性のいい、水はけの良い状態を作ることができます。水やりに関しては土の表面が乾いた時に行います。庭植えの時においては夏場などはそれなりに雨が降りますから必要ないこともありますが、

水不足になるくらい雨の量が少ない時には水まきをして対応します。葉っぱなどの状況を見て、元気がなくなっていれば水が足りないかもしれません。元肥は11月から2月に行います。肥料の内容としては化成肥料を利用します。化成肥料に関しては必ずしも必要ではなく、堆肥など有機物などで対応することも可能です。

増やし方や害虫について

増やし方としてよく取られる方法が接ぎ木です。3月に切り接ぎをすることで増やすことができます。実がつくようになったら少しずつ行うようにしてもよいでしょう。増やそうとするなら剪定も必要な作業の一つになります。あまり枝が混み合ってきたり、実がたくさんなりすぎても成熟する実としては限られます。

それよりも整枝をすることで不要な枝が伸びないようにしておきます。無駄な枝などは間引くことも必要になります。剪定をする時期としてはまだ実がなっている時に行う頃があります。7月から8月辺りに行うことがあります。よく果実のなる木においては晩秋や秋に剪定をすると言われます。

しかしこの木に関してはあまり冬に行うのは良くないとされています。多少行う程度にし、メインとしてはなつに行うようにすればいいでしょう。リンゴに関しては育てにくいと言われることに病気になりやすいことがあります。またかかる病気も多いです。どうすれば防ぐことが出来るか、かかった時にはどうすればいいかを知っておくようにします。

斑点落葉病と言われる病気があり、葉がどんどん落葉していくものがあります。病気を防ぐ方法としては薬剤におるものの他、病気になった部分を切り取るなどして対応します。害虫に関してもかかりやすいです。キンモンホソガと呼ばれる害虫がいて、葉に入り込んで葉をどんどん食べてしまうことがあります。その他の虫についても薬などで対応することがあります。

リンゴの歴史

赤い果物はいくつかあります。さくらんぼであったり、いちごなどがあります。梅なども最初は青梅として知られますが、そのうち赤く色づいてくることがあります。最初の方は緑でも、黄色になり、そのうちどんどん赤くなります。あかい果物の代表的なものとしてはやはりリンゴがあるでしょう。

市場に出回るものにおいてはほとんどが赤いものですが、青いものについても見ることができます。青いと言っても決して熟していないわけではなく甘くて美味しく食べることができます。原産としてはヨーロッパ東南部、アジア西部当たりとされています。現代で言えばトルコの辺りとされています。

これについては現在一般的に広まっている西洋種と呼ばれるものになります。それ以外には日本において和種と呼ばれるものがあり、それについては古く日本においてもあったようです。西洋種の歴史としては、記録においてはトルコにおいて紀元前6000年頃のものが見つかっているとされています。今から8千年以上前には何らかの形で存在していたことがわかっています。

この種類については日本に伝わったのは西洋との貿易が始まってからになります。西洋種以前に中国から伝わったものに関しては、平安時代の文献の中に利宇古宇との言葉があり、これがそれについて表しているとされています。江戸時代においては花を楽しんだりすることもあったようですが、食べ物として贈ったり贈られたりすることについての記述が残されています。

リンゴの特徴

リンゴの特徴として、種類はバラ目、バラ科、サクラ亜科になります。確かに花を見るとサクラとよく似ています。可愛らしい小さい花をつけます。現在一般に栽培されているのは西洋種と言われるタイプとされています。生息地としては、元々は西アジア、ヨーロッパの東で今のトルコ、カザフスタン、などのあたりとされています。

まずはヨーロッパに広がり、その後にアジアにも広がったとされます。今日本で生産されているものの多くは明治時代以降に入ってきたもので、それ以前にあったものとは異なるようです。木に関しては落葉高木で、晩秋に白い五弁の花びらの花が咲きます。そして結実した時にはよく知られている赤い実をつけるようになります。

果実に関しては小さいものでは3センチほどですが、大きい物になると15センチ、手のひらぐらいの大きさのものがなることがあります。重さにしても30グラムぐらいから大きいものだと1キロぐらいに達するものがあります。きれいに熟すると赤になることが多いですが、黄色や青い段階で熟しているタイプもあります。

果実に関しては一見重たいように見えますが水の中に入れると沈むとされています。それは中に含まれる蜜の部分の比重が水よりも重たいからです。これが他の果実の実と異なるところでしょう。向かない状態で甘みを知ろうとするのであれば浮くタイプよりも沈むタイプを選ぶのが良さそうです。必ずしも買うときに水に浮かべられるわけではありません。

pixta_siran

シランの育て方

シランという植物は、ラン科シラン属の宿根草のことを言います。宿根草は多年生の中でも生育に適していないシーズンには地上部分...

pixta_kasumisou

カスミソウの育て方

カスミソウの原産地は地中海沿岸から中央アジア、シベリアなどで、生息地は夏季冷涼なところです。カスミソウの属名ギプソフィラ...

pixta_brokkori

ブロッコリーの育て方

サラダやスープ、炒めものにも使えて、非常に栄養価の高い万能野菜であるブロッコリーは、地中海沿岸が生息地といわれています。...

pixta_kianotis

キアノティスの育て方

キアノティスは熱帯アジアと熱帯アフリカを生息地とする植物です。原産の地域では高さが10センチから40センチくらいになりま...

pixta_dendorobium

デンドロビウム(キンギアナム系)の育て方

デンドロビウムは、ラン科セッコク属の学名カナ読みでセッコク属に分類される植物の総称のことを言います。デンドロビウムは、原...

pixta_kurassura

クラッスラの育て方

クラッスラはベンケイソウ科のクラッスラ属に属する南アフリカ、東アフリカ、マダガスカルなどが原産の植物です。クラッスラ属は...

pixta_keeru

ケールの育て方

ケールはベータカロテンやルテイン、ビタミンCやカルシウム、食物繊維と言った非常に多種多様な栄養素を含むことから緑黄色野菜...

pixta_kirinsou

キリンソウの育て方

キリンソウとは、ベンケイソウ科に属している多年草のことです。生息地は、シベリア東部や中国、朝鮮半島などが挙げられます。タ...

pixta_asebi

アセビの育て方

アセビは日本や中国が原産で、古くから日本人の生活になじんでいた植物です。その証拠に枕草子や古今集のなかでその名がみられる...

pixta_kodatiseibegonia

木立ち性ベゴニアの育て方

木立ち性ベゴニアの科名は、シュウカイドウ科で属名は、シュウカイドウ属(ベゴニア属)になります。その他の名前は、キダチベゴ...

pixta_gabera

ガーベラの育て方につ...

ガーベラは、キク科の花であり、毎年花を咲かせる多年草です...

pixta_daimonjinadesiko

ダイモンジナデシコの...

ダイモンジナデシコの歴史や由来をたどってみると、ダイモン...

pixta_utubokazura

ウツボカズラの育て方

ウツボカズラとは、ウツボカズラ科の植物で、食虫植物として...

pixta_hinagesi

ヒナゲシの育て方

ヒナゲシはヨーロッパ原産のケシの一種で、虞美人草という別...